1月のいまむら直子(piano & vocal)ライブの案内です。(12月後半〜1月まとめて)

12月もあっという間に上旬が過ぎてしまいました。
あっという間、とも言えないかな。大分から帰京後の11/28以降、喉痛と咳と微熱の風邪にやられて、珍しく三日三晩寝込んでいました。その後もなかなか回復せず、いくつかのライブを休み、身体を使うダンスやボイトレレッスンも体力回復せず年内は休みにしました。元気印だけが取り柄の私が・・・とみんなに言われました^^;
先週日曜日のライブから演奏活動は復帰。ピアノ演奏だけだと音楽の楽しさにつられて弾きながら回復して行くので、そのまま歌も気張ってやっているうちに、すこーしずつ復活中。ウハー、長かった今年の風邪は!!

気をとりなおして、これからの予定を眺めてみると、おお!!!もう、ゆく年くる年がすぐそこでは無いか!!
頭を整理するために、来月の予定までまとめました。今月はクリスマスに京都に行きます。来月は大阪府和泉市。
年内残るライブのうち、次の水曜日12/12の地元・用賀「キンのツボ」ライブは、ほぼ忘年会&クリスマス。弾き語りなので私の歌やピアノをたくさんお楽しみいただけます。どうぞいらしてください!!!

d0135567_01504509.jpg

d0135567_02015562.jpg
d0135567_02020690.jpg





[PR]

# by imamusic | 2018-12-10 02:03 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)  

11月下旬の大分ライブツアー

11/22〜26の大分ライブツアーは、京都在住の歌手・平山みきさんと東京在住の私の音楽仲間を連れて5つのライブをするプロデューサー役を兼ねた仕事でした。
結局、ソロ弾き語りライブを大分で開催した過去数回の地元同級生プロジェクトチームが、今回もまた大きな力になり支えてくれました。
手応えのある音楽活動が出来た喜び以上に、この、同級生達との絆が更に深まった事が一番大きな収穫。

d0135567_01240289.jpeg
11/24(土)「平山みき・いまむら直子in大分ブリックブロックライブ」の打ち上げで、ミュージシャン達と同級生達と。大分市内。

d0135567_01275348.jpg
11/24(土)「平山みき・いまむら直子in大分ブリックブロックライブ」
d0135567_01293759.jpg
d0135567_01294739.jpg
d0135567_01301024.jpeg
同窓生達と。

d0135567_01310551.jpeg
別府の最高級リゾートホテル「晴海」ライブ。
ミュージシャン達と。

d0135567_01332223.jpg
同級生が運営するサービス付き高齢者住宅のサロンで、ボランティア演奏。

d0135567_01344766.jpeg
最終日は、同級生・渡邊潮保子さんが、ドラマーの島田忠男さんと私を湯布院散策に連れて行ってくれました。
d0135567_01364109.jpeg
正面に見える由布岳。高校時代、冠雪のこの山を学校行事で登った。

d0135567_01383615.jpeg
湯布院の奥、金鱗湖。
d0135567_01401205.jpeg
美しい紅葉。藁葺き屋根の高級和食レストランでランチ。


温かい景色、温かい友情、、、。

父の仕事で転勤が多く、母の故郷は今や幻となった満州の大連ゆえ、産まれたところは東京の足立区でも家族の転勤生活の中での短い滞在場所のひとつでした。
「地元」という場所、子供の頃から親しんだ懐かしい風景、竹馬の友、というのが私には無い。
高校2年間に過ごした大分市に住む友人達は、そんな私の心を埋めてくれる。
ありがとう。














[PR]

# by imamusic | 2018-12-10 01:48 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)  

11/24(土)夜、大分市内のライブハウスで「平山みき・いまむら直子JAZZ LIVE」を開催します。

今から10年前の2008年8月、母校・大分県立大分上野丘高校創立60周年記念で混成四部の校歌(中山悌一先輩作曲)を九石ドーム(現大銀ドーム)にて5,000人で歌う同窓会に出席する為、35年ぶりに帰った心の故郷、大分市。

その会は滞りなく終了し、懐かしい顔にもたくさん会い、続く同期生打ち上げパーティーが盛り上がった。自己紹介コーナーでの私の音楽活動を、酒席のなせる技か、今後、地元ライブハウスで時々開催し応援してくれるという事になり、その年の12月恥ずかしながら「凱旋コンサート」と題して、名門ライブハウス・ブリックブロックで開催してくれました。


あれから10年。数年おきに訪れる度、演奏の場を戴いています。

最初のライブのチラシの副題に書いた「大分と東京の橋を渡る<風>になって」という目標は、怠け者の性でイマイチですが、気まぐれに吹く<微風>‥程度の風にはなっている気がします。


その間、思いもかけず東日本大震災を東京で体験し「絆」や「自然との共生」の大切さを学ぶ日々を過ごしてきました。「絆」につながる我が<風>も友人達と補いながら、大分市内の老人ホーム慰問ライブや、ライブ付き同窓会、同期の書道家・渡邊潮保子さんとの東京個展でのコラボライブ、最近始まった大分市内の府内ジャズストリート出演、など、形を変えて続いてきました。


10年目の今年は大分への恩返しと応援に<大風>を吹かそうと、最近ピアノ伴奏をさせていただいている歌手で「京都のおもてなし大使」でもある、平山みきさんという大きな翼を得て舞い戻ります。

d0135567_18310854.jpg


平山さんは「真夏の出来事」の大ヒットでテレビでも雑誌でも新聞でも大きく取り上げられ、独特のハスキーボイスは長く人々の心に残り、昭和歌謡界のレジェンドとしての輝きと70年代カルチャーのファッションや生き方の象徴を体現して、今でもその魅力を持ち続けています。現在は京都でNPO「ジングルウィーク」を立ち上げ、東日本大震災の被災地の子供達をサポートする活動をしています。音楽やイベントを作る時の打ち合わせでは、アーティスティックなひらめきと行動力を持ち、その人柄と実力に魅力を感じます。


