<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

明日4/30土午後は「トロンボーンとピアノと歌LIVE」@青山Zimagineです。   

東京は朝から春嵐。強風が丘の上の古い木造戸建の我が家をキシキシ鳴らします。今日は、明日の「トロンボーンとピアノと歌LIVE」の為の仕込みの1日。
d0135567_07493617.jpg

3月からのこの企画LIVEデュオで初の相棒のトロンボーン奏者、松本耕司さんより「前日、銅鑼に出ますから、僕がどんなことをやっているかわかりますので、来てください」と言われ、今日は出番はないけど銅鑼に観客で行きます。
銅鑼のホームページに載ってる今日の出演バンドは、広津誠(Ts)アンソン6、高橋三雄(As)MJF、ミントンハウスキャットジョイバンド、(VO)若草ファミリーの4グループ。あれ?どれに出るのかな?広津バンド?ミントンハウス?馴染みの高橋さんも出るんだ。ちょっと勉強しにいこ。

明日のプログラム、前回のやり方だと各自が持ち寄った楽譜を手元に少し多めに揃え、何をやるかは流れ次第。それが楽しかった。でも一応、ちょっとやってみたい事…トロンボーンと歌だけのデュオ。なんてったってピアノは座りっぱなしで動きが少なく、前回のようにトロンボーンの伴奏だけに終わってしまうとつまらない。一曲だけ前に出て、二人で立ってパフォーマンスしたい。曲は松本さんの提案で「アメージンググレイス」になる予定。一応、、予定。それから予約のお客様の顔ぶれを見て昨日急にやりたくなった「火の玉ロック」。昔テレビでやってたグンゼのCMの曲らしい。歌ったことのない知らない曲だけど、面白い!!今日はオフなので、あとで楽譜作って練習してみて仕上がったら、友情出演のベース寺門和宣さんにブンブン鳴らしてもらってトロンボーンに間奏吹いてもらって、元気にやりたい。
今日明日と、自主企画のデュオのためだけの音楽準備と本番にどっぷり浸れて嬉しいな。

明日のLIVEは私の把握している予約だけで今のところ14名様。
青山Zimagineは、ホームページでは客席数35と書いてはあるものの20名も入れば満席な感じ。後部にテーブル立ち席もありますが、来ていただける方はご予約をおすすめします。でも予約無しでも多分満席にはならない筈なのでたぶん大丈夫(*^_^*)
http://www.radio-zipangu.com/zimagine/

そっか、今日からゴールデンウィークの始まりなんですね。朝方、急に冷え込んで、寒くて目が覚め、熊本や大分での避難生活者の皆さんの体調が気になりました。九州は東京よりは暖かい筈だけど、もう五月直前なのに今朝の寒さは…。
大雨の後の激しい天気の変化に、続いている地震…津波で多くの方が亡くなりその後に原発爆発のあった東北とは、またタイプが全く違う被災の形で、生き延びるというのが大変だと推察します。地震が落ち着くまで待って、それから復興活動をするのでしょうが、それを待ってはいられないですね。すぐにも転居出来る方はまだいい、自然と共に生きて来た酪農や農業の方達が多くて移動など出来ない。しかもそれらが私達の食生活を支えているのだと思うと他人事ではなく、支援というよりも、一緒に復興しなければならないんだ、と、こう書いているとだんだん見えてきました。
何より、あの風格のある屋根瓦の多い九州の景色の破壊に胸が痛む。










[PR]

by imamusic | 2016-04-29 06:51 | Trackback | Comments(0)

5月のいまむら直子(piano & vocal)ライブ予定です。   

早くも5月。街路の桜が散り、大きなツツジの花々が目に入ります。庭の柿の葉は日ごとに新芽がぐんぐんと大きくなり、すでに初夏の空気さえ。かと思うと日没後は気温が急降下する日も。熊本と大分の地震も続き、天候と共に不安定な4月末。これからGW、そして活発な音楽フェスの多い5月に流れていきます。
5月のライブ予定です。
d0135567_2148182.jpg


◆1(日)19:30~赤羽「Bフラット」ソロ弾き語り 赤羽2-15-9
◆3(火)19:30赤羽「Bフラット」デキシーショーケースLive
◆4(水)19:30~下北沢「音倉」ジャムナイト 北沢2-26-23B1
◆5(木)13:00~下北沢「音倉」ランチタイム弾き語り 山村(Bs)
◆8(日)13:10~ 麻布十番「コージーサークル」Shoofies主催「チャリティ・スマイル音楽会」
d0135567_2215282.jpg


