<   2011年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

コラボレーションの良し悪し・・・主婦劇団FMC公演「かもめ山ストーリー」   

2/9下北沢タウンホールで行われた主婦劇団FMC公演「かもめ山ストーリー」の舞台写真(click!)がアップされました。
http://www.geocities.co.jp/fmclove/kamomeyamafhoto.htm
相変わらずここ数年の舞台写真一枚目は、全く変わらず、私が「オーバーチュア」を弾いている姿だけど(汗)。
変わったのは、舞台背景。
ふるさとキャラバン出身の舞台監督さんにお願いした今回の舞台、持ってきてくださったその筋の背景の絵幕は、素人役者の存在感を消してしまうほど大きい。
もう一度、過去の舞台写真を見てみた。
予算がないゆえにシンプルで、役者の躍動感と存在感が大きくみえる。
Shoofiesが歌っている写真もある。それ自体はいいけれど、全体として・・・どうかな?
この「かもめ山ストーリー」は9月、池袋での再演が決まったそうだ。Shoofiesと半分の役者たちと私は不参加。新しいムーブメントが出来るのかな?
[PR]

by imamusic | 2011-03-29 12:21 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

濃い気持、濃いメンバー達で、震災への想いも込めた昨日の青山ライブ・・・さらば、昴よ   

昨日の青山ZIMAGINEライブは、観客・出演者同数位の賑々しさでした。
まだ、揺れや放射線や計画停電による交通ストップ、また震災以後の停電や報道による心痛などでの体調不良など、わざわざ都内にライブを聞きに行くのは控える人たちが多い中、ライブハウス内はたくさんの人でいっぱいでした。来てくれた人、出演者の皆さん、ありがとうございました。

mixiでは早速、たくさんの好評コメントをいただき、Tさんはその日のうちに写真をアップしてくれました。ちょっと拝借いたします。
d0135567_13341195.jpg
d0135567_1216190.jpg

d0135567_13362748.jpg
d0135567_12165963.jpg
d0135567_12171716.jpg
d0135567_12173139.jpg

d0135567_13374585.jpg


前夜(というかほぼ明け方)ひらめいた色々なアイデアを、さすがにつかみの速いメンバーで、開演前のわずかなリハ時間に理解し、素晴らしい演奏をしてくれました。
相棒の山村Bassも冴えまくり。デキシーショーケースの面々はバッチリ!下間さん、さいこう!
そしてShoofiesの存在、温かいハートフルな声とハーモニーとルックスが人をなごませ素晴らかったです!

節電コーナーを設け、被災された方達への黙祷をし、いくつかの曲をマイクなしで心を込めて歌いました。
私は自分の気持ちをこめ「昴」を。
下間さんの「星の界」Shoofiesの「テネシーワルツ」も厨房の中に入って観客に向けアカペラに近いハーモニーで。
[PR]

by imamusic | 2011-03-28 12:21 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(1)

メルマガ発行しました。転載します。3/27(日)午後は青山ライブ!   

