歌の魔力・・・

月曜日の昨日、週末土日が多忙な私の生活は、一般人が仕事始めの週明けにホッと一息つける時間があり、パソコンで観るNHKオンデマンドでの大河ドラマ「西郷どん」を朝食後に一人ゆっくり観ました。

今回から舞台は奄美大島。西郷さんを心身ともに生き返らせた女性とぅまさんが、海に向かって歌う島唄の美しさ、神聖さに心を打たれました。
この島では、歌うことは、食べること労働すること話すことなど生活の営みの1つとして存在する、というナレーション。神様との交信、自分との向き合い…簡単に言葉や文字で説明できるものではないけれど、島の歌はそういうものだった、という事を理解しました。

日本の音楽産業は、戦後、ジャズから歌謡曲やニューミュージック、そしてテクノポップスへ移り変わる内、世紀をまたぐ前後、島唄の価値に音楽の本質を見つけ、元ちとせさんを筆頭に南の島の歌い手達をテレビやCDなどのメディアがこぞって取り上げ大ブームになり、私達もその音楽や存在の意味に触れる機会がありました。その現象は、アナログへの帰依、呼吸し生きている事が自然現象の一部だという事を確認する事に飢えていた反動とも言えると思います。ドラマの中の西郷さんがとぅまによって覚醒するのと共通し、胸に迫りました。

=============================
先週土曜日は、新宿文化センターで「新宿・春のジャズ祭り」に出演していました。館内のあらゆる場所で300人以上のミュージシャン達が各グループ40分ずつのトラッドジャズ演奏を繰り広げ、まるでアメリカのジャズの発祥の街ニューオルリンズに居るみたいでした。

翌日曜日は、麻布十番のライブハウスにて、東日本大震災復興支援の寄付金集めのために、仲間のジャズコーラスグループ「Shoofies」との主催で「チャリティスマイル音楽会」を開き、31名の参加者達と、やはりジャズを中心に演奏しました。

両日とも、たくさんの、音楽大好きな人達の集まり・・・いったい、音楽って、なんなんだろう?
とても不思議です。

そのハードな二日間の最後(日曜日の夕方)に、前回の投稿に書いた故・日高先生が指導していた合唱団や先生の息子さんと、溝の口のファミレスで初めて会いました。5/22(火)午後、溝の口駅前のノクティホールでの例会コンサート「なつメロでこんにちわ」を、日高先生に代わって私が司会進行演奏伴奏することになったので、その打ち合わせでした。
息子さんが先生の遺品でもある大量の楽譜を持参されました。小学校の頃に音楽部の合奏譜で見た手書きの懐かしい音符や文字でした…。作詞作曲編曲された曲は数百曲に及ぶそうで改めてびっくりし感心しました。とても丁寧に整理保管してあるので、手にとって眺めながらすぐに歌えました。
私が口ずさむ歌を皆さんよく知っていて、初対面なのに旧友のような共通の認識を持つ距離になり、その事に皆感動しました。作品はどれも優しくてあたたかく、ユーモアに富んでいます。それは、人に対する日高先生の愛で、合唱団の一人が「先生の優しさは戦後の朝鮮半島からの引き揚げのご苦労によるものではないか」と言っていました。きっと、日高先生の音楽活動は、生きる事と同じなのでしょう。

それにしても、楽譜というものの伝達能力の素晴らしさ。ただの紙なのに、知と愛と心がそこに沁みていて、判読可能。判読し歌えば、もう現世に生きる私達の呼吸と心と頭につながり、故人の意思は蘇り伝わります。
d0135567_07415161.jpg

その中心にあるのは、歌の魔力。

奄美大島のとぅまは手に呪術紋様の刺青があり、師匠の呪術師はとぅまに、自分の能力に気づき気をつけて行動しなさい、というような事を言っていました。
日高先生から、何か似たような事が私に伝わったような気がします。

日高先生のオリジナル曲を歌ってきたこの合唱団「銀の鈴」の指導を、引き継ぐ事になりました。川崎で、新しい活動が始まります。まだ、人生は、続く・・・。

(そんな思いが頭を巡り、今朝は5:30に目が覚め、眠れなくなったので、書いて気を沈めました。)





[PR]
# by imamusic | 2018-05-15 07:44 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

一昨日の夜、母(88)からLINEでメッセージと写真が届きました。前日の大連弥生女学校同期会の話など近況報告の前に、私の恩師である日高昭男先生の訃報がありました。

子供の頃は父の仕事の都合でほぼ2年ごとに移動の転勤族だった為に、入学と卒業を同一校で果たしたのは小中高通して皆無ですが、その中で6年強の長い日々を過ごした川崎市平間。9才から14才という多感な時期を過ごしました。

