<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

6月のいまむら直子(piano & Vocal)ライブ予定です。   

もう6月ですか!
時の流れは季節の風物の移ろいと共に感じる、というのが日本に住む私たちの共通の情緒感ではあるけれど・・・そして今年も、桜前線、春嵐、緑濃き葉の生い茂れる皐月、と豊かな自然が運ぶ季節感を目にしながら過ごしてきたけれど・・・WWFから年末届く半年分ずつの表裏1枚の絶滅種の素敵な動物の子供の写真付きのカレンダーが、もうそろそろひっくり返す時期かと思うと、やはり、光陰矢のごとし。半年分の毎日のカレンダーの数字を眺めて、自分や周囲や社会の過ごしてきた日々が思い出されます。
さて、6月のライブ予定をお知らせしましょう。今月のオススメ要チェックは、6/10(水)2ヶ月ぶり地元「キンのツボ」ライブです。ここは居酒屋でもありますから、ゆっくり出来て、相棒のベース名人・山村隆一さんの妙技と美しいベースラインも聴けます。ドラムもありますからドラマーが遊びに来たらセッションもあり。そしてここの飲食メニューは皆さんご満足のラインナップ。集まる人達もユニークな人が多く交流も楽しいですよ。ぜひいらしてください。
d0135567_11541944.jpg


◎…ソロ(Piano & Vocal)、◇…バンド(Piano担当)、▼△…セッション(Piano伴奏)、●...ピアノ伴奏

-----------------------------------------------------

2015年6月

◇2(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)
下間哲(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

▼△3(水)19:30~22:00、下北沢「音倉」参加型ジャムセッション(03-6751-1311 参加費1,500円+dr.代500円~) 神村英男(Tp & Per.)・山口彰(Bass)・島田忠男(Drums)・・・ホストの北川涼さんが都合でお休みです。リーダー抜きで頑張ります!

◎4(木)13:00~13:30、下北沢「音倉」ランチタイムコンサート(03-6751-1311 MC無料 要オーダー) 山村隆一(Bass)

◇5(金)17:00~帝国ホテル。某高校同窓会アトラクション。
●6(土)18:00~某ホール。某会社創立記念行事アトラクション。

◎7(日)19:30~22:00 赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC500円)

◎10(水)19:30~22:00、用賀・ライブ居酒屋「キンのツボ」(tel;03-3707-0346 MC1.700円)昭和ジャズ&ポップス 山村隆一(Bass)

◎13(土)19:10~/20:10~、三軒茶屋「スカイキャロット」週末ジャズ with Shoofies(Jazz Chorus)。チャーリー石川(KB & Vo)。(観覧無料!)

▼△14(日)13:10~15:45、麻布十番「コージーサークル」チャリティスマイル音楽会(03-3455-1988 参加費1,000円以上→東北復興支援寄付 飲食持込可) Shoofies(Cho)、デキシーショーケース、ほか

◇16(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)
下間哲(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

◇20(土)19:30~京王柴崎駅前「さくらんぼ」調布市菊野台2-22-3
夏至ジャズ!「いまむら直子&デキシーショーケース」前売2,000円(当日2,500円)予約Tel./Fax042-488-0626(店)
d0135567_12114773.jpg


◇21(日)15:00~16:30、新宿「銅鑼」(03-3226-0919 入場無料・飲食持込可) 高相徹(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

▼△21(日)18:00~21:00、新宿「ひだり馬」(03-3352-0030 MC3,500円夕食&dr付) クール&ホットジャズバンド

▼△24(水)19:00~21:30、立川「ジョリージャイブ」(042-527-3934 MC1,500円 セッション参加は投げ銭500円~)

◎●26(金)18:00~21:00、、新宿「ひだり馬」(03-3352-0030 MC5,000円夕食&dr付) 高マサミ(Vo.)

