<   2015年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

I歯科医院の待合室にあった本「犬から聞いた素敵な話」   

11月も最終日の今日。特に異常は無いが、数ヶ月ぶり、定期チェックにかかりつけの歯医者さんに午前中行ってきた。今日はその待合室の本棚にあった本の話。
d0135567_22395882.jpg


最寄駅の経堂に近く、祖父の代から地元で歯医者を開業している友人I君が家業を継いで三代目としてやっているが、私がこの辺りに引っ越してきた10年ほど前からお世話になっている。自転車で10〜15分くらい。サンダル履きで行ける気楽さがいい。

通った学校(小中高)は違うが同学年で、都立高校の群制度の私達は新宿区(私)と世田谷区が第2学区で共通していて同じ学校群、私の同級生の小学校時代の友人がI君だったりというような妙な繋がりが幾重にもあるのだが、18才の時、彼の歯科大入試合否掲示板を彼の親友である私の親友に誘われて一緒に見に行ったのも同じ様な繋がりだった。

神田にあったその大学の近くの神保町のすずらん通りに、私の産まれる前から親戚付き合いをしていた歯医者一家Aさんがいて、友人が歯医者の大学入試に受かった事がなんだか嬉しく、彼とは関係も無いのに「そうだ!歯医者のおばちゃま(夫婦とも歯医者)に報告しよう!」と、今となっては"若気の至り"と思える行動だが、合格掲示板を見たその足で、そのA歯科医院に連れて行った。おばちゃまは嬉しそうに喜んで出迎えてくれ「ちょうど昼休みだからお祝いに一緒に鰻屋に行こう」と裏道に連れて行ってくれ、親友とI君と私とおばちゃまの四人で昼飯を食べた。1971年初春の事だ。

10年前、この辺りに引っ越してきた私に、親友から「そうだ、経堂にはIが歯医者やっているぞ、あそこに行ったらいい」と言われた途端、全く忘れていたそれらの古い記憶がよみがえり、びっくりした。それは、親友もI君も同じだったようだ。

I君は当初、シニアラグビーが趣味、と言っていたが、ある日突然、歯科大の先輩の還暦祝いに作ったバンドに誘われてエレキベースを始め、私が9月に地元の用賀アートホールでやっている「ハートフルコンサート」に出演参加するようになった。

その内その先輩の還暦祝いは終わり、バンド解散かとみえたが、今日聞いたところによると、なんと!名門ライブハウス「青山マンダラ」で最近、身内を集めてライブをした、と!
さすが、歯医者バンド!

お互い愛犬家で、犬の話でも盛り上がっていたが、今日待合室の本棚に新しい本「犬から聞いた素敵な話」が並んでいた。タイトルに惹かれて読み感動した。
亡くなった犬からのご主人さまへの思いや、飼い主から愛犬への思いなど、私にも思い当たる事がたくさん書いてあった。
ん?しかし…こんな本が新しく置いてあるなんて…I君の愛犬に何かあったかな?

診療の最後に「犬は、元気?」と聞いたら「去年9月に14才で死んだよ」と。「うちのは4月に、眠るように逝ったよ」と言ったら「うちのもそうだ、腕の中で眠るように。最後はカミさんに渡したんだ」と。(うちのは到底腕の中で看取る大きさじゃなかったなぁ〜、とは話題の主人公が彼の犬になっていたので言わなかったが。)
「死ぬのを見たらもう新しくは飼えないよ」とI先生曰く。その舌の根も乾かぬ内に「農大通りに最近ペットショップが出来たよね」なんて言っている。

犬が居る生活と、居ない生活とでは、潤いが全く違う。優しいI君は、きっと近い内に「昨日の犬の散歩でね」という話をするような気がする。






[PR]

by imamusic | 2015-11-30 21:45 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

今日11/20(金)19:00〜「さくらジャズコンサート」@新橋ベッラ・マティーナです。   

終戦70年、歌への思いを検証し、平和を願って伝えていく会として、1月から始めた月例「さくらジャズコンサート」、今日で11回目を迎えました。

本日は女性ジャズコーラスグループShoofiesのリーダー、ちかまつともさんが、初めてソロボーカルで出演します。彼女とは世田谷の主婦劇団FMCで女優と音楽担当指導などで長い付き合いがありますが、今日はShoofiesの彼女とはまた違う個性の花が開きます。
また、私が所属しているデキシーショーケースがお世話になっている浅草にんげん座の俳優の仁木晴香さんも初出演。
そして、このコンサートの顔になりつつあるダンディな三枝秀樹さん、今年6回目の出演。

