<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

11/29(土)「ピアノ弾き語り勉強会」記録。   

昨日11/29(土)午後は、第3回「ピアノ弾き語り勉強会」でした。

この日は男性陣の参加が多く、男3女4の計7名の受講者。
指導用の私の鍵盤も含めて我が家にある8台のキーボードをレッスン室に並べ、各自一台ずつ座り、コードの押さえ方、バリエーションのつけ方、ハ長調で弾いたままトランスポーズ機能を使って音だけ移調し自分のキーで歌う電子楽器ならではの使い方、などなど、復習も兼ねて説明してから、課題曲の「Let it be」を練習しました。
d0135567_2061555.jpg

左手をこう使う時は右手はこんな感じで、と身振り手振りで説明。
d0135567_2061640.jpg

そして、私の演奏と一緒に全員で合わせて弾いてみます。
d0135567_2061611.jpg

雰囲気がつかめたら、あとは5分間自習。
メールで課題曲の曲名を伝えてあったのですが、何も指示してなかったのに、自分で探して伴奏が書いてある楽譜を持ってきたり、自分のキーに書き直して練習してきたり、歌詞だけを書き出してコードを詩の頭に付けたオリジナルなものを持ってきたりした人もいました。
ピアノ伴奏は苦手〜と言いながらやっとこさっとこ片手でコードだけなんとか押さえながら歌はソプラノの美しい声で抜群に上手い人、1番はバラードで2番は急にアップテンポのRockになる人、オリジナル楽譜には無い7thを入れちゃってBlues風な伴奏に仕上げニューヨークのため息ならぬ世田谷のため息のようなアンニュイな歌声で魅了する人、今日初めて参加の人でピアノは得意だけど弾き語りは初体験な人はメロディーを「ラララ〜」で歌いながら弾いたり…全員が全員、全く違いました。

英語の歌は難しい、という声も前回あったので、歌う事にも慣れた方がいいと思い、歌だけの練習もみんなで2回ほどやってみました。
結構これで声が出てきた人もいたけど、ピアノと一緒になるとなかなか声が出ないですが、自分とレベルが大して変わらない人が、技量だけではない何か(心構え?)で挑戦して、なんとかやってしまう姿を見て、そうかなるほど、と思い直した人もいたように見受けられました。これが私の狙いの一つでもありました。

練習は、私以外は全員ヘッドホンをしながら、自分の出来る事をアイディアを出して作り上げていきます。
d0135567_2061790.jpg

5分間の自習が終わると、一人ずつその場で発表演奏。「えーーーっΣ(゚д゚lll)」と言いながらも、各自がそれなりに個性的なアイディアと実力内の技で、なんとか1コーラスずつやり終えました!凄いぞ、みんな!
d0135567_2061753.jpg

左手ベースが休みがちな人には私が左手でベースを、歌の声が出てこない人には皆んなで歌を加勢して、協力すれば曲を終えることも体験し、自分以外の意外なアイディアも聞いて刺激を受け、また5分間自習。
d0135567_2061878.jpg

そのあたりで「遅刻してスイマセーン」ともう一人参加。
d0135567_2042458.jpg


そして最後にもう一度、一人ずつ発表。今度はフルコーラス2番まで弾き語りする人も3〜4名。お見事でした〜!
d0135567_2062081.jpg


終了後も話に花が咲き居残ってワイワイ楽しそうに交流していました。

個性の光るピアノ弾き語り…難しく考えずに、単純な基礎とアイディアで、どんどん楽しんで欲しいです。
3回目の昨日はやり方が少しわかってきたようで、全員随分前進しました。
充実した楽しいレッスンでした。
[PR]

by imamusic | 2014-11-30 19:10 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)

12月のいまむら直子(piano & vocal)ライブ予定です。   

<いまむら直子(Piano & Vocal)・12月のライブスケジュール>です。
d0135567_13361384.jpg


いよいよ師走、今年最後の月。当たり前のように気温が寒くなったのが、むしろ嬉しい。

10日(水)は2ヶ月ぶりの地元・用賀ライブ!もう忘年会モードで、盛り上がります!

