<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

11月のいまむら直子(Piano & Vocal)ライブ予定です。   

秋は、どうしてこうも、時計の針が速く進むのか?

我が家の柿の木の実が、数日見ないうちに、急に色づいている。
数日前の雨で落ちた玄関先の枇杷の葉っぱ群は、すでに地面の土に馴染んで、虫や草の、そして枇杷の樹木そのものの、あるいは遠回りして私たち人間の、肥やしになっているみたいだ。

豊穣・・・日本の季節の中で寒さを迎え始めるこの季節こそ、今という時間が過去の積み重ねの結果であるということの、特に幸せ感という点を、五感で感じられる日々だ。

こういう季節に芸術活動が活発になるというのも、当然と言えるかもしれない。

季節は移ろう。生きている実感は、今、この時しかない。この記憶を存分に味わい、また次の季節に記憶と共に移っていこう。そのために出来る事を、この秋も心して、生きていきたい。

11月の、私のライブ活動予定です。
d0135567_1305215.jpg


11~12月は、友人で音楽仲間の松本佳子さん(サックス奏者、故・松本英彦氏の夫人)が企画したライブに、初めての場所で参加します。

11/2は、西新橋の「Daddy's Club」というライブハウスに出演です。
すでに10月からここの場所で開始したそうで、10月は名ピアニスト市川秀男さんのピアノトリオでした。12月はこれまた気鋭のピアニスト北島直樹トリオ。で、11月は私の仲間を入れてくれると言う。
もちろん、相棒のベーシスト山村隆一を入れて、なんとか私がジャズピアニストらしくなるように助けてもらいます。ドラムは先に佳子さんが名ドラマーのバイソン片山さんを入れてきてくれました。山村さんは偶然バイソン片山バンドのベーシストでもあるので良かった!!
で、佳子さんも私も歌いますが、やはり管楽器が一本欲しく、いつもなら松本英彦氏の元お弟子さんで今や大活躍のサックス奏者を佳子さんが連れてきてくれるんですが、私の好きにしていい、との事で、今、一番信頼しているデキシーショーケースでご一緒で、業界トップトランペッターでもある下間哲さんにお願いしました。

素晴らしい面々で、ワクワクします!後半には観客の皆さんの伴奏もしますので、どうぞお誘い合わせの上、遊びに来て下さい!
d0135567_13205764.jpg


尚、このメンバーが伴奏で、12/20(土)午後にボーカルライブを六本木「サテンドール」で行います。下間さんだけご都合が悪く参加できないので、最近デキシーショーケースに頻繁に遊びに来てくれている名トロンボーン奏者の松本耕司さんにきていただくことにしました。

下間哲さん、松本耕司さんと、続けて年末演奏出来る事が、すごく嬉しく、それに比して我が腕の貧弱さを痛感し、こりゃちゃんと勉強しなきゃ、と発奮しています。

その他にも11月はオススメのライブがいくつかあります。
スケジュール調整して、どうぞいらしてください!!!
d0135567_13231937.jpg


d0135567_13221327.jpg


12/12にはこれも!
d0135567_13235996.jpg

[PR]

by imamusic | 2015-10-24 13:24 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

10/17(土)14:00~さくらジャズコンサートVol.10@新橋「ベッラマッティーナ」を開催します。   

本日10/17(土)午後、第10回「さくらジャズコンサート」を開催します。

プログラムが出来上がりましたが、今日の番組は、ちょっと変わっています。
ジャズコンサート、と銘打ちながら、あんまりジャズジャズしてませんね。

d0135567_0385622.jpg


3人の歌い手が3曲ずつ、想い出の歌を歌い、その歌う行為の背景を語って、私たちの世代が生きてきた時代を検証してみよう。その中に、未来に繋ぐべきものや、自分達の在る姿が浮かび上がるかもしれない・・・というコンセプトの元、やっているコンサートですが、今回は足利さんの歌にデュエット仲間として藤田さんが参加するので4人の歌い手のパフォーマンスです。
d0135567_135458.jpg