噂では今日は衣裳も華やかになりそうです。演劇系?レビュー系?少しそんな雰囲気を加味したボーカルライブ。11回目のテーマは「人生はドラマ」にしました。

雨の新橋柳通り、素敵な隠れ家シャンソニエ「ベッラ・マティーナ」で。
d0135567_10503264.jpg

d0135567_10503212.jpg











[PR]

by imamusic | 2015-11-20 10:38 | さくらジャズ研究会 | Trackback | Comments(0)

12月のいまむら直子(Piano & Vocal)ライブのお知らせです。   

12月のライブ予定です。

あと二週間弱で、終戦から70年目の2015年の最後の月になります。平和について強く意識した年でした。

70年間というのは、私の人生をまるごと飲み込んでいます。同世代が生まれてから目にしたもの、聴いたこと、受けた教育・・・それらが私自身を形成しているのだと、あさはかにも最近になってようやく実感しています。
私自身は何者なのか?という問いに、子育てが終わった10年くらい前から考え続けていますが、今年になって戦争体験者の方々が急に重い口を開くようになり、そういうことだったのか・・・と思うことが多い一年でした。

私の上の世代の人達のご苦労と努力と愛の上に成り立ってきていた私の幸せ・・・。全てのご年配の皆さんに深く感謝します。

しかしまだ今年は、終わっていません。凄いスピードで世界情勢が変化している今、去年の年末よりも更に何が起こるかわからない不安と共に、12月を迎える状況の中、インターネットの発展で、個人の価値観を、一律の教育だけではもはや統一できない世界・・・その現象への検証と対処方法への冷静な議論が、少しずつ出てきている事に、ホッとしたりもします。
なんとか12月を平和に乗り切ることができれば、その先は、今年を経験した上での、新しく創る世界なのでしょう。今日から含めて年末まで今年最後の月・・・時は同じく変わらないスピードで移ろうのに、私の人生の中では重要な師走と言えます。

今日もまだ健康で、好きな音楽を通じて世の中と繋がっていることが嬉しく、残る今年の月日をしっかりと私らしく生きて行きたい。
d0135567_00453377.jpg



◎…ソロ(Piano & Vocal)、◇…バンド(Piano担当)、▼△…セッション(Piano伴奏)

-----------------------------------------------------

◇1(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)松本耕司(Tb)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)

△2(水)19:30~22:00、下北沢「音倉」参加型ジャムセッション(03-6751-1311 参加費1,500円+dr.代500円~) 北川涼(Gt.メインホスト)・ほか、神村英男(Tp & Per.)・山口彰(Bass)・島田忠男(Drums)

◎3(木)13:00~13:30、下北沢「音倉」ランチタイムコンサート「いまむら直子の音楽旅日記」山村隆一(Bass)03-6751-1311 MC無料 要オーダー

◎6(日)19:30~22:00 赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC500円

◎9(水)19:30~22:00、用賀・ライブ居酒屋「キンのツボ」山村隆一(Bass)tel;03-3707-0346 30分3回 MC1.700円(1ステージのみは1,000円)

◇12(土)19:00~赤坂「バードランド」MOTOKO(Vo)、下間哲(Tp)、山本勇(Drums)、高橋直(Bass)
d0135567_4143842.jpg


▼△13(日)13:10~15:45、新宿三丁目「銅鑼」新宿区新宿3-9-5ゴールドビルB1(地下鉄新宿3丁目駅C6出口より0分 Tel 03-3226-0919)チャリティスマイル音楽会(03-3455-1988 参加費1,000円以上→東北復興支援寄付 飲食持込可) Shoofies(Cho)、デキシーショーケース、ほか
d0135567_4201744.gif


◇15(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)松本耕司(Tb)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)

◎19(土)14:00~16:00、新橋「ベッラ・マッティーナ」「さくらジャズコンサート」ゲストボーカル=Shoofies、タソガレ・クロベエ MC3,000円dr別)

◇19(土)19:30~六本木「島唄楽園」 伊舎堂 百花(Vo・三線)、堀田正隆(Drums) MC=1,500円

20(日)13:30~六本木「サテンドール」松本佳子(Vo.&MC)、山村隆一(Bass)、バイソン片山(Drums)・ゲストプレイヤー松本耕司(Tb)////ボーカリスト=井之上由美子、足利建四郎、木村園子、入篤子、井出芙美子、藤田八恵子、三枝秀樹、Shoofies MC=3,000円
d0135567_5274890.jpg


20(日)18:00~21:00、新宿「ひだり馬」(03-3352-0030 MC3,500円夕食&dr付) クール&ホットジャズバンド

▼△23(水祝)19:00~21:30、立川「ジョリージャイブ」(042-527-3934 MC1,500円 セッション参加は投げ銭500円~)

◎24(木)19:30~成城「F*GICCO」X'mas Live (弾き語り&セッション)MC2,500円(2ドリンク別)

◎25(金)19:00~上町「Tree House Cafe」にて「おとなりライブVol.6」末永快(Puppet)投げ銭。世田谷区世田谷2-28-21 tel;03-6323-6208


♪ 尚、最新の情報は「カレンダー」をチェック!
(ここには、グループボイストレーニングや、ジャズコーラスなどの公開講座日程も載っています。)



[PR]

by imamusic | 2015-11-18 05:33 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

我が家の寒椿が「おかえり」と満開の花の微笑みで迎えてくれています。   

11月も中旬。そろそろ寒い日が続くはず…という子供の頃の記憶が、最近は裏切られる事が多い。
今日は、朝起きて、寒いはずだから、と着込んだ衣類でお昼頃、郵便局に行きました。歩くうちにコートが邪魔になり、日差しはメラメラと顔に照って帽子を忘れた事を悔い、むしろ「暑いなー」という感じで汗ばみました。

昨夜、北海道に渡って年の半分を知床で、残りの半数を札幌近郊を拠点に日本中を旅するようなセカンドライフを始めた同級生M君が、久しぶりに東京を通過するので、在京中一緒に楽しんだコーラス仲間と歓迎飲み会をしました。
その中での話。
「最近は北海道も美味しい米が取れるんですよ」「あー、ゆめぴかりでしょ(…いや<ぴかり>じゃなくて<ぴりか>なんすけど(ー ー;)と誰かがFBで言ってるが…)」「しかし米が北海道で取れるなんて。米栽培の北限が上に上がっていくのは問題でもありますね〜。地球温暖化の影響でしょうね〜。」「その通りですね。そのうち日本の中心は北海道になりますよ。何しろ北海道は自給率200%ですから。」「確かに」「しかし米が取れるようになって市場に出回り、従来の北海道の名産トウモロコシやジャガイモなどの栽培農家が圧迫されてきているのも問題です」「なるほど」…。

風邪気味でボンヤリとした頭でそれらを聴いていた私は、隣に座った知床生活者の同級生の、東京生活時とは全く変わって力強い骨格と丹田に重心がしっかりとあり頭の先から腰までのたてがみ辺りが不動の意思の強くしなやかなラインになり、動物としてなんだか立派になった体躯の変化への驚きと感動が、頭と心の中の多くを占めていました。聞けば知床では、夜の8時に寝て、朝の3時に起きるとのこと。白夜の土地に近く朝3時でもう夜明けだそうです。おまけにその知床財団の仕事が、知床の自然公園の中での熊に会った時の注意とか道案内とかだそうで、私もセントバーナードを飼っていた時は散歩をする時の責任を身体で感じ武士のように重心を真ん中にしてガニ股で歩きいつ何が起こっても自分の力で巨大犬を管理下に置く意識が働いていたあの時の感覚をもっと本物にしたような感じで、眩しい思いでM君の横顔を眺めていました。

東京で暮らす、という事と、自然の一部である人間の自分…人生のゴールが見えてきた年齢になり、その辺りのアンテナが立ち上がっています。

歓迎会から深夜帰ると、路地を曲がって我が家の門が見え、隣のマンションの照明に映えた我が家の寒椿が赤いのも白いのも満開で、この地面の下に眠っている歴史そのものの象徴に見える花々や樹が、時間の旅人である私を「おかえり」と無言で出迎えてくれ、限りなく頼もしい包容力で佇んでいるのが目に入ります。最近知ったのですが、我が家は丘の上にありこの丘は縄文時代に250戸以上の住居があったという、人々が住む場所として長くつづいているようです。
d0135567_12253489.jpg

そして今日の昼、郵便局から帰宅した時も。
d0135567_12253496.jpg

d0135567_12253541.jpg

去年老衰で亡くなった愛犬セントバーナード「ガルバンゾ」に似ているのでつい買ってしまった犬の花置きに寒椿を入れました。背負ってる犬君、多すぎて迷惑顔?笑。
d0135567_12253502.jpg











[PR]

by imamusic | 2015-11-17 11:51 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

今日は新宿トラッドジャズフェスティバルに出演します。   

新宿三丁目が昨日と今日の昼間、ニューオリンズのようになるジャズフェスティバル。数年前からフェスティバル代表の永谷氏に誘われて「いまむら直子ワンワンズ」というこの日だけのグループを作り出演しています。
メンバーは、私のピアノ弾き語りと山村隆一さんのベース、そしてゲストとしてキッカケを作ってくれた尺八の細山隆さん、細山さんが自分の「スターダスト」の演奏に女性バックコーラスを入れて欲しいというので、我らのShoofiesも。
今日は13:00から「t's bar」(ここは二丁目、ピットインの裏)というところで演奏します。
去年は三丁目の「家路」でした。去年の写真がこれ。
d0135567_08555962.jpg

d0135567_08560026.jpg


今年はShoofiesの全員マイマイクが初の試みです。

雨模様になりましたが、今日1日を新宿三丁目で過ごします。

16:00過ぎには「ひだり馬」で、デキシーショーケースのピアノでも出演します。
そのあと18:00〜21:00は「ひだり馬」でのセッションライブのピアノ伴奏。

体調は戻ってきてます。1日、元気に!





