10/20(土)19:30、柴崎「さくらんぼ」にてジャズと昭和歌謡の演奏&お話ライブをします。

d0135567_15291582.jpg

10/20(土)19:30〜京王線柴崎駅前ライブハウス「さくらんぼ」にて、ピアノ弾き語りとお話ライブをします。

よろしかったら、ぜひ聴きに来てください。

テーマに沿った楽曲のレパートリーをお持ちでしたら、当日飛び入り出演も出来るかもしれませんのでコード楽譜をお持ちください。


テーマ「1952年ジャズブームと昭和歌謡誕生の関係」


<解説>

タイムマシーンを66年分戻して1952年へ。私の生まれた年、ではあるけれど、「サンフランシスコ平和条約」が私が生まれる20日前に締結し、日本は第二次世界大戦後、連合国による統治で国として認められなかった7年間の空白を経て、やっと主権を取り戻した年。同時に進駐軍がアメリカ本国へ帰国し始める年。その戦後7年間に少しずつ発展してきた日本でのジャズブームの社会背景の、ターニングポイントの年でもあります。


敗戦後、演奏家達は食べて生きて行く道を探し、進駐軍キャンプ内クラブでの仕事・ジャズ演奏をしていました。そこで得た演奏編曲のスキルと営業スタイルは、更に生きる道を求め、1953年開局したテレビ時代に合わせて歌謡曲の作編曲伴奏へと繋がっていきます。

主流になった音楽ジャンルは、ジャズから、ロック、フォーク、それらも含めた歌謡曲へ繋がり、日本語を乗せて心に響く日本のオリジナル音楽が生まれていくようになりました。シンセサイザー打ち込みの音楽が音楽産業を席巻し始める1990年代までそのスキルは生かされ、ビッグバンド伴奏の豊かな昭和歌謡の世界が花開く時代がありました・・・。


タイムマシーンを1970年代初頭へ。場所は東京の広尾駅付近。大学の演劇科の先輩の誘いのアルバイトで私は小さなクラブで弾き語っていました。卒業間際で大手劇団の俳優入試試験を受け結果を待っていた寒い冬のこと。歌い心地が良かった浅川マキの「プカプカ」がレパートリーにあり20代前半の私の柔らかく蒼い内面的文化にはフィットしました。

時は昭和歌謡全盛期。1974年には師匠・一の宮はじめ氏の振付による西城秀樹の「激しい恋」のバックコーラスダンサーに選ばれTV音楽番組や地方ツアーに参加しました。

マシーンは1982年春へ。私のキャリアに「母」という刻印が生まれ、その後その内面的文化は長い間封印されました。


そして2004年。「私はどこから来て、どこに行こうとしてるのか? 自分は何者なのか?」

そんな考えが、子育ても終わり、ふと浮かんで来た自分探しの始まりでした。

それは息子達が道に迷わないよう、彼らの立場で考え続け周囲の人達を巻き込み、共に文化活動をして来た結果の、新しい課題でした。

初の海外N.Y.へ旅し視野が開け、課題を探求しようと思い、2006年4月より始めた「過去」と「未来」と「現在」の引力が集まるリアルな現場「モダン昭和のライブレビュー」。


2019年1月27日、タイトルを「1952年ジャズブームと昭和歌謡誕生の関係」と変え、新しい視点でプログラムを作り、大阪府立弥生文化博物館「やよいミュージアムコンサート」として開催します。昭和歌謡界のスターでもあり、最近の音楽仲間でもある、京都在住の平山みきさんと当日は一緒に演奏しトークを展開します。

今回の「さくらんぼ」ピアノ弾き語りワンマンライブは、そのためのプレイベントです。

聴き慣れた歌の背景を、観客の皆さんと共有し育んでみたいと思います。





[PR]

by imamusic | 2018-10-13 15:33 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://imamusic.exblog.jp/tb/27159788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。