<   2016年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

北海道ツアー初日…トラブるほど思い出深いトラベルになる…確かに!   

成田空港から新千歳空港に着きました。行き先の空港に濃霧が出ていて出発遅れ、1時間半近く遅い到着。札幌は雨模様です。
手荷物も預けるほどでなく飛行機降りたらサッサとJR新千歳空港駅へ。ただいまエアポートという電車の中。16:30頃には札幌に着きます。

久しぶりの長距離の旅。新千歳空港から札幌駅に向かう電車の窓から見える、そぼ降る雨の中の景色…緑が多くて、その木々の種類や、広い畑や、まっすぐな道路や、建物が…北海道ならでは。

何故か胸がキュンとなる。
札幌は東京もどきの街並みだけど、東京と違って、車内でスマホを見ているのが1割程度なのも嬉しい風景(*^_^*)。

昨日は、午前中新宿で長時間の仕事の打ち合わせ、午後から立川のコーラス指導、夕方から逗子のとある別荘でジャズセッションと花火鑑賞。深夜帰宅して流石にくたびれ、暫しグッタリしながらも、0時過ぎて北海道行きの準備ゼロだったので、眠らないよう喝入れ、3時まで旅のパッキング。
北海道での5つあるライブはそれぞれタイプが違い、聞いてくださる皆さんへの一瞬での印象が、私の歌やパフォーマンスや私自身を受け入れてくださるかどうか、それはまず見た目と選ぶ言葉だ。あちこち移動するので、コンパクトかつ効果的な何パターンかの衣裳を選ぶのが難しい。
それが無ければ5日間同じものを着ていても平気な私…今回は去年までの山小屋生活ではなくホテル宿泊なので山モードでなくてもいいけど、あの山モード…私には合ってたなぁ〜。

その北大山スキー部OB山男で高校同級生のM君から、新しく札幌ジャズ祭で演奏することへの激励のメールが届いた。その中で「札幌は空気こそ東京とは違いますが、町並みはリトル東京で街中のジャズ祭はそう違ったものにはなりえないのでは思っています。」と書いてあった。彼は今、知床で仕事中。「今年から私はお手伝い出来ませんが、同伴の皆さんとうまくやって下さい。さっぽろジャズ祭出演者で、北海道(札幌)の歴史・文化を知っている方はそうそういないでしょうし、多少なりとも北海道の自然も体験している貴女は心の豊かさ(強み)を持った演奏家でしょう。」などと、今まで時には私の天衣無縫を厳しく叱ってくれた友人からの、涙が出そうな文面が続く。お陰で、そうか、そうなんだ、その道を来ていたんだった、と気づき、襟が正された気がした。同級生はありがたい。上下も無く、適度な距離感で、同い年の抱える問題を言わずもがなで共有し、自分では気づかなかった事を指摘してくれる。心が洗われるなー。

で、LCCのジェットスターで今回も往復、本当にありがたい世の中になった。何十年も渇望していた旅への夢が手に入って、ここ数年動いている。成田空港に新しく出来たLCC用の第3ターミナルに行くまでの第2ターミナル(電車が着くのはここ)から600mの屋外渡り廊下にある写真たちと旅の意義へのナイスなキャッキコピーが好きだ。遅刻しそうなのに、思わず立ち止まってしまった一枚が、ある。
d0135567_16181416.jpg


はは。なんだかねf^_^;。このほかにもたーくさん。ものの見方が変わる。世界観が広がる。それも荷物をガラガラ引っ張って搭乗口に行く道すがら、ちょっと勇気のいる空の旅へのキリリとした気分の中、これらの言葉は1つ1つが胸に深く一瞬で入る。
その中に「トラブるほど思い出深いトラベルになる」というのもある。実はウェブ予約した予約番号を入れて搭乗券を第3ターミナルのジェットスターカウンターの前のゲットする機械の前でメガネを外したのが足元に落ちたらしく、メガネがどこにもない、という状態に😱荷物の中身をを床に広げて全く見当たらず、札幌のメガネスーパーで買うかなぁ、まあその前に、今搭乗口に行くのに案内文字がよく読めないわ、困った…と歩き出し、いや!ちょっと待て!と機械の前に戻り係の人に訴えた。探してくれて、ずっと先のカウンターの所に誰かが拾って置いておいてくれた、と持ってきてくれた。
ふう。最初のトラブる。旅は、人生そのもの…。

