<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

ありがとう!人生の要の「還暦ライブ」無事終了!満員御礼!   

5/19(土)還暦パーティライブは幸せだった。
身近な人達、私の大好きな人達がたくさん集まってくれました。筒井さんのトランペットの音色が絶品で、宮崎さんは病から完全復帰の素晴らしいベース。ベテランお兄さんミュージシャン達の優しいサポートで私は心が開き、絶大の信頼感の上で泳がせていただきました。このトリオが、私にはベストかもしれない。何より、筒井さんの深い理解力が気持ちいい。私の意図するものを受け止めてくれる。その安心感は変えがく貴重だ。翌日、そして次の日、会う人ごとに筒井さんの演奏に感動したとまず言われた。幸せな幸せな演奏気分だった。そしてたくさんの心温まる祝福を身にしみて実感した。私一人だけこんな還暦祝いを受けていいのかしら?と思うくらい、幸せすぎるライブパーティーでした。
観客できていた垂井さんの撮影した写真をお借りしました。こんな感じです。
d0135567_233558.jpg
d0135567_385722.jpg
d0135567_23532100.jpg
d0135567_2364598.jpg
d0135567_30558.jpg
d0135567_237473.jpg
d0135567_2371795.jpg
d0135567_3103769.jpg
d0135567_3114611.jpg
d0135567_2374728.jpg
d0135567_238741.jpg

誕生日当日、ふっと湧いて作った新曲ボサノバシャンソン「あるがまま」を初披露しました。筒井さんは私のオリジナル曲をいつも褒めてくれますが、この「あるがまま」はとてもいいと言ってくれました。イントロや間奏にトランペットのメロディを書きましたが素晴らしい演奏でした。録音にぜひ参加してもらいたいものです。
この「あるがまま」が作れたことが、今回の還暦バースデイコンサートでの私にとっての一番の収穫だったと思っています。シンプルで何気ないけど、全て言い得ていて、この気持ちを刻印しておきたいと思う。

「あるがまま」作詞作曲歌ピアノ:いまむら直子 2012.5.17

あるがまま ある日生まれて
ある日気づいた 私はオンナ
男と女 シャバダバダバ
ある日出会って ある日別れる

あるがまま ママになって
ママゴトをして それもおしまい
しまっておいた 光る指先
出会い求めて ピアノを弾く

あるがまま 歩きたくて
空を見上げる 風が囁く
“そのままでいい シャバダバダバ”
歩いていくよ 君と共に
ルルルルルルー ルルルルルルルー
歩いていく 君と共に 君と共に 君と共に
[PR]

by imamusic | 2012-05-22 02:09 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

明日は東京倶楽部でバースデイコンサートです。   

いよいよバースデイコンサート明日に控えて(今日は今からデキシーショーケースのライブにピアノ担当ででかけますが…)、いつになく緊張しています。
何故緊張してるのかな〜?そうやっぱりね、ケジメのライブ、知らない場所、っていうのもあるけれど、久しぶりのbass宮崎さんとtp筒井さんの為に曲目をちゃんと決めて、楽譜を揃えとかなきゃいけない、それをまだ全然やってない、なのに新曲も出来ちゃったりして…と、この準備出来てない不安さが緊張に繋がってるんだね、きっと。二人とも先輩ですしね。まあ年齢には関係ないんだけど、しょっちゅう一緒にやっているbass山村さんだけが相手だったら、年齢的には後輩だし(腕はあっちが上かな?)もうちょっと、まあどうにかなるだろー、て気持ちですけど…。ま、いっか。なんとかしよう!