◆14(土)13:30/16:30/19:50新宿ジャズ祭(新宿文化センター)
d0135567_226445.jpg

d0135567_2275871.jpg

◆15(日)18:00~新宿「ひだり馬」セッションライブwithディナー
◆17(火)19:30赤羽「Bフラット」デキシーショーケースLive

◆18(水)成城「F.GICCO」ソロ弾き語りLive (Vocal Session有り)
d0135567_2285044.jpg


d0135567_22124480.jpg

◆20(金)14:00~立川いったい音楽祭り(フェローホームズ)Shoo.

◆20(金)19:00~新橋ベッラ・マッティーナ「さくらジャズコンサート」出演=三枝秀樹・阿部美奈子(Vo)セッション有
d0135567_223219.jpg


◆21(土)19:30~柴崎「さくらんぼ」withデキシーショーケース
d0135567_22325239.jpg


◆22(日)14:00~立川いったい音楽祭り(ChabohibaHall)Shoofies
◆22(日)17:00~立川いったい音楽祭り(立川高島屋正面入口)

◆27(金)19:00~上町「TreeHouseCafe」おとなりライブ .快(人形)
d0135567_22415395.jpg


◆29(日)13:30~青山「Zimagine」Duoシリーズ3.松本耕司(Tb)
    シリーズ3回目、いよいよ起承転結の「転」。
d0135567_231567.jpg



5月も、よろしくお願いいたします。
[PR]

by imamusic | 2016-04-27 23:02 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

腹筋マシーンで始まる朝、楽し!長続きしそう。   

2〜3週間前、とうとう腹筋マシーンを買いました。椅子みたいに腰掛けるタイプ。
d0135567_10143163.jpg


数年間通っていた女性専用フィットネスジム・カーブスも、空き時間と合わずやめてしまっている。運動不足で糖尿病の数値が上がった数年前、脂肪燃焼スープとカーブスを頑張ったら1か月で7kgも減量し、数値もグンと下がって、投薬の必要も無くなり、これを続ければいいんだ、とわかってはいた。
けれどだんだんその意欲も多忙と怠惰で遠のき、ライブやコーラス指導の後は美味しい食事会だったりで、ま、人生楽しもうよ、なんて居直り生活に。
その結果、去年の区の健康診断で数値は悪い方に戻り気味だったのだ。身体も重くなり階段の上り下りでも息が上がるようになって、坂道は自転車を降り押して歩くようになっていた。
愛犬の毎晩1時間半の散歩生活も、犬の老衰死で終わってしまっているし…。
で、ある時、やる気になり、営業時間の長い駒沢公園の中や砧公園の隣にある公営ジムに自転車で通い始めた。これでまたまた体調も復活。
ところがこれも、なんとなく遠い…。いや気分の問題だし、本当は2.5kmくらいの距離だから歩けばそれもいいんだけどね…それが、その…。
で、とうとう、自宅をジムにする事にした。幸い、巨大犬ガルバンソの居室だったリビング兼レッスン室は、今は奴も居ないので、広いスペースがある…。
ハッ!そうか!今月初日は奴の三回忌。またしてもガルバンソの目に見えぬ導きだったか!すると、このマシンはガルバンソ!あーなんてこった!Blogを書きながら今気付いた!

と言うわけで、毎朝起きるとこの腹筋マシーンに乗って腹筋だけでなくあちこちのインナーマッスルを動かし、それから1日が始まる、という生活が始まってます(*^_^*)
何より嬉しいのは、始めてすぐに自転車で坂道を軽く登れるようになった事。歩くのも身体が軽くなった。芯からのエネルギーも出てきた。季節も春になり、寒さでストーブの前から数時間動かない日々が続いて自己嫌悪に陥っていたのが、元気になってきた!
三男が買ってたバランスボールやツイスターもあるので組み合わせてやってますが、腹筋マシーンはカーブスや公営ジムでもお馴染みで、12〜3回やると30秒くらいという目安もついているし、上体と下肢を交互にやったり、合間に別の有酸素運動を入れると効果的だとか、この動きはどこの筋肉に効いているかとか、カーブスのインストラクターの指導が頭と身体の記憶に残っていて、自然に自分に合ったプログラムにしている。
帰宅後の深夜24:00でもOKだし服装も自由で靴も要らない。迷ったけど、サッと折りたたんでしまえるというコンパクトな床に座るタイプのものじゃなく、この椅子スタイルにして良かった。目についたらすぐ、あ、座ってみよ!と気軽にやり始められる。
数ヶ月後にある今年の健康診断の結果に期待しよう。
今も、マシンに座って動かしながらiPhoneでBlogを書いてます。そろそろ手を使う動きに変えるので、この辺で。