しかしこの第3ターミナルへの廊下の素敵なギャリーはインターネットにあるに違いない。探したら、あったあった。
ナリタニスト で検索すれば出てくる。
http://matome.naver.jp/m/odai/2143320487592986701

d0135567_16181442.jpg


d0135567_16181440.jpg

d0135567_16181563.jpg

d0135567_16181574.jpg

d0135567_16181679.jpg

成田空港。新千歳空港が濃霧とかで出発が大幅に遅れた。
d0135567_16181653.jpg


……そして雨の新千歳空港。
d0135567_16181789.jpg


さあてもうすぐ、札幌到着。今夜は「紙ひこうき」というところでジョニー黒田とデキシープリンスwith松本耕司のライブに飛び入りの予定。









[PR]

by imamusic | 2016-07-28 15:45 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

明日から北海道へ。今までと違うスタイルでライブツアー。   

明日から北海道に行きますが、2009年から毎年、北海道大学山スキー部OBの会の関連で訪れていました。それとは違うスタイルで、今年は行きます。
SAPPORO JAZZ CITYというタイトルの町おこしジャズ祭に出演することにしました。

札幌の街並みは広くて碁盤の目のよう。駅裏のレンタサイクルを借りようかな?と思ってます。

ジャズ祭の会場地図はこれ。
d0135567_00380565.jpg

私たちのスケジュールはこれ。。
d0135567_00380528.jpg

一緒に演奏する相棒はプロトロンボーン奏者の松本耕司さん。
d0135567_00380613.jpg

その他に、生徒さん2名と北大山スキー部OBの病院の先生もチョコっと出ます。

生徒さんとプロの超えられない壁…しかし又、アマチュアにはプロが気づかなかったこともある。そして技術を超える豊かな個性。
音楽のルールを学び損ない、年配になって自己流で頑張っている音楽愛好者たちはある意味輝いている。毎回輝くのがプロだけれど、たまに一瞬、忘れた頃に輝くために、一生懸命なアマチュアの方たちの純粋さは尊い。
先週は、もう諦めかけていた生徒さんが、レッスンで突然、心をしっかり込めて歌い始め、技術的問題も解決してきてたので、ビックリした!そして、嬉しかった。本当に、忘れた頃にご褒美のように素晴らしい感動を与えてくれる。簡単に諦めなくて、よかった。

さてと。明日から。北海道!!









[PR]

by imamusic | 2016-07-28 00:18 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

8月のいまむら直子(piano & vocal)ライブ予定です。   

終戦71年目の8月がやってきます。どうか平和に過ごせますよう。
この月は特別な月です。
楽しくて幸せな時間をたくさん創出し、同時代に一緒に生きている方達と、生きている事そのものを堂々と大切に味わいたい。
この平和への気づきの礎となった敗戦で亡くなった方達へ感謝と追悼の心を、「鎮魂の祈り」と「精一杯幸せに生きる勇気」の両輪を揃えて生きていくべき、という事に、本日(7/24)、思い当たりました。
8月も、その気持をもって音楽活動を粛々とやっていきます。そのライブ予定です。

d0135567_1235175.jpg


◆2(火)19:30赤羽「Bフラット」デキシーショーケースLive
下間哲tp、菅野天津男cl、加治雅也tb、坂本誠bj、いまむら直子pf、寺門和宣bs、小出芳明ds

◆3(水)19:30下北沢「音倉」ジャムナイト 北沢2-26-23B1
北川涼Gt(ホスト)、神村英男tp、いまむら直子pf、山口彰bs、島田忠男ds
d0135567_1513128.jpg


◆4(木)13:00下北沢「音倉」ランチタイム弾き語り 山村隆一(Bs)
d0135567_1521449.jpg


◆6(土)13:00吉祥寺東急REIホテル(武蔵野法人会チャリティ) 瀬戸カオリ(Vo.)
d0135567_15328.jpg


◆7(日)19:30赤羽「Bフラット」ソロ弾き語り

◆8(月)16:00ベネッセ「グランダ桜新町」弾き語り Shoofies(コーラス)

◆10(水)19:30~用賀「キンのツボ」弾き語りLive 山村隆一(Bs)
d0135567_1275524.jpg


◆14(日)13:10麻布十番コージーサークル「チャリティ音楽会」Shoofies、他
d0135567_1554372.jpg


◆16(火)19:30赤羽「Bフラット」デキシーショーケースLive

◆17(水)19:30成城「F.GICCO」ソロ弾き語りLive (Session有)
d0135567_1571440.jpg


◆19(金)19:30水道橋「東京倶楽部」(デキシーショーケース)
d0135567_241976.jpg


◆20(土)14:00~新橋「ベッラ・マッティーナ」さくらジャズコンサート
SAKURA JAZZ 足利建四郎・藤田八恵子/ 港区新橋3-13-4

◆21(日)18:00新宿「ひだり馬」セッション(Cool&HotJazzBand)