毎月開催している東日本大震災復興支援「チャリティー・スマイル音楽会」が、通常の場所(麻布)・曜日(第二日曜日)と、今回だけ違います。12/23(祝)新宿「銅鑼」でやりますので、お気をつけください。

また、立川、新宿、下北沢、などのレギュラーライブもあります。

スケジュールチェックしぜひ聴きに来てください。歌や楽器が趣味の方は、歌えるコーナーもありますので、気楽にご参加ください。

◎…ソロ(Piano & Vocal)、◇…バンド(Piano担当)、▼△…セッション(Piano伴奏)、●...ピアノ伴奏

-----------------------------------------------------
2014年12月

◇2(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)
下間哲(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

▼△3(水)19:30~22:00、下北沢「音倉」参加型ジャムセッション(03-6751-1311 参加費1,500円+dr.代500円~) 北川涼(Guit)、ほか。

◎4(木)13:00~13:30、下北沢「音倉」ランチタイムコンサート(03-6751-1311 MC無料 要オーダー)

◎●4(木)18:00~ ハイアットリージェンシーホテル東京 ピアノ演奏・伴奏(某企業パーティーアトラクション、非公開)

◇6(土)18:00 ~西川口、デキシーショーケース、パーティライブ(非公開)
菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)

◎7(日)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC500円)

◎10(水)19:30~22:00、用賀・ライブ居酒屋「キンのツボ」(tel;03-3707-0346 MC1.700円)昭和ジャズ&ポップス

◇13(土)14:00 ~市川「ライフ&シニアハウス市川」デキシーショーケースライブ(非公開)
菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)

◇16(火)19:30 ~22:00、赤羽「Bフラット」(03-3903-8586 MC1,000円)
下間哲(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、坂本誠(G,Bj)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

◎19(金)18:00~21:00、、新宿「ひだり馬」(03-3352-0030 MC5,000円夕食&dr付) 高マサミ(Vo.)

●20(土)17:00~新橋「ベッラ・マッティーナ」(03-6435-9460 MC6,000円1dr付き)雪村いづみ(Vo)ファン感謝の集い(ファンの皆様とささやかに楽しみます、既に完売)

◇21(日)15:00~16:30、新宿「銅鑼」(03-3226-0919 入場無料・飲食持込可) 高相徹(Tp)、菅野天津男(Cl)、加治雅也(Tb)、寺門和宣(Bass、)小出芳明(Ds)、優(Vo)

▼△21(日)18:00~21:00、新宿「ひだり馬」(03-3352-0030 MC3,500円夕食&dr付) クール&ホットジャズバンド

▼△23(火祝)13:10~15:45、新宿三丁目「銅鑼」チャリティスマイル音楽会(03-3455-1988 参加費1,000円以上→東北復興支援寄付 飲食持込可) Shoofies(Cho)、デキシーショーケース、ほか

▼△24(水)19:00~21:30、立川「ジョリージャイブ」(042-527-3934 MC1,500円 セッション参加は投げ銭500円~)

-----------------------------------------------------

♪ 尚、最新の情報は「カレンダー」をチェック!
(ここには、グループボイストレーニングや、ジャズコーラスなどの公開講座日程も載っています。)


12月もよろしくお願いします。
[PR]

by imamusic | 2014-11-25 14:16 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(1)

11月最後は東西に伸びる東京の西部・調布柴崎「さくらんぼ」で会いましょう!   

今週は東京も西、立川市や調布市のライブハウスで演奏します。

26(水)19:00〜は立川「ジョリージャイブ」でセッション中心のライブ。常連客が何人かいてくれるので助かります。ここは実はライブハウスではなく、3,000枚からあるジャズのレコードをタンノイの素晴らしいスピーカーで聞かせてくれるジャズスポット、ジャズバーです。私の演奏の合間に、世界の名演と言われるレコードが、BGMでなくしっかり流れる、というのは…いいような、悪いような…(^_^;)。毎月第4水曜日にレギュラー出演していますが、ちょっと最近、伴奏が多くなり過ぎて反省。ピリリとインパクトのある曲を少し自分も演奏しないといけない。
お近くの方でピンと来たら是非遊びに来てください。