昭島市立拝島第二小学校から横浜市立山元小学校を経て、結局、川崎市立平間小学校を卒業したのですが、4年生になると「音楽部」にオーディションを受けて入れます。なんとか合格してリコーダー(たて笛)組になりました。
5年生になるとピアノが弾けたので花形のアコーディオン組に入れました。横で弾いている先輩のトップアコーディオンは唯一、一段と鍵盤数が多くえんじ色でピカピカ光り、弾き手は背が高く目が大きくて凛々しく賢く、とても美人な先輩・・・たまたま官舎のアパートの隣の階段の住人で、憧れて手紙を送りやり取りもしました。
6年生になるとそのトップアコーディオンが私に割り当てられました。編曲や作詞作曲もする演奏指導指揮の日高先生は音楽教科の先生ではなく弟の担任の先生でした。先生はママさんコーラスも指導していて、団員であった我が母の作詞で何曲も作品を残しています。コーラス編曲した楽譜を、子供の頃、母に見せられて覚えた曲も数曲あります。

約40年後、横浜の青葉台に引っ越してきた母から「日高先生がすぐ近くに住んでる事が分かってお茶したりしてる。定年退職後、シャンソン弾き語りやコーラスのコンサートを毎月開いて大活躍している」と情報が入り、その内、私の人生リベンジスタートとも言える2007年「55才バースデーコンサート@上用賀アートホール」に母と共に現れて演奏してくださり、その後、先生の本拠地・溝の口ノクティホールでの歌声コンサートにゲストに呼ばれて弾き語り演奏をさせてもらったりもしました。
その打合せのお茶会で、先生は朝鮮から引き揚げられ、貧しさの為に音大進学叶わず教師の道を選び、仕事をしながらも個人で作曲の先生に指導を受けて作曲活動をずっと続け、コンクールにも応募し続けていたと知りました。

小学校時代の音楽部では先生の編曲によるシューベルトの「未完成交響曲」や自作の「川崎交響曲」など、クラシックオーケストラの醍醐味を、当時の学校教育内の貧しい楽器編成の中で存分に味わいました。特にトップアコーディオンのパート譜は私のピアノのスキルに対応した難しいメロディが書かれていて、心躍りながら学校行事などのアトラクションで演奏しました。ちょうど梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」が流行し、先生は「こんにちはパパ」という歌を作曲して私達の伴奏で歌の上手い同級生の女の子が父親参観日に歌った記憶があります(メロディもまだ覚えている)。

私は子供の頃、テレビのN響コンサートを見ながらちゃぶ台の上に立って岩城宏之さんの指揮の真似をしたりしていましたが、音楽の構成の感動を効果的に生み出す指揮の仕事内容に強烈に心を惹かれました。一番なりたかった職業は指揮者なのですが、今思えば日高先生の影響が多大なのかもしれません。大学に入り突如として作曲の才能が花開いたのも日高先生の影響もあるかもと、お亡くなりになった今、急に思い当たりました。

母の作詞に先生が作曲した数曲の内「ママにもらったアンブレラ」は、数年前、私が指導している主婦のジャズコーラスShoofies向けに改めて私が編曲し直し、新宿ジャズ祭などで歌いました。もう一曲「むっくりつくしが顔だした」という曲もやりたいと思っていたところでした…。録音して先生にお聞かせしたかったけれど。

弟が2年生の時の担任の先生をされていた頃は厳しい先生という噂も聞いていましたが、音楽部の私達には優しくてユーモアがあり、テキパキとパワフルだった日高先生。そうだ!もしかしたら、と今朝思い立ち、ググってみました。ありましたありました!

YouTubeに3つ、見つけました。


つい先月も青葉台のフィリアホールから降りてくるエレベーターの中でコーラスのお弟子さん達と一緒に居た日高先生に声をかけられたという母。大変お元気そうだったけど、4/13に入院され4/19に亡くなったと知らせが入りビックリしたの事。

89才。お見事な人生でした。素晴らしい生き方でした。日高昭男先生、ありがとうございました。心を繋ぎます!