◎27(土)14:00~16:00、新橋「ベッラ・マッティーナ」「さくらジャズコンサート」ゲスト=MOTOKO、三枝秀樹、Shoofies(03-6435-9460 MC3,000円dr別)

-----------------------------------------------------

♪ 尚、最新の情報は「カレンダー」をチェック!
(ここには、グループボイストレーニングや、ジャズコーラスなどの公開講座日程も載っています。)


6月もよろしくお願いします。

・・・・おまけ。7月先行案内・・・・
d0135567_1233341.jpg










[PR]

by imamusic | 2015-05-26 12:16 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

本日!三軒茶屋whisperにて「Jazz & Puppetライブ」をします!19:30〜   

人形とジャズのコラボライブ、去年の春から二ヶ月おきにやっています。そして今夜、その何回目かのチャレンジライブをします!
5/22(金)19:30〜三軒茶屋whisperにて。¥2,250(1dr付き)

そう、最初は青山で始まった…。
d0135567_00591645.jpg
d0135567_00341055.jpg
去年の春、最初はShoofiesと一緒で、CASIOキーボード奏者のソータと、ゲストボーカルに松本佳子さんを招き、現代人形劇センター:デフパペットシアターひとみの人形遣い末永快と、青山Zimagineで、世代間交流を目指してやり始めました。

その後、三軒茶屋キャロットタワー最上階の展望台カフェ「スカイキャロット」や、用賀「キンのツボ」の自己ライブでゲスト出演してもらいコラボし、それぞれに状況が違う中で場の雰囲気に影響されながら、ライブ感たっぷりの、見たことのない面白い瞬間を味わってきました。
d0135567_01000157.jpg
d0135567_00524531.jpg
d0135567_00543296.jpg
しかし…毎回、やり終わって初めてわかる可能性の夢に「次は!」と思うのですが、カウントダウン準備ができるのは大抵2日前(・・;) で、ヤバい!と頭をひねって準備しようとするけれど、雲をつかむようなわからなさに途方にくれ(いや、ただの怠惰?)、なかなか計画的に出来ない。とうとう人形が参加出来る前夜になって、いざ、人形を動かしてみると、予想もつかない面白い展開を人形の方が教えてくれ、もしかしたら全然こんなの面白くないんじゃないか?無意味じゃないか?と疑ってさえいた私の頭が、とたんに薔薇色になるのです。

今回は演者は二人ですが人形らしきもの、仮面も含めたキャラクターがたくさん出てきます。
d0135567_01021074.jpg
ショルダーキーボードと狐面が今回は謡いも歌ったり、ブラウンとブルーの目玉だけで違う個性のキャラクターが動き出したり、それをもしかしたら試しにやってみるコーナーもあるかも!
d0135567_01031049.jpg
チャールストンの名曲で人形の手話ダンスもあるかも。

かもかもなんですが、深夜の稽古(昨日は夜中の1:00〜2:30、今日は22:00〜0:10のお稽古だった〜〜)でも、何回かやる度にお互いにアイデアが成長していくから、毎回違う。本番もお客様の空気感も影響しちゃいます。まさしく、ライブ!人形って!面白い〜〜!

この面白さが実感してわかるのが、本番の18時間前とは~_~;

やっと、声を大にしてお知らせできます!

面白いよー!見においで〜〜!

まだ今の時点では残席まだまだある、はず。

まあとにかく、寝ないと!
今、お稽古終わり、1:15。
起きてから昼間は市川文化会館でチャリティーコンサートに出演。出番終わったら即帰宅し、最終リハーサルをやって、出陣します!

















[PR]

by imamusic | 2015-05-22 00:31 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

昭和的?プレゼント方法の話…ひだり馬のランチタイムで   

おととい日曜、63回目の誕生日だったが、第三日曜日だった為、夜は月例セッション大会をやっている新宿三丁目の居酒屋「ひだり馬」にピアノ伴奏に行った。

どうも私に内緒でゆる〜い集客活動が行なわれていた感があり、店内はギッシリだった。具合が悪くて夜のひだり馬ライブは欠席続きだったトロンボーンの加治さん、とある事件以後勘当されてる感ありで頭の上がらない六本木の帝王もといジャズピアニストの大先輩有福さん、NY旅行中だとばかり思っていたジャズ評論家兼アマsax奏者大西さん、極め付けは前週赤坂NovemberElevensでのファン感謝春の集いでピアノ伴奏をさせていただいた大スターの雪村いづみさん。ふと見ると、滅多に来ないバンジョーの田頭さんもいる。ひだり馬で7人編成が全員揃っているのはジャズ祭以外では最近は珍しい。リーダー小出さんの上手い根回しに頭が下がる。