28(金)は、新橋「ベッラ・マティーナ」で完全なるピアノ弾き語りライブです。どこかのお屋敷の応接間のような隠れ家的雰囲気で、ジャズボーカルに特化したライブ。後半は飛び入りもOK。伴奏しますので楽譜をご持参ください。

そしていよいよ今月大ラス。29(土)19:30〜急遽決まったライブ!
京王線柴崎駅前の「さくらんぼ」。当初ひとりで弾き語りをジックリとやる予定でしたが、なんだか暗〜くなりそうなので、助っ人を依頼しました。すると7人も集まってしまった!
d0135567_1352249.jpg

楽しくなりそうです。もちろん、弾き語りもバッチリやります。お近くの方は、空いていたら是非いらしてください!
[PR]

by imamusic | 2014-11-25 02:56 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

地元はいいな!先週は三軒茶屋で週末3日間連続ライブ、音楽漬けの幸せな日々!   

熱いハートの新宿ジャズ祭が日曜に終わった先週の月曜日、ゲッソリする程何も無い1日を過ごし、暗い日曜日ならぬ暗い月曜日だった。ライブが多い日曜の翌日月曜はなるべくオフにしメンテナンス(ストレッチと発声訓練)の他は休養充電dayにしている。が、その落差が激しく、月曜日はもぬけの殻のような、生きる心地が無くなるような、そんな1日だ。

しかしそれも束の間、火木は赤羽、新宿とライブが続き、合間にはレッスンや金曜ライブの打ち合わせ&リハーサルで急に多忙になった。忙しくて有意義でないと生きてる気がしない。動いてないと死んでしまう回遊魚のマグロが似ているらしく、時々「マグロですね」と言われる(´・_・`)

まあそれはともかく、地元の自転車で行けるエリアでのライブは気が楽だ。何か足りないものがあればすぐに取りに帰れるし、帰るのは簡単、タクシーを拾っても安心な距離、歩いてだって帰れる、というのは本当に気持ちがいい。

金曜は三軒茶屋のギャラリー&ジャズカフェ「Whisper」でソロライブだった。15席の小さな小屋、ピアニストは客席に背中を見せて弾く壁際にあるアップライトピアノ。そのデメリットをメリットに変えたく、パペットとのコラボをした。
d0135567_02135915.jpg

d0135567_02142168.jpg
そして翌日土曜日は、午後、市川でデキシーショーケースのライブにピアノで参加した後、又、三軒茶屋に戻り、区内で一番高い26建てのキャロットタワーの最上階展望室カフェ「スカイキャロット」でピアノ弾き語り演奏をした。
d0135567_02181201.jpg
更に翌日、スカイキャロットのレストランで貸切ライブパーティーがあり、たまたま1日空いていたので演奏や受付を手伝ってしまった。そのまま夜はセッションになり素晴らしいギタリスト片桐幸男さんとセッションした。麻薬のように素晴らしいノリ。
d0135567_02223073.jpg

地元・世田谷区は23区内だが都心ではなく、神奈川県に隣接し緑が多く、武蔵野の自然がたくさん残っている住宅地。生活圏に近い事を大切にしながら、視点を深めてアートに昇華する。
新宿のエネルギーは無いが、ここにはここの良さがある。


[PR]

by imamusic | 2014-11-25 02:31 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

秋の新宿トラッドジャズフェスティバルを終えて   

新宿三丁目のほんの一角、要通りと末広通りを中心に26店舗と路上で、11月15(土)16(日)の昼間、今年も秋の新宿トラッドジャズフェスティバルが行なわれた(因みに春は5月中旬の休日、新宿文化センターを全館借り切って開催される。)
秋の商店街を巻き込んだ方は今年で14回目、今年この祭りは東京都の商店街起こしコンクールでグランプリを戴いた。

しかしほんのちょっと、この界隈から離れて、そう、広い道路を渡り二丁目から眺めると、何事もないような雰囲気に見える。それが不思議…。
しかしまたその界隈に入ると人々の凄い熱気と音楽の嵐!ニューオリンズもさもありなん、という感じだ(ニューオリンズに行った事は無いが)。