東日本大震災から二週間が経ち改めて被災された方達への心からの同情と復興応援を致します。震災後初の発行です。
<いまむら発あれやこれや>
こんにちは。大変な災害がやってきました。皆さんご無事でしょうか?
3/11(金)昼頃、レッスンをしに自転車で下北沢まで往復し帰宅した直後、ガタガタッと過去に経験の無い大揺れ。自宅は数年前入居直後、ひさしが強風で取れ落ちたり雨戸を開けたら朽ちた敷居がドサッと落ちたりしたので、何か起こるかと緊張していましたが、書棚の本もCDも食器類も落ちず倒れた家具もありません。ホッとして急に犬が心配になり階段から下を見たら、立ったり座ったりしながら落ち着かずこちらを見上げています。避難する程の余震が起きたら噛み癖のあるこの超大型犬が事件を起こさないように、とリードを付けしっかり持って玄関の外に出、仁王立ちで揺れがおさまるのを待ちました・・・同じ時間・・・本当にわずかな時間に想像を超えた災害が東北地方を襲ったのですね。更に余震が続き電話もメールも通じなくなりました。インターネットを繋いでみるとmixiやツイッターは不思議と通常以上にスラスラ繋がりそのシステムを使ってメッセージを送りあい都心で帰宅難民になった友達が歩きながらの携帯からの書き込むに励ましあったり道案内したりと助け合いました。柏に足止めになった次男もメールが通じなくなりmixiメッセージで用件を伝えてきました。
更に原発、計画停電、と拡大していき出演予定のライブやレッスンは次々と中止になりました。テレビ報道で事態の深刻さを理解し、新しい生き方を考え実行する時代になった事を感じました。予定が無くなりテレビとインターネットだけが相手の一週間は視野が狭くなり発想も固まりそうでしたが、大規模停電を防ぐため都内で一斉に節電をし寒さや暗さを我慢した時間は目に見えぬ人達との連帯感も感じました。思いやりや絆、励ましあい、節電などの「自然」に即した生き方・・・これらがキーワードになる事を知り、閉じこもらずに出来る事を少しずつでも追加して元の活動を再開すべきと思いました。
3/20(日)新宿三丁目「銅鑼」のデキシーバンドのピアノから活動再開。被災者でなくとも心の痛みは各人あり、演奏しながら皆、気持がざわめいています。その夜、ニューオリンズでは有名なジャズピアニストで川崎在住の友人、古川奈都子さんから演奏家同士としての激励メールが来ました。「それ(演奏中集中できなかった事)は当然の事、私達はみんなどこかで繋がっている、そう感じられる感性があれば、体の一部を引きちぎられるような思いになるのは避けることができない。それでも演奏するのは、音楽の中に何か、言葉にはできないけれどその苦しみを癒してくれる何かがあるからだと思う。演奏すること、それ自体が素晴らしい。音楽の力を信じましょう。頑張ってね。」と。ハリケーン災害のあったニューオリンズの演奏家として重みがあります。その言葉を励みに、3/22(火)は停電中の立川BARUという店でキャンドルライブを行いました。単一電池で使えるキーボードで弾き語りをしましたが災害用に売切れてしまった電池を1日半探し回りやっと手に入れました。生声ボーカルのため発声訓練を三日前から念入りにやりました。客席は満席で、募金も行いメッセージソングも入れたライブは大成功、店は一体感と感動で満ち明日への元気に繋がりました。明日3/27(日)13:30~青山Z-IMAGINEはそんな気持で大急ぎで企画を練り直しました。総勢12名の出演、節電ライブにも挑戦です。お時間がありましたら是非いらしてください。
■3/27(日)13:30~15:30 青山Z-imagine 「いまむら直子の日本ジャズ!」Vol.8~元祖三人娘の巻~
「日本ジャズ」シリーズ最終回です。出演=いまむら直子(piano & vocal)・山村隆一(bass)・Shoofies7(Chorus))
友情出演=下間哲(tp.)・菅野天津男(cl.)・小出芳明(ds)
演奏予定曲「マンボバカン」「テネシーワルツ」「バラ色の人生」「カモナマイハウス」「りんごの木の下で」「Fly Me To The Moon」「素敵な貴方」「昴」「ナウマンゾウ ナウ マンゾク」他。
◆OPEN13:00 START13:30  前売2200円/当日2500円 ペアチケット前売4000円/当日4500円
予約先=メールzimagine@radio-zipangu.com 電話03-3796-6757 (代表者氏名・人数等をお知らせください)
場所=港区北青山2-7-17 青山鈴越ビルB1F (地下鉄銀座線外苑前駅2番3番出口より12m)
[PR]

by imamusic | 2011-03-26 20:38 | HOT CATメールマガジン | Trackback | Comments(0)

計画停電によるアンプラグドライブをしました   

d0135567_3505551.jpg

今夜は立川BARUでの二回目のライブ。一回目は1月だった。その間に未曾有の大地震があり環境は大きく変わったけれど、考えてみれば一回目もライブをやった事のない風変わりな店での初プロデュースでそれなりの試行錯誤だった。

だから今回直前までの、「電池がない!」というだけでライブが出来ない、という状況も、18:30から停電なのに19:00からライブをする、という状況も、気持的にはそんなに変わらない。

というより、2004年頃までやってきた演劇公演の数々、とりわけ2003年「セチュアンの善人」@築地本願寺ブディストホールの状況から考えれば屁でもない(いや、協力者がたくさんいて心強かった)。

さて、なんとか単一電池をゲット出来てカシオCTK630という古いキーボードが鳴り、蝋燭と懐中電灯の明かりの中で、寺門さんの箱ベー(アコースティックベース)と私の生声の歌とトークで、三回30分ずつのライブは、一曲ごとに熱狂的とも言えるお客さん達の共感の波動を感じ、なんとも言えず超素敵なめくるめく秘密の洞穴時間を過ごした。
チャージの300円とワイン一杯につき100円を被災地への募金として残し赤十字に送る、という店の若店長発案チャリティに相応しい曲をと考えた選曲もはまり熱心に聴いてくれ、楽しい曲には手拍子もし、知ってる曲には唱和し、アドリブ演奏には集中して耳を傾け終わると心からの拍手…冥利に尽きるような雰囲気のライブだった。