◆23(火)19:00目黒パーシモンホール「G.bamboo」Vol.5
細山隆(尺八)・山口彰(Bs)・Shoofies、洗足音大:現代邦楽研究所、他
d0135567_264342.jpg


8月もよろしくお願いいたします。
























[PR]

by imamusic | 2016-07-25 02:12 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

都知事選の期日前投票をしに受付会場のある近所のボロ市通りへ朝散歩とブランチ。   

今日7/24は、7/31の東京都知事選に当日行けない人の為の期日前投票第二弾目開始日です。第一弾目は既に7/15に開始していて、我が区の受付は区役所のみでした。我が家は隣町で凄く近く徒歩でも20分位、自転車でものんびーり行ったって10分。ですがそれがもう遠くに感じるほど運動不足の最近。今日から始まる第二弾目はもっと近くの「まちづくりセンター」という区内に会場が28か所もある所なので、7/31は札幌ジャズ祭行きで不在の為……今日は起きてすぐ、9:00頃、行ってきました。

場所はボロ市通りの上町まちづくりセンター。昨日届いた二週間前受診の区民健診の結果(空腹時血糖値160、HbA1c8.8…今までで最高値😱)におののき、いつもなら自転車を使うところ700m先の会場まで歩く事に。ま、今日は少し暇だから。

歩くと又、見えるもの感じるものが違うね。投票後、会場を出ると目の前に世田谷代官屋敷が。人通りも少なく涼し目の夏日和、約2㎞の直線ボロ市通り、蝉が鳴いてる…白昼。暇。食事療法もしなきゃ、とまだ起きてから何も食べてないが、空腹ではない、こんな時には食べないんだぞ!…目の前の代官屋敷に…とりあえず…入る。
d0135567_13363951.jpg

朝早いから、お客さんは人っ子ひとりいない。裏の世田谷郷土資料館にも行ってみた。
d0135567_13364091.jpg


暇なもんで、ロビーのチラシや出版物や図書室をゆっくり眺める(外人向けの英語版パンフレットのKYODO…これが「郷土」と理解したのはその後帰宅してから。駅や小田急線電車内でKYODOは見慣れてるのでつい「経堂」と早合点。そうか、経堂にもあの辺りの特別な資料館があるんだな、と。バカ。)

1時間近くいたけどだーれも入館者はいない。涼しい館内で体調すこぶる良く、気になったチラシ類を持ち帰る。
d0135567_13364088.jpg

d0135567_13364108.jpg


d0135567_13364165.jpg

7月も下旬になると、やはりこの秋津島…日本には、先の戦争で亡くなった人達の霊魂が蘇ると感じる。この夏日和の空に。この蝉の鳴き声に。それを感じさせるのは、私の記憶からではなく、こういった体験者達の言葉だ。私自身がようやくそれを受け止められるような年齢になり、また発信する形が感情的でなく意味を持って整理され有効に表現されるようになってきたのは終戦70年目の去年が節目だった気がする。あと数年で体験者達は寿命が来てやっと口を開き語り始めた話が聞けなくなる。今が大切、受け継ぐ直属の、私達の世代の行動が大切。今年の夏はもっともっと知りたい。その先の未来に確固たる信念を持って行動出来るように。新宿住友ビル48階にあるこの平和祈念展示資料館(一度行ったが)、8月末までの夏休みイベント予定表がチラシにある。全部行きたいくらい。もっと知って自分の活動に組み入れたい。

資料館入館特典の割引券を貰ったボロ市通りのそば屋「富士屋」で天そばのブランチ。しかし閑散とした店内…割引券は使わない事にした…。

帰り道、珈琲が飲みたく、良いのが近所にないけど、今まで外観から入るのを見合わせてた「はちだいカフェ」に入ってみた。外観変えろ〜!中に入ると落ち着く〜。珈琲も美味しかった。なぁんだ。また来よう!(迷いに迷ってケーキはやめた。なんせ8.8じゃあ😱)