数年前から、ピアニストで所属しているデキシーショーケースのメンバーとして出演しているが、昨年秋からジャズ尺八の細山さんに誘われてリーダーユニット「いまむら直子ワンワンズ」というのを作り、ひと枠もらって出演している。今年与えられた演奏場所は歌声喫茶「家路」だった。
d0135567_133632.jpg

d0135567_133637.jpg

d0135567_13371.jpg

d0135567_133896.jpg

d0135567_13385.jpg

都会は殺伐としていると言われるけれど、この店の温かさや闘う姿勢、人との繋がりと音楽と高揚感…諸々の雰囲気は、ど真ん中の都会の血の通った人情だ。

あったかい。懐かしい。

このフェスティバル目指してわざわざ日本での仕事を作り来日するアマチュアトロンボーン奏者のオランダ人紳士がいる。Willemさん、生物学、粘菌の研究者だ。お節介な私の片言英語がハマって、来る前からメールでやりとりし今回も何度も一緒に演奏した。二つ目の演奏場所は「ひだり馬」。デキシーショーケースの演奏だ。
d0135567_133917.jpg

d0135567_133925.jpg

d0135567_1331020.jpg

d0135567_1331161.jpg


自宅に近いオランダのブレダで5月に素晴らしいジャズフェスティバルがあると言う。デキシーショーケースが大好きなWillemさんから、来年は是非皆んなで来てそのフェスティバルに出演して、我が家に全員泊まればいい、と誘われ、私達はもう行く気でいる。

夕方、フェスティバルが終わり、新宿三丁目の商店街は本来の飲み屋街に戻った。それでもあちこちの店でライブが続き、私達は「ひだり馬」のレギュラーセッションの日だったので残り、17:00〜22:00までワイワイと演奏した。ピアニストは私だけなので殆ど弾き詰め(^_^;)Willemさんは途中で別の店に行き友達のトロンボーン奏者とセッションし又戻って「ひだり馬」に帰ってきたら、私達が暖かく大歓迎したので、帰り道、新宿駅まで二人で歩きながら「まるでファミリーのように迎えてくれた」と涙目で(たぶん)感動していた。こういう心の触れ合いが凄く幸せ。「I love dog,but I love music!」と言うと、Willemも目を輝かせて「I love music,too!」と返してきた。彼も私も伴侶を亡くした人間で、残り人生もそれほど長くなく、この言葉の意味は深い。
[PR]

by imamusic | 2014-11-25 00:48 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(4)

今日と明日は新宿トラッドジャズフェスティバル。明日16(日)12:00〜「家路」に出演!   

今日15日と明日16日だけ、新宿三丁目の商店街がニューオリンズの街のようになります。賑やかで楽しい新宿トラッドジャズフェスティバル!このフェスティバルが東京都の商店街おこしコンクールで今年優勝したそうです。
d0135567_9311047.jpg


会場の一つの「銅鑼」の経営者でトラッドジャズ大好きなアマチュアサックス奏者永谷さんが、企画しスタッフとして率先して動き全ての責任を負ってやっている。私の知っている外人の奏者は、来日して神戸で「日本でどこかジャズセッション出来るところはないか?」と聞いたら「新宿の銅鑼に行け」と言われたそうです。各地にたくさんジャズフェスティバルはあるけれど、ここはトラッドの楽しさ庶民性が溢れかえっている。永谷さん、本当におめでとうございます!

で、我ら「いまむら直子ワンワンズ」は、11/16(日)12:00〜12:40「家路」に出演。ぜひ来てね!共演は山村隆一(Bass)、細山 隆(尺八)、Shoofies(コーラス)。
山村隆一さんはその後、右近さん(sax)達と「ニュートーンズアップル」へ、私はデキシーショーケースで「ひだり馬」に出演します。
d0135567_931104.jpg




両日のスケジュール詳細はここ(これらの番組を永谷さんが一人で考えて決めます!)
http://www.jazz-nagaya.com/14aki/2014-ura.pdf


フェスティバルは11:00〜16:30。
それ以降、街は通常の飲食店営業に戻りますが、私達デキシーショーケースのメンバーの一部は18:00〜「ひだり馬」で月例セッションライブをします。

どうぞ楽しい一日を、新宿三丁目でお過ごしください!
[PR]

by imamusic | 2014-11-15 09:23 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