生声が枯渇しないように、日曜の「ひだり馬」でまず届くかどうか試し、月曜のボイトレで真剣に丁寧に呼吸の下地を作り、当日出発前にしっかり発声練習をした。それでも教室位の広さの対角線の隅あたりまで(間に座っておしゃべりしている客を縫って)声を届かせるには、腹筋背筋をフル回転で使い、鼻腔や頭蓋骨や胸部にかなりの圧力で響かせなければならない。これはボーカルだけの発声では出来ない。殆ど演劇的発声を使っている。しかし、ポルトガルのリスボンで見たファドは、まさしくこんな感じだった。あの時はとても感動し「なんか狂言の仕舞の発声と似てるな」と思ったけど、今夜の私はそんな感じだった。

キーボードは、ピアノと同じようなきめ細かな表現は出来ないが、オルガン、アコーディオン、エレピ、ピアノなど曲により使い分け出来て面白い。30分があっという間に経った。

寺門さんの箱ベーもよかった。なんせ見ていて飽きない楽器なので、アドリブなど皆身を乗り出して凝視している。

早く普通の生活に戻りたい、と言っている被災者の方達。その「普通」を私達が魅力的にキープしておくというのも大切な事だ。その為にも、真剣に今やってる事を前向きに進める事に一生懸命になってもいい。
[PR]

by imamusic | 2011-03-23 03:50 | Comments(0)

単一電池を探しまわった一日→本日は立川BARUライブ!   

明日、というか今日の19:00、立川BARUでライブがあります。ベースは寺門和宣さん。
TACHIKAWA・BARU
[貸切パーティー/バル]
TACHIKAWA・BARU
JR中央線立川駅 北口 徒歩1分
〒190-0012 東京都立川市曙町2-12-1 曙ビル1F(地図
ぐるなびで TACHIKAWA・BARU の詳細情報を見る
※2011年3月22日現在の情報です
ぐるなびぐるなび

ところが、この立川市曙町二丁目は、計画停電の第4グループにあたり、18:20~22:00の間の3時間を、3/22は計画停電実施と、発表がありました。
その時間になっても停電にならない場合もあるそうですが、停電の場合、BARUはキャンドル営業するそうで、ライブも電気なしで出来ないか、とのこと。やってみることになりました。

元々ここはライブをやったことがなく、前回の1月がライブ初開催でした。スピーカーも楽器もなく、スピーカー、エレクトリックピアノ一式、演奏、べース、それらの車での搬入とセッティングなど、全部ベーシストの寺門さんにおんぶにだっこで、用立てていただきました。
もちろんそれらが揃った方がいいわけですが、電源がなければ音の出ない楽器たちです。

節電ライブ・・・ギターと歌、歌とベース、朗読と歌、管楽器とベースと歌、アコーディオンと歌・・・色々やり方はあるでしょうが、自分のピアノ弾き語りが結局は一番つぶしがきくので、自宅にある単一電池6個で動くカシオのCTKシリーズキーボードの古いのなら慣れているし大丈夫そう、と思い、それに決めました。
電池が入ってなかったので後で買えばいい、と思って安心していましたが・・・。

昨日、単一電池を一日中探しました。全くど~こにもない。単一なんて使用頻度が少なくどこにでもいつもは売ってるのに。計画停電で懐中電灯やラジオに使う人が多く、しかも昨日は祝日で、電機系に強いお父さんが買い物に付き合うような日・・・だったのだ・・・。
色々ネット検索して、単三を単一に変える電池変換ケースというものがあることを知り、そういえば以前、100均CANDO!で売ってたのを思い出したのが22:00。次男が「三茶のドンキにならあるかも」と電話してくれたけど・・・取り扱い商品だが「売り切れました!」だそうです。うーん!お父さん達に先を越された!

mixiのマイミクさんの紹介ページ単三電池から単一電池を作る方法も覚えていたので、一応単三は24個買ってきました。でもこの作り方・・・説明はよーくわかるけど、工作は苦手だー!!

