<   2009年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

出会い→京大「創造座」残党→予感   

水曜日、来月下旬にあるパーティーアトラクション依頼演奏のリハーサルに、東小金井のシャンソニエ「それから」に出かけた。
私の演奏は弾き語りだからリハーサルはいらないが、このお店のママさんのシャンソンや、パーティーの主催団体参加者の中のアマチュア演奏家のピアノ伴奏を15曲ほどしただろうか。
終了後、豪勢にも出前にぎり寿司の大器や、銀杏、美味しい冷奴、ビールなどが出て、リハーサルメンバーや会の幹事らと乾杯した。
お酒が入ると話が弾む。私の演劇人生の悪戦苦闘の話になり「ほらぁ~!人は話してみないとわからないもんよねぇ!」とママがみんなに声をかける。なんとこの会は元・京都大学「創造座」のメンバーで構成されているのだという。たぶん、みんなそろそろ80才くらい?ママも元女優さん。(そうは見えないけど。)
「今度、大島渚を呼んでさぁ、やろうよ」(大島渚氏はこのメンバーの仲間らしい・・・検索してみたら、創立者だった)。
「僕は、死んだ吉沢に頼まれて下北沢でちょっとやっている、今書いてる台本に音楽を入れてもらってもいいな」という脚本・演出のT氏(私が十数年間参加している下北沢演劇祭でお馴染みの世田谷区の劇団「京」の代表・吉沢京さんの事だ、創造座の出身だったのか、妥協を許さない厳しい闘士のような演出家だった、亡くなったとは知らなかった)。こんな出会いがあるなんて、嬉しい、と皆さん言って下さったが同感。
フルートを持ってきた方から名刺をいただいた。H市原爆被爆者の会の会長さんのようだ。
京大という所は、関西圏の意欲的な人達が集まった場所なんだな、と今更ながら実感。きっと広島出身者も多いことだろう。そして、あの頃の演劇運動は政治的理念も今よりずっと濃く、大島さんも、法学部で政治学者の猪木正道氏に師事したとのことだ。
私のやる昭和ジャズの歌を皆さん習いたいとのことで、このシャンソニエに通うことも今後出てくる予感。私としてはこの世代の方達から学ぶものはたくさんある。「セプテンバーコンサート」参加への私の疑問も、彼らと議論してみたい。
そしてまた、この場所を紹介してくれた小金井のシャンソン大好きなナイスミドルH氏の作詞の「それから」(作曲・歌唱・演奏は私)というオリジナルシャンソン曲は、この店の名前に由来するのだ。
フランス語を後半に入れ手直しした歌詞が送られてきたので、それをもって来月はレコーディングする予定。
[PR]

by imamusic | 2009-10-30 12:34 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

驚愕のピアニスト、ケマル・ゲキチのコンサート   

今夜は、強風の中、御茶ノ水のカザルスホールへ、ケマル・ゲキチを聴きにいきました。
何度かピアノソロコンサートを聴くうち、ピアノそのものの反響板の前に座ってみたいと思い、
今回はちょうどその位置、一番前の席で反響板の前です。
さすがに演奏がダイレクトに響きます。しかもこの、ケマル・ゲキチさんの演奏!
このような演奏は初めて聴きました。まるでドラマ、演劇かオペラを見ているようです。
それだけの表現を、たったの1人で、ピアノという表現媒体だけで、この方はやっていました。
23才の時の国際ショパンピアノコンクールでは賛否両論で本選に残れなかったものの、聴衆と批評家の心をつかみ海外から多くの招待を受けるという一大センセーションを巻き起こし、CDの売り上げも多いとのこと。
確かにショパンは、今まで聴いたショパンの音色らしくなく、非常に劇的な作りこみ。リストのような曲はそれがとても映えていました。
一番前で聞いた私は、やはり終始、その表現エネルギーにあてられ、身体が飛び跳ね、呼吸はかき混ぜられ、血流が盛んになって、昨日痒くて引っ掻いた足の傷がとたんにズキズキしたほどです。
その音の大きさ、落差、表現の多様さは、「感動」を通り越して「揺さぶり」であり、なんとも言葉では表現できない。しかし、とにかく、啓発されました。

帰りに「カロリー」というレトロなお店でカレーを食べた。美味しかった。

夜中、東京はまだ強風でしたが、我が家の犬と猫は最近仲良しで、二匹で寄り添って、怖い嵐をやりすごしていました。
d0135567_120281.jpg
d0135567_1204683.jpg

[PR]

by imamusic | 2009-10-27 01:20 | セントバーナード | Trackback | Comments(5)

風邪か?はたまた、ヒキコモリ?   

重く、灰色の雲が垂れ込めて、今にもポツリときそう・・・。
低気圧には敏感な私。だけどこれは、風邪?
頭痛・喉ハレ・なんとなく低血圧・・・寝違えも・・・。だるい。眠い。
え?これが時差ボケ?まさかね。

京王堀之内まで、午前中は電車に乗って、出張ボイトレに行ってきました。
カルチャーセンターでウクレレを始めた女性が、ウクレレをするには歌も歌わなきゃならないらしくて発表会もあるらしく、発声訓練だけ個人レッスンを私が担当してるのです。
時々、レギュラー出演中の「キンのツボ」からの紹介で、こういうレッスン指導の仕事が入ります。

それで、まともに聞いたことの無いハワイアンボーