<   2013年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

今年最後のライブが今夜19:00〜立川ジョリージャイブで。   

今日はクリスマス。そんな事に関係なく、朝から2時間ずつのレッスンを3つ終え、夜は19:00から立川ジャズBAR「ジョリージャイブ」で、私のライブとしては今年最後のセッションライブです。

黄昏も過ぎ、ネオンが瞬く街での時間待ちで、立川駅ビルの一階「軽井沢フラットブレッズ」というお店でサンドイッチ&珈琲で腹ごしらえ中(18:00)。なかなかお洒落な店、珈琲カップが大きくて嬉しい。

昨日の下北沢ジャズコーラスワークショップでは、クリスマスプレゼントにハワイのクリスマスソング「メレカリキマカ」と、「I'll be home for Christmas」のボーカル譜を参加者に差し上げ、歌を紹介し一緒に歌って覚えてもらいました。ちょっと馴染みの無いような曲ですが、どちらもとても素敵な歌で、シンプルで簡単です。
クリスマスソングは賛美歌が外せませんが、クリスチャンではないのでこの日だけ真似事をしても変だなーと思い、クリスマス行事も子育てが終わってしまうと全く興味がない。でもこの季節の人々の生活の匂いのする歌、キリスト賛美ではなく、子供達が本当にトナカイが走ってるのか夜中にスパイになる歌詞や、楽しそうな世の中の雰囲気に反して遠い地に居る自分が家を恋うる歌、眠れない人に羊を数えるのではなく神の恵みすなわち自分自身の幸せや良かった事を数えなさいとメッセージする歌など、大好きです。

今夜は、あまり歌われないようなクリスマスソングも歌いましょう。これらの歌は、今日でまた箱にしまっておき、次に歌うのは1年後ですから。

お時間がありましたら是非遊びに来て下さい。

立川駅北口に出たらデッキを右に。階段を降りて真っ直ぐ。線路沿いの道。立川郵便局の先のファミリーマートの二階です。
[PR]

by imamusic | 2013-12-25 18:03 | Trackback | Comments(0)

黄昏の43分間、南武線を北から南に移動中、富士山のシルエットが美しい。   

今日はコンサート鑑賞三昧。

一つ目は、14:00〜武蔵村山市民会館小ホールでのトリオ・デ・ダンシュのコンサート。友人、音楽仲間のクラリネット奏者・橋爪恵一さん率いる木管三重奏。

二つ目は、18:00〜横浜大さんばしホールでのジャミンゼブのコンサート。プロデュース指導しているshoofies(主婦のジャズコーラス)のメンバー達が大ファンで「先生も是非一緒に!」と誘われたお洒落なイケメン揃いの男性ジャズコーラスカルテット。

二つをハシゴするには、我が家からアクセスが大変だ。東京23区内で最西に位置する世田谷から、北西部の武蔵村山に行くのに色々コースはあるが、まず小田急線で西に向かい多摩川を渡って神奈川県の川崎に入りJR南武線に乗り換える。南武線で北に向かい、立川駅で降りて、モノレール 更に北?に向かう。終点の上北台駅で降りて、市役所へ行くコミュニティシャトルバスというマイクロバスで市役所へ。その隣にあった。いやー、こんな風景も都内にあるんだなー。

ところで、富士山。ずっと電車の車窓から家々が途切れるとパッと現れて、綺麗な台形の勇姿を見せてくれる。上北台駅からは、随分近くに見える。
d0135567_172971.jpg


コンサートがあった市民会館小ホール、別名さくらホールは、250ほどのちょうどいい大きさで、反響板や照明用バルコニーなど、細部に工夫があって素敵なホールだった。
d0135567_172983.jpg


久しぶりの橋爪恵一さんのクラリネットは、やはり素晴らしかった。

そして、次の移動はまたバスと電車で2時間。黄昏のオレンジ色を背に受けた富士山が、南北に走る南武線の車窓に時折素晴らしい姿を見せる。さっきとは反対に南へ南へ。家並みが多く富士山が見えるのはほんの一瞬だが、隣に座った風邪気味の白髪の男性も思わず背を伸ばして見ている。


