<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

雪が朝から降っている、自転車サドルに、犬小屋の屋根に、猫の通り道の塀に、、、すべるなよ   

朝起きて窓を開けたら、銀世界。パラパラと昼も降り続いています。
今日は自宅に生徒さんが二名来るので、滑らないように玄関までの道をシャベルで雪かきしました。
雪かき、と言っても数センチ。それでもタイル敷きの玄関までの道は、すべるすべる。
長靴でもツルンツルン。犬も珍しい雪の感触に、庭を歩き回っていたけど、この道では、滑っていました。生徒さんが滑らないといいけど。
d0135567_1246235.jpg

猫の道も、、、危ないなぁ。まあ猫だから。
d0135567_1247975.jpg

最近は大きくなりすぎて使わない犬小屋の屋根の上も。
d0135567_12483186.jpg

自転車のサドルの上はものすごい高さ!15cmあるかな?
d0135567_12493466.jpg

d0135567_12504889.jpg
d0135567_1251130.jpg

[PR]

by imamusic | 2012-02-29 12:51 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

3つのライブの私的成功   

年が明けて6週間が過ぎましたね。ようやく「今年」に馴染んできた頃でしょうか?
この季節は入試がある、ということが、桜の季節の少し手前のハードル、という感じで、誰しもあの苦しい季節を通った記憶を持つ大人達が、現役たちをそっと見守るような季節でもあります。

それにしても今年は、震災の影響の上に豪雪があり、大変な年明けの一ヶ月半になりました。
お天気はまだ油断できないけれど、一つ目の山は越えたのかな?

私自身は1月の定期健診結果が悪くて落ち込み、しばらくどうしていいかわからず自閉していました。しかし、時が解決してくれたのか、最後の二週間で思いがけず「光」が見えてきました。



「光」の具体的な現象が、1/29青山Zimagineライブと、2/8用賀キンのツボライブ、そして2/12チャリティー・スマイル音楽会の成功です。
それぞれに違う意味があり、私にはそれぞれ大切な意味です。

1/29の筒井政明さん(トランペット)と山村隆一さん(ベース)との共演は、ピアノの横に用意していたシンセサイザーを結局使わなかった、というところに答えがありました。
d0135567_3181242.jpg

人間の演奏や存在感、聴き合う心などはシンセサイザーよりずっと面白い、と実感した事は私には大きな再認識でした。それほど競演の二人が優れていたのでしょう。面白くて素晴らしい音楽表現をするのに頼りにしているシンセサイザーなんか、人間の面白さに比べたらどうでもいいことだ、と割り切れるようになったのです、この日。ひとつの迷いが今後は無くなる、という事は収穫でした。トップクラスの演奏家の納得のいく音楽の営み、そこに私もいる幸せと安心感。自分の心に集中できる演奏の場として成立していました。演奏家というものは孤独であり自己との闘いがあり気を抜けば落ちていってしまう。それと裏腹のハイレベルな意識。孤独であっても、こういう世界が好き。

2/8のは、打って変わって、お客様たちとの一体感の音楽の和でした。ここでは青山と同じ様な演奏は出来ません。客席は飲食と会談の場。それでもその状況での音楽の聴き方があり、それなりの演奏の仕方がある。じっくりと耳を傾けるような曲になると音が止んですごいエネルギーの集中を客席から感じ、ノリの良い曲への反応の波は掛け声や手拍子も入りハンパじゃない。
d0135567_3433633.jpg

音楽と酒とどっちがメイン?というところもあるけどそれが両立している世界で、自分がやっている音楽が人の和や輪を繋いでいくのが嬉しい。役に立っていること、また応援してくれる心遣いに生き甲斐を感じます。

2/12のは上記二つに比べて私自身の演奏はグループの中の一つの要素としての存在。多人数の中でしか味わえない演奏の醍醐味があり、切磋琢磨し影響しあうのは本当に楽しい。この楽しさをみんなで共有し、人々のネットワークが広がっていくのが素晴らしい。
d0135567_4252875.jpg

東北大震災復興支援という目的の為、協力者や観客みんなで心を一つに出来る。指導しているShoofiesの皆さんに主催という形でやってもらっていますが、彼女達のお世話と温かいコーラスが素晴らしい。これも生き甲斐。