さくらジャズコンサートには初出場の韮沢さんは、赤羽のライブスナック「Bフラット」でのデキシーショーケースライブや私のワンマン弾き語りライブの常連さんで、赤羽歌謡祭で審査員賞を貰った事のあるカラオケ歌唱の上手な綺麗な声の持ち主ですが、お母さんが好きだった昭和ジャズをよく知っていて、老人ホームなどで披露することも多いそうで、何曲かデキシーショーケースの伴奏でも歌っています。

彼女の「昭和ジャズ」のイメージや認識が独特で面白いなと思いますが、ナンシー梅木さんが「君待てども」を英語で歌った「I am waiting for you」など見つけてきて(カラオケにあるそうです)、歌ってくれます。また英語ジャズではないけれど、なんとなくスゥイングしている日本語の歌「港が見える丘」とかも歌ってくれますが、言語が違うだけで、同じ様な古きよき時代のジャズ風な感じがしますね。

「海が見える~」からインスパイアされて、少し似ている題名のユーミンの曲「海を見ていた午後」につなげました。
更に「海」から港町のサンフランシスコに繋げ、港にはよくある別れを連想し「Cry Me A River」を。そのCry Meと言った人を優しく癒すような「Gentle Rain」、Rainつながりでまたまたユーミンの「雨のステイション」を第一部のラストに。

第二部で韮沢さんが歌う「Pretend」、年配の人達は懐かしそうに聞いていますね。あの年代の人達は、英語歌詞を自然にそのまま覚えてる! この曲はたくさんの歌手が歌っていて、日本語歌詞もいくつかあるようです。今回の日本語詞は、美空ひばりさんのもの。

「プリテンド」のもう一つの方の日本語歌詞を調べていたら、キングレコードの文芸部が作った歌詞があり、江利チエミさんなどはそちらを歌っていたようですが、進駐軍の仕事が多かったのでむしろ英語で歌う事が多かったらしい。

ある女性の方がブログに書いていました。「自分が小さい頃、今は亡くなった父がお風呂に入れてくれて、その時鼻歌で、プリテンドやケセラセラや慕情をよく歌ってくれた」と。しかも「英語で」。
そんな時代があったんですね~。第二部ではそのエピソードをお借りして「亡き父の愛唱歌」としてその3曲を歌います。

曲目を色々パズルのようにつなげて、私の歌をジョイントにして一つのテーマを作る。。。これがとても楽しい作業。今回はじっと目を凝らすと“庶民のぬくもり”・・・かなぁ・・・と思い、テーマをそう決めました。

雨が降る寒い土曜日になりそうですが、興味のある方はどうぞ。
研究サロン会のようなスタイルを目指しています。
[PR]

by imamusic | 2015-10-17 01:24 | さくらジャズ研究会 | Trackback | Comments(0)

防災セミナーに行ってみた   

昨日10/3の土曜日は、初めて防災セミナーの訓練に参加しました。
例の、東京都が都民全戸に配っている黄色い冊子「東京防災」が10日ほど前に我が家にも届き、これはチャンと読まなきゃ、と思うのだけど、どうも気合いが入らず、本好きの私がこんな風なら、せっかく配っても大多数の人達が読まないんじゃないかな?と思い、本の内容を説明してくれるような講座はないかなぁ〜と思ってたところ、東京消防庁が10月14日まで各地域消防署でこの本に沿った防災セミナーを開催するという、で、我が世田谷消防署を調べたら、なんとすぐ裏の中学校で昨日土曜日朝セミナーがあるとわかり、参加したのだ。
d0135567_01455159.jpg


行ってよかった!本の説明入らずほんのちょっとだけだった。それより災害が起こったらまず第一に大切な事は、何よりも、トイレだという。阪神大震災の後色々防災グッズや方法が見直されたという。

