<   2010年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧   

気合が入ってきた、効果てきめん。   

やっと、主婦劇団FMCの作曲に向かってます(今から)。
この、向かう、というところまで来るのが、いつも苦労の種。
早くやればいいものを。

とにかく、あの録音のマスタリングが済まなければ、今年の「私」は締めくくれず、
その前に別のプロジェクトの作曲に取り掛かることは、どうしても出来なかったのだ。
本当に気持ちよく納得できて終わったので、やっと、次の課題に取り組める。
二ヶ月くらい前から、この作曲作業は年末年始の数日間と予定していたので、
遅れているわけではない。
ただ、ここで、この予定期間に突入しても、無為に時間が過ぎてあれよあれよとボーッとしたまま、
何もせずに過ぎてしまうことが結構多い。それがとても怖い。

それで、という訳もあって、スポーツジム「カーブス」に行ってみた。体を動かし温まると、身が軽くなって血流がよくなり、やる気になった。効果てきめんだ。自己管理、自分を奮起させる、というのが一番難しい。今日はシンセサイザーを自室の机の前にセットし、五線紙の束と削った鉛筆数本とと消しゴムを置き、台本を置いて、お茶も置いた。数年前まではこれに煙草と灰皿があり、これがやる気にさせたもんだが、今は無いので、その代わりとしてジムに気づいたのだ。そう、やる気になってるみたい。良かった。

芝居の音楽の作曲をするときは、たいてい10曲前後あり、ストーリーがあって色々な意味合いがあるので、かなり集中してその世界の中に没頭しなければならない。
そのために、何故か、非常に儀式めいて、そのために取っておいた時間帯にいよいよ突入すると、最初にやるのは、いつもやったためしがない部屋の片付け、掃除、買出し、メールや手紙の返事・・・など身辺整理を始める。そして必要なものが揃ったらおもむろに、台本を開けるのだ。
その後は結構速い。というか時間の観念が無くなる。出来上がるまで、24時間サイクルという時間が無意味になる。そして、作り終わるといつも思う、まるで私って鶴の恩返しのつうみたい、って。
やり始めると、今度はすべてが・・・つまり食事・部屋の散らかりよう・着ているものやらヘアースタイルやらお風呂とか・・・どうでもよくなる。
ブログもしばらく書かないかもな。
じゃあ皆さん、よいお年を!
[PR]

by imamusic | 2010-12-30 00:30 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(1)

スポーツジムの会員になりました   

とうとう、近所のジムに足を運んでしまった。
自転車で5分のところに最近出来た、女性専用の簡易(と書いていいものか?)スポーツジム「カーブス」に、体験ジムトレーニングをしに今日行ってきました。

数年前まで俳優やタレントの卵のいる事務所から依頼されて演技のついでにジャズダンスも教えていた頃は、体調がよくテキパキとやる気もバリバリあったのに、その後の禁煙や引越し、犬との生活、ダンスレッスンがなくなったこと・・・などなど色々重なって・・・ああ、全部言い訳だぁ・・・6kgも太り、今日ジムで計ったらウエストはなんと、15cm以上も太くなっていた!どおりで衣裳が入らないわけだ。あんたにあげる、と言われてもらってきた母のスボン、こんなもの永久にはかないわよ、と思っていたのがいつの間にかピッタリ!・・・よって体が重く、なんか以前のやる気がでない。そんな感じになって数年、Wiiの仮想ジムトレーニングも、朝起きてすぐのストレッチもやってみたけど、全部三日坊主・・・以前行っていた駒沢公園の都立ジムが良かったのであそこに行こう!と決めてから、なんとなく遠くて行かずじまいで半年以上たち、愛犬ガルバンソの散歩も奴が年取ったので距離が短くなり物足りない・・・とうとう煮詰まって、近所のスポーツジムを検索し、一番近い「カーブス」に行ってみた。

なんというか・・・あんまり好みじゃないかも・・・と思いながらも、マシンに乗ってやってみたら現実問題として、やらないよりやったほうがまし。身体は、私の心に「やってくれ、たのむ!」と囁いていた。
で入会した。明日も行く。来年から、週三回、出来れば毎日通いたい。