明日、5/19(土)水道橋の「東京倶楽部」にてビュッフェディナー・フリードリンク付きの貸切でやります。体調崩しキャンセルも出たりしたのでまだ空席いくつかあります。もしお時間ありましたら是非おいでください。会費は5,000円です(連絡くださいね〜)。

■アクセス=JR水道橋駅東口を出て右へ歩きます。水色の歩道橋の先の信号を左へ渡り「天狗」の右側の通りを入ります。突き当たりの線路沿道を右へ、急な坂を上ります。レンガ色のマンション「駿河台ハイツ」先のレンガ色のビル入り口右下地下です。看板あり。駅東口改札から徒歩5〜6分。

開場は19:00。

■プログラム予定

1st.Stage 19:30〜20:00
スタンダードナンバーや映画音楽をお楽しみ下さい。筒井さんのトランペットの映画音楽は素晴らしいです。的確なベテランベーシスト宮崎さんの演奏も期待してください、芸術的風貌も。私も彼らの演奏に酔いながら弾き歌います。

2nd.Stage 20:30〜21:00
オリジナル曲や日本語の心温まる歌、ドラマティックな歌を中心にお送りします。これが「いまむら直子の世界」という気持ちです。

3rd.Stage 21:30〜22:00
観客の皆様との音楽交流をします。ここ数年の音楽活動で見出した私の中での新しい価値観から、いわゆるセッションと呼ばれるものを「勉強会」でなしに、誰もが本来持っている音楽の楽しみを共有し生きて行きたいと思っています。貸切だからこそ出来る。「東京倶楽部」を楽しみ尽くしましょう。
[PR]

by imamusic | 2012-05-18 18:12 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

明日のライブ会場:水道橋「東京倶楽部」への道順です。坂がある。   

明日は私のバースデイコンサートです。40名定員で現在35~37名集まり、自分企画で貸切ゆえホッと一息ついているところ。
お客様には年配者が多く、1ヶ月ほど前、道順を確かめに歩いてみました。最寄り駅はJR水道橋駅。御茶ノ水や神保町も近いと聞いたけど、歩いてみるとやっぱりちょっと遠い。また、東京倶楽部のホームページには水道橋駅より徒歩3分と書いてあったけど、私の足で普通に歩いて改札から会場まで5分半はかかりました。

写真を撮ったので参考にしてください。

JR水道橋「東口」というのがまずややこしい。ホームの御茶ノ水方面の一番おしまいのところです。高架下の小さな出口。
d0135567_1225453.jpg


改札を出て右を見ると、水色の陸橋が見える。この陸橋を使って目の前の道を渡り線路沿いに歩くと急な坂道になってすぐ右側にあるのが「東京倶楽部」。しかしこの陸橋を登るのはウンザリ。そこで。
d0135567_1220199.jpg



東口を出て右に行き駅のすぐ近くの信号をまず渡り、水色の陸橋を左手に見ながら無視して歩いていくと数十メートル先あたりに信号があります。
d0135567_12202350.jpg


ここをわたってみましょう。渡った先が「天狗」という店。その右側にある広めの路地を入ります。
d0135567_12203941.jpg


すると、さっき見えた線路沿いの道に出ます。坂道になっている右側へ登ります。
d0135567_12211487.jpg


線路と反対の右側をチェックしながら歩くとレンガ色のマンションがある。これ。
d0135567_12255366.jpg


その先にあるレンガ色のビル、これです。
d0135567_1226710.jpg


左側はちょうど線路の敷地内に出入りする黒い門がある。
d0135567_12262426.jpg


その右側です。近づくと「東京倶楽部」の看板が見えますが水道橋方面から来ると入り口が反対を向いているので見逃しやすい。意外に小さな入り口です。
d0135567_12264766.jpg


夕方日が落ちると看板に電気が入ります。
d0135567_1227153.jpg


お客様たち、道に迷うのが得意な人、これで来れるかな?もっとも、年配のジャズ好きは「東京倶楽部?懐かしいなぁ、ずっと行ってないけど以前はよく行ったんだ」という人が多いです。私は、初めて。

■ ♪ ■座席はあと数席残っています。興味があったらぜひご連絡下さい。予約制です。
[PR]

by imamusic | 2012-05-18 11:46 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(4)

メルマガ5/9号を発行しました。転載します。   

怒涛のお天気のゴールデンウイークが終わりました。今月のメルマガをどうぞ!