昨日は、マンホールトイレ(そんなのあるのも知らなかった!)の組み立て方とAEDの使い方など実地訓練を受けた。初めて、人口マッサージもやってみた。
d0135567_01455212.jpg

d0135567_01455243.jpg

d0135567_01455248.jpg

d0135567_01455310.jpg

d0135567_01455373.jpg

d0135567_01455317.jpg


[PR]

by imamusic | 2015-10-04 01:38 | Trackback | Comments(0)

今年も「ピアノ弾き語り勉強会」をします。   

去年年末やった「ピアノ弾き語り勉強会」のその後、です。

去年の勉強会の様子。
d0135567_10591863.jpg


参加された方達から、ぜひ続けたいので再開してください、と言われていました。
私もとても手応えがあって良かったので、今年から、年2回、春季と秋季に5回講座で開催を予定をしていました。

しかし今年は、戦後70年。この事に向き合う時間が必要で、春季は残念ながら開催できませんでした。

8月15日の終戦記念日も通過した今、象徴ととらえていた8.15とは別の、沖縄の終戦日、パラオの出来事、終戦前の3月の東京空襲、全国への空爆の歴史、そもそもの戦争の成り立ち、母が生まれ育った満州、などなど、メディアでも特集が組まれ、貴重な資料提供を初めて目にし、現在の世相も含めて、もっと知る必要がある事を痛感しました。

それがわかっただけでも、今年は私にとって収穫で、今後の生き方や課題、取り組みたい・取り組むべき活動が見えてきました。

で、開催できなかった「ピアノ弾き語り勉強会」春季ですが、今年の9/12「ハートフルコンサート」を終え、やっと10月から開催出来る目安がたちました。

去年参加された方達には直接、日程などの案内をメールでお知らせします。
その他の参加希望の方は、ホームページ右下の「CONTACT ME」をクリックしてメールでご連絡くださるか、SNS(facebook,mixiなど)のメッセージでアクセスしてください。

去年同様、4~5回のグループレッスンと補習と年末発表&セッションパーティー、の予定です。
[PR]

by imamusic | 2015-10-01 11:07 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)

本日10/1(木)13:00下北沢音倉にてランチタイムライブ。同時投影は青山並木道写真。   

10月になりました。初日が木曜日で、第一木曜日定例の、下北沢音倉ランチタイムコンサート「いまむら直子の音楽旅日記」をやりに、昼頃出かけます。


13:00~13:30 (毎月第一木曜日)
~旅の映像&トーク&即興ピアノ演奏~
大画面のプロジェクターに、旅で撮影した風景写真を投影し、スライドショーを観ながらの即興演奏。
2009年9月から毎月開催なので、今日はたぶん、74回目。

時間があれば参加してくれるベーシスト山村隆一さん、今日も来てくれます!!!

今日は2011年年末に撮影した都内青山の絵画館前と並木道の「神宮外苑の秋」の写真を投影します。
d0135567_10235550.jpg

年末ですから、有名なあの銀杏並木の美しい黄色い葉っぱはかなり落葉していますが、その風情がまたいい感じでした。
静かで広い絵画間前にいたら、動くものが何も無い視野を突然ゆっくり横切った鳥がいて、おもわずシャッターを押したり、のんびりとした時間を過ごした記憶が蘇ります。

現在10月の初め、まだ銀杏並木の見ごろはこれからですね。ひとしきり観光客が訪れ、そして年末には、こんな風になる。

10月になると、もう来年の足音が聞こえてきます。

本日のライブは13:00から30分と短く、ランチのお供の柔らかな演奏。ミュージックチャージは無し。ランチかお茶を注文してください。お時間あれば、ふらりと、どうぞ。

d0135567_10323796.jpg


少しだけ、その写真を紹介。

d0135567_10345183.jpg
d0135567_1035574.jpg
d0135567_10352494.jpg

[PR]

by imamusic | 2015-10-01 10:36 | 写真と演奏の「音楽旅日記」 | Trackback | Comments(0)