[PR]
# by imamusic | 2018-04-24 09:17 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

4月も半ばを過ぎ、ようやく暖かくなってきました。
月末からゴールデンウィークに入ります。この時期は銀行も学校もお休みが多く、この時期に色々とやりたいことをやる人も多いので、少し早めに来月のライブと講座予定をおしらせします。

5月のライブです。

d0135567_09495441.jpg
3月後半から4月前半にかけては、3/24下北沢でのコーラス祭(主催の)やあちこちでのライブ活動がたくさんありました。3/20に雪村いづみさん81才の誕生日パーティ(青山のライブハウス)のピアノ伴奏お手伝いしましたが、その後何度も突然きてくださり、その後散歩や食事もして楽しい日々を過ごしました。
d0135567_17182778.jpg


d0135567_17234557.jpg
d0135567_17241208.jpg

ライブ活動のほかに、ワークショップや講座、レッスンなどを活発化しています。

公開講座4〜6月、経堂STUDIO GERAでのワークショップ予定です。
d0135567_17042530.jpg
概要です。
d0135567_17123337.jpg

来週末・今月の終わり頃のワークショップ講座を紹介します。

4/28(土)18:00〜講座「教えて、いまむら先生」。2回目ですが、前回は面白い展開になりました。
終了後の持ち寄りパーティ懇親会がこれまた楽しい。前回の様子。
d0135567_17070574.jpg

次回4/28開催の案内です。
d0135567_17144120.jpg




4月〜5月と季節もグングン活気付いてきます。
ライブや講座、パーティなどで皆さんと交流したいと思います。
d0135567_17302736.jpg









[PR]
# by imamusic | 2018-04-17 17:30 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

昨夜は久しぶりに以前住んでいた駒沢方面へナイトサイクリングに行きました。

ようやくここ数日間の慌ただしさがひと息ついて、外食したくなり駒沢大学駅前のエノテカバールへチャリで。

空気はもう寒くなく、かと言って暑くもなく、気持ちの良い春の宵。食後に駒沢公園サイクリングコースを一周。子育て期間の25年間を近くで過ごしたこの公園は我が庭同様で、懐かしい風景にかつての日々を思い出し胸がキュッとなります。隣の駒澤大学生徒さんかな?夜桜の下でまだ宴会しています。まだ蕾も多くこれから素晴らしい桜満開の景色になるのでしょう。

春・・・体調も急によくなった。何かリセットされるような、新鮮な季節。
日本はまだ大丈夫、と桜が教えてくれている。

d0135567_00515663.jpg

第四日曜日は最近、自宅スタジオで午前中はボイストレーニング、午後は山の歌を歌うパーティをやっています。3/25(日)も午前中はボイトレでした。


午前中、近所の方達を中心に6名ほど集まってくれ、リラックス体操から呼吸・発声・表情筋トレーニング・滑舌訓練をやり、最後は宮沢賢治の有名な詩「雨にも負けず」をテキストに朗誦しました。久々にコンニャク体操も少しだけ取り入れました。理解し上達していく様子が目に見えてとても幸せなトレーニングでした。


午後は山の歌を歌うパーティー「KAKKO KEKKO」。7名の参加。今月で3回目ですが、当初の、歌をピアノ伴奏しながら教えてどんどん歌ばかりやるというのはどうも違うと気づいて、2回目から歌うのはおしゃべりの合間にちょっとだけにして、集まった顔ぶれで成立する話題を自由に発展していく形にしました。歌うという事をそういう形で利用するというのもあるんだ、と気付かされました。

山の歌を歌う目的で集まったけれど、それだからこその山の話題や関連の書籍の事、作家の事、誰かが持っている山小屋のこと、山での遊びの事、それから違う方向へも発展し、学びが大量にある面白み・・・まあ色々とどんどん話題が尽きません。

時たま思い出したように、山の歌の歌集を開いていくつか歌います。こんな時は声に近いアコーディオンでメロディーだけ軽く添うように弾くのが良さそうだ、と友人からもらったアコーデオンを使い始めました。


この日が81回目の誕生日の参加者のためにハッピーバースデイもやりました。

d0135567_09570757.jpeg

1時間半の予定が、今回も楽し過ぎて4時間半にもなってしまいました(前回も同じく)。

私の心配をはるかに超えて「山の歌サークル・KAKKO KEKKO」は勝手に独自の展開になっていって興味深い。

こんな会もあるんだなぁ。

次回は4月がお休みで5月27日の予定です。

d0135567_00594479.jpg
前日の土曜日は亡き恩師のお別れ会が仙川にある母校の小劇場であり、その二次会が各期ごとに駅前の居酒屋でありました。昼のイベントを終えて同期会に合流。仙川駅前の桜も綺麗でした。

イベントに突然お忍びで現れたお馴染みのY姐さんと、終演後、下北沢の街を手を繋ぎ歩きました(^^)
d0135567_01105916.jpg
その日の夜の仙川で、先輩たちとパッタリ。
d0135567_01150837.jpeg