今回の大分ツアーのきっかけは、友人の亡き弟でシンガーソングライター伊太地山伝兵衛さんの縁から、あれよあれよと繋がって実現しました。

大分合同新聞の文化部の方がその経緯を11/16夕刊に掲載してくれました。

d0135567_18303763.jpg

奇しくも、数日前、伝兵衛さんと一緒にライブ活動をしていた天才ジャズピアニスト佐山雅弘さんが病気のために亡くなったばかり。伝兵衛さんと佐山さんの交流は、直に拝見はしていないものの、音楽家の端くれとして胸を打たれます。


YouTubeを探して、佐山さんが伝兵衛さんの詩に作曲した「言葉のない夜」という曲を見つけました。大分では、この曲を弾き語ってみたいと今、思っています。


 


[PR]

# by imamusic | 2018-11-19 18:38 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)  

12月のいまむら直子(piano & Vocal)ライブ案内です。

明日からもう11月下旬。この下旬は、私を軸に考えると、ここ10年間の大分での音楽を通じての人々との交流が花開く実感を感じられる日々になりそうです。
木曜日から大分に行きますが、その前に、来月のライブ案内をしてしまいましょう。

d0135567_17504331.jpg


  • 2(日)19:30赤羽「Bフラット」弾き語りソロ
  • 3(月)15:00桜新町「グランダ桜新町」弾き語りソロ
  • 4(火)19:00赤羽「BフラットDixie Showcase(小出Ds,下間Tp他)
  • 5(水)19:30下北沢「音倉」Voc.Session北川涼Gt神村英男Tp山口彰B島田忠男D
  • 6(木)14:00松戸「コルコバード」New Wave Quartet(福嶋Cl.他)
  • 6(木)18:00松戸「Daily Surf」New Wave Quartet(福嶋Cl.他)
  • 9(日)13:00麻布十番「コージーサークル」チャリティスマイル音楽会 Shoo.デキシーショーケース、他
  • 12(水)19:30用賀「キンのツボ」山村隆一(Bass)
  • 16(日)15:00新宿「銅鑼」Cool & Hot JazzBand(小出Ds,高相Tp他)
  • 16(日)18:00新宿「ひだり馬」Cool & Hot JazzBand(小出Ds,高相Tp他)
  • 17(月)19:30駒込「栗 マロン」マロンジャズバンド(下間Tp福嶋Cl.他) 
  • 18(火)19:00赤羽「Bフラット」Dixie Showcase(小出Ds,下間Tp他)
  • 20(木)18:00新宿「ひだり馬」開店47周年記念ライブ!st. 弾き語りソロ
  • 21(金)18:00新宿「ひだり馬」開店47周年記念ライブ2nd. 弾き語りソロ
  • 25(火)15:00京都「ゼスト御池」ジングルウィーク”Jazzライブ”平山みきVo. 黒田雅之Sax.まるいじゅんいちろうBass

12月も、よろしく。





[PR]

# by imamusic | 2018-11-19 12:04 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)  

試行錯誤のMy Wayと奇妙なJobをかみ砕きすり抜けた週の最終日は「新宿御苑秋のお散歩」

住処の周りには落ち葉が風に舞う季節となった。朝夕は肌寒い時もある。ようやく、秋だ。
そんな11月の第三週は、毎日が全くタイプの違う仕事の連続だった。一つとして手を抜いてはいないが、力は抜けてやっている。これもまた歳の功だな。

最後の日曜日11/18は「新宿御苑の秋の散歩会」。ちょうど菊の展覧会をやっていて最終日だったのでラッキーだった。
d0135567_23501108.jpg
d0135567_23504114.jpg
今年の春、第一回目の新宿御苑散策会をして大好評で実際とても良かったので
秋にもやろうと言うことになり、紅葉が始まるこの日を選んでいた。
秋はしかし寒いのか、腰が痛くなった、体調が悪くなった人続出で、欠席も多かった。
春の時の半分くらいかな。しかしこのくらいの人数もいいもんだ。
d0135567_23540413.jpg
いつ見てもこの不思議な植物「ラクウショウ」は面白い。
d0135567_00032498.jpg
d0135567_00090271.jpg

d0135567_00032525.jpg
大作り花壇。一年がかりで枝数を増やし、1株から数百輪の花を半円形に整然と咲かせるこの技法を「大作り」と呼び、新宿御苑独自のものだそうだ。600本の花が一つの幹から作られているとは!
d0135567_00005686.jpg
女子組

d0135567_00102648.jpg
男子組

d0135567_00121301.jpg

新宿門にお昼頃集合して園内の裏道から入り、落ち葉を踏みしめながら、菊の作り方に感嘆し、紅葉と珍しい自然の現象を愛で、休憩所で話に花が咲き、大木戸門から出て、途中のレストラン「ラ・ボエム」での遅めのランチ会でまたまた楽しく話した。楽しい散歩会だった。

その後、すぐ近くの新宿三丁目「ひだり馬」で月例ジャズセッションのホストピアノ演奏予定があり、数軒先の「銅鑼」に回って週末ライブのこの日のゲストプレイヤー・下間哲さんのトランペットを聞いてから、時間つぶしに画材屋「世界堂」をぶらつき、夜は「ひだり馬」でジャズセッションをした。

秋の日曜日、一日中、都心の新宿の一角で、仲間たちと自然あふれる公園を散策し、たっぷりピアノを弾いた日でした。















[PR]

# by imamusic | 2018-11-19 00:01 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)