43分間の南武線乗車時間、今日は黄昏の時間にあたり、刻々と変化する空の色が切なく美しい。
[PR]

by imamusic | 2013-12-23 02:45 | Trackback | Comments(0)

とうにょうびょう記ソノ9(忘れたふり・・・)   

そういえば、糖尿病である。もう、すっかり・・・忘れたふり。

今年の定期健診は6月に受けた。「血糖値118、HbA1c 7.7、総合判定→糖代謝に異常を認める。食事と運動に注意を要し、3ヵ月後に再検査を受けてください、症状があれば内科を受信してください。」という結果。

糖尿病専門医が火曜日のみ来る馴染みの病院で、その先生に去年から診てもらっているが、3ヵ月後というと9月中旬以降なので、10月からスケジュール帳の火曜日には毎週、その予定を書き入れている。しかし何故か、毎週空けてあるのに直前に何かしら火曜日に用事が入り、まあ次週に延ばせばいいや、急ぐわけでなし、と延ばしていたら、とうとう12月になってしまった。

ここ数ヶ月、いつの間にか食事と運動への意識が甘くなり、暴飲暴食、甘いものやご飯類もどんどん食べたりしている。楽譜作成やレッスンのカリキュラム作りなど、レッスンやライブの合間の事務作業に追われ、やればやるだけそれなりの成果があがって充実感を感じている反面、時間が無くなりジムに行くのも休みがちになって、身体がなまってきている。

これではいけない、と昨日から再び、トマト・たまねぎ・セロリ・ピーマン・キャベツの脂肪燃焼スープを作り、それを中心に食べ、ジムも昨日今日と続けて行った。ジムと言っても遊びのような「カーブス」の油圧マシンでさえ、身体が重くて疲れる。以前はあんなに軽々とやっていたのに。筋肉が減ってしまった感じ。今月はまた頑張ろう!


しかし今日は夜、コーラス愛好会の指導で、終了後、久しぶりに現れたメンバー達と駅前の居酒屋で飲んでしまった。美味しい料理とビール。飲むうちに話もはずみ、定期健診で自覚症状がないのに癌と宣告され切ったばかりに寿命が短くなり亡くなった多くの友人達の話になった。「定期健診なんてないほうがいい」と知人の医者が言っていた話も出た。そう言いながら、飲み終わった後「薬、薬」とホッピーで(!)薬を飲む人もいた。・・・うーんやっぱり・・・薬やインシュリン注射はごめんこうむる。

「忘れたふり」はやめて・・・。

ちょっと頑張ってまた食事療法と運動をしっかりやろう。
ずいぶん久しぶりに、たぶん半年振りくらいに、改めて決意した次第。
[PR]

by imamusic | 2013-12-14 03:16 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(2)

親友の新著「古都がはぐくむ 現代数学」〜京大数理解析研につどう人びと〜 をゲット!面白い!   

月曜日、友人の新著書「古都がはぐくむ 現代数学」を手にし、やっと昨晩から読み始めた。
d0135567_1126586.jpg


まえがきをまず読む。はは、彼らしいタッチ。なんか楽しくてちょっとワクワクする。
最初の章「その誕生」の第一景“静寂のキャンパス”…いよいよ、“京大数理解析研につどう人びと”、の居る場所へ、景色の描写を混じえながら文章がいざなってくれる。うーむ面白い!まるで映画を見ているようだ。

0章から始まって∞章で終わる、など最初から数学への愛と彼独特の斜め球が効いている。そしてやはり想像通り、「数学」を「音楽」に置き換えると、随分リンクするものがあるのだ。
第二景“「数理科学」が立ちあがるとき”…基礎数学と応用数学の違いや魅力(私自身がこの本だけから感じるその魅力)は、数学の専門知識はないにしろ、充分に心を豊かにさせてくれる。この研究所が日本に必要なんだ、と説得する作業は大変だったろう。