椿の花 柿の実 タヌキの子 東京オリンピック馬場の石垣 秋が暮れる   

今日は久しぶりの一日中オフ。
朝、目が覚めて季節が晩秋になっているのを感じました。

肌寒い強風が枯葉を玄関先に集めた朝、小さな庭の寒椿が美しく清楚な花々をいっぺんに咲かせ、先週息子達が刈り取って何故か残してある柿の木のてっぺんの実と共に、秋空に映えて清々しかった。
d0135567_054539.jpg


ふと見るとあちこちに冬が近づくと色づく植物が。
d0135567_054714.jpg

d0135567_0541053.jpg


一昨日の夜は、お腹を空かせたような顔をしたタヌキの子に、深夜会ったよ。我が家のすぐ近くの住宅街の小さな道で。
d0135567_181375.jpg


d0135567_057785.jpg



寒椿が綺麗で二階のベランダに移動してみました。
d0135567_0541341.jpg


昨夜は映画を観たくなり、深夜にiTunesのレンタル映画をiPadにダウンロードし「アンコール」という映画を興味深く鑑賞、私の音楽活動に似ていて共感し繰り返し鑑賞したら身体が冷えて、朝は風邪ぎみと突然の花粉症発生でムチャ辛く、慌てて母上がくれたポララミン錠剤を飲みなんとか治ったけど、今度は強烈睡魔が襲い、ダラダラ。

毎月10日の9:00から2ヶ月先の区内公共施設の予約が抽選後のフリー予約開始となる為、午前中は、区の「けやきネット」というWeb上システムに登録団体としてログインし、ボイトレやコーラスなどサークル活動のメンバー達の都合と私のスケジュールと施設の空きを細かく点検しながら、予約作業をしていた。起きがけ机の前に張り付き1時間、これでまた身体が更に冷えてしまったが、毎月他団体もこの時間帯を狙っているので良い場所と時間を確保する為に必須な作業だ。まあなんとか1日を抜かして確保出来た。

動いて身体を暖めないとマズイ!しかしジムは15:00まで昼休み中。秋空がもったいないので、また馬事公苑まで散歩に行った。とにかく動物に会えるというのが嬉しくて。
今日は裏の弦巻門から初めて入りいつものコースと反対歩き。雨風の数日を挟み、先週から一気に秋が深まっていた。
d0135567_0542974.jpg

d0135567_0543249.jpg

ふと自然林の横に不思議な石垣を発見。
d0135567_0542280.jpg

d0135567_0542326.jpg


看板の解説を読んでビックリ!
これは東京オリンピックの馬術競技優勝記念碑で、堅固な日本城郭を模し、穴太流・野づら積という古い様式で築上したと。石は江戸城の用材で、江戸城外郭南側にあたる虎ノ門の中央競馬会本部新館工事の際に地下4メートルから、昭和40年に発見された。石垣に彫られた紋章や符号は石材を供給したり築上したりした大名が責任明記した。そしてなんと!ここにあるのは次の3つ。豊後国臼杵城主稲葉一通、日向国延岡城主有馬直純、豊後国佐伯城主毛利高直。3つの内2つが大分ではないか!全くもう!
d0135567_0542347.jpg

d0135567_054261.jpg


帰りは正門から出て、世田谷通りに出るまでの美しい並木道広場の紅葉を楽しみ、傍にある東京農大「食と農の博物館」の喫茶店で一休み。
博物館一階の農大の歴史展は何度見ても非常に興味深い。

ふと、大正時代の農大学生達の生活紹介のモノクロ動画に気付いた。
世田谷の前は渋谷の常盤松(現在は青山学院大の敷地内)に東京農大があり、私の祖父は福岡県三井郡太刀洗の田舎から上京して入学し、学生時代に結婚したので、父は青山で産まれている。関東大震災の2日後、大正12年9月だ。
ということは入学は大正10年前後か?実は郷里の太刀洗には、大正8年に陸軍が3年がかりで作り、のちに日本最大の飛行部隊駐屯地になる西日本飛行場発祥の陸軍太刀洗飛行場が出来た。