<イベント情報>

■5/12(土)11:30~20:30新宿文化センター全館「新宿:春の楽しいジャズ祭り」に、デキシーショーケース出演(ピアノ=いまむら直子)19:50~20:30大ホールホワイエ1階、前売3000円申込先=ジャズ祭り事務局090-1430-5115(当日売は3500円)

■5/13(日)13:00~16:00麻布十番「コージーサークル」にてshoofies主催:東日本大震災支援「チャリティスマイル音楽会」。参加費1000円(経費以外は全額寄付)ジャズを中心に何でもありの 音楽セッションライブです。プロの演奏もあります。歌うもよし、聴くもよし、気軽にご参加ください。ホスト=デキシーショーケース、いまむら直子、他。港区麻布十番2-19-10桂ビル2F 電話03-3455-1988

■5/19(土)19:00~水道橋「東京倶楽部」いまむら直子ピアノ弾き語りバースデイコンサートパーティ(食事、フリードリンク付)共演=筒井政明tp,宮崎正秀bass。参加費5,000(要予約、40名様迄)千代田区神田駿河台2-11-16さいかちビルB1 電話03-3293-6056
アクセス=JR水道橋駅東口出て右へ歩く、水色の歩道橋の先の信号を左へ渡り「天狗」の右側の通りを入る、突き当たりの線路沿道を右へ坂登る。「駿河台ハイツ」先のレンガ色のビル入り口右下地下。看板あり。駅から徒歩5分、予約先電話090-7721-7050 メールimamusic@… Fax03-6745-1003

<いまむら発あれやこれや>

衣替えをしようかと冬物と初夏の衣類と入れ替えていたら、気温が上がったり下がったり奥にしまったセーターを、また引っ張り出していたら、今度は半ズボンを探すほど暑くなってきた。しかも、糖尿病対策でダイエットをしたので、ズボンがストンストンと落ちる。歩く間もないほど広がってしまった衣類.うんざりして嫌になってしまった連休だった。今日も、今また雨がパラパラと降ってきて、雷がゴロゴロなっている。自転車で下北沢まで行く予定を変更して電車で行かなければならない。なんだか変な天気だね。調子は狂うけど、まぁ元気なのがいい。気を取り直して、下北沢のライブハウスにセッションをしに行く。

あと10日後、私のバースデーコンサートが水道橋の東京倶楽部というライブハウスである。干支が一巡するこの年、自分の心のよりどころの場所、つまりそれは私にとって東京、そのど真ん中で、東京と名前のつくライブハウスで記念のコンサートができるのは、とても嬉しい。ありがたいことに定員40名のところ現在まで30名の予約があり、一人、また一人と、行けるようになったから行きますよ、と言うメールが入ってくる。記念のコンサート、私の足跡がどんな形で現れるか、力を抜いて皆さんと楽しくひとときを過ごしたい。
[PR]

by imamusic | 2012-05-10 17:16 | HOT CATメールマガジン | Trackback | Comments(0)

ハートフル合唱隊の練習日だ!   

今日の午後は下北沢でハートフル合唱隊と言うゆる~いコーラスの集いです。高校の同窓生、地域の主婦、そしてその友達、というような感じの、レベルも経験もまちまちな、音楽好が集まり、月に二回、世田谷区の公共施設で練習しています。今日は、下北沢区民集会所の、ピアノのある広いそして古い部屋です。
今やってる曲目は、ハレルヤ、アベマリア、大地讃頌、など。山の大尉、という山男達の定番の歌をイタリア語でやったり、私のオリジナル曲もあります。混声四部合唱で、学校時代に合唱部にいた人、ギターの弾き語りを楽しむ人、ピアノは弾けるけど歌はやったことのない人、など様々。発声などもあまりなく、コンクールに出るわけでもないので個人攻撃もありません。それでも、うまくハモった時は全員で自己満足し、合唱の素晴らしさを味わっています。合間にある休憩時間はお茶を飲んだりお菓子を食べたりのおしゃべりタイム、これがまた楽しい。
唯一ある発表の場、9月の初旬に毎年、上用賀アートホールで、ハートフルコンサートというのをやっています。これもユルユルのコンサートで、午後2時ごろから夜の8時か9時くらいまで、十組ぐらいの個人やグループがジャンルを超えて演奏し、ホールの椅子を取り払ってテーブルを出し飲食をしながら、アルコールもOKで、コンサートを楽しみます。その世話役も兼ねています。今年は9月8日の土曜日にやります。
コンサートの出演者、参加者、このコーラスの参加者、など、いつでも募集してますよ。
教える私もとっても気楽に楽しんでいる月に二回のオアシスの集い。

