8/15終戦記念日は、去年に引き続き、平和を考える集会「Step for Peace」をSTUDIO GERAで開催した。

8/15終戦記念日は、去年に引き続き、平和を考える集会「Step for Peace」をSTUDIO GERAで開催した。
d0135567_23174683.jpg
2018年8月15日の参加者達

呼びかけたのは40〜50名。音楽ライブでもなく、何か楽しいパーティでもない、この独善的な会の理解者を求めて、この人ならと言う人に声をかけ、猛暑の中、多忙中時間を作って、約10人の人たちが駆けつけてくれた。

初回の去年はもっと手探りで、夏休みの子供達にもわかりやすくて怖くない伝え方、と言う事に神経を使い、絵本を投影して読み聞かせてみた。自ら率いる主婦のジャズコーラスには平和の歌(曲目は忘れたが)を歌ってもらった。長崎や広島の平和宣言をみんなで読み合わせた。広島の原爆の惨状を見たお母さんの手記を読んでくれた人もいた。
d0135567_23270954.jpg
2017年8月中旬
d0135567_23271101.jpg
2017年8月中旬

その後、8月末から9月頭の数日間、どうしても気になっていた沖縄へ、父の同級生の大城立裕氏を頼って平和学習一人旅に初めて沖縄へ行った。
d0135567_23335880.jpg

d0135567_23340292.jpg

d0135567_23340417.jpg

d0135567_23340795.jpg

d0135567_23341115.jpg

ここで偶然に出会った初老の方に導かれ、3日間をベーシックな沖縄の心に触れる散策が出来た事は奇跡だった。
d0135567_23381126.jpg
沖縄一中健兒の塔。この写真に写っているのがその後言葉を交わし導かれた照屋寛孝さん。
d0135567_23381645.jpg

照屋さんに私の演劇や音楽の活動を説明したら、そっと渡された楽譜や詩があった。
「赤田首里殿内」という、沖縄民謡わらべ歌の楽譜や、伊波普猷の詩。それから照屋さんが副会長をしているという一中の同窓会の学徒動員の記念館にあった「一中健兒の塔」の歌の楽譜…これを館員のご年配の女性(卒業生ボランティア)から渡され、東京でこの歌を歌ってください、と言われていた。

これらの宿題をせずにはいられなかった今年の平和の集い。何かしようとしても空回りして1年が過ぎ、今しなければ、沖縄で受けた温情に報いられないという思いだった。
というわけで、今年集まってくれた人達には、持ち寄り懇親会の時間も無くなるほど喋り続け、聞いてもらって、一緒に沖縄のその歌ってもらって、私の独善的な平和学習の活動に付き合ってもらう事しか出来なかった。

会の後半の懇親会も楽しみに、持ち寄りの料理やらお菓子などを持ってきてくれた人達には本当に申し訳なかった。終了後すぐに別のパーティがあり延長は出来なかった。置いて行ってくれた料理は、その後のパーティや翌朝食に使ってしまった。。悪かったなぁ。ごめん。

この日は、高校時代の同級生で元新聞記者の内村直之君や、大学時代の同級生で現役舞台女優の白石珠江さんも来ていて、数十年前に戦争体験談を取材してシリーズの記事を書いた時の話をしてくれたり、戦没画家達の絵画が展示されている「無言館」についての文章を朗読してくれたりした。

そんなこんなで、私にはたぶん、少しだけ前進したような気持ちにはなったが、本当にまとまりの無い後味になってしまった。平和の集いを主催するに当たり、正直や真実にこだわり、無知も加わって身動きできない状態になっていたのを、内村君が察したような優しさでひとこと何か言ったような気がし、救われた。

10歳ほど年上の近所の花の店「やまぐち」の女将は豪華な百合の花を抱えて持ってきてくれた。皆が帰った後、部屋中に百合の香りが漂い、反省する私を慰めると同時に、その花が、先の大戦の犠牲になって辛い最期を遂げた人達の霊のようにも思え、花の存在感に改めて感じ入った。
d0135567_23383822.jpg

d0135567_00070749.jpg


[PR]

by imamusic | 2018-08-16 23:15 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://imamusic.exblog.jp/tb/27057552
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。