<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

平和への想いを音楽に託して「第6回ハートフルコンサート」(9/14上用賀アートホール)を開催します。   

今年も9月がやってきました。
恒例になった「ハートフルコンサート」を今年もやります。天気も上々のようです。
明後日土曜日、お時間がありましたら気軽に遊びに来てください。
d0135567_0381242.jpg


9月14日(土)13:00~19:30 上用賀アートホール
平和への想いを音楽に託して「ハートフルコンサート2013」

◆自由・平等・参加しやすい(自由にコンサートが開催できて、どんなジャンルの音楽もどんな人も平等に参加でき、入場無料)、ひとりひとりの声が届く「草の根コンサート」で出会いが生まれ心に希望の種が芽生える音楽は「平和の大使」・・・ハートフルコンサートは庄野真代さんが代表を治める「セプテンバーコンサートJP」のこの理念に共感し2008年開始しました。

◆今年は、東日本大震災の犠牲者に黙祷に続き、平和を祈るだけでなく、間接的に未来の平和に繋がり個人単位の生活の中で出来る事のひとつ、環境への配慮への取り組みを、演奏の合間に紹介します。

下はチラシ・ポスターです。

d0135567_0231684.jpg


<プログラム>
興味ある番組、予定がついて行ける時間帯、知り合いが出ているので見たい番組、などお好みに合わせてどうぞ遊びに来てください。残暑厳しそうなので、クールシェアで長時間音楽や会話を愉しみながら土曜日の一日を過ごしてみたい人もどうぞ!
入場無料です。飲食持込可、差し入れ大歓迎。多少ですが飲み物とスナックを用意しています。

13:00~被災地へ黙祷、環境問題のスライド投影・解説No.1

13:10~三河尻晴美(声楽) ピアノ伴奏/吉良真弓
1.ウィーンわが夢の街 2.タイム・トゥ・セイ・グッバイ 3.オペラ「椿姫」より"乾杯の歌"

13:40~Shoofies(ジャズコーラス)ちかまつとも、松本玲子、須田千鶴子、三枝美穂、志村実枝子、杉本俟子(ピアノ伴奏&歌・今村直子)
1.ふるさと 2.りんごの木の下で 3.ムーンリバー 4.ワンワンワルツ 5.二人でお茶を 6.聖者が街にやってくる

14:00~グレース・シンガーズ・・・河村裕理、(メゾ)岩佐めぐみ、(アルト)丹野満佐子、+(ハーピスト・友情出演)田宮和枝
1.アレルヤ(「サウンドオブミュージック」より) 2.主の臨在~たたえよ栄光の神 3.I Know That My Savior Loves Me 4.Greensleeves(ハープ独奏にて) 5.主の祈り

14:15~大分上野丘高校OB有志「大分県立大分上野丘高校校歌」

14:20~鈴木俊夫(Piano)1、月の光(ドビュッシー) 2、渚のアデリータ(クレーダーマン) 3、バイエル90番ジャズバージョン with 山梨献(タップダンス)

14:35~末永想太(piano) 1.愛の夢(リスト) 2.月の光(ドビュッシー) 3.華麗なる大円舞曲(ショパン)
14:50~島田康子 1.里の夢~記憶の水の輪~ (作曲/島田康子) 2.郵便馬車 (作曲/島田康子)

15:00~乃村アキオ(Vocal & Piano)ピアノポップロック。Ben Foldsのコピー弾き語り。

15:15~トミー山田(ウクレレ・歌)1.洒落男 2.ルンペン節 3.僕は特急の機関士で

15:30~★環境問題トーク・投影No.2

15:50~ハートフル合唱隊 <ソプラノ> 飯田ふみ、 河村裕理、 杉本挨子、 東 優夏、 宮田朋子、飯塚香屋子 <アルト> 吉良真弓、 丹野満佐子、 徳野智子、 橋本美由紀 <テノール> 岡本利晴、 後藤芳徳 <バス>小高邦夫、 皆川幸治 <ピアノ・指揮> 今村直子
1. あの素晴らしい愛をもう一度 2. 朧月夜 3. この道 4. 今年夏天 5. 花は咲く

16:10~松本和茂(なごみ笛裸足の楽団)
・今年夏天(なごみ笛、オカリナ)・傘がない(作詞/作曲/歌 井上 揚水)・わかって下さい(作詞/作曲/歌 因幡 晃)・ホームにて(作詞/作曲/歌 中島みゆき)・アメージンググレース (香風、ブルースパープ)・ありがとうの歌(作詞/作曲/歌 五井 友一)

16:30~天野音吉(Vocal & Guitar)
1.夕暮れ時はさびしそう 2.夕日を浴びて 3.生まれ来る子供たちのために

16:50~飛び入りタイム

17:20~★環境問題トーク

17:30~いまむら直子Duo・・・いまむら直子(Vocal & Piano)山村隆一(Bass)
1.Superstar(Leon Russell/Bonnie Bramlett)
2.My Ideal(Leo Robin/Richard A. Whiting & Newell Chase)
3.Fly Me To The Moon(Bart Howard)
4.A Brossom Fell(Howard Barnes, Harold Cornelius, Dominic John)
5.'s Wonderful(Ira Gershwin/George Gershwin)

