<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

3月のいまむら直子(piano & vocal)ライブのお知らせです。   

まだ2月ですが、今朝は近くで満開の桜を見ました!
d0135567_23202105.jpg
ほら。これは、どう見たって、さ・く・ら、、ですよね?
d0135567_23215330.jpg
桜の木の右側は農大一高。道の左側は東京農大です。
d0135567_23160911.jpg
世田谷通りに面した農大の正門前と違って、一歩入った道のここはとても静かで、通りの向こう・・・小田急線経堂駅方面から「農大通り」という名称の商店街や住宅街通り20分くらい歩いて到達する裏門がすぐ左側にあります。
d0135567_23283003.jpg
そう、振り返って世田谷通り方面を見ると、右側に農大の校舎と裏門。今日たぶん初めて来校したらしき人が「へえ~、ここが正門ですか~」と言っていた。それほど立派な裏門です。この道は戦前は無くてとても不便だったので陳情して通してもらったらしい。
d0135567_23332972.jpg
どうも光の具合がイマイチで「わぁ~綺麗!」と思った雰囲気がiPhoneカメラでは表現できませんが、見事でした。

そんな2/22。いつもなら来月はまだ少し先、という感じですが、おっとどっこい。2月は28日しかなく、来月はもう目の前。ですので、そろそろ来月のライブお知らせします。
d0135567_23461234.jpg

1()19:30下北沢「音倉」1st.ボーカルセッション/2st.Nao & 音倉亀仙人スーパーバンドのDancing雛祭り!」サンタナ他あの70年代Discoサウンド!一緒に踊ろう!!!(北川涼gt神村tp&pec.山口bass島田drums)

d0135567_03210371.jpeg

3()19:30柴崎「さくらんぼ」トロンボーンとピアノと歌 松本耕司(tb)

d0135567_23485905.jpg

5()19:30赤羽「Bフラット」弾き語りソロ

6()16:00ベネッセ「グランダ桜新町」ジャズ&昭和歌謡・ソロ弾語り

7()19:00赤羽「Bフラット」デキシーショーケース下間Tp小出d

12()13:10麻布十番コージーサークル「チャリティスマイル音楽会」

d0135567_13434495.jpg
12()19:00三軒茶屋キャロットタワー26F「スカイキャロット」
d0135567_23513267.jpg

15()19:15成城「F.GICCO」ソロ弾き語りLive (Session)

17()19:00新橋「ベッラ・マッティーナ」さくらジャズコンサートVol.26

19()18:00新宿「ひだり馬」セッション(Cool&HotJazzBand)

20(月祝)12:00青山「ジャズバード」雪村いづみ傘寿 Music Party

21()19:00赤羽「Bフラット」デキシーショーケース下間Tp小出d

25()13:00下北沢「音倉」ジャズコーラス祭りVol.2 

 けやきボイス、ShoofiesCarat4、ハートフル合唱隊、U-GirlsGospel

d0135567_23540122.jpg
3月もよろしくお願いします。
d0135567_00000584.jpg






[PR]

by imamusic | 2017-02-22 23:55 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

春一番の嵐の中に、郷愁を誘う沈丁花の花の香りが舞い始めた。私の花も咲き始めた。   

今宵は、Fさんのお土産の「沖縄の温泉の素」を湯船に入れて、この丘の上の、春一番の嵐でガタピシ音がする木造家屋の、ささやかな幸せの内風呂にゆっくり入ろう。
d0135567_23291746.jpg


Fさんは、ボーカルやコーラスの生徒さん。たかが過敏性腸炎なんかでヒーヒー言ってる私なんか足元にも及ばないガタガタの身体なのに、レッスン時には楽譜だけでいい筈の荷物に加えて、いつも申し訳ないくらいの御馳走弁当や、糖尿病の私を気遣ってのお手製サラダをたんまりと運んで「はい!センセ!」と置いてってくれる。
最近、南の方へ旅行に行ってきたようで、旅先でも東京にいる私の胃腸炎を心配して、食物でなく、沖縄のシークァーサーの香がする温泉の素や石鹸や沖縄デザインのハンドタオルなど、心温まるお土産を買ってきてくれた。