[PR]

by imamusic | 2015-11-15 08:40 | Trackback | Comments(0)

「White Christmas」をピアノで伴奏しながら歌ってみよう。   

11月になりました。年末ピアノ弾き語り講座第二弾を去年同様開催しますが、今年はインターネット動画配信を使って自習しておいてもらい、効率良く学習するシステムを考えました。

まずは一曲、挑戦してみましょう。課題曲は「White Christmas」です。
楽譜は基本的な押さえ方です。とにかくこの押さえ方を歌に従ってサッと出来るように練習してください。
(市販の曲集とはコードが違う所もあります。なるべくやさしくて弾き語りに効果的なように作った私のオリジナル楽譜です。)
d0135567_02250847.jpg

d0135567_03303023.jpg

歌詞を覚えている人は歌いながら楽譜の押さえ方を基本にして、バラバラっと押さえたりジャーンといっぺんに押さえたり、音の長さは好きなようにやってみてください。
歌詞を覚えてない人はハミングやラララでメロディを歌いながら同じようにやってみてください(歌詞はこちら。自分が見やすい字の大きさに手書きで書いて眺めながら、ピアノ練習とは別の時に独立して歌を味わい覚えるのが効果的、自分で書くと覚えやすいです)。

このコードのキーはC(ハ長調)ですが、各自声の音域が違うので、実際は歌に合わせたキーに変更して弾きます。しかしまずはCで弾けるようにしてください。練習ピアノが電子ピアノやキーボードでしたらそのまま「トランスポーズ機能」を使ってキーチェンジをしてみましょう。(私はキーがFなので5つ上げますが人によって違います)。男性はCのままで歌えると思います。女性もソプラノでしたらCのままで歌えますね。
見本の動画を見てください。


まずはCのキーでメロディを付けて少しだけ弾いています。
次にトランスポーズ機能を使って私の音域のキー(F)にしています。
そしてこの楽譜の押さえ方になるべく忠実にしながら指はその位置で少し動かしたりして変化を付けつつ歌の合間にポロポロと弾いたり、歌っているときはコードをジャーンと押さえっぱなしにしたりして、歌を邪魔せず合間に少し多めに動かすようにして1回弾き語りしています。
次に2回目はもう少し変化を付けた弾き方にして弾き語りしていますが、押さえている音は楽譜の音符のみで、上に重ねていったり、1オクターブ変えたり、右手の音を左手で弾いたり音から音に移るときに間の音を通過したり、簡単なやり方で幅を広げています。
こんな風にしてまずはやってみてください。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
自習だけでは物足りない人は、動画送受信による指導や実際のリアルグループレッスンを組み合わせて教えます。また課題曲レッスンの他に、コードの仕組みや弾き方などの理論講座も別途で行う予定。ただし、しばらくは前回の受講生を優先にし定員を6~7名にしますが、レッスンの様子は記録としてブログに報告していこうと思います。

ピアノ弾き語りは、ルールを覚えてしまえば案外簡単なのです。歌がメインで、何もライブだとか人前で歌うとか考えずに、自分で鼻歌で歌う楽しみにピアノをそっと付ける…中学高校時代からギターをやった人はそんな感じでしょう。あの簡単さをピアノでやりたい。通常のピアノレッスンはタイプが違うので楽譜を見てのピアノは上手に弾けるのにコードでの弾き語りをしたくてもやり方がわからない人が多いようです。私のライブを見て「自分もやりたい、あんな風にやれたらいいなぁ」と思う方もいますが音楽の楽しみは人前で演奏する目的だけではない。まずは自分への癒しです。もし近くに愛犬がいれば愛犬に、家族がいれば、好きな人がいれば、仲間がいれば、自然に共有してもいい。別に上手くなくても、歌や詩やピアノを愛していれば共感できる部分があります。

是非今年のクリスマスシーズンにはピアノ弾き語りで「White Christmas」をやってみてはいかが?


[PR]

by imamusic | 2015-11-05 02:08 | Trackback | Comments(0)