[PR]

by imamusic | 2016-04-19 09:30 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(0)

4/10に60回目を迎えた「チャリティ・スマイル音楽会」は熊本にも届くのかな?   

主婦のジャズコーラス「Shoofies」と一緒に2011年5月から毎月開催している「チャリティ・スマイル音楽会」が今月の開催で60回目を迎えました。その60回目で寄付金累計が150万円を越えました。
当初、3.11東日本大震災の直後、東北の惨状に胸を痛め何か力になりたく、色々考えた末に始めた会でした。
東北と地続き感が強い東京付近に住む私達はあの時同じように揺れ、恐怖を感じ、都会ならではの帰宅難民溢れる一夜を経験し、その都会の電気の供給元が爆発した福島の原発だという事を初めて知って東北の事がもはや他人事ではなくなり、時々都内の地域ごとに送電を断つ節電などというかつてない生活をしたり…。

5年経ち、あの頃の意識が夢の中の出来事であったかのようにいつの間にか東京の電気は復活し、あの時の気持ちが風化してないとは言えない私達…。毎月この会で1か月に1回東北の地震で犠牲になった方達に黙祷し、寄付金を集めて、今なお現状に即した復興支援活動をしているNPO団体シビックフォースに寄付をし続けています。

この亀の歩行のような音楽会の存在が、(私も含めた)参加者達に継続的な学びのキッカケと復興支援活動参加のチャンスを与え続けていますが、企画発案と寄付の仕方や寄付先決定をした私としては、寄付先の活動内容のチェック更新は欠かせません。

シビックフォースは、民間団体であるが故に素早い決断力と行動力を持っているという特徴があり、それを活かしての3.11直後からの活動が素晴らしく、国の支援体制の鈍さにもどかしさを感じていた時に希望を感じました。
その後も「今現場で必要とされてるものは何か」を被災者目線でリサーチして話し合い、出来る事をピンポイントでやっていき活動報告をホームページで発信しています。活動は全て寄付で賄われているにもかかわらず、その寄付金は総計7億円を越えていて、この団体に期待する人達のチェックの目と熱い支援の心を感じました。

しかしその後、シビックフォースの活動は東北だけでなく次々に起こる各地の災害に対しても対応する事をホームページのレポートで知り、東日本大震災の被災者に向けてのみの寄付の為の音楽会として開始したので、寄付先を誤ったか?と冷水を浴びせられた気持ちになった事もありました。

支援は3.11以降起きたフィリピンやネパールやバングラデシュの災害、国内では広島の土砂崩れや九州北部豪雨、関東東北河川氾濫などの災害にも及び、アジア太平洋地域の災害対応連携の為のアジアパシフィックアライアンスの活動もしています。私達の寄付金はつまりそれらの活動にも使われている?

これはどういうことになるのかな…と思っていたら、シビックフォースが説明文を出しました。

「災害即応体制をアジア太平洋地域の各国へ
東日本大震災の経験から、何を学び、何を共有するのか―。
Civic Forceは、2009年の設立以来、国内の大規模災害時に迅速な支援を行うためのNPO/NGO・企業・政府・行政の連携組織として、それぞれが持つ情報、人、資金、モノを共有・活用することで、円滑で効果的な支援を目指してきました。災害時に「一刻も早く、一人でも多く救う」ことができるよう、大規模災害が多発するアジア太平洋地域でのNGOを中心とした災害即応体制の確立に尽力しています。
東日本大震災で改めて実感した「平時からの連携の必要性」を踏まえ、アジア太平洋地域で起こり得る災害でもその教訓を最大限活かすため、2012年10月に、「Asia Pacific Alliance for Disaster Management (アジアパシフィック アライアンス、A-PAD)」を設立。
アジアパシフィック アライアンスは、ナショナルプラットフォーム間で相互に支援する体制を整え、資金調達についても協力し、災害時には合同チームを派遣するなど、連携して迅速な支援を展開します。」