280頁中、僅か20頁しかまだ読み進んでないが、たっぷり頭の中は膨らんでブログでは感想を言い足りない。パラパラ先をめくると、どう見ても理解しようと努力するのは私にとっては時間の無駄、という章も多い。
しかし焦点は数学の解説でなく、それに関わる人びとなので、それらの文章の魅力に引きずられて読み進むうちに、それを理解するためには時間の無駄と思えたところも再度読む必要に迫られて、案外見直し読みで頭に入ってきたりする。



このブログスレッドには、読み進む途中で、感想を書き足して行こうと思う。うーん、忙しいしこの先の文章は大変そうなので完読するのかどうかはわからないけど。
外からのコメントは、別スレッドを立てようかな。

写真の湯呑みの中のお茶は、この本を著者から受け取った場所が横浜中華街だったので帰り際中国茶専門店で買った高級烏龍茶。葉っぱが大きく広がる奴。美味しい〜!
[PR]

by imamusic | 2013-12-13 11:31 | Trackback | Comments(0)

今夜は、地元世田谷区用賀「キンのツボ」でピアノ弾き語りライブです!   

d0135567_9331043.jpg

今夜は地元の世田谷の馴染みのライブ居酒屋「キンのツボ」で、19:30〜22:00、久しぶりにワンマンのジャズピアノ弾き語りライブです。

偶数月の第二水曜日がレギュラーなので、今年最後の地元ライブ。師走ということもあるからか、息子達が通った学校のPTA繋がりの元ママ達や、ご近所の花屋さんとその友達とか、予約があり、あったかい顔ぶれが客席兼食卓椅子に並びます。

ジャズ、と言っても昭和の日本語まぜまぜジャズや懐かしい映画音楽の名曲、ママ友世代にはユーミンやビートルズ、が多いですが、今日は区立深沢小学校の元PTAが多いので、70周年記念に作曲し学校の式典で歌ったオリジナル曲「きりの木」も歌わないと!
「きりの木」は、私のホームページリンク先から聴けると思います。

第二水曜日は朝から立川の先の豊田でボイトレレッスンがあり、最近はその後も増えて、10:00〜12:00豊田、13:00〜15:00立川で3つレッスン。それを終えてまたまた南武線と小田急線を使って帰宅。それからのライブなので前日から体調調整しないともちません。

というわけで、今、南武線の中から投稿。途中見える富士山、今日は少し霞んでますが真っ白の雪帽子です。
[PR]

by imamusic | 2013-12-11 09:14 | Trackback | Comments(0)

音倉ジャズコーラスワークショップの専用ブログを設置しました。   

12/4(水)音倉の月例ジャムセッションは、庄野真代さんの提案でクリスマススペシャルになりました。この日は大勢の参加者で盛り上がりましたが、同会場で6月から教えているジャズコーラスワークショップの活動の一環として有志を募り、ほかの生徒達も手伝って11名の臨時ジャズコーラス隊が出来ました。
初心者でもとにかく人が集まれば楽しい。それぞれの顔に人生がありそれが歌っているとにじみ出ます。そして合唱隊であるので様々個性が引き立ちます。引き立つけれどもリズムやハーモニーや歌心や立ち姿など色々思いやりながらの動き・・・だからこそ面白い。

この活動も定着してきたので発信していきます。
専用ブログ「音倉ジャズコーラスワークショップ♪いまジャズ♪通信」を作りました。

当日の様子です(撮影は例によって垂井さんです)。

d0135567_15405129.jpg


d0135567_15412573.jpg


d0135567_15413772.jpg


d0135567_15414827.jpg


d0135567_1542914.jpg

[PR]

by imamusic | 2013-12-09 15:42 | Jazz Chorus Workshop | Trackback | Comments(2)