今日はその後、一旦帰宅し、そして赤羽ビーフラットという、カラオケの店で、ワンマン弾き語りライブ、今年の連休最終日です。あったかくなりました!いざ!
[PR]

by imamusic | 2012-05-06 11:06 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

「ジャズ大好き人間、ヤマモトです」という司会の自己紹介がもう聞けない。天国から見守ってください。   

d0135567_222459.jpg

昨日の夜、知らない電話番号からの着信音に受話器を取ると「ヤマモトヒロカズの妻です、主人は亡くなりました、今日お葬式があり帰宅したら(私の)5月のライブ案内ハガキがポストに入っていたのでお電話しました、いつも今村さんの話をしていて…」という女性の声に私は跳ね上がり「エエーッ!!ホントですか!!!」。

80才を越えてもお洒落でダンディーで優しく頭脳明瞭な、ジャズ大好きの、元ベーシストでもあり、大企業の優秀な海外赴任営業マンでもあった(現在は確か…国際経済ジャーナリスト、だった)山本博一さんが、突然亡くなった。あんなに元気でまだ現役で飛び回り、K大の後輩達の面倒見もよくあちこちのパーティーに顔を出してハッパをかけていたのに。

「なおさーん、来月の予定表早く送ってよー」といつも催促電話をかけてきてたので一番に郵送した。それが、月末に道路を渡ろうとして転び骨折した拍子に心筋梗塞を起こしてあっという間に還らぬ人となった、とのことなのだ。ここのところ海外出張が多く「ごめんねー、ライブに行けなくてー」とわざわざ電話をくれていたのに。

人との別れはこんな風に突然なんだな…不思議と悲しくはない。いつか私も含めて通る道…この年になると「仲間達はみんないずれあちらに行くんだ」と思える。ただ…とても寂しい。

もう、あのユニークジョーク交じりの名司会が聞けない。あの笑顔が見れない。あの歌声が聞けない。一緒にギャラリーの裏へ回って「なおこさーん、スモーキングタイム~」とタバコを燻らしあったっけ。年令の差や性別の差を感じさせない、多少不良人間同士の、意気の合う楽しい関係だった。それも二人とも糖尿病になって禁煙してしまったが、今年の2月に私が「定期健診でA1cが8.8になった」と落ち込んでいたら「8.8?それ、アウトだな、アハハハ」と大笑いされてしまったっけ。その後彼の多忙で会っていないがそろそろ聴きに来てくれるタイミングだった。こちらは頑張って体重を7kg減らし数値も大幅に戻った事を自慢したかった…。いつも、用賀「キンのツボ」ではピアノの前に陣取って熱心に聞いてくれ声をあげて応援し唱和し司会をしてくれたので、次回6月の「キンのツボ」ライブでは会いたかった。
d0135567_2362341.jpg


2005年夏、私は前年離婚で家を飛び出し、友人達の応援を得て新しく第二のリベンジの道をジャズピアノとボーカルの演奏家としてヨロヨロと歩み始めていた。友人の一人Sさんの紹介による川崎の知人の選挙のお手伝いを始めたのが縁で、選挙スタッフとして山本さんと知り合った。

私は、70年代にホテルラウンジでのアルバイトでやっていたジャズピアノ弾き語りの仕事を思い出し、選挙事務所兼ギャラリーでミニライブをやっていた。古きよき時代のジャズソングが多く「ジャズ大好き」と聴きに来た山本さんは長い海外赴任で日本の音楽シーン情報がポッカリ抜け落ちていて、ちょうど私のレパートリーがぴったりはまり歓喜してくれ、飛び入りで「枯葉」をフランス語と英語で歌ってくれた。本当に、小さな小さなこのイベントで私達は知り合った。
d0135567_1571513.jpg