私は落下恐怖症ぎみで、高速スピードで下る乗り物(スキーもそうだけどタクシーで坂道を下るときも)に乗ると奈落の底に落ちるような恐ろしさを感じる。とうていジェットコースターなんかには乗った事がない。もし祖父も同じ体質なら郷里の太刀洗に出来た飛行訓練場には近づきたくも無かったろう…。

その東京農大の常盤松時代の動画の学生達の姿に、父が12才の時亡くなり私とは現世で会えなかった祖父が写ってやしないか?父と似た顔立ちの画面のあの学生かもしれない、と心が躍った。
その頃、新しい農業の仕方の実践学習の為に農大が持っていたという用賀農地で作業する学生達を見て、祖父はこの辺にも来ていたのかも、とも。(用賀農地は今は無いらしいが、どの辺にあったのかな?)
亡き父が何枚か持っていた祖父の写真は、東京農大の学生服に学帽姿でバイオリンを持ったり、マンドリンクラブに入っていた仲間達との写真だった。

2006年から、野尻湖ライブを皮切りに北海道などでも、自然の中で音楽演奏をする事が偶然続き、最近は祖父や父の眠る太刀洗にも40年以上ぶり位に行き来している。
東京で産まれ、生涯の殆どを東京で過ごして来たが、今になって「土」が呼んでいるような、そんな時の流れがゆっくり進んでいる感覚がある。

行く年来る年がもうすぐだ。
10代は学業と音楽と演劇
20代は演劇
30代は子育て
40代はミュージカル
50代はジャズ
60代は…これからだ

メチャクチャ大雑把だが、括ってしまうと、こうなのかな。社会と関わって、持てる力を生かしていく責務がある。神に感謝して。あ、親にも。祖先にも。そうそう、友人達にも。それから、応援団にも。あ、いや、世界中の人にも。っていうか、地球のあらゆる生き物にも。生かされている事に感謝。ありがとう。まだあと少し、健康管理に気をつけて、誰かの役に立っていきたい。
[PR]

by imamusic | 2014-11-10 23:13 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

9/27第1回「ピアノ弾き語り勉強会」記録。第2回は明日11/8(土)。   

d0135567_16255066.jpg


ピアノ弾き語り講座の第1回目を開催してから一ヵ月半、ようやく明日は第2回目です。

もう随分前の事なので、参加者も私もスイッチを入れなおすために、手元のノートにメモした第1回目の様子や反省記録をWordに書き直しjpgにしました。

d0135567_1642238.jpg

愛犬セントバーナードの居住スペースだった広い居間兼レッスン室が、今春の彼の大往生で居なくなり、ようやく以前からの企画が少しずつ成立していきます。その一つがこれ。

明日からは、11/8,11/29,12/6と、少し続いてきます。最後はくっついてますね。すでにこの冬季4回は定員になってるので新規には参加できません。

前回9/27は、やってみて、本当に面白かったし有意義でした。このシリーズはこれが初めて。今後、1年半くらいは続ける予定。Vol.1は2014年冬季全4回集中講座です。
次回Vol.2は、2015年春季1~3月あたり全4回を開催する予定。

定員が2~5名くらいなのですが、あっという間に応募があり、6名になってしまい、また始まった後、数名が「やってみたいのですが・・・」と申込みがあり、関心の高さがわかりました。

集中講座4回で何かスキルを身につける、という姿勢で、コツコツとというよりは合理的に楽しくやっていきたいです。
[PR]

by imamusic | 2014-11-07 16:36 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)

11/21(金)19:30~三軒茶屋「Whisper」にてLIVEです(人形とのコラボあり)。   

11/21(金)19:30~
「いまむら直子(Piano & Vocal)ジャズライブ」in 三軒茶屋Jazz & Cafe "Whisper"
共演=末永快
ミュージックチャージ2,250円(1dr付)
世田谷区上馬1-32-3  tel;03-5787-5794

d0135567_15502593.jpg

(15席なので予約がベター)
お料理・ドリンク、リーズナブルで美味しい。

♪音楽カメラマン内山繁さんがオーナーの知る人ぞ知るジャズスペースです。

場所がわかりにくい。着いてみると外壁の大きなマイルスの写真に圧倒されなんとなく入りにくい。そっとドアを開けると内壁はマッカッカで更に圧倒される。そこに並ぶ内山さんが撮った世界のジャズプレイヤーの芸術的モノクロ演奏写真から発するオーラでまたまた打ちのめされるが、座席が15くらいしかなく、もはや逃げ出せない雰囲気。いよいよライブが始まるとバタンとドアが閉められ、観客もプレイヤーもニヒルな船長のオーナーも深海に沈んでいく小さな潜水艦の中の同居人になる。ライブが終わるまでは。