ああ(雲の上の)父さん、貴方と一緒に子供の頃、毎朝ラジオ体操・縄跳び・ジョギングしたよね。あれをやればいいんだよね。お金なんか使わずに。だけど父さんみたいに自分を奮い立たせる力が・・・いや、あるにはあるけど・・・なんか・・・負けてます、自分に。

ま、いっか。とにかく、ジム生活、始めます。
[PR]

by imamusic | 2010-12-29 17:28 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

長い一日だった・・・   

今日は10月末に録音した新作CDのマスタリングの日だった。
今までは自分でやっていたが、今回はワンマンプレイでなく、ベースとのデュオだったので、その音作りがわからず、ベーシストに来てもらった。

録音はアコースティックベースだったが、マイクを立てて録った生音と、ライン入力で録る音と2トラックで(もちろん同時に)録った。こんなのは初めての経験だった。
その音をどう編集したらいいのか?匙加減は録音の演奏時から始まっていた。

レコーディング経験の豊富なベースの山村隆一さんに、結局、11曲全部、私のボーカルもピアノも含め、編集しマスタリングしてもらった。
15:00に来てもらい、終わったのは23:30。とても楽しい作業だった。自宅スタジオなので、噂に聞く料理上手な山村さんに、到着早々おねだりして塩鮭のパスタを作ってもらった。手順がプロ並みの動き。美味しかったー。

あまりに長時間なので、隔離していた愛犬がしびれを切らし、ぐずぐず言うので、開放してスタジオ兼居間兼犬の寝室に入れてやり、反対に山村さんの周囲を椅子や柵のバリケードで囲んだ(セントバーナードと言えば普通は優しい犬だが、我が家のガルは、噛む・・・)。しかし、山村さんは動物が大好きで、私が見ていない隙にバリケードから出て危ない犬とコミュニケーションしていた。猫のヒヨコなどは、作業中の山村さんの膝にチャッカリ乗ってすやすや眠っていた。ガルは、おなじみの私の歌声とピアノの音と柔らかく素敵なベースの音がずっと流れているので、気持ち良くなってカーペットの上でひっくり返って寝ていた。
とにかく、ベースが素晴らしい新作CDです。さてさて、今から最終チェックだ~。
[PR]

by imamusic | 2010-12-29 01:25 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(4)

Shoofies、隔月刊誌「ジャズ批評」に登場!   

7月結成、目下指導中の女性ジャズコーラスグループShoofiesが、隔月刊誌「ジャズ批評」20011年1月号(2010年12月24日発売)159号の105頁に写真入で大きく記事が掲載されました。
[PR]

by imamusic | 2010-12-26 15:37 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(3)

クリスマスは川口の介護施設でライブ   

今年のクリスマスは、埼玉県川口市の安行にあるワタミの介護施設「レストヴィラ」で
午後2時からクリスマスコンサートのピアノ弾き語りをさせていただきました。

いつものように、日本語ジャズと、ほんのちょっとだけ英語も混ぜた、
ほとんど日本語の歌の、懐かしい昭和ジャズ、です。

とても綺麗で明るくシンプルだけど豪華な行き届いた施設で、この日は昼食もクリスマスモード。
一緒に行ったベーシストの寺門さんと昼食をいただきましたが、豪華で美味しくて
珍しい料理も入っていて、食後のデザートも素晴らしいケーキ。とても食べきれないほどの量。
コーヒーもとても美味しく、さすがにワタミの施設です。

110名を超える入居者への館内アナウンスで80名くらいは集まったでしょうか。
私のトークは三人娘の話になり、こーちゃんのシャンソンや、ディックミネのジャズ、
昭和の社会の懐かしい様子をおしゃべりしながら、次々に歌っていくと
自然と一緒に歌う声が聞こえ、それを受けて、九ちゃんのお馴染みの歌へ。
更に「里の秋」や「浜辺の歌」などへ続けていくと、本当によく皆さん暗記で歌えて
唱和が大きくなりました。
サンタクロースの格好をして周囲に立ち、手拍子や歌を促すようにしながらも
体調やら色々なサインを見守っているスタッフの皆さんの努力もあって、
とても楽しく幸せなコンサートになりました。