というもので、3.11の経験を踏まえたこの展開は支持できると思いました。

そこへきて、先週の熊本大地震発生。
報道で知る被害の大きさや、3.11以降の日本列島の地震についての研究発表で、遅ればせながらその重大性を感じています。更に翌日発生した、母校のある大分県での大地震の報道で、友人達や町々の安否が急に身近に感じます。
まさかの九州地震にTVで映る地元の人達が、戸惑いながらもなんとなく呑気で熊本弁を話す様子は、こんな時ではあるけれど、あ〜九州だなぁ〜、と懐かしくてあたたかい。

ふと、シビックフォースのホームページを見たら、やはり地震の翌日から支援活動していた。
http://www.civic-force.org/news/

やはり私達の寄付金は、そのまま熊本にも届くのだろうか?
………………………………………
<5/9追加文>
上記の文章は4/18に書きましたが、その後シビックフォースからShoofies宛にメールが来て、熊本地震の災害救助活動を開始したので募金に協力してほしいとの内容だったので、私達の寄付はシビックフォースの全ての活動に使われているのかどうかを聞いたところ、東日本大震災復興支援活動の時に募集した寄付金は東日本のためにのみ使われるそうで、熊本地震の方は別に新しく立ち上げる必要があるとのことでした。
間違いのないように、タイトルと本文を少し訂正しました。

Shoofiesとしてはここにまず寄付をしました。
http://japangiving.jp/p/3946
チャリティースマイル音楽会では今まで通り東北に限定して寄付する事にし、シビックフォースの熊本での活動支援は、このサイトやシビックフォースのホームページにある直接の振込先、その他のやり方を紹介するに留めました。
http://www.civic-force.org/contribution/






[PR]

by imamusic | 2016-04-18 03:57 | Trackback | Comments(0)

本屋と図書館が好き。一度入ると2時間があっという間。昨日は立川オリオン書房へ。   

5/20〜22「立川いったい音楽祭り」というのがあります。今年は5回目かな?元々、以前から、知人の鈴木一興さんが先導して立川駅前デッキでの路上ライブを支援してきた「立川まちおん」活動が発展した形のようです。
鈴木さんは、10年前に私の初のジャズトリオLIVE@参宮橋Gaussを、立川の高校同窓親友・赤川さんに連れられて観に来られ、昭和ジャズがテーマだったのがハマり、ファンになってくれ、立川ロータリークラブ等いくつもの仕事をお世話いただきました。(因みに当時のトリオメンバーは宮崎正秀bass、中屋博之ds、立川での仕事の時は中屋さんの紹介で地元の前田正一bass、山本明ds。あ、そうだ!初じゃなかった、その前はホールLIVEを時々やってたっけ、久保田bassと大勝之久dsで。)

数年前に立川市地域振興課も加わって立川いったい音楽祭りに発展し、南口と北口の広いエリアを使っての無料LIVEは、東京近郊の音楽祭としてあっという間に大きなイベントになりました。これには出演参加費が必要で、それなら祭りのスタッフを取りまとめ楽器貸し出し協力も行っている貸しスタジオ「立川ゲートウェイ」を定例レッスンで指導の会場にしている立川Shoofies(現Carat 4)の活動目標にしよう、とまずは先鞭を付ける為に、初回の参加は本家Shoofies(世田谷組)に遠征してもらって(私達はまだまだそんな事ムリですゥ、という立川Shoofiesに見学してもらい)、割り当てられた高島屋の前の広い野外ステージで演奏しました。会長?の鈴木一興さんと久しぶりの再会も出来、たまたま観に来た武蔵野や立川のケアハウス施設長さんから、その後、お仕事(?)も戴きました。2回目の去年から「いまむら直子と仲間たち」というタイトルのグループにして申し込み、立川Shoofiesもやっと重い腰を上げ出演。損保ジャパンビル前の野外ライブで初デビューf^_^; その時のメンバーの感想。「歩いている人が足を止め、やってきて見てました、それを見て凄く感動!やる気がおきました!」と。
で今年は2回目参加。昨日、初めて市民会館大ホールで行われた事前説明打ち合わせ会に参加。というのも、新しく出来たchabohibaホールに出演なのですが機材が不安で聞きに行ったのです。案の定、永田音響が手がけたという素晴らしい会場に素晴らしいピアノはあるけれど電気系統の機材はなく、ボーカルも何も全て、マイクやスピーカーは無しで充分、との事…。私は楽しみですが…どうなることやら。