ライブをやると、色々なものがハッキリ見えてきます。悶々としていた前半3週間、それでも色々試し、もがきました。これでいいのだろうか?と思いながらも続けたことが実を結び、この3つのライブの私的成功でようやく自信がつきました。

いつも応援してくれる方々。ここまで読んでくれていたら、今、とてもあなたに感謝している、と伝えたい。
[PR]

by imamusic | 2012-02-13 04:07 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(7)

とうにょうびょう記ソノ4(食べちゃった・・・)   

ソノ2で書いたように、間違ってダイエット食に挑戦してしまった。
とにかくそのスープさえ飲んでればいいわけで、とても簡単。
一度やってしまうと癖になり、以後、「まちがえたー」と思っても続いてる。一週間。
その間、なんだかダメと言われたようで、ご飯やパンを食べていない。

これでなんと!2日間で2kg体重が減った。元々太りすぎていて苦しかったのでちょうど良かった。
お腹がすっとして気持ちよく、動きが活発になった。少しずつそれにささみ肉や納豆やお蕎麦などを追加してみた。

昨日のチャリティーライブでは、世話人のShoofiesがお菓子をお客様に用意するのだが、私にはそっと野菜ジュースと「我慢しない!ダイエットビスケット」というのを買ってきてくれた。さすが主婦!久しぶりに食べるビスケットが、美味しかった~。

しかし、ライブが進むうち、とても親切な(すぎる)人から「先生、お腹すいてるみたい」と回ってきた太巻き寿司とお稲荷さん!!キャー!!しかし人の好意は無に出来ない。ちょっと無礼講で、、、食べちゃった!久しぶりの白米!

ま、今日はいいか。人の和をまずは優先しなきゃな。・・・そしてライブ終了後、軽く近くのスタンドバーで恒例の打ち上げ。ここではコーラ。あいや、誰かに勧められビールも飲んだ。更に二軒目。バンドのリーダーが「中華に行くぞ!」と。ここで少し坦々麺、焼きそば、餃子。みんな少しずつ。
まっいっか今日は。

しかしこの食い癖というのは恐ろしい。自宅近くの最寄り駅に降りたらついスーパーへ入った。が、スーパーの中の食品を眺めて歩いたが70%は食べてはいけないものばかり!どら焼きもラーメンもおせんべいも!あーなんだか昨日までの世界は別の惑星だった気がする・・・。ふと「お菓子よりナッツ類やチーズを食べよ」と糖尿病の本に書いてあったのを思い出しナッツとチーズを買って帰る。そして・・・全部いっぺんに食べてしまった!!いやホント、我ながら・・・。なんというか・・・。
[PR]

by imamusic | 2012-02-13 02:30 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(4)

とうにょうびょう記ソノ3(保険のはなし)   

ところで、糖尿病、と定期健診で言われてから、もう随分長い。
この10年の間に定期健診をしなかった年もあり、引越しも何度かしたので病院も変わっている。
その途中で離婚をしたり財産が無くなったりと災難が続き、国民保険だけでは心配なので、万が一の為に医療保険に入った。その支出は収入が激減した今の私には大きな負担だが、仕方がない。何かあれば息子達が結局負担することになる手順だから、その前に保険でまかないたい、と思って入っている。

しかしその契約書に記入する既存の病気の告知には糖尿病のことは書かなかった。
保険に入って一度も利用することなく5年がすでに過ぎた。
ここで「告知してなかった」と通達すると、どうなるのだろうか?
この問題はどこに相談すれば一番良いのだろうか?

時々そのことが頭をかすめつつ、野放しにしている。
きっとこういう人は多いんじゃなかろうか・・・?

飛んで火に入る夏の虫、の気がするけど、その保険会社に全てを話して解約してもらい、最近出た糖尿病でもOKな保険にでも入ろうか?

保険の規約は文章が多すぎてうんざりで読む気がしないが、ほっとくわけにもいかない・・・。
[PR]

by imamusic | 2012-02-13 01:49 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(2)

今日午後は第10回「チャリティ・スマイル音楽会」in麻布十番「コージーサークル」   

東京は、さわやかな冬晴れの朝です!
今日はこれから月に一度の主催チャリティーセッションに行きます。
率いるShoofiesのメンバーと共にやり始めましたが、アマ・プロ問わず、皆さん参加費(募金)の1000円持参で集まってくれ、クオリティ高くて温かい素敵な会に発展しています。
私は、司会、ピアノ伴奏を担当しますが、鋭気を養うため、昨夜は早めに寝ました。
朝起きて窓を開けたら快晴!こんな気持ちの良い朝を迎えられて幸せです。

d0135567_10393627.jpg

この活動のオリジナルロゴです。小学校時代の同級生、栗林孝之君の製作で無償提供によるもの。いつもありがとう!!