有福さんは第一セットが終わって私の弾き語りやバンド演奏や観客参加のセッションがひと通り終わった頃、見計らったように(つまりはみんなで私にハッピーバースデーを歌う伴奏をする時間に合わせて?)サプライズで登場した。もうてっきり、自分の誕生日にみんなが歌うハッピーバースデートゥユーを私自身が伴奏するはめになるんだな、とばかり思ってた(`_´)ゞ

まあそんなこんなで、有福さん伴奏でみんなに祝われ、お花をいっぱい渡され、ちやほやされてもみくちゃになった5分間。その他はいつもの通りの楽しいセッションだった。…が、演奏し出すと暑いのでいつもの通り上着を脱ぎ捨てたまま、帰宅してしまった…。

翌日、置いておくのも邪魔だろうと思い、昼食を食べに再び「ひだり馬」に行き上着を持ち帰った。子持ちガレイの煮付け定食(写真は違う魚だが他は同じ)、お魚を二倍にもってくれ、ビール飲みましょうと女将さんと生ビールを飲み、あれこれサービスしてくれて、しかも誕生日祝いだと言って代金を受け取らない。サラダも味噌汁もご飯も…体に良さそうな料理で、とっても美味しかった。
d0135567_09534653.jpg


ちょうど「ワンコインランチ東京」という本の対象店になっていて、その本を持っていくと500円で650以上の昼食を食べられるとの事で、名物のローストビーフ定食を何年ぶりかに食べに来た男性がいた。
http://onecoinlunch.jp/about/

d0135567_09534665.jpg



そのお客様と女将が同年代で、終戦前の空襲の話や東京近郊の田舎のお屋敷の風景など、私には小説の中の一場面ような話をリアリティー溢れる実話で聞いた。たった70年前の日本の原風景の生活、戦時中は一カ月大人1人のお米の配給が1号余りだったことや、今や美味しい野菜の部類のかぼちゃやさつまいもが主食で大量生産必要の為かひどくパサパサなまずくてトラウマで今もそれらを食べれない人が多いとか、その他色々な話を2時間くらい…体験話は表情や感情や存在感が伴い文章と大きく違って胸に迫り、話をしている佇まいの中にも深く何かを感じる。戦後生まれの私にはどんなに努力しても同じものは見えず、ただただ、生き抜いてきたことに畏敬の念と感謝の気持ちが湧き上がる。

そのお客様が、学生時代オートバイを買えずに友達のオートバイを磨くと一カ月に一度くらい、貸してもらえ、伊豆や江ノ島によく行った、という話から昭和の湘南海岸の蒲鉾や魚の名店の話になった。就職してオートバイを買い、美味しいものを食べるとチェックしてお歳暮やお中元のために予約し、オートバイで取りに行って都内のお得意さんにオートバイで届けたと聞き、私の知っている中元歳暮のイメージと裏腹の、昔の贈り物の方法の一端を知った。こんな美味しいものを食べさせたい、という気持ちもさることながらわ何軒かのお得意さんにそれらを持って行って、部屋に通してもらって世間話をするのがとても楽しみだった、という話に、昨日までモヤモヤしていた「感謝の気持ちをどう伝えるか?」ということのヒントをいただいたような気持ちになった。


ひだり馬のランチタイム…これは思わぬ出会い…人生勉強の場に遭遇する機会があるかもしれない。
男性ならきっと夜毎の一杯飲み屋でこんな機会があるんだろうな〜。

戦争体験者の皆さんから得るものはとてつもなく多い。彼らとのお喋りは楽しい。










[PR]

by imamusic | 2015-05-19 08:08 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

奇妙な誕生日……   

やっと…2015年の誕生日が過ぎた。夜中の1:30だ。

ふぅ。……なんだろ?この奇妙さ?

一日中、手元に持っているiPhoneのFacebookアイコンに数字が点灯するのを、モグラ叩きみたいに消していく作業をしていた。70〜80名くらい?いやもっと?お祝い投稿に対してせめての返信でイイねを全部押した。
d0135567_229782.jpg


しかし、いつの間にスマホ中毒になった?

