7月末2日間、ボーカリストの体験レコーディング、最初はS氏のCDアルバム作成から開始。

いよいよ始まりました。アマチュアボーカリストの為の、自分史のような、Favorite Songsレコーディングです。
d0135567_16021732.jpg
7/28(土)と7/30(月)の二日間午後の計10時間を使って、S氏のボーカルレコーディングを我がスタジオ「STUDIO GERA」で行ないました。
d0135567_16360739.jpg
伴奏は、ピアノがいまむら直子(私)、ベースが山村隆一。音響ミキサーが宮地力、という最強で最小のスタッフ陣。
d0135567_17154632.jpeg


20世紀後半のカラオケ流行で、歌は聴くものでなく歌うもの、という世の中になりシンセサイザーキーボードの出現でオーケーストラやビッグバンドなどの演奏音源が簡単に作れるようになって、リーズナブルなカラオケボックスで豪華な伴奏音源(しかも自分の歌える音域にキーチェンジして)で、プロ歌手たちの歌を参考に気分良く何曲も何度も歌えるようになった事は画期的な社会現象でした。

歌好きが増え、歌の上手い人も増えました。最近は生バンドで歌える場も増え、ピアニストとしてそういう場でたくさんの歌好きな人達と出会います。趣味とはいえ下手なプロより上手な人もたくさんいて、よく聴いてみるとその歌声には人生の背景がにじみ出て、味わい深いものです。

ただ、カラオケで慣れているからか、そのつもりではなくても、1つの歌作品に対する思いが軽い人も多い。人間が行なう演奏という労働とプロとして磨いてきた音楽センスを使ってやる生バンド演奏も、カラオケと勘違いして無茶なことを要求したり、大切なバンドとの音楽交流の気持ちに気づかない人も多い。そういうセッションライブに出向いて歌ってもその場限りで終わってしまいがちで残念な気持ちがずっとありました。本当は「歌」の持つ魅力を知り大好きなのに自分の中の音楽を育てて行こうというシステムに発展していない事が多く、セッションで出会った人達や生徒さん達を誘って、数年前から「さくらジャズコンサート」というタイトルで、アマチュアなりの音楽人生探求のグループライブを、新橋のシャンソニエで2年間毎月開催してきました。

そこで目が覚めた人達を次のステージに連れて行きたく、今度は去年オープンした自宅併設の「STUDIO GERA」に楽器や録音機材を少しずつ購入し、今夏ようやく録音スタジオとしての形が整い、コンセプトを説明して録音という形の音楽活動へ誘って行こうと思っています。通常の録音スタジオと違い、とても「私」らしいスタジオ、自然派というか、人間好きというか、フラットというか・・・そういうスタジオです。
d0135567_16463000.jpg
現在の使用機器メインのデジタル録音機材はこれ。
宅録は某大手プロダクションのインストラクターとしての仕事が始まった1981年夏頃から実に37年間もやっていて、マルチトラックレコーダーとしては、この機器は5台目くらいかな。レッスンや、担当している新人歌手のデモテープ作りなど私の片腕のような役目をしていた機材達です。
ここ10年間は自分の個人的な表現活動を主軸にしていたので、自分演奏や歌唱を録音しCD化したり、ボーカルやコーラスのレッスンに使うのみでした。
最近名前も公開した個人事務所オフィス・ミストーンをレーベル名にし、新たな音楽活動の一環に、アマチュアボーカリストの音楽記念録音のサポートをします。

7/28はその初日でした。ベーシストに、レコーディングのベテランでもある山村隆一さんを誘ったのは大正解でした。彼とは2つ前の機材「TASCOM788」で5〜6年前に2〜3回レコーディングをしCD化しましたが、その時から信頼を置いています。今回もご自身所有のナントカいう名器のベースで録音しましたが、その楽器の音の特質が出ていると好評だったので、ホッとしました。ピアノは、去年秋、神戸のとある人から購入したポーランドの「LEGNICA」社製のアップライトピアノです。生ピアノでの録音は12年ぶり。やはりいいなぁ。表現が生き物のようで、私の音楽活動がやっと帰って来たという気持ち。山村さんのリードもあってレコーディングはきっちりしっかり進み、このスタジオで良い仕事ができる事を確信しました。
ボーカルのS氏は初レコーディング体験でしたが、その体験が音楽探求にどれだけ貴重な事なのかを身に染みて理解したとの事。真摯に取り組んだ素晴らしい歌唱でした。出来上がった音源の編集作業(ミックスダウンとマスタリング)というエンジニアの仕事はこれからです。CDの仕上がりが楽しみです。
d0135567_17162003.jpg
d0135567_17020154.jpg

2019年3月末までは初動期間で録音スタジオとしても様々な試しの日々でもあり、キャンペーン期間としてグループレコーディングに挑戦の企画を考えています。個人ボーカルレコーディングのサポートも格安期間にします。






[PR]

by imamusic | 2018-07-31 17:12 | さくらジャズ研究会 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://imamusic.exblog.jp/tb/27018807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。