川口は赤羽に近く、その日の夜の赤羽Bフラットでのクリスマスコンサート出演のため、帰宅せずに赤羽に直行。本屋に行って面白そうな単行本を買い、3時間の待ち時間をドトールで読書と居眠りですごしました。読んだ本は「働かないアリに意義がある」。7割は休んでいて1割は一生働かないアリ。巣から追い出されるハチ、敵前逃亡する兵隊アリなど「ダメな虫」がもたらす意外な効果!と帯に書いてあります。著者は北大大学院准教授の長谷川英祐氏。ムシは人のことなどかけらも考えずに生きているけれど、人はムシの生き方から様々に教わることが多いように感じる、と述べています。

まあそれはいいとして・・・。そんなクリスマスを過ごしました。地図を忘れ、寺門さんの車の古いナビではたどり着かず、iphoneの検索をしたけど、安行小山というのをただの安行しか書き込まなかったために見当はずれのところをぐるぐる探し回り、ギリギリ到着しました。二人が方向音痴で楽天的かつ新しい場所への準備不足ぎみな性格がよくわかりました。寺門さんに悪いことしたなぁ。

本日は、今から横浜駅前のエクセル東急ホテル地下にある「ウエストエンド」でワンマン弾き語りライブです(もうクリスマスソングはもって行かなくっていいわけだ)。静かにジャズろう。今年のライブは今日で終わり(カウントダウンライブを除いて)。あとはレッスン少々と、やっと取り掛かれる主婦劇団FMCの新作音楽劇作曲です。三が日内までに合計10曲、仕上げる予定。
[PR]

by imamusic | 2010-12-26 15:18 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

イヴは麻布でデキシーライブ   

クリスマスイヴは、麻布十番のコージーサークルというライブハウスで、下間哲とデキシーショーケースのライブにピアノで参加しました。
初めての場所でグランドと聞いていたので楽しみにしていましたが、もしかしたらボロボロのピアノかも…と、内心不安でもありました。蓋を開けると、DIAPASONと書いてありました。このメーカーのピアノに会場で出会ったのは三回目です。スタインウェイやベーゼンドルファーやYAMAHAとは全く違う、フランスの個性的なタッチ、音色のピアノ、私のお気に入りのピアノです。柔らかく品があって美しい。
毎日ライブで弾かれていてペダルを踏むといっぺんに何かが動いてしまい音が全部ミュート状態になってしまったり、高音の弦の近くには異物の入ったカラカラした音がしたりと(たいていは鉛筆が落ちて入ってしまう、蓋を取り外し探したけど見つからなかった)、弾きにくい事もあったけど、これらをメンテナンスするには連日お客様が溢れて店が繁盛し資金を作らないと。
でもとにかくグランドピアノがあるということで非常に嬉しく、店もマスターも落ち着いた品格があり、お勧めの場所です。
この日はShoofiesの中の三人がコーラスで参加しましたが、世田谷在住の彼女達にも、交通アクセス、適度な品位、など合ってました。
今回はバンドの新人ピアニストとしてのクリスマスで多忙な古株ピアニストの代理の臨時出演でしたが、毎月レギュラーで出演しているらしく、来年から出演曜日が変わるので出れなくなる人もいてメンバーを一新するので来年からこのライブのレギュラーピアニストとして入って欲しいとリーダーから依頼されました。もちろんDIAPASONとトランペット下間先輩の音楽性に惹かれ、承諾。来月から第三金曜日夜、レギュラー出演になりました。
マスターがコーラス大好きと喜んでいましたので、Shoofiesも出来る限り同伴します。
[PR]

by imamusic | 2010-12-26 10:53 | Comments(1)