(カーニバルカンパーニーの写真をお借りしました。)

その後、K大の同級生だというジャズ界の大御所たちに、こんな下手くそな私を次々と紹介をしてくれたり、幅広い人脈と積極的な行動で演奏の場を広げてくれた。
本格的なジャズトリオを組みたいとずっと思っていた私の希望を汲んで、2005年暮れ、ベーシストとドラマーを探しに一緒に厚木のライブハウスに偵察に行った。山本さんの「あのベーシストはいいよ」という一言で、宮崎正秀Bass、中屋博之Drumsという大ベテラン二名を私の初リーダートリオに迎えたのだ。

そのメンバーで2006年春から、いよいよ自己トリオの定期的なライブ活動が始まった。取り上げるテーマは山本さんの喜ぶ顔が見たくて「昭和ジャズ」にしたのだ。彼の笑顔や掛け声が励みになった。

この事が後の自分探しの音楽活動テーマにも役に立ち、そのまま研究していくと世界がどんどん開けていった。参宮橋、渋谷、小金井のライブハウスを経て青山と用賀のライブハウスの定期ライブに落ち着く。そのどれもに出来る限り毎回足を運んでくれた。私の挑戦や変化や細かいことにアドバイスをたくさんいただき、いつも頼んでもないのにライブの司会を自らかってでた。
用賀「キンのツボ」ライブの3ステージ目は「リクエストまたは飛び入り出演のお客さん参加をしたらどう?」と自ら客席を回って注文をもらい自身もよく歌った。この山本さんのアイデアが好評で、最後まで帰らず大盛況なライブに育っていった。一昨年作ったジャズコーラスShoofies達とも「On A Slowboat To China」をよく一緒に歌ってくれた。
d0135567_2515614.jpg

d0135567_2592043.jpg


私の離婚した元パートナーが重度アルコール依存症で亡くなった2007年暮れ、翌月のライブでそれを報告したら心の底から「大変だったねー」としんみり同情してくれたのには戦後のジャズマンの社会体験と心優しさを感じ、温かさに感謝しつつ癒された。また私がやってる平和コンサートには長時間付き合ってくれ、一日中司会もしてくれた。
d0135567_374964.jpg

また、同年輩のジャズ好きの人達にも一人ひとり丁寧に応対し楽しく優しかった。
d0135567_3135182.jpg
d0135567_3141358.jpg


東日本大震災後、5月からやり始めたチャリティーライブにもよく足を運んでくれ自慢の「枯葉」や盟友大橋節夫さんの曲などを歌ってくれた。
d0135567_2163771.jpg

d0135567_322255.jpg
d0135567_3221789.jpg


こうやって写真を並べてみると2005年の出会いから2012年までの約7年間…本当に長い間お世話になった。私の第二の人生の恩人である。写真には残っていない数々の思い出がたくさんある。
せめて、写真を並べて時々眺めては思い出そう。山本さん、ありがとうございました。

(写真は例によってTさんのmixiアルバムからお借りしました。)
[PR]

by imamusic | 2012-05-05 03:42 | Trackback | Comments(4)

5/19(土)夜、布石のバースデイライブをします!   

五月になりました。私の誕生月、誕生石はエメラルド。星座は牡牛座。血液型はO型。干支は、、、壬辰!!

人生が一巡した。これからまだ出来る事がある。どう生きよう?

5/19(土)に、生き様のひとつである音楽ライブで、歌って弾いてしゃべって交流して、楽しむ会を企画した。詳細はここに記した。

いまむら直子の「Swing Sweet Sixty Live Party」だ。

今までの私から、今月の私、そして今、私と繋がっている全ての命とこれからの私へ。

友人や応援団、音楽仲間達にまず案内をしたら、定員40名があっというまに半分以上の予約を受け、嬉しい限り!現時点であと残席17です。私の知人の皆様、お時間があったらぜひ、予約メールか電話をください。お待ちしています。
d0135567_13542766.jpg

[PR]

by imamusic | 2012-05-02 13:54 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)