<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

9月のいまむら直子(Piano & Vocal)ライブ予定です。   

雨が降るごとに、つい最近までのあの猛暑が遠い日々のような気温と虫の声。もはや、秋の気配。
9月のライブ予定をお知らせします。
d0135567_180239.jpg


いろいろな立場で演奏しています。大きく分けると下記の4パターン。

①=◎…ソロ(Piano & Vocal)→私の心の歌、ボーカルとピアノを、じっくりたっぷりどうぞ
②=◇…バンド(Piano担当)→いくつかのバンドでやってます、楽しく華やかでジャズっぽい~!
③=▼△…セッション(Piano伴奏)→歌いたい方や楽器をソロ演奏したい方、楽譜持参で気軽に参加しに来て下さい、もちろん見物も大歓迎
④=○…その他

目的に応じて来て下さいね。
③に参加したいけど、あと一歩が出ない、という人は、個人レッスンやグループレッスンもやってます。気軽にご相談くださいまし。
-------------------------
2015年9月ライブ詳細
-------------------------
◇1(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)
下間哲(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

▼△2(水)19:30~22:00、下北沢「音倉」ジャム・ナイト(セッション)tel:03-6751-1311入場料1,500円+dr.代500円~) 神村英男(Tp & Per.)・山口彰(Bass)・島田忠男(Drums)。

◎3(木)13:00~13:30下北沢「音倉」ランチタイム月例コンサート「音楽旅日記Vol.72」tel:03-6751-1311" MC無料 要オーダー) 山村隆一(Bass)
d0135567_17213061.jpg


○3(木)19:00~/20:00~ 横浜パラダイスカフェ「平山みきライブ」横浜市中区住吉町6-72シャンローゼ関内B1 tel;045-228-1668 MC=5,000円(税込・飲食代別)
d0135567_1736079.jpg


■4(金)17:30~立川至誠会・慰問コンサート(非公開) Shoofies(Cho.)

◎6(日)19:30~22:00 赤羽「Bフラット」tel:03-3903-8586 MC500円)ピアノ弾き語り

○12(土)13:00~19:30 上用賀アートホール「ハートフルコンサート2015」観覧無料。飲食持込OK。出演者多数。
d0135567_17225187.jpg


▼△13(日)13:10~15:45、麻布十番「コージーサークル」チャリティスマイル音楽会Vol.53(03-3455-1988 参加費1,000円以上→東北復興支援寄付 飲食持込可) Shoofies(Cho)、デキシーショーケース、ほか
d0135567_17232329.jpg

◇15(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)
下間哲(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

○18(金)19:00~新橋「ベッラ・マッティーナ」ゲスト歌手=アーノルド三枝、杉山裕美、田中かや
予約tel:03-6435-9460 MC3,000円 港区新橋3-13-4豊島ビル2F(新橋駅より徒歩2分)
d0135567_1724528.jpg


○19(土)19:30~行徳「オリオン食堂」沖縄ライブ。阿麻和利健(Vo. & 三線)市川市行徳駅前2-23-6 tel;050-5861-3502

◎20(日)15:35~永山フェスティバル(ベルブホール)ライブ。Shoofies(Cho.)観覧無料。京王線・小田急線永山駅より徒歩5分。

▼△20(日)18:00~21:00、新宿「ひだり馬」セッションあり。tel:03-3352-0030 MC3,500円(夕食&Free dr付)

▼△23(水)19:00~21:30、立川「ジョリージャイブ」(042-527-3934 MC1,500円 セッション参加は投げ銭500円~)

◎24(木)18:00~新宿「ひだり馬」高マサミ(Vo)とデュオライブ。tel:03-3352-0030 MC5,000円(夕食&Free dr付)

◎25(金)19:30~22:00、三軒茶屋「Whisper」高橋直(Bass) 予約tel:03-5787-5794 MC2,250円(1dr付)世田谷区上馬1-32-3 (東急田園都市線三軒茶屋駅より徒歩10分)

◎28(月)19:00~上町「Tree House Cafe」にて「おとなりライブ」(MC=投げ銭方式)。軽飲食提供。末永快(Puppet) 世田谷区世田谷2-28-21  予約tel;03-6323-6208
d0135567_17263620.jpg

[PR]

by imamusic | 2015-08-29 17:27 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

9/12(土)、第8回「ハートフルコンサート」を上用賀アートホールで開催します。   

今年も終戦記念日の8月が終わり、毎年9月前半の土曜日に開催している「ハートフルコンサート」を行います。
主催は、ハートフルコンサート実行委員会。実行委員長は私。
プログラムが出来上がりました。今年もバラエティに富んだ番組です。

ここは、公共のホールなのに、飲食持込み自由、アルコールもOK、ホールで長時間コンサートを観たり聴いたりお隣と話したりして、リラックスして楽しむという、割と前代未聞のスタイルなのです。

一度来た人は、こんなのあり?という感じで、リピーターになってしまいます。

出演者は殆どアマチュアで、ジャンルの線引きはありません。クラシックのピアノソロ、ギターソロ、弾き語り、合唱、ジャズコーラス、ハワイアンウクレレ弾き語り、ジャズボーカル、スタンダードナンバーのビッグバンド、ジャズピアノトリオ、デキシーランドジャズバンド、などなど・・・。