私の生徒さん達…人生も私と同じような長さを味わってきて、歌声そのものにそれがにじみ出ているような、優しくて愉快で頼もしい人達ばかりだ。
あまりにも体調不順で落胆していた数ヶ月だったが、思いもかけず、たくさんの人達に励まされ、普段は気がつかなかった愛のシャワーを大量に浴びた。

どこに向かってお礼の念を発したらいいのか分からないほど、愛のシャワーで360度+三次元方向から包囲され、私に顔をクシャクシャにされて嬉しさに困り果てているガル(3年前死んだ我が愛犬)の気分だf^_^;

ま、とにかく、叫んでみよーか(=゚ω゚)ノ

あ、り、が、とーーー!

あんなに緊張した先月の初の大腸カメラ検査も、鉄腕アトムの漫画に出てきたような未来の機器「CT」の先週の人体検査も、結果は「何にもありません、全く綺麗です」という国立医療センター消化器内科の医師の断言で終わり(画像の解像度のあまりの綺麗さにビックリ感動!)、結局、内的原因は無くなってしまった。つまり身体は元気!ってことは心なの?へ?この心臓に毛が生えた鈍感人の心?ヘェ〜〜…。

でも、特に病名は付かなかったものの、5月後半に行く予定のデキシーバンドの欧州ツアーに下痢状態のままで行きたくないぜ〜😢

「先生、今後は、固めたい!それなりの薬を〜〜!」と食い下がり、ラグビー選手のような消化器内科の医師が、あいわかった、と処方してくれたのがポリフルという大きな錠剤。後日知り合いの薬剤師が「あ、それ過敏性腸炎の薬ですね」と言ったので、初めて私は過敏性腸炎なんだと認識した。

以後、真面目に薬を1日3回飲んでます。
薬を毛嫌いしていた私だけど、悪くないないなあ。なんだか、どんどん回復する感じ*\(^o^)/*

今日はそれとは別に月一で通院中の糖尿病検診。腸炎のお陰で2〜3kg痩せてた。ヘモグロビンA1もあっという間に7.1まで下がってた(半年前は8.8だった)。

急に元気が戻って、仕事がはかどってます!こういう感覚が好きだ。
心機一転、ガルを看取ったこの家を離れ、数百メートル離れた新しい場所で、私の仕事や活動を良い形で発展させる研究所・STUDIO GERA(仮称)を4月以降運営していく。人生のラストスパート。落胆の半年間が反対にバネになり、これが最後の挑戦、という覚悟が決まった。

自分を見つめたい、探したい、深めたい、という旅に出た52才。ケジメでもあったバースデーコンサートの意味が一番強かった55才コンサート(テーマは「業」)@青山曼荼羅、60才までは仕事より研究と決め実験活動を繰り返した。60才以降は音楽で生活に責任を持てるような仕事モードに切り替える、という青図を描いていた。
60を越える頃「まあ待てよ、もっと自然を感じて生きようぜ」と喩してくれたのは、亡きセントバーナードのガルだ。彼のお陰で大切な宝を胸に落とす事が出来た。それを持って新しいスタイルを作っていきたい。それはもう、慢性過敏性腸炎にはならないタイプのスタイル。気が付けば…5月には65だ…。

d0135567_23291773.jpg


[PR]

by imamusic | 2017-02-20 22:11 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(0)

復活の兆し。今年初めて飲む珈琲の味。あーもう2月か。仕事が暇な正月は心身共に苦手だ〜〜。   

やっと、2月の日々が巡ってきた〜〜。オフの年末年始や、なかなか仕事環境が回り出さない正月は毎年体調が悪くなって悲観的になる。寒いしね。それが2月になると急にあちこちから声がかかって忙しくなり、その勢いで元気が回復する…毎年そうなるのに、毎年それを忘れてるから、今年も正月は落ち込んだ〜〜(>_<)
やっと、この数日で体調も気分も復活してきました(^_−)−☆気がつけば、2/6だ、今日は!