暖かくなった翌日から10日ぶりくらいに朝のウォーキング再開。
我が家の隣のケヤキの木には野生化した黄緑色の大きなセキセイインコが顔を出し始めました。

d0135567_01012668.jpg
春らしい季節になってきました。








[PR]
# by imamusic | 2018-03-27 01:12 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

d0135567_22552339.jpg

まず初めに、GERA・・・とは一体、なんの意味なのか?このブログ名もGERA日記。スタジオの名前もGERA。
いえ、大した意味はありません。高校一年生の時、都立青山高校1年2組のクラスメートの誰かが私に付けたニックネームが・・・GERA(ゲラ)。

16才の女子高生って、どうしてあーも笑ってばかりいたのか????自分のことながら自分でないようで・・・不・思・議。「箸が転がっても笑う年頃」という言葉通りの、頭がピーマンな、私でした(~_~;)。全くなんでもないようなちょっとしたことがたまらなく可笑しくて、ゲラゲラゲラゲラ・・・笑い出したら1分間くらい止まらない。教室でそんな風によく笑っていたから、誰かが、ゲラ、と名付けました。(誰だったんだろう?) 「毎朝遅刻してきて教室の前のドアをガラッと開けて入ってきたよねゲラは」と最近同級生に言われたけど、全く覚えがない(-。-; (そんなぁ・・・。漫画じゃあるまいし・・・。)
二年次に父の転勤で転校した大分の高校でも、進学した大学でも・・・その呼称は新しい仲間が引き継ぎ、結婚式案内を恩師達に出しても「誰のこと、これ?・・・なぁんだ、ゲラか」と言われ・・・。
「ゲラ」という響き、この呼び方で呼ばれると、未熟で蒼かった青春時代の諸々が思い出され、恥ずかしくもあり愛おしくもあり、実名でないのが家族の存在から脱出して不安定で独立した生き物になったような、そんな気分になりました。

ブログのタイトルに「GERA」を使うのも、こそばゆくて潔が悪い気分もあるけれど、自分の教室名を「STUDIO GERA」なんて付けちゃって。もう人生も、終わりだな。そう思って居直りの気分で最後の教室のつもりで始めようと思います。以下は先々月やっと書き上げ小さな冊子にしたスタジオの案内書から。
d0135567_22560961.jpeg

-------------------------------------------------------
「STUDIO GERA」は、東京・世田谷区の閑静な住宅街の中にある、自然との共生を目指した実験的なコーポラティブハウスの一角にあります。このスタジオは音響デザイナーM氏が自宅用に設計した、木を基調にこだわりの響きを追求して作った半地下の防音スペースです。ここが2017年春、オフィス・ミストーンの事務所となり「STUDIO GERA」をオープンしました。吹き抜けの天井には音の反射を計算した木組みがあり、空間全体が生音を柔らかく包みます。ここに明るくて個性的なポーランド製LEGNICA社のピアノを置き、PAはプロフェッショナル用でない家庭用の良質で美しい音のQUAD社の大型スピーカーを置いて、都会でありながら自然で豊かな響きを作っています。

この小空間を、本物の音を楽しみたい音楽好きな人達のためのレッスンや、ワークショップ、パーティなどに利用する事で、等身大の文化発信と交流の場として発展していく事を願っています。
-------------------------------------------------------

さらに冊子の裏表紙には、もう少しスピリッツの部分を書いてみました。社訓というか・・・。

-------------------------------------------------------

このスタジオは 音楽や言葉を愛しみ温めて 自分を知り誰かを理解する所。

未知の世界を紐解き研究し 新しい価値を見出す所。

見出した輝きに命を吹き込む為 その方法を高める所。

このスタジオは 音楽や文学を愛し 交流して文化を育み心を豊かにする所。

この世の平和を守る為 行動をする所。
Step to Peace
STUDIO GERA

-------------------------------------------------------


このコンセプトからブレないように、時々眺めて自己暴走を防ごうと思います。・・・・・。、、、・・・・・汗。


うむむむむ〜。メチャ、力入ってるなぁ〜・・・。入り過ぎだな・・・。

もうちょっと、こう、粋にできないもんかねぇ。ゲラさん。


3月後半は、プレオープンのイベント講座があります(確定申告提出し終わったので、やっと動き始めました)。


●3/25(日)11:30 軽いボイトレ


●3/25(日)13:00 山の歌サークル

d0135567_13444606.jpg



●3/28(水)15:00 歌会「いまむじか」



●3/31(土)15:00 ボーカルグループレッスン


●3/31(土)18:00 CD鑑賞会とパーティ

d0135567_13332033.jpg


(参加費は、前半2つが500円、後半3つが各二千円です。)


各回定員は10名前後です。予約必要、先着順。


お問い合わせ・お申し込みはここをクリック

記入して送信してください。








[PR]
# by imamusic | 2018-03-22 23:04 | Trackback | Comments(0)

音楽と犬が好きです。GERAは高校時代のニックネーム。コメントは承認制です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30