こんな誕生日は初めてだ……。

私の知人の知人だからという理由で友達申請を受けてFacebook友達とやらになってしまった殆ど知らない人からも「happy birthday!」。
かと思えば、Facebookが無ければ知れ渡ることのなかった誕生日をFacebookのシステムで知る羽目になってしまった人達の中で、畏れ多い人からのhappybirthday!
また遠く離れた外国から心を寄せてくれた心の友からのお祝い…。

半数以上は大切な人からで、個別に返信しなければ申し訳ない人、ではある。しかし、殆どしてないが…。

投稿欄にわざわざ書くようになってるFacebookシステムは、「今日はいまむら直子さんの誕生日です、タイムラインに挨拶しましょう」とか書いてあったんだろうね。だから自分で知らなくてもつい書いちゃうんだね。

それを察してか、Facebookメッセージやメールで特別に来たり、電話で来たのも数人いた。久しぶりに声を聞けて楽しかった人もいた。

もちろん、全てに感謝してはいるが……本当は、大切な人の誕生日は書きたければ自分で手帳に書いておくのが普通だろ?そしてそれは、何十人という単位ではないよね?普通。せいぜい多くて10人?

どうしちゃったんだろうね?このシステム。

私は中元も歳暮も送った事がない。Facebookでhappybirthdayを送ったこともない。時間が勿体無いし、感謝は違う形で返したいし。
え?直子さん違うよ?って?
違うかなぁ〜?

感謝の気持ち、お祝いする気持ちは大切だ。けれど、こう、なんか、しなきゃいけない、みたいな…なんだろこれ?流行?なんか変だね?

翻って見ると、それは誕生日祝い投稿の問題だけじゃない。偽善。批判。悪口。自慢。意見でなく攻撃、署名の投稿。
言葉は難しい。どれだけの真意が100%の人に伝わり得るのか?営業マンのごとく上手い文章で誘導して「同感」「共感」のコメントや多数のイイねを得る。その数が妙な信頼になって世論とまではいかないけれど多くの人達を動かす。

なんかそんな事に頭の方向が向いてしまった、不思議な誕生日だった。2015年。誕生日明けのこの気持ちの記憶、忘れまいぞ!

変な世の中になり始めている。増殖しているのは止められない。インターネットの功罪。

しかし、足をすくわれ流されかけて、反発した自分を忘れまいぞ!

5/17の昨日と、5/18の今日は、同じだ。

犬のガルが生きていれば、そんな当たり前の事を、同じ空間で共感しながら、昨日も今日も生きてたはず。

しかし、誕生日だとのお知らせで私の存在を思い出した多くの方達から、あたたかい言葉をかけもていただきました。
それも忘れません。ピリッとしたのもやんわりもあった。粋なのもあった。

言葉だけでなく、たくさんお花やプレゼントも行った先々でいただきました。私の部屋は今花だらけです。なかなかいいもんです。ありがとう!

去年までは誕生日と年末年始だけは、強烈に自分検証をしていた。今年はそんな時間が全く無かった。というか、ITに流されて、自分を省みる時間を作らなかった…。

まずは、何も考えず、もう寝よ。2:30。

誕生日は、もう過去だ。
[PR]

by imamusic | 2015-05-18 01:33 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

5月17日の朝です。晴れています。今のところ平和です。これからもよろしく。   

おはようございます。5/17の朝です。

8:01にベッドの横に置いてあるアラーム付きラジオの電源がタイマーで付き、低血圧の私を1時間、NHKラジオの番組が覚醒させて行きます。
最後に時報が鳴り「9:00のニュースです」というアナウンスの声で、え!もう9時?ヤバい!と起きだすのが、私の80%の朝。

今日は日曜なので、いつもの賑やかなトーク番組ではなく「音楽の泉」というクラシック音楽紹介番組で今日は「コダーイの代表作」という内容。解説で途中に、くしゃみが入る、とのこと。くしゃみを演奏の一部として楽譜に書き入れたわけですね?!ハンガリーではくしゃみは特別な意味があるんだそうな。