楽器や歌を人生のエッセンスに取り入れて生きている人達の魅力的な人柄や人生が、そのまま音楽の良さのひとつ。北海道大学山スキー部OB達の長靴合唱隊、地元の平均年齢73歳ビッグバンド・世田谷インストルメンタル・ツアーズ46、歯医者さんばかりのポップスバンドなど思わずニンマリしてしまう。このスタイルを理解するプロ演奏家も、出演者の知り合いだったりして連れて来られ、時々演奏してくれることもあります。今までには、クラリネットの木原亜土さん、揚琴の郭敏(グオミン)さん、オペラ歌手の三河尻晴美さん、ジャズピアニスト松本ケンセイさん、などなど。そして今年は故松本英彦氏の夫人で歌手の松本佳子さんが花を添えてくれます。
音楽を楽しめる、この自由、幸せこそ、平和の象徴だと思えます。
お時間がありましたら、フラリと遊びに来て下さい。

d0135567_17174215.jpg
d0135567_17175840.jpg
d0135567_17181450.jpg

[PR]

by imamusic | 2015-08-28 16:40 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(2)

8月15日記念日「さくらジャズコンサート」を午後2:00から行います。   

本日は終戦70年を迎えた終戦記念日。
立場によってその意義や見方は随分違う。年令、自分史、住む場所、国家・・・。
こと私に関しては、戦後の混乱を過ぎた頃生まれ、ずっと東京を中心に住んでいるということが大きい。

昨日は、たまたま、オフの一日を野尻湖で過ごし、スウェーデン人と話す機会があった。他に同期の日本人の友達もいたが、スウェーデン人が一人居ただけで「終戦記念日」の見方が、自分の中で変わっていた。実際、彼に終戦記念日の説明をしても、不思議そうなキョトンとした顔をしていた。

東京では多くの事を、メディアを通じての擬似実感で得ている。野尻湖まで来て風景を眺め、スウェーデン人らと話したら、それが「東京スタイル」という特殊なものであることにも気付いた。東京にいると、議事堂の近くを通ることもあり、世論が身近にあると感じ、終戦記念日がなんなのか、どう考えたらいいのか、動いたらいいのか、ピリピリと二者択一で真剣に考える義務があるように、思っていた。

一歩、東京から出ると、そこにはビルや群集の風景よりも、山々の峰の形や木々の緑、川などが目からの情報として頭の中を占め、人間はその中で豆粒のように存在し、生きている感じがする。新聞やテレビやインターネットは、そこでは遠い。電波状況も悪くて繋がらないとiPhoneを使えない。移動するにも車が必需で、運転しているときは交通の安全が一番頭の中を占め、目は全てそれに集中し、空いている耳で、運転を妨げないような好きな音楽を聴く、くらいが情報だ。ラジオもたまにしか聴かないし、宿泊した山小屋では新聞も取ってないから、友人(大学の先生)は、途中のコンビニで私が買ってきた新聞を数日遅れの情報で見ていた。昨日の首相談話も、たまたま入った蕎麦屋のテレビで中継を見ながら、遠い話のように聴いた。馴染みの野尻湖の家族達は、子供達が育ち始めて育児への関心がど真ん中にあり、一番活躍する中堅世代夫妻は、そんな中で必死で、更に遠い。それは私の通ってきた道だからよくわかる。

我々外人を含めた四人の会話はとても楽しく有意義だった。スウェーデン人は日本語はダメで、英語が中心だったが、考えたことが伝わる大切さ、コミュニケーションの大切さをつくづくと感じ、英語力のあるなしに及ばず、大なり小なり様々な観点から、コミュニケーション問題の話になった。

今朝、終戦記念というものへの認識も、戦争そのものでさえも、コミュニケーションの改善で救われることが多々あったはずだ、と気付いた。去年まで、メディア情報で満たされた狭い範囲の頭では、この日はヒロシマ・長崎の原爆や沖縄の犠牲などへの鎮魂と感謝、今後の平和維持への祈り、といつも同じだったが。

今日は、そんなことをぼんやり考えながら「さくらジャズコンサートVol.8」を午後2:00から新橋「ベッラマッティーナ」でやります。
d0135567_102623100.jpg


プログラムを今ようやく組みました。いろいろ考えて、後半は私の立場で感じる歌を選びました。テーマは「真実」にしました。
8/15終戦記念日も、来てしまえばもう頭の中は少し未来の事に関心が移っていく。風化させないということも大事だけれど、それを携えながら、現在と未来への想像・創造、その為の準備をする方が大事だ。

我が母業で得た気持・必然性や、多感な時代に感じて未だに共感する曲達「傘がない」「ダニーボーイ」「嘲笑」「時代」「花はどこへ行った」などを歌う事にした。私なりの、記念日に捧げる歌たち。
会場で皆と一緒に歌うのは一昨日に続いて「イマジン」にした。会場・・・居るかなぁ・・・?暑いしね・・・。
[PR]

by imamusic | 2015-08-15 10:29 | さくらジャズ研究会 | Trackback | Comments(0)