7月のいまむら直子(Piano & Vocal)ライブ案内です。

6月もあとわすが。4日後の7/1には、今年の後半が始まります。
7月後半には梅雨が明けるのが常。そうなったらもう夏休み。
今日からそれまでの3〜4週間は、仕事や学校生活などで4月に始まった各自の挑戦の形を最初にまとめる時期。
時間はアレアレと過ぎていくようでも、少しずつ挑戦して来た試行錯誤の種が芽を出すのが、見え始めます。

そんな7月、私にとっても年末に向けて各地へのジャズ祭参加の旅が始まります。7月は札幌。8月は斑尾高原、9月は大分、12月は京都。それぞれに違うタイプのジャズミュージシャン達と組んでの演奏の旅。いく先々での出会いが楽しみ。

また、一昨日6/25から始めた「中高年のダンスレッスン」も、今夏の挑戦として楽しみです。

初日はとても楽しく出来ました。参加者は一番若いのが63才!!でもみんなすごく元気!足の悪い人もいるので注意しながら始めました。

2日経った今日、太ももの裏側の軽い筋肉痛(2日も経って出るとは…歳だな)・・・この部分は懐かしい筋肉痛でなんか少し引き締まった気がします。駅の階段上り下りも軽くなりました。

ダンスレッスン時間の3割は「お腹引っ込めて!」「お尻締めて!」「胃のあたりを引っ込めて!」「胸は上げて!」「肩は下げて!」「呼吸して!」「前を見て!」と言いながら、自分もそうやりつつ、動いていたので、今日はお腹がだいぶ引っ込んでいます!!!効果抜群〜〜〜!

このまま、楽しく行きます!8月までの実験的な公開講座なので、よかったらぜひご参加ください。

では7月のライブ案内です。
d0135567_16125437.jpg
来月もよろしく!!!















[PR]

by imamusic | 2018-06-27 19:20 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

今夏、ダンスレッスンを12年ぶりにやります。

暑い日が来たなー、と思い衣替えをして大好きな夏のTシャツと短パンなどはいていたら、梅雨になり、ちょっと寒くなってきたり、そして昼間はまたまた暑くなったり・・・。体調を崩しやすいですねこの季節。皆さんは大丈夫?どんな不調もなかなか治りが悪くなっている糖尿病患者のワタクシ。一番やらなきゃいけないのは運動不足解消。ウォーキングも時々しているけど、なかなか続かなかったり。犬がいなくなると、ねぇ・・・。と犬のせいにしてもダメだな。
で、ずっと前から考えていた事だけど、ダンスレッスンを再びすることにした。なんだか身体がダンスしたくてしかだない、と言っている。
そんな時、西城秀樹さんが亡くなり、私が西城さんのバックコーラスをしていた昔の動画がそのニュースで奥の方からインターネット上に上がって来て見る機会があり、若い頃の体験を思い出して、火がつきました。
そうだ!みんなと一緒にやれば続くよ!!

「ボイスサークルRepeat

2018年夏の挑戦!


【中高年のためのダンスレッスン】


70年代のファンキーな曲やクールな大人のラテン曲、お洒落なスウィング曲など、懐かしい音楽にのって身体を動かしましょう!

過去に子供や若者達のジャズダンス指導をしてきた講師が自らの健康の為にも中高年世代のダンスレッスンを開始する、今夏限定の実験講座です。

特にボーカリストの呼吸やリズム感育成に繋がる歌詞のない合いの手のような簡単なバックコーラスも取り入れます。もちろん体幹を整えたり筋肉を養ったり血流を良くしたりというアンチエイジングにも役立ちます。


日程・場所

6/25()15:3017:00代田区民センター

6/29()13:0014:30経堂南地区会館

7/9()15:3017:00経堂南地区会館

7/23()15:3017:00代田区民センター

7/27()15:3017:00代田区民センター

8/10()13:0014:30代田区民センター

8/13()15:3017:00代田区民センター

8/24()13:0014:30代田区民センター

8/27()15:3017:00代田区民センター


参加費=毎回500(全通しは3,000)

内容= =ストレッチ、ジャズダンス基礎トレーニング、ダンスステップ

持ち物=動ける服装、室内用運動靴、タオル、水分補給用飲料

講師= =今村直子

d0135567_00041185.jpg



[PR]

by imamusic | 2018-06-17 02:59 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(0)

6月23日を、今年は特別な日だと認識してる。去年夏に初めて行った沖縄での出会いを通じて。

6月になって、今年は初めてこの月に深い思いを抱いています。
去年夏、ずっと心に引っかかっていた沖縄を初めて訪れ、父の同級生の大城立裕さんに会いにご自宅まで行きました。しかしその前に、近くの一中健兒の慰霊公園に立ち寄ってから来るように、との提案をメールでいただいていたので行ってみると、そこに偶然いらした照屋寛孝さんという方が、その後の数日間の平和学習ひとり旅を案内してくれ、平和祈念館に連れて行ってくれ、6/23の沖縄終戦日の事を初めて知りました。
d0135567_11335372.jpg
去年9月初旬の撮影です。照屋さんに連れて行ってもらった平和祈念館の碑。向こう側は断崖絶壁、そして海。そこに海を覆い尽くすような米軍の艦隊が並び、この絶壁から飛び亡くなった沖縄の住民の方もたくさんいたそうです。このカメラの角度は、6/23の日の出の方向に、真ん中に映っているモニュメントを合わせていると照屋さんの説明。ここに2017年自分の足で立った、という記録写真です。
d0135567_11443592.jpg
d0135567_11453131.jpg
d0135567_11462238.jpg
d0135567_11470965.jpg
祈念館の中の二階から見える摩文仁の丘。ここを背景に照屋さんに撮ってもらった写真。
d0135567_11482562.jpg
「ざわわざわわ」の歌のサトウキビ畑。こんなに大きな草とは実際に行ってみないとわからなかった。あの歌の気持ちがほんの少し理解できた。

今日はもう6/13。刻々とその日が近づくに連れ、気が充満してきて、インターネット上ではありますが、動画や資料を探し、見ています。
大城さんの著作「対馬丸」のこと、対馬丸記念館に行って買ってきたピデオや本、そして記念館が発信する対馬丸のアニメ映画も再度見ました。重く響き、言葉に書くのが難しい。また今月中に思ったことを整理して書きたいけれど。
その中である映画を見つけました。最近の映画ですが、重い沖縄戦の中に救いのある映画。
今日はこれを紹介したい。



[PR]

by imamusic | 2018-06-13 11:34 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)