前書きが長くなったが、帰りに駅ビル内にある「オリオン書房」に寄って、ShoofiesのSさんが私にいいと言って貸してくれている「ジョコビッチの生まれ変わる食事」(凄くいい本!びっくりぽん!)を買おうと探した。がここはスポーツとか芸術とかカテゴリの札が無い。でも展示の仕方や凝った本棚など超ユニーク。歩き回って自分で探すようになっている。選書も面白い。TSUTAYAとは雲泥の差だなf^_^;
d0135567_11281331.jpg


d0135567_11281319.jpg

d0135567_11281382.jpg

d0135567_11281466.jpg

d0135567_11281418.jpg

d0135567_11281533.jpg

d0135567_11281598.jpg


で、見つけてしまった!日高敏隆著「生き物たちに魅せられて」うわっ面白っ!買ってしまった!帰り道の電車の中、帰宅後、朝まで。とうとう読んでしまった。
d0135567_11281531.jpg


最後に載ってる山下洋輔の解説「日高本を読んだあとで、殺虫剤を使えるか」も面白い!ついでにこれも買ってしまった。きゃっ!!f^_^;
d0135567_11281577.jpg




[PR]

by imamusic | 2016-04-09 10:38 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

4/13(水)は用賀「キンのツボ」ライブです。   

今日4/9は朝から花粉症の咳き込みで目が覚めてしまった。私にしては早起きな7:30でした。
今春は花粉症が酷く頭も体も鈍くデスクワークなどの仕事が手につかず、更に花冷えの日も多くて、起床後数時間、ストーブの前でボンヤリ過ごす事もありました。ライブやレッスンが無かったら達磨になってたかも~_~;
幸い多忙な毎日でなんとか生きていけた〜。

さて直近のライブのお知らせ。
4/13(水)は田園都市線「用賀駅」(急行は停まらないからねf^_^;)下車東口出口右へ2分。人気の居酒屋ライブハウス「キンのツボ」で2か月に一度のライブです。
d0135567_09213225.jpg

春になって気候も良くなったから、お誘いするのも気が引けない。お近くの方、ぜひぜひ遊びに来てくださいね!

年度が変わって新しい環境で生活が始まっていることでしょう。元旦とはまた違った新年の計画なども落ち着いた頃かな?新しい同僚とも少しは馴染んできたでしょうか?この日はアマチュアの音楽仲間がたくさん来て参入してくれます。皆さんで楽しみましょう。もちろん、私と山村隆一さんとのジャズデュオもじっくりとどうぞ!

3月前半は新企画「トロンボーンとピアノと歌LIVE」@青山Zimagineの後、確定申告作業に追われ、後半も骨のあるライブが目白押しで手応えがありました。
3/26は新企画「シモキタ・ジャズコーラス祭」@下北沢Com Cafe音倉。
d0135567_09213255.jpg

d0135567_09213207.jpg
d0135567_09213294.jpg
d0135567_09213366.jpg

3/28は雪村いづみさんの誕生日祝いパーティライブ@青山リビエラ&Zimagine。
d0135567_09213373.jpg

d0135567_09213349.jpg

d0135567_09213358.jpg

4/2には大分の高校同級の渡邊潮保子さんが企画して誘われた「書とジャズのコラボ」@銀座ギャラリー「悠玄」。
d0135567_09213304.jpg

このコラボは久しぶりに自分らしい演目と演奏で、それを引き出してくれた潮保子さんに感謝。彼女とは「荒城の月」を即興揮毫と即興ピアノ弾き語りの同時進行でコラボ。これがこの日の目玉。同級生の都甲君が動画を撮影しYouTubeにアップしてくれました。

歌う前の解説も。

都甲君は私のソロピアノ弾き語りの中で「傘がない」を気に入ってくれたようで、それも。

満席の地下ギャラリーで、どこか演劇空間のような、昔は文化人のサロン「月光荘」だったという歴史ある趣のある場所での書展の中での、濃密な時間でした。
終演後、観客で同期男子達の誘いでコリドー街「てんぐ屋」にて打ち上げ飲み会(*^_^*)
d0135567_09213347.jpg






[PR]

by imamusic | 2016-04-09 08:37 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)