3ヶ月ふりにメルマガ更新しました。転載します。   

メルマガを更新したので転載します。バックナンバーはこちら。


短い秋を経てあっという間に師走。今日は名残惜しそうな秋神がもう一度来たような爽やかな東京です。今月のメルマガをどうぞ。

<イベント情報>

■12/8(日)13:15~15:50麻布十番「コージーサークル」にてShoofies(主婦のジャズコーラス/代表今村直子)主催「東北復興支援チャリティ・スマイル音楽会Vol.32」(震災後2ヶ月目から毎月開催)。プロ・アマ関係なく参加費千円が東北復興支援の寄付になります。協力プロミュージシャン達の演奏を聴いたり、その伴奏で歌ったり演奏したり、又は1人で演奏したり参加の仕方は自由。歌や楽器の方は楽譜を3部以上持参してください。飲食持込自由差し入れ歓迎。多少の飲み物とおつまみは用意してあります。麻布十番2-19-10桂ビル2F tel;03-3455-1988

■12/11(水)19:30~22:00用賀居酒屋ライブハウス「キンのツボ」いまむら直子ピアノ弾き語りライブ(地元での楽しい集い!ぜひどうぞ!)MC1500円+飲食オーダー 世田谷区用賀2-36-13アイリス用賀ビルB1 tel;03-3707-0346

<いまむら発あれやこれや>

「師走」ですね、早くも。風邪も流行っていますが…お元気でお過ごしですか?このメルマガ、すっかりご無沙汰していました。フェイスブックでの双方向交流で書き込む事が多くなり、気がつけば9月から三ヶ月間、全く発行していませんでした~。本当にお待たせしました。今後は始めた頃のようにもっと気軽に書いて発行するよう心がけます。

9月は主催の平和祈願ハートフルコンサート、10月は大阪弥生文化博物館での初コンサート、11月は新宿トラットジャズフェスティバル出演などが大きなイベントでしたが、今年半ばから今後への課題として始めた「皆で楽しむ音楽スタイル」の啓発活動の準備や思索と実践に少しずつ手を染めています。そのひとつが下北沢Com Café音倉で始めた月二回の「ジャズコーラスワークショップ」。庄野真代さん代表の国境なき楽団が主催で世田谷区のまちづくり活動の支援を受けているものですが、私の音楽活動方針の一環として庄野さんに提案し実現したものです。レッスン…とはちょっと違う、健康と老化防止のためのボイストレーニング&ストレッチとも歌声喫茶風お楽しみ勉強会とも違う。どれにも属さない新しいスタイルを目指しています。過激でなく本質を大事にした柔軟なもの、それを懐かしいシンプルなジャズの歌を種にして楽しくてやさしくて美しいコーラスで楽しもう、というスタイル。2010年から始めた主婦のジャズコーラスプロデュースの延長線上にありますが「音楽」もっと詰めれば「ジャズコーラス」、というものが手の届かないものではなく、本来の人間活動に沿ったものとして皆で楽しめるもの、そしてそれは多くの幸せを運んでくる
もの・・・という事を立証したいと思ってやり始めました。これは3年間のShoofiesの活動で多くの感動を共にした結果、そのエッセンスを利用してもっと多くの人達にジャズコーラスの楽しみを体験して欲しいと思い、気楽に取り組める一般的なワークショップとして企画開催したものです。「いつから参加しても楽しめる」「回によって参加したりしなかったり、でも置いてけぼりにならない」「リピーターには少しずつ仕上げていく課題曲がある」などなど・・・やりながら、このワークショップならではのテーマ・課題が浮かび上がり、サポートするにはどんな準備が有効か、など、参加者の喜ぶ顔を思い浮かべるとアイデアが後から後から楽しく湧き上がります。

12/4(水)には音倉の月例ジャムセッションのクリスマスライブに参加し、プロミュージシャンのバンドの伴奏で成果を発表しました。練習だけでも楽しいですが音響効果をしっかり作ってもらい観客の熱い視線と受け入れてくれる呼吸を感じながら1人では不可能なハーモニーやリズムとサウンドの渦に浸るのはなんと幸せな事でしょう!もちろん私は指揮とピアノ担当で参加しました。この喜びの一瞬が一つの到達点でもありました。そして今後の励みの種にもなります。