聞き終わりました。素晴らしい曲でした。くしゃみは…聞き逃したのか?!低血圧で解説の意味を解釈し違ったか?音が小さくて聞こえなかったか?…うーむ、謎が残る。

全く、空爆の危険もなく、手術の予定もなく、雨も降っていない、穏やかで幸せな五月晴れ、地球に住んでいて、多くの飢餓状態の人々や多くの困難な方々が共に住んでいる中、東京で63歳の誕生日を迎えた私は、平和の幸せに満ちた、幸せな朝を迎えました。

昨夜は、何か自分にご褒美を、と22:00頃、近所の銭湯に行きました。ノーンビリと、広〜いお風呂で、ジャグジーであちこちマッサージして、気持ちよかったなぁ〜。すぐに帰宅しワインを飲んでコテッと熟睡。

あ、ラジオがニュースではなく「日曜討論」を始めました。今日は9時のニュースではないのね?8:55から短いニュースをやっていた。

おっとっと!急いで起きなきゃ!30分後には自転車ででないと!10:00から新代田でジャズコーラスワークショップ、その後いつものように生徒さん達と昼食会、今日は私の誕生日祝いも兼ねるそうだ。

一旦帰宅してから夜は新宿三丁目の「ひだり馬」で、バンド仲間達とセッションライブです。トランペット下間さんが高相さんに変わるので、デキシーショーケースというバンド名がクール&ホットジャズバンドという名前に変わるアマチュアバンドになります。メインは観客参加のアマチュアボーカルのピアノ伴奏。たいてい3時間弾き続ける事になるので、殆ど私のやりたい放題(*^_^*)好きな歌を弾き語りもするし、ピアノ練習みたいな日f^_^;美味しい女将の手作り和食もたっぷり頂き、私を大好きなバンドのお兄様達と遊ぶ、楽しい楽しいひと時!第三日曜日夜の定例行事です。

そのひだり馬ライブも、なんと今日は誕生日祝いモードだとか!
照れ屋の私は今から凄くモゾモゾする。感情を表して負けたような気分になるのを恐れ、あーーほっといてくれ〜、と言いつつ内心、感謝感謝の涙にくれて、この処理に困り、どうしようもない無骨…。あーもう。

早朝未明から続々と、誕生日がプロフィールに書いてあるため、ご無沙汰な方々からもお祝いのメッセージが届くFacebook。多すぎて、大事な人ですら返せないよ。

ありがとうございます。これからもどうぞよろしく。

d0135567_9155534.jpg

[PR]

by imamusic | 2015-05-17 08:48 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

第5回さくらジャズコンサート(5/15夜)のお知らせ。   

第5回さくらジャズコンサートのプログラムがようやく出来た。
d0135567_2254230.jpg

今週の土曜日5/15の夜だ。
出演者は、アーノルド三枝こと三枝秀樹さん、田中かやさん、伏見典悦さん。三枝さんはこのコンサートシリーズを気に入ってくれ、年間12回のうち6回出ることになった。あんまり同じ名前ばかりでは失礼だと自分で半分はアーノルドを名乗ることに。。。アーノルドという名前は大好きなエンゲルベルトフンパーディンクの本名だ。
熱い「慕情」なんか歌ったかと思うと、恋人に別れをすすめる「リリースミー」という曲そして最後は「太陽は燃えている」・・・。伏見さんも堺正章さんの「街の灯り」でほんわかしたかと思うと「知りたくないの」で有名な「I really don't want you」など、歌の気持が色々変わる。で、この回のテーマを<愛の行き違い>にしてみた。
そう決めてから、私の曲目をテーマに沿うように入れてみた。この作業がとにかく面白い。

d0135567_2402852.jpg

[PR]

by imamusic | 2015-05-13 02:40 | さくらジャズ研究会 | Trackback | Comments(3)

第4回さくらジャズコンサートの記録   

1ヶ月遅れの記載になるが、4/18(土)14:00に行った第4回「さくらジャズコンサート」の記録をここに書いておく。

d0135567_2295135.jpg


ゲスト出演者は、作田信子さん、タソガレ・クロベエさん、藤田八恵子さん。クロベエさんは3月に引き続き連続で二回目だ。作田さんと藤田さんは初登場。

クロベエさんは前回は助っ人の船橋真弓さんが3曲の内2曲を歌い、自身は芝居仕立ての一曲を船橋さんとデュエットするだけだったが、今回は曲らしい曲を3曲一人で歌ってくれた。しかもジャンソン曲「ジョリー・シャッポ」は日本語とフランス語で、ブルース「懐かしの湖畔」は日本語と英語で。