2月に入り既にライブは3回やった。2/1下北沢音倉セッション。2/4青山ジャズバード「MOTOKO JAZZ LIVE」。2/5赤羽Bフラット弾き語りライブ。

2/1は凄腕揃いのクインテットで刺激を受け久しぶりに興奮して演奏した。けれど体力復活せずピアノ弾いている内に目眩がし、歌うと吐き気もした。休憩時間はグッタリ。あーーもう!年かなァ〜〜なんて…。例の症状回復せず、でもミュージシャン達との終了後打ち上げの宴は楽しい。無礼講で食べて元気も付き、しかし翌朝はまだお腹下し。

2/2は高校同窓会の新年会が春光会館であった。これも私にはとても大切な人の輪!元応援団が欠席で、最後の校歌を皆で歌う時、急遽、会場指揮の役目。皆の校歌への熱が凄くて指揮しながら、のぼせる…(^_^;)ここでも無礼講で食べて、後は同じくf^_^;

2/3はレッスン一件だけなので自宅療養ぎみに出来るだけ寝ようと努力。でも翌日のライブのプロデュース部分…バンドの楽譜揃えで進行などの楽譜チェック&作成と人数分コピーや枚数のあるのは貼り合わせ作業、それを進行順にまとめて各パートに分け、プログラム企画と作成byパソコンや、ボーカリストとのリハーサルなど、結局やる事がいっぱい。睡魔と闘いながらナントカ前夜に準備完了。

2/4はそのライブ。仕事なので10分前に着いたが店が開いてなかった。昼間は普通閉まってるからね、こういう店は。でも流石に超プロは違うな、ドラムの山本勇さんは私より5分前の集合15分前に着いて店の前で待っていた。

亡きパートナーで先輩でもある演出家のRが「プロの第一条件は何だと思うか?」「時間厳守だ!」とよく言っていた。プロ度と到着時間は比例する気もする。山本さんは流石!ここでもまだ回復せずトランペットやドラムと張り合って気持ちよくピアノを弾いたが、休憩時間はカウンターの奥でグッタリしてチャージ。

2/5はスタートも夜遅めでしかもワンマンライブだから気楽だ。連日ライブが続き身体も慣れてきて、もう休憩時間にグッタリもしなくなった。パワーがみなぎり始め、いつも店から戴く牛肉弁当を躊躇なく戴く。帰り道の小田急線の足元の暖房が気持ち良く、その夜は熟睡した。

さて今日は夕方4時から近所の「グランダ桜新町」で慰問コンサートだ。ワンマン弾き語りだから気楽。もう完全に復活した!……たぶん。
今日は声優の東優夏さんにも来てもらって今レッスン中の「ミネソタの卵売り」を歌ってもらう。後半の鶏の鳴き声がホンモノそっくりで凄いのだ!f^_^;きっと入居者の皆さん、驚き楽しむに違いない。とり年だから、このネタは今年使えるなぁ(*^_^*)

そしてそして、明後日2/8水曜日!今年初めての地元用賀「キンのツボ」ライブです!
d0135567_14373677.jpg

お時間ありましたら、是非!いらしてください。お待ちしています。



2/2の同窓会での写真。
d0135567_14373661.jpg


2/4のライブの写真。雪村いづみさんも遊びに来てくれた!(*^_^*)
d0135567_14373773.jpg

d0135567_14373763.jpg

d0135567_14373822.jpg

d0135567_14373921.jpg


2/5赤羽ライブから帰る途中、深夜の赤羽駅東口前。1番街のアーケードが見える。最近若者に人気のエリアだとか(^_^;)
d0135567_14373919.jpg

d0135567_14374062.jpg

d0135567_14374025.jpg

d0135567_14374144.jpg




[PR]

by imamusic | 2017-02-06 13:41 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)