で、隣のコンビニで東京新聞と…迷わず、アズキアイスを😲!買い、帰宅。暇なので新聞を開く、と…。
なんと!新聞に同級生のみっちゃんが出てるではないか!しかも大きく!
d0135567_13364193.jpg

「横浜ローザ」今年は8/15終戦記念日のマチネに観に行く事にしている。そして夜は、Shoofiesの越部さんが40年近く参加している東京第一混声合唱団の最終公演、これも平和への強烈なメッセージを含んだ岡田和夫先生の毎年書き下ろし作曲作品の発表だ。
d0135567_13522396.jpg


みっちゃんこと五大路子…「横浜ローザ」の活動が20年。凄いな。未だに私は、そういう強さを持ち合わせずに右往左往している。世界情勢は急展開していく時代に入り、右往左往が、せめて、奥深さに成長する事を祈りながら、マイペースで行くしかない。あーそして今日は弟の還暦誕生日だ。こんな文字群の中にひっそりとおめでとうと書いておこう。あの戦争体験者達が平和の手応えとして眺めてきた私達だ。戦争体験を子供達に語るよりも個人の充実を語ってきた両親。だから私は今こそその意味を自分で探さないと。

今年もあの鎮魂の8月が、来る!












[PR]

by imamusic | 2016-07-24 12:30 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

アンサンブル演奏とは…sometimes I'm happy,sometimes I'm blue…   

時々、私は幸せ、でも時々、私は不幸せ…時々、私はあなたが大好き、でも時々、私はあなたが嫌い、…どうしてだろう?
嫌いな時でも、あなたが好き、それが私。それ以上、何が出来ようか?つまりは、あなたと居れば幸せだということ?

「sometimes I'm happy」という歌がある。何気なく聴いていたナットキングコールのアルバムの中に、この歌があった。ピアノ弾き語りでさらりと歌う彼のこの歌詞へのニュアンスが素敵だ。

今週は忙しい日々だった。その多くがアンサンブル演奏だったが…ソロ以外の、他人と一緒に演奏する事のメリットとデメリットを考えながら、今夜は帰路を歩いた。デュオ、バンドなどの演奏者同士、又は歌の伴奏なども含めて。

それは社会の中でどう自分らしく生きるか、どう他人と共存するか、ということにも通じている。
sometimes I'm…。
結局、みんなと居れば幸せ?そうかな?

でも、私が何かする事で喜んでくれる人がいる、それを目にするだけで幸せではないか!今週も多くの人が喜んでくれた。そうそう土曜日は誰よりもその喜びを身体で表現してくれたお客様がいた。雪村いづみさんだ。自分がステージ側だろうが客席側だろうが、その「好き!」のエネルギーと真摯な自然体は変わらない。それを見るだけで私は、役に立ってるみたい、と幸せだ!

土曜日は市川の「オーディダイナー」でデキシーショーケースとライブだったが、久しぶりにいづみさんが私のライブを観に来てくれた。バンド演奏前のワンマン弾き語りで懐かしいジャズソングを歌うと真ん前で一緒に口ずさむ。目が合い心が通い合う幸せな瞬間。バンド演奏になっても演奏者達との即興のやり取りがとても楽しい。
d0135567_01461331.jpg

d0135567_01461371.jpg


その前の日曜日は東北支援のチャリティースマイル音楽会だった。これも、目的があるので意義深く、アマチュアの伴奏であってもそれなりに楽しめる。
d0135567_01461344.jpg


金曜日はしかし、平和を考えるというテーマで開催している「さくらジャズコンサート」だった。皆さん歌が上手くなり、開催意義は無くはない。けれど、テーマを深める事がどうにも出来ていない。特に今年になってから腰が砕けてしまっている。店の雰囲気もピアノの質も素晴らしく、演奏していてとても気持ちの良い空間だが、開催の根拠が乏しく、段々発表会のようになってきたのは、どうしたものか…。
今回はスタンダードナンバーを丁寧に歌う人が多かった。皆それぞれに頑張った。
d0135567_01461379.jpg

しかしヒット曲の持つ力はそれだけで強く、テーマは見えなくなり負けてしまったようだ。企画倒れになる前に来月はもう少しテーマに食らいついて準備していきたいが…。「さくらジャズコンサート」は、私のいい加減さ、詰めの甘さもそのまま反映される。何のためにやっているのか?このコンサートで学ぶ事が、未来の選択シーンでの自分の考えを深める事に役立ちたいのだ。が…。うーむ。でないと、私にはやっている意味がない。