明日はキーボードをかついで立川に昼前に行き、対策を練ろう。工作が必要なら、立川のアニキ、銅板造形作家赤川BONZEさんの工房に立ち寄ろう。きっと、なんとかなるだろう。
[PR]

by imamusic | 2011-03-22 00:54 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

3/20震災後初めてのデキシーショーケースのライブで感じた事。   

昨夜は、地震後初めてのデキシーショーケースのライブでした。新宿三丁目の「銅鑼」と「ひだり馬」での演奏ですが、お客さんはやはり非常に少なく、バンドの皆さんも「銅鑼」での他のバンドの演奏中や「ひだり馬」の始まる前の時間には震災関連の話に夢中になったりしていました。
いつもはワイワイガヤガヤといった感じの「銅鑼」もなんとなく重い空気がただよう中、別のバンドの若夫婦が連れて来た幼児がお父さんのトロンボーンの演奏中に脇に立ち聴き入る姿は、ほのぼのとして重荷を忘れさせました。また、ちょうど通りかかったという名トランペッターの下間さんが、心配そうにのぞきに来て最後の一曲に参加してくれました。どんな時にもその音色は、状況を受け入れ感じたままの自然体の心を映しだし、美しい。聴いているだけで心が洗われ反省したり希望が見えたり勇気が湧いたりしました。

つくづく、あの日を境にして世界が変わった事を、集まった人生の先輩達の話や表情で改めて感じたライブでした。
音楽家は特に、自分のやっていることがなんとなくいつものようには出来なくなって、精神的に萎縮してしまいそうです。
でも、無心で演奏してしまうと、音楽の持つ力で、有無を言わさず集中させられ、メロディやコード進行や歌詞やセッションの妙に引きつけられ、はからずも幸せになってしまいます。それは観客もそう。
やはり閉じこもっていないで、音楽家同士、そして馴染みのお客様達と会い、コミュニケーションするべきとの思いも実感。近い私のライブにも駆け付けてくれる事になりました。

以前と同じ事、好きな音楽、をしてみて感覚の違いに事態を実感し、色々と話したりするうちに何をすべきかも頭で考えるだけとは違うものが具体的見えてくるような気がし、音楽はやる方も聴く方も勇気と癒しを与え元気になれる事も実感しました。

帰宅後、ニューオリンズでは有名な日本女性デキシーランドジャズピアニストで川崎在住の友人、古川奈都子さんから、演奏家同士としての激励メールが来ました。
今日の我等の演奏がいつものような気持ちでは出来なかったと書いた事への返信で、「それは当然の事、私達はみんなどこかで繋がっている、そう感じられる感性があれば、体の一部を引きちぎられるような思いになるのは避けることができない。それでも演奏するのは、音楽の中に何か、言葉にはできないけれどその苦しみを癒してくれる何かがあるからだと思う。演奏すること、それ自体が素晴らしい。音楽の力を信じましょう。頑張ってね。」とありました。ハリケーン災害のあったニューオリンズの演奏家として、重みがあります。
[PR]

by imamusic | 2011-03-21 10:22 | Comments(1)

東京の空の下、節電の絆。犬も暖房代わり。   

今日は寒の戻り、東京も朝から冷えた。
福島原発が使えなくなり、東北や東京への電力供給量が急に足りなくなって、個人と大口の両方から計画停電をしたり節電したりして、最悪の突然大規模停電を引き起こさないように、との官房長官からのお願いに高い意識で皆頑張って応えた。
初日は驚くべき数値に下げる事が出来た。しかし今日は電力暖房を使う人が多かったか、夕方には「このままだと夜に突然の大規模停電も有り得る、電車運転を間引きし、各個人はなるべく節電を」とまた広報があり、会社の人達は早めに退社した。

日も暮れ、夜6時頃から数時間、電気を消した狭い台所に犬と猫と帰宅した次男と私で篭り、ガスレンジの一つをストーブ代わりに点火し続け、暗い中でテレビを見ながら夕食を食べた。床に伏せてる長毛のセントバーナードが余裕であったかく暖房代わり、犬は急にそばに寄られて嬉しそうに寝たふり。東京の空の下、目に見えない街の人々と何か不思議な連帯感を感じていた。

そのうち東電の人がテレビに出て「皆さん一人一人の節電協力のおかげで供給内で収まりました」と。被災地の映像を見ながら、国中の心が一つになっている気がした。
[PR]

by imamusic | 2011-03-17 23:48 | セントバーナード | Comments(6)

明日の畦元レイミ音楽送別会は3/25(金)19:30に延期になりました。   

明日16日の夜、大分県豊後高田出身のオペラ歌手で友人の畦元レイミさんの音楽送別会を、私の主催でやる予定でしたが、放射能・計画停電による交通機関のダメージ、などによりこれない人が多く、来れる人たちだけでもと思いましたが、あまりに少ないので、来週3/25に延期しました。

来週はもう少し落ち着いていることを祈ります。
[PR]

by imamusic | 2011-03-15 23:39 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