チャリティー・スマイル音楽会の詳細はこちら。
http://justgiving.jp/c/6219

<その頁より抜粋>

「私達Shoofies(女性ジャズコーラス)は、『Civic Force』を通じて東日本大震災の復興支援への寄付を集めるために「チャリティー・スマイル音楽会」を開催します。
長期サポートしていく為には「いつまでも忘れない」「自分達が元気で」「心に笑顔を」「出来る事をする」という事が大切と思い、音楽愛好家が心と腕を持ち寄って集まりセッションしたり情報交換をする場を作りました。この活動による自分達の音楽の成長も期待します。」


<チャリティースマイル新聞No.9より抜粋>
(毎回会場にて参加者に、寄付したお金がどう使われているかを知らせるため、Civic Forceの最新活動レポートと、協力プロミュージシャン達のを活動紹介などを書いた新聞をお渡ししています。最初は私が編集製作していましたが、多忙にて去年夏1回分発行できませんでした。だから、開催回数番号より1つ少ない数字の発行ナンバー数字になっています・・・。最近は後輩のはららさんが頑張って作ってくれていますが、さすがに物書きが職業なだけあって、痒いところに手が届く。ツーカーです。情報文の前の、はらら目線の一文が、いつも素晴らしい。今日発行の新聞の一文を紹介します。

「震災から11ヶ月が経ちました。ここに来て、また地震が増えています。私達の記憶が風化することを自然が怒っているような気すらします。
 全てを覚えていたら人は生きていけないと誰かが言っていましたが、人として忘れてはならないこと、伝えなくてはならないことは、確かにあると思います。
前回、寄付先のCIVIC FORCEの特集をお送りしました。
今回は、CIVIC FORCEの10ヶ月目の活動報告(4p)と、Shoofiesが使っているJustGivingについてレポートしています。小さい字で恐縮ですが、是非、目を通して下さい。
 音楽を通して、言葉にしなくても思いを伝え感じることが出来ることの凄さと喜びを感じる会として続けてこれたことを心から感謝します。また、これからも続けていけるよう、一層のご支援いただければ幸いです。
 来月、皆様とまたここに集えることが出来ますように。」

はららこと原田佳夏はこちら。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~hararara/
(4pの活動報告PDFはここ。)


そして、来月開催日は・・・(毎月第二日曜日、と決めていますので・・・!)3/11です。
毎回お世話になっている会場「コージーサークル」はここ。

13:00~16:00の間、今日もやっています。14:46にはセッションを止めて黙祷をしています。その日の参加者から相応しい人を選んで短いソロ演奏をしてもらいながら。過去には、トランペーッター下間哲さん、ドラマー山本いさむさん、ベーシストのお孫さん(10才)と日本のアマチュアハワイアンバンド自称最高齢の中村さんとのボーカルデュオ、Shoofiesのアカペラコーラス、65才からSaxを始めた大西正則さん・・・などなど。今日は誰が来るでしょうか?終演後はバンドの皆さん達とすぐ近くの「麻布Shot Bar」で1時間ぐらい懇親会の流れ。

途中参加も歓迎です。お時間ありましたら遊びに来てください。
[PR]

by imamusic | 2012-02-12 10:28 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

明日は用賀キンのツボLIVEです!   