演奏の職人達とのコラボは心が躍るほど楽しい!しかしそれが自主公演となると…研究という姿勢が時々無駄な事のように思え、アマチュアの伴奏のカラオケもどき機械演奏者になってもそれで喜んでもらえる事の方が意味があるとも思える時がある。しかしもちろん、自分の幸せはどちらにあるかと言えば…sometimes I'm…。

最近は、この状況を来年以降どう展開していくべきか、何を選び何を捨てるか、考え始めている。

年末まで後半戦、今月の札幌ジャズ祭初出演、9月の横田基地日米友好祭初出演、12月の大阪弥生文化博物館コンサートや京都のチャリティーイベント演奏など新しい事も多く、継続中の幾つかのイベントも磨きをかける。

16才の時、高校演劇部の回覧日記に「真ん中ってどこ?」と書いたら、親友が「一番痛いところだよ」と返答を書いた。多感なあの頃から今もあまり変わりがない…。

今週の写真の中で、そんなカチコチの私をやんわり包んでくれる一枚があった。この写真に癒されフリーな気持ちになる。チャリティーライブで毎月、ウクレレ弾き語りをしてくれる86才のトミー山田さん。
d0135567_01461449.jpg









[PR]

by imamusic | 2016-07-18 00:31 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

Diabetes mellitus…つまり、とうにょうびょう…一応「治療中」と区の定期健診問診票に書いた…。   

今年も世田谷区の定期健診…今は特定健診というみたい…そのうち又、名称が変わるんだろうけど…それを受けてきました。昨日。
d0135567_01294996.jpg


音楽や演劇の事だと脳にスイッチが入るんだけど、何故かな〜?こういうものの書類の文字、凄〜く苦手で、何をどうするのか、ちゃんと理解してない事が多い。電気製品や楽器のマニュアルを読むほうがまだマシ。
数日前から事前に検◯して準備しなきゃならないものなんか、以前、決まった日程を過ぎてしまってダメになったり、うっかり直前に飲食してしまってダメになったり、いつも1週間くらい前から、間違えないかしら?とドキドキする。一昨日なんか緊張して眠れなかったし。前回も、14:00と指定されていてその時間に行き全部OKな筈が、最後に保険証を見せてと言われ、何故か持ってきてなくてダメになり、すぐには空いた日がなくてまた1ヶ月後辺りにやったんだった。
昨日の前夜も眠れなくて、仕方がないからバラバラになってた楽譜の整理をしてたらそれも膨大な仕事で朝になり、慌てて寝てから、昼前慌てて起きて、起きてすぐ(早朝のと書いてあるが早朝は寝た時間だった…)検💧をし、これでブツは揃った、と一安心。5時間前から飲食はするな水やお茶はOKと書いてあるけど、なんか間違えそうなので起きてから飲まず食わず。14:00ピッタリに来い、早めはダメ、と書いてあるので、12:45の朝ドラ再放送を見て(最近のとと姉ちゃんの展開はイチイチ感心してる)、13:00になりスイッチ入り、問診票に記入。いやあ、書くところ、多いなぁ〜。多すぎる!「何か気になることありませんか?」だって?うーん🤔そうだな、膝から下の足、スネかな、がとにかく冷えてカンカンになるんだよね、あと、目も見づらいか?◯だ。全部書いて自転車で飛ばせば15分の駒沢病院、OKOK!と思い、持ち物チェックしてみたら、肝心の、区から届いた書類全部が無い!部屋の楽譜や企画書などの書類に埋もれて、まーーーったく、見当たらない!焦った〜!それが無いと健診は受けられない!1週間前から緊張して食べるものなんか1ヶ月前から気をつけ(なんで直前急に気をつけるかなあ…(・・;))準備してきたのに…。とうとう時間切れで、ダメ元で提出物を一応全部持って病院に謝りに行った。そしたらもう一度帰宅して探して15:00までに来たら大丈夫だから、と言われ、3km近い起伏のある道を「もう〜やーめた!」と思いながら自転車で帰る内に、とと姉ちゃんの闇市の女性達の姿を思い出し、諦めちゃいかん!とやる気になり、帰宅!散々探してもーダメ、と思い、ふとShoofiesの楽譜が積まれた別の棚へ目を向けたら!あった!!
なんとかまた3kmフウフウ言いながら病院に戻り、間に合った!あれこれ検査受け、体重は去年より2.5kg増加(食べてないから…ホントはもっと…)、何故か身長は縮み、でも院長先生、目を見て胸を見て「大丈夫!」と太鼓判f^_^;。明日からまた、真面目にやろ!
と言うわけで、なんだかとっても、何もしないのに、やっぱり間違いもしたりして、疲れてしまい、ボンヤリ21:00には寝てしまいました。