18:00~麺's CLUB featuring 山川こうたろう・・・麺鉄音(G&Cho)山川こうたろう(G&Vo)河野智行(Perc&Cho)
1.言葉に聴こえた風の街・・・鵠沼海岸 2.木蘭の涙 3.花びらを見つめて 4.歩(あゆみ) 5.そしてまた始まる

18:30~世田谷・インストルメンタル・ツアーズ46
植松恵一(クラリネット・サックス)塚本賢治(トロンボーン)清水信夫(ギター)石橋恒夫(ギター)村井省樹(ドラム)松永茂樹(打楽器)遊佐ゆかり(打楽器)
1.The Sunny Side Of The Street(Jimmy McHugh)
2.Star Dust(Hoagy Carmichael)
3.Besame Mucho(Consuelo Velazquez)
4.Amapola(ホセ・ラカジェ)
5.霧のカレリア(Traditional)
6.鈴懸けの路(灰田有紀彦)
7.Solamente Una Vez(Agustin Lala)
8.Can't Give You Anything(Pereti Hugo)

19:00~クール&ホットジャズバンド
高相徹(tp.)菅野天津男(cl.)加治雅也(tb.)いまむら直子(piano)田頭京一郎(bj)小出芳明(drums)優(vo) [特別参加]山村隆一(bass)
1.Boubon Street Parade
2.Jazz My Blues
3.Basin Street Blues
4.I’m Gonna sit right down and write myself a letter(Vo.)
5.Do you know what it means to miss New Orleans(Vo.)
6.The World Is Wating For The Sun Rise
7.Baby Won't You Prease Come Home
8.At The Jazz Band Ball

19:30 終演予定

下は、過去のハートフルコンサートの写真抜粋です。

d0135567_0362938.jpg

[PR]

by imamusic | 2013-09-13 00:46 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(3)

秋は来るもんなんだね・・・今夜は涼しい・・・過ぎた夏の想い出・・・   

どうやら、今年の夏もきちんと終わってくれたようです。今晩は冷房も扇風機もいらない。涼しくて気持がいい。むしろ身体が冷えそうで、2ヶ月ぶりくらいにシャワーでなく湯船にお湯を張り入った。ぬるいお風呂に自宅でゆっくり入いれるというのが幸せ~な感じだった。
0時を過ぎて網戸にして窓を開けていると、虫の合唱が聴こえる。秋が来た。

記録的な猛暑の夏でした。四国では気温41度もあったという。あんなに皆で心を合わせて「節電」をしていた一昨年や去年の夏が嘘のように、お上が何も言わなくなって、死にそうに暑かった今年の夏は存分に冷房のお世話になって乗り切った。

でも、この異常気象、今年がたまたま異常なのではなく、長期的には地球温暖化のせいだとTVが言っていた。しかし、井上揚水の「傘がない」じゃないけど、社会問題と個人の生活がどうもリンクしない。まさか、すぐに人類がそして私や友人達や家族達が困る事はないだろ。

ん?でも……。

3.11とその後は、「傘がない」なんて言ってられないんだぞ実際は、という事に気付かせてくれてる(いや、それでもやはり「君の住む街に行く」事の方が、大切なのかも)。
しかし、今や情報も、歌詞に出てくるようなTVと新聞だけじゃない…。もう、1970年じゃないんだ。あの鉄腕アトムの誕生日は2003年、とっくに過ぎてるし…。

何かが…とっくに過ぎてしまっている。ライブ感というか臨場感というか、「今」「ここで」という「時」と共に居る実体感が、ますます失われていっているような気がする。特に、この東京では。

何を大切にしたら幸せになれるんだろう?なんとなく幸せでなくはない今、それが永遠に続くとは思えない今年の異常気象、生きている内に何かが起こるんじゃ…?


心を澄ますと、地球の声が聴こえてくる。「平和!平和!」と叫ぶんじゃなく、この世に生かされている自分を認識して、生かしてくれているものを大切にしたい。心静かに確実に、個人で出来る事を個人の判断で行動に起こし、判断の力を人との絆から学びたい。

地球温暖化、と言っても本当に実体感が無い。しかし今年の猛暑や雷雨は身に沁みて危機感を感じた。一人ひとりの生活の仕方が救済への道を開くと言われている。

9/14(土)の「ハートフルコンサート」は、それがテーマなんだ。
d0135567_1413936.jpg


しかし、新聞やTVやインターネットとは関係ない生活をしていて、私の疑問など無意味なほどの生き方をしている人達が居る。そういう、日本の山々の奥で生活をしている人達。

7月には北海道の道東に行き、釧路湿原の中にある家屋を見た。
d0135567_1535769.jpg

8月は長野県の最北、野尻湖の湖の奥の集落を見た。
d0135567_203720.jpg


そんな中でピアノ弾き語りの小さなライブの場をたくさんセットしてもらった。人との心のふれあいがたまらない。
d0135567_295870.jpg

苫小牧東病院
d0135567_2101310.jpg

苫小牧信用金庫とましんホール
d0135567_2142464.jpg

野尻湖舟小屋

因みに、野尻湖も北海道も、冷房というものが宿泊したところには無かった。扇風機だけ置いてあるけどそれも使わなかった。日が沈めば24時間営業の店の灯りも無く、真っ暗かといえば満点の星々と月の灯りで魅力的な光に包まれる。

この夏もまた、自然の地で多くを学んだ。
[PR]

by imamusic | 2013-09-07 02:11 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)