メルマガ発行しました。転載します。   

少し暖かめの冬至も越え、年末に突入です。

<イベント情報>
■12/24(金)19:30~22:00麻布十番「コージーサークル」クリスマスイブライブ。出演=下間哲(Tp)とデキシーショーケース(Pf. & Vo.いまむら直子)。チャージ4000円(2ドリンク&つまみ付き)麻布十番2-19-10桂ビル2F(地下鉄C4出口すぐ)電話03-3455-1988
■12/25(土) 19:30~22:00赤羽「Bフラット」クリスマスライブ。出演=下間哲(Tp)とデキシーショーケース(Pf. & Vo.いまむら直子)。北区赤羽2-15-9B1電話03-3903-8586
■12/26(日) 18:00~21:30(30分4ステージ)「いまむら直子ピアノ弾き語り」横浜エクセルホテル東急B1Bar「ウエストエンド」Tel;045-313-9544(直通)横浜駅西口駅前。チャージ1000円(「今村紹介」で予約するとチャージ無料になります)他オーダー(Beer \1050~)
■12/31(金)~1/1(土)21:30~25:00ラディソンホテル成田「フローラルホール」の年越しイベント「カウントダウンパーティー」に下間哲(Tp)とデキシーショーケース(Pf. & Vo.いまむら直子)出演。お正月特別プランの宿泊客向け(朝食付シングル一泊14000円~。パーティー券・ドリンク券、年越しそば、福引券付)千葉県富里市七栄650-35電話0476-93-1234

<コラム>
クリスマス直前、そして今年の仕事納め直前のこの時期、数日があっという間に過ぎていきます。不景気ながら、次のステップ更に次のステップを目指し意欲的に希望を持って頑張っている人達が、私の周囲にたくさん居ます。そういう波を何故かひしひしと感じる今年の差し迫った年末下旬の世の中。あまりに政権交代でうまくいかない事に対して、私達は自分達で考え動くことの大切さを学びつつあるような気もします。ようやく問題点が見えてきて戦う相手が姿を現し対策を考えやすくなったのかもしれません。最近、ある所でイノベーション・ワークショップというのに参加しましたが、過去を温めながらも新しい切り口を積極的に考え発展させる力を持つ事は、今の時代とても大事なんでしょうね。
ここ数年、私個人がそのような気持ちで考えトライしてきた事が少し実り始めています。今年は、なんといってもベースの山村隆一氏との出会いが大きく、半年間の演奏やミーティングのコミュニケーションの積み重ねが効いて10月末の演奏録音に私の成長を見ました。これは不思議でした。録音をチェックして、お、出来るじゃないか、私…と思い本当に嬉しかった。また月に何回もあるデキシーバンドライブへの参加も相当な力になりました。そしてなんと!今年の大晦日年越しタイムはラディソンホテル成田で演奏中という、願ってもない仕事のオファー!もちろん一泊付で元旦は成田で目覚める訳です。結局、今年もホテル仕事で大晦日を過ごすことになるわけだけど、去年までの7年間の年末年始ホテル大量皿洗いアルバイトとは随分違う。初詣の成田新勝寺にも近く、日本的迎春も出来て海外リゾートのようなホテルでの年の初めは、視野が広くなり未来に希望が持て、元気が出ます。
さて今日は、いつも応援してくれているコーラス会の人達と、我が家でたこ焼きパーティー忘年会です。まず「ハレルヤ」を練習してから、近所のスーパーに買出しに行き、夜までワイワイ。温かい仲間たちが居て人生後半も楽しい。感謝とともに精進を来年も出来るよう、最低限の自己コントロールをし、色々な恩返しもしたいなぁ。
[PR]

by imamusic | 2010-12-23 12:07 | HOT CATメールマガジン | Trackback | Comments(1)

大晦日は、カウントダウンジャズライブ@成田!   