彼の視点は素晴らしく、眼からうろこで、大変面白い。当地に長く滞在していたのでリアリティもある。リハーサルの時から、このシリーズの目指す部分を、企画者の私自身よりも的確に、豊富な資料と柔らかい感性でさりげなくサポートし後押ししてくれる。ありがたい。戴いたことをきちんとピンで留めて有効に使わないと。
1ヵ月経ち、他の事があまりにも忙しかった為忘れかけていたが、ここに記録として書くことで蘇ってきた。

毎回録音しているさくらジャズを聴きなおして要所をまとめ、早くWebラジオ「さくらジャズRADIO」に生かしていかないと勿体無い。

作田さんは、数年前、月曜ボイトレサークルに来ていて、そのクリスマス会でシャンソンを歌ったのでお誘いした。文学が好きな主婦で、音楽へのアプローチも独特だ。武満徹の「小さな空」と、「ハナミズキ」を持ってきた。このコンサートのコンセプトに照らしたとのこと。「小さな空」の歌詞への思いが細やか。こんな風に詩と音楽を捉える歌い手の伴奏をするというのもまた意義深い。

藤田さんはスタンダードナンバーど真ん中の「君住む街角」や「星に願いを」を迫力ある声で歌った。また、お友達のピアニスト松本ケンセイさんを連れてきて「My Foolish Heart」をケンセイさんの伴奏で歌った。素晴らしく芸術的なアプローチのピアノで頭が下がった。ケンセイさんは元シャープス&フラッツのピアニストだったとか。だからという訳ではないが、自分のピアノに対する考え方が私なんかとぜんぜん違う。全て音に出るなー。見るたびに背筋がピンとする。

この回は各自のカラーもそれぞれに出て、またまた面白かったが、なんと言ってもクロベエさんの博識と熱意とハイレベルで素敵なセンスが底辺ほ占め、第4回の方向性をかたどった。













今回のメンバー
[PR]

by imamusic | 2015-05-13 02:23 | さくらジャズ研究会 | Trackback | Comments(0)

昨日5/4のパルテノン多摩ホールでのコンサート報告   

昨日5/4は、音楽友達の松本佳子さん(故・松本英彦氏の奥様)企画のコンサートに、指導プロデュースしている主婦のジャズコーラス「Shoofies」と下北沢「音倉」で初心者向けジャズコーラスワークショップをしている中から出てきた「けやきボイス」の計13名を連れて出演してきました。

タイトルは「天国からの贈り物(戦後70年の日本の音楽の歩み)」
場所は、パルテノン多摩小ホール
主催は、ガーデンシティー多摩センターこどもまつり
企画が、スリーピーズ倶楽部(松本佳子)

後半には、あの前田憲男さんも出演して演奏、同じ舞台の前半に我々は出ました。
最初に20名の尺八奏者の壮観な演奏の後、松本英彦さんの素晴らしい映像演奏を流し、ため息をついたところで、我々の出番!
演目は「カモナマイハウス~ブルーヘブン」「ドリーム」「聖者が街にやってくる」「コーヒールンバ」。

他にも数団体出演しましたが、Shoofiesとけやきボイスにとっては、とても良い体験をさせていただきました。これからの励みになります。

Shoofies(白黒の衣裳)と、けやきボイス(黒の衣裳)
バックは、山村隆一さん(bass)、バイソン片山さん(drums)という超プロに参加していただき、私(piano)が入ったジャズトリオ。
d0135567_1121468.jpg
d0135567_1122213.jpg


Shoofies
d0135567_11223164.jpg
d0135567_11224619.jpg


d0135567_1123524.jpg


前田憲男さんと松本佳子さん
d0135567_11232384.jpg
d0135567_11233865.jpg


(写真は全て垂井雅夫さんが撮影。)

[PR]

by imamusic | 2015-05-05 11:27 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)