極力、電気を使わない音楽ライブの試み。   

3/27(日)の青山Z-IMAGINEライブ・・・開催可能かどうか、現時点ではわかりませんが、
とりあえずやるとして、これを手始めに、生音勝負のライブ(エコライブ?)を試してみたいと思います。
その点、Shoofiesがいると、これまた色々場所を移動したりアレンジを考えたりいろいろ出来て、面白いっちゃあ面白いですけど。発声練習をちゃんとやらないと、まず聞こえないだろーなー。
でも、昔の人達はジャズも朗々と歌ってましたね。音響なんかなかったから。

エコジャズ、は、Shoofiesの生き方にピッタリかも。
[PR]

by imamusic | 2011-03-14 14:59 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

世田谷区内の計画停電の情報   

世田谷区はたくさんの町名がありますが、私の住む桜は昨夜は載ってませんでした。最寄の世田谷線は止まるのに?また宮坂というすぐ近くの隣町も停電なのに?準備だけしておこう、レッスンも電気ピアノだからダメかな?夜のボイトレに使う公共施設は空いているだろうか?などコアな地元情報が不足していました。他の区と比べて世田谷区のホームページは深夜の更新はありませんでしたし・・・。

しかしさすがに今朝、詳細な情報がアップされました。
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/020/d00033223.html

我が町は、今日の停電予定はありませんでした。宮坂もないようですね。
また公共施設も大丈夫なようです。
自転車や徒歩で行ける耐震基準のほどこされた公共施設は、むしろこのあたりでは自宅よりも安全かも。ずっとテレビにくぎづけ、自宅にくぎづけの主婦の皆さん、ほんの1~2時間、こんなところでストレッチと発声と交流と地域住民の情報交換で、ストレスを発散できたらいいなと思います。
ですので今宵19:00~宮の坂区民センターでのボイトレは、やることにしました。

上記のページの内容です。クリックしてもたぶん同じ内容が見れます。
こういう時ですから、コピペも許してくれるでしょう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

世田谷区内の計画停電の情報
最終更新日:2011年3月14日

以下の情報は、3月14日(月)10時30分現在の情報です。

東京電力からの情報です。
東京電力は、3月14日(月)午前7時時点で、世田谷区の以下の予定地域において、日替わりで停電時間帯(6時20分頃から22時頃の間で3時間程度の区分)を替えて実施し、3月14日(月)については、14時10分頃から17時10分頃の時間帯で実施するとしています。

1 予定地域
祖師谷3・4丁目付近、成城1~6丁目付近、砧1・3~8丁目付近、喜多見1~9丁目付近、大蔵1~6丁目付近、宇奈根1~3丁目付近、鎌田1~4丁目付近、岡本1・3丁目付近、奥沢1~6・8丁目付近、東玉川1~2丁目付近、玉川田園調布2丁目付近の各地域

2 停電予定地域内での区の施設の対応について
(1)窓口閉鎖のお知らせ
用賀出張所二子玉川分室は、玉川高島屋の全館臨時休業及び停電に伴い、本日の窓口開設は、正午までです。

(2)以下の施設では、通常通り窓口等を開きますが、停電中は照明、空調等が使用できません。
 あんしんすこやかセンター、幼稚園、子育て支援施設、児童館、区民センター、地区会館、区民集会所、土木管理事務所、公園管理事務所、清掃工場、宇奈根考古資料室、清川泰次記念ギャラリー、総合運動場温水プール、二子玉川緑地運動場、宮本三郎記念美術館、区営宇奈根1丁目アパート、区営鎌田2丁目アパート、区営砧7丁目アパート、財団法人世田谷トラストまちづくりビジターセンター、喜多見福祉作業所、砧工房分場キタミ・クリーンファーム、世田谷区資源循環センター、ふれあいの家、教育相談室砧分室、大蔵第二運動場

(3)以下の施設は、通常通り窓口等を開きますが、停電中は照明、空調、けやきネット、証明書自動交付機が使用できません。
 まちづくりセンター

(4)以下の施設では、通常通り開校、開園しますが、停電中は照明、空調等に制約があります。
 小学校、中学校、保育園

(5)以下の施設は、停電が予定される地域ですが、通常どおり窓口等を開きます。
 砧総合支所、成城出張所
その他の総合支所・出張所等も通常どおり窓口を開きます。
3 今後の対応について
 東京電力の計画停電は、実施前日の17時頃に公表されるとのことです。それに伴い、このホームページの内容を必要に応じて更新してまいります。

4 本件のお問い合わせ先
(1)計画停電に対する区の対応について
 危機管理室災害対策課 電話03-5432-2262 
(2)計画停電について
 東京電力カスタマーセンター 0120-995-002
[PR]

by imamusic | 2011-03-14 11:55 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)