なんと!今年の大晦日年越しタイムは、カウントダウンライブに出演することになりました。
デキシーショーケースのメンバーで、ジャズライブ、場所は成田ラディソンホテル。

お正月ステイプラン、2011年の迎春はラディソンで!<朝食付>または<2食付>というもの。
(ホテルのホームページでは、シングル1泊<朝食付>14,000円~、<2食付>18,000円と書いてあります。)
新春にふさわしいおせち料理を取り入れた和洋折衷バイキングを楽しめるお正月限定プラン。ホテル内で行われるカウントダウンパーティーでの、ドリンクチケット2杯分や福引券、年越しそばなど嬉しい特典が満載、成田山新勝寺最寄り成田駅までのシャトルバス(無料)がある。

などなど。

カウントダウンパーティーは、
【日時】2010年12月31日(金)21:30~25:00
【場所】フローラルホール
【料金】入場無料.
日本にいながら海外リゾート気分が味わえるラディソンホテル成田で毎年恒例の年越しイベント。生バンド(我々)の演奏による懐かしの音楽とともに、新年を迎えてはいかがですか。誰でも参加OKなので、たくさんの人と新年を祝いたいという人にぴったりです。

と案内に書いてあります。

詳細はこちら。

どうですか、ご一緒に?
[PR]

by imamusic | 2010-12-23 01:18 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(2)

クリスマスは大忙し、に復活。   

クリスマス前五日になりました。翌日の12/26も含め、クリスマスライブで週末は都内と近郊をあちこち駆け巡ります。11月も12月も体調芳しくなかったので、今週週末を乗り切る為に、空いてる時間はなるべく、のんびり何もしないようにしてます。

クリスマス後の来週はもう、2011年を迎えるんですね。うわっ早い!今夜の「ご近所ボイトレ」で、私より年配の方達から昔の人の年末年始の過ごし方を聞きました。
正月用飾り物は、一夜飾りはよくないという事で大晦日はダメ、29日は「苦」(九)という字が入ってるから何もしてはダメ、元旦に働くと一年中働き詰めになるので(特に女性は)何もしてはダメ…という習慣があったそうです。つまり12/30しか動けないんですね。ご近所の餅つきに誘われてますが、やはり30日でした。

私は、今年からどうやら、2003年末より8年続いた「禊ぎのバイト」三昧の大晦日三が日を卒業し、自宅で新年を迎えられるようです(バイトの代わりに依頼されている音楽劇の作曲10曲分作業、というのがありますが)。
感慨に浸る間もない位忙しい年末年始…しかしこの一年で状況は大きく前進しました。応援してくれている人達に心から感謝、です。
10月末、自主制作CDとして初めてDuoで11曲録音しました。Bass山村隆一さんと、Piano & Vocal私で。それを昨日やっと時間が取れ、チェックし聴いてみました。予想以上に自分の世界観を表現出来ていてビックリ(晩成だなぁ…)。
山村さんのベースが素晴らしく、お陰で私もつられていい感じになっています。来週、それを編集しますので、来月には出来るかなー?
波に乗りかかっているので「確かな明日」の為に、年末年始、ちょっと頑張ります。
[PR]

by imamusic | 2010-12-21 04:39 | Comments(2)

NHKスペシャル「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~」を観ました   

夕方から、ある稽古がなくなったのでフリーになり帰宅し、愛犬ガルバンソと一緒に夕飯を食べながら、テレビをつけていたら、「さよなら、アルマ~赤紙をもらった犬~」というドラマの予告編が流れました。
映像とメッセージに強く心を惹かれ、心待ちにして21:00からの放映を、ガルバンソと一緒に観ました。

ドラマの公式ページはこちら。

色々な場面が心を打ち、涙が流れ、その度に、ガルバンソをついつい、なでていました。
愛犬家でなくても、多くの大切なものを感じるドラマでした。ドラマなのに「NHKスペシャル」枠で放映されることへの意味合いも深く感じました。
若い俳優さんたちの真摯で真っ直ぐな演技も、また演出の姿勢もとても納得でき、素晴らしい企画と仕事だと思いました。
戦争時の動物の犠牲や人との絆は、今まであまり取り上げられたことはなかったけれど、犬の習性を客観的にふまえた上での人との関係は興味深く、忘れていた何かを思い出させてくれました。そしてそれは現代の環境の問題も浮き彫りにし、改めてガルバンソとの出会いと存在に感謝し、大切にしようと心から思いました。
[PR]

by imamusic | 2010-12-19 02:29 | セントバーナード | Trackback | Comments(1)