嘘じゃなく、そんな感じの空間です。そう、昔観た、唐十郎の赤テントのように(え?古い?)。

でも、この雰囲気が、大好き。

今回ここでのライブは二回目だけど、いよいよ最初からやりたかった「JAZZ & PUPPET」のコラボ、人形関係の都合がついたので、展開します。

このコラボは今春4/29、青山「Zimagine」で実験的に行い好評で、先月には三軒茶屋キャロットタワー26階カフェテリア展望室「スカイキャロット」でもやりました。
協力してもらっている「デフパペットシアターひとみ座」にも少しずつ理解していただき、貴重な制作人形とパフォーマーを融通してもらってコラボレーションの可能性を広げてきています。
今回は閉鎖的で小さな空間であるという利点を活かしたいとのこと。私の演劇的JAZZ表現への新しい挑戦としても応援してください。

後半にはセッションも可能ですので、楽器や歌の方は楽譜をご持参ください。
しかしここでのライブは私のVocal & Pianoが中心です。もしかしたら出番は無いかも、と覚悟してくださいね。

お近くにいらっしゃる方、ぜひどうぞ!お待ちしています!!!


印刷用地図入り簡単案内はこちら。
d0135567_1644362.jpg

[PR]

by imamusic | 2014-11-03 15:54 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

中央線の風はヒッピー村の色 阿佐谷Jazz祭 そして武蔵野はらっぱ祭   

学生時代、吉祥寺に二年間下宿していた。吉祥寺東町にある知人の知人(という遠い知人)が自宅の隣に営む木造アパート。四畳半畳部屋で月8,000円。共同トイレ風呂なし小さな炊事場付き。
高校2年次に転校した大分で3年次は、更に岐阜へ転勤して行った父&家族達と別れ、高校の周辺にあった女子用下宿(二畳と押入れベッド)で生活したがそこから直行で来たので家出した訳じゃないけど親元を出たのは18才。吉祥寺から中野に住む実家通いの仲の良い同級生宅に招かれて泊まりに歩いて行った事もある(現在彼女はとある有名劇団の演出家)。大学浪人のジャズドラマーと恋愛し吉祥寺駅から下宿先までの途中にあるジャズ喫茶「Meg」に入り浸りJAZZを知った。
中央線…19〜20才時代に過ごした風を通るたびに感じる。

阿佐谷にジャズ祭があるのは知っていたが今年ようやく縁が出来、出演した。

d0135567_13491915.jpg



d0135567_13492015.jpg


d0135567_13492065.jpg


d0135567_13492160.jpg


d0135567_13492242.jpg



立川とも新宿ともまして世田谷とも違う中央線のこの辺りの風。古くから住むアメリカ人が多いらしいけど、何故なんだろう?新宿から立川までの間の中央線沿線にはなんとなくアメリカンヒッピーの風が匂う。そしてそれは我々70年代青春の匂いと近い。

今日は、何年か前に自己トリオや弾き語り、沖縄バンドなどの演奏で2年間ほど通いつめた武蔵野小金井のフラワーホールの奥にある武蔵野はらっぱ祭りに行く。http://the-harappa.net/
d0135567_13492292.jpg


何年ぶりだろう。このお祭りに行くのは。ここにもどこか外国の風が吹いている。野尻湖のライブで仲良くなったジャム工房「ぼーしや」の店長が毎年出店しにやってくるので会いに行ってルバーブジャムを買ってこよう。彼の奥さんも確か北米出身の人だ。

東京は雨が降っている。
武蔵野公園は都心の公園と違って自然がそのまま残っている。多国籍の人たちが出店しているけれど、近くの素朴で小さなくじら山と呼ばれる丘が、地球は一つ、人間の情もどこでも同じ、という風を優しく象徴し見守っている。
[PR]

by imamusic | 2014-11-01 12:49 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)