だからこんな、夜中の1:00にまた、目が覚めてしまって…。しょうもないブログを書いておりまする。

えっと…今日の予定は?そうそう、UGirlsの歌唱指導だ。Uは卒業した上野丘高校のU。Girlsは8年下級生の音楽部後輩女子達4名…万年Girlsだから。もう何人か孫もいるけど、まだ高校生みたいに可愛い下級生達!歌声も性格も。うふふな感じ。9/10ハートフルコンサート@上用賀アートホールで歌う曲の練習なのです。

終了後、ちょうど同じエリアの劇場で大学の同期・白珠ちゃんが別役実を演ってるので、観に行く。別役ーーー好き〜!楽しみ!
d0135567_01294904.jpg


もう満員御礼らしいです。北沢タウンホールの地下にできた小さな劇場ね。本多さんの系列の何番目になるんだろう、この劇場。凄いなぁ〜。下北沢という街を本多さんは作ってしまった。北沢タウンホールは随分使わせてもらった。10回以上は演ったかな。懐かしいエリア。チョイ胸キュン。



[PR]

by imamusic | 2016-07-09 00:44 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

本日7/7(木)13:00〜下北沢「音倉ランチタイムコンサート」Vol.83、音楽旅日記。with山村隆一(bass)です。   

七夕、7/7の今日、東京は朝から猛暑です。この分だと今年は夜も星が一杯。織姫と彦星は天の川で会えるかな?

本日の下北沢音倉ランチタイムコンサート「いまむら直子の音楽旅日記」は、何回目かの投影になる北海道・美唄の野外公園アルテピアッツァです。
d0135567_11443289.jpg

d0135567_11454590.jpg
d0135567_11462242.jpg


2009年7月に初めて訪れました。
それについては何回かブログに書きましたが、私にとっては奇跡的な出来事で、殆ど初めて会う叔父や叔母や従姉妹達に、まず連れて行ってもらったのは、美唄が誇る素晴らしい場所「アルテピアッツァ美唄」だったのです。
地元出身の世界的な彫刻家・安田侃さんという人が、イサム・ノグチさんと山の中の小学校の廃校と周辺の丘を利用して作った、大理石のシンプルな彫刻が点在している、自然と彫刻とのコラボレーション。
夏でも涼しく冷たくさえ感じた、清らかな美唄の空気や空や風景が、今でも深く心に残っています。

今月末には、この2009年北海道初の旅から続く北海道の友人達との絆の糸をたどって、初めてSAPPOPRO JAZZ CITYに出演します。頭の中は少しずつ月末の北海道に向いているので、今日のランチタイムコンサートでの旅の写真は北海道にしました。

手元にある写真集は、札幌の手稲山、知床、帯広・釧路、旭岳、小樽など、ありましたが、北大山スキー部の皆さんとの想い出でなく、この美唄の写真にしました。

今日の写真は、自分でその時撮った写真は一部で、絵葉書やインターネットから集めた安田侃さんの作品、そして祖母や叔父達が過ごした昔の美唄炭鉱町の様子など、美唄の歴史と今の紹介のような形になっています。改めて安田さんのホームページを見て、その作品に向かう心や考え方に感動し、六本木ミッドタウンやイタリアにある写真も少し加えて60枚くらいを投影します。次の写真はその中の3枚。
d0135567_1150498.jpg

d0135567_11512113.jpg

d0135567_11521075.jpg


暑いですが、お時間があればランチは下北沢「音倉」の自然食を、この写真と私たちデュオの演奏を聞きながらもちょっと気分転換は、いかが?

13:00~13:30 (毎月第一木曜日)
国境なき楽団主催「いまむら直子の音楽旅日記」ランチタイムコンサート@下北沢Com Cafe音倉
( 世田谷区北沢2ー26ー23地下)
~旅の映像&トーク&即興ピアノ演奏~
大画面のプロジェクターに、旅で撮影した風景写真を投影し、スライドショーを観ながらの即興演奏。
ベーシスト山村隆一さん、今日も来てくれます!!
観覧無料、オーダー必要。
[PR]

by imamusic | 2016-07-07 11:55 | 写真と演奏の「音楽旅日記」 | Trackback | Comments(0)