残された人生は自分こそが出来ることで世の中に貢献したい、という意志があり、ではその「自分」とは?という事を子育て終了以降のここ10年考え続けてきました。2011年東北の大震災と原発事故は更にそれを明確にして付いて来る人たちを迷わせないよう、自分自身も迷わないよう、見極める必要性を感じてきました。今年5月誕生日に掲げた自分の音楽活動指針「NEXTen」、10年後は昭和と平成を同じ時間生きたということになる私として、自然回帰志向も含め、昭和の人々の個人の生き方や背景の文化を平成時代に伝え更に未来に繋げる、という漠然とした方針が、来年以降「にしむくさむらいツアー」というタイトルでスタートします。内容については次回のメルマガで。

その直前、どうしても一度は行かなければならない私のルーツ探しの旅、中国の大連に年末年始の数日間行ってきます。母が生まれてから18才までを過ごした所です。ここでの文化、街の様子…今は幻となった街、その母の人生と背景のオマージュというべき作品を2002年ミュージカル「ダルニー・ラプソディー」として脚本・音楽・演出・制作を手掛け、シアタートラムで上演しました。怒涛の10年を経てようやく、実際のダルニーこと大連に、一人旅で歩いてきます。自分の血肉の匂いを探しに。
http://sound.jp/imamusic/
[PR]

by imamusic | 2013-12-07 13:04 | HOT CATメールマガジン | Trackback | Comments(1)

今日は下北沢「音倉」ランチタイムコンサート(昨夜もここ、一夜寝て起きてまた今日も・・・)   

■まず、今日のお知らせ、、、というか、もうあと一時間ちょっと後には始まります。でもまだ自宅でPCに向かって投稿。自転車で20~30分、お天気は素晴らしい秋晴れ。なんとか着くでしょう。

下北沢「音倉」で13:00~13:30ランチタイムコンサート「音楽旅日記」をします。入場無料、ランチかお飲み物をご注文ください。詳細はこちら。

本日大画面プロジェクターに投影する写真群は、先週の土曜日午後、近所の世田谷美術館にいった時のiPhone撮影スナップ写真。企画展の「実験工房展」~戦後芸術を切り拓く~というタイトルに魅力を感じ、開...催中にいくつかある記念講演会のひとつ「実験工房―コラボレーションの磁場」講師:大谷省吾(東京国立近代美術館主任研究員)を聞きにいきました。

自転車で20分弱、久しぶりにこの美術館に行ったら、周辺の砧公園は秋の土曜の午後、という風景。思うままに写真をたくさん撮りました。リンク先の写真群です。これを大画面に投影するとPCや紙印刷などと違った臨場感があり五感を覚醒させます。それらを眺めながら、ゲストのベーシスト山村隆一さんと短い時間、ジャズナンバーを中心に演奏します。

ランチは千円前後で自然食。お時間がありましたらぜひいらしてください。

■そして昨日の報告。
昨日も夜は、この「音倉」でライブでした。月例ジャムセッションのクリスマスバージョン。6月からここ始めている「音倉ジャズコーラスワークショップ」の「クリスマス特訓3days」企画に参加してくれた10名前後の臨時コーラスメンバーと、直前に近くのスタジオノアで発声練習からハーモニーの確認などやって、プロミュージシャンの伴奏で「聖者が街にやってくる」「Fly Me To The Moon」「りんごの木の下で」を歌いました。こんなこと初めて、という人や、手馴れたShoofiesも含め、大勢で気持をあわせて歌い演奏するのは、こんなに楽しいものか!と改めて実感し、みんなで練習して心を一つにしステージで歌う、という行為の素晴らしさ、幸せ感に身にしみて嬉しさが爆発しました。音楽は素晴らしい!!
昨日はShoofiesも「ふるさと」を歌い、また故・松本英彦さんの奥様佳子さんも歌い、クラリネットの菅野さんも来てくれて、そして最後には庄野真代さんが歌ってくれました。とても盛り上がって素晴らしい今年最後の音倉セッションでした。
[PR]

by imamusic | 2013-12-05 11:47 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)