お待たせしました。2/8(水)は、今年初の用賀キンのツボLIVEです。昭和ジャズやシャンソンなど、歌とピアノとおしゃべりで、楽しいひとときをお送りします。

お時間がありましたら是非遊びに来て下さい。

いつもの通り、bass山村隆一さんも参加してのデュオでのピアノ弾き語りです。

19:30/20:30/21:30の三回ステージ。三回目は飛び入り歓迎です。

開店は18時、LIVE前の時間帯は飲み物格安のハッピーアワーです。

人気の焼き鳥の他、最近はおでんもあるようです。ミュージックチャージは1500円。

ホットなLIVEをどうぞ!
[PR]

by imamusic | 2012-02-07 00:58 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(1)

とうにょうびょう記ソノ2(最初からつまずいた)   

「はつらつ元気」という健康雑誌2月号の背表紙におどる文字

糖尿病は「食べれば治る!!」

・・・何を食べたらいいのか、朝起きたとたんに、食事をするのが血糖値をあげそうで、気分的に拒食症になりかかっていた。そしてどんどん、ストーブの前に座り込んだまま、気力が無くなっていった・・・そんな日々が少し続き、これは知識が無いからだとふと気付いて、近所の小さな本屋を探した。

とりあえず、目に付いたこの雑誌。おお、色々と載っている。目からうろこで気分が軽くなった。
そして昨日から、実践し始めた、「7日間コースの食事療法」。

主菜にするのは、脂肪燃焼スープ。
トマト、セロリ、ピーマン、たまねぎ、キャベツを、コンソメスープで煮込む、コレが脂肪燃焼スープ。とにかくこれを三食食べてればいい、と。間食も小腹がすいたらこのスープを飲んだり、ストレート珈琲や紅茶や緑茶を飲めばいい、と。ふむふむ。簡単簡単。

1日目、スープと果物。バナナとか糖質の多い果物はダメ。
2日目、スープと野菜。かぼちゃや豆類など糖質の多いのはダメ。
・・・こうやって、7日目までに少しずつたんぱく質系や炭水化物が出てくる。

スーパーに食材を買いに行き、真面目にやって二日間。

・・・ふと雑誌を読み直してみて、驚愕の発見!!この7日間コースの食事は、「糖尿病は食べれば治る!!大特集」のページの前にある巻頭カラー特集の「やせるためのダイエット食」だった!!!



な、なんと間抜けな!



また振り出しに戻った。
[PR]

by imamusic | 2012-02-07 00:34 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(4)

とうにょうびょう記ソノ1(初の投薬で慌てる)   

2012年1月、区の定期健診結果で初めて血糖値が201、ヘモグロビンA1Cが8.8という危険数値に達しました。糖尿病の烙印は以前からありましたが、どうも危険区域に入ってきたようで、生活改善をする決意をしました。

今日から、私の糖尿病生活改善記録をブログに残し目安にしたいと思い「糖尿病とのお付き合い」というカテゴリーを増やしました(続くかな~?)。


年が明けて、さて今年はsweet sixty(つまり還暦っちゅうことですわ)、、、バリバリやっていこう!と気合いが入ったつもりでしたが、頭の中の計画に身体の反応がいつになく鈍い。

年明けにあり、健診してもらった近くの病院に行ったら、数値が今までになく高い。

まあそれは了解して、30年来かかりつけの信頼するドクターのところに生活の仕方を相談しに行こう、と思いました。問診による私の生活タイプのドクターの認識や、投薬履歴やアレルギーチェックのカルテがあり安心です。息子達もここで様々な小さな発見から大病院への紹介を受けたりとネットワークもしっかりしている事、お孫さんが私のピアノ教室に通っていた事、なども何かあったらそのドクターに、という気持ちがあります。

しかし定期健診だけは、多忙な為、行きそびれないように近所の総合病院を選んでいたのでした。

ちょうど、大晦日の大掃除で片付けてなかった超大型犬用室内ゲージが、年明け初レッスンの日に慌てて片付けた時くるぶしの上に倒れ、怪我した傷が治らず化膿していたので、検診結果を聞きに言ったついでに、同病院の外科の診察を受けました。
すると、傷の治療と一緒に糖尿病の薬も必要、と外科医に処方されてしまいました。糖尿病で薬が出たのは初めて。帰宅し飲んだら急に目が充血し慌ててやめました。それが原因かどうかわかりませんが。

薬やインスリン注射はとてもとても拒否感があります、今のところ。
色々調べるうち、年の初めに気合だけ入っても身体が動かず倦怠感があったのが糖尿病の症状に当てはまり、改善策も知らず落ち込みましたが、ふと本屋で見つけた糖尿病の本を買い、食事療法を昨日から開始しました。
[PR]

by imamusic | 2012-02-06 11:23 | 糖尿病とのお付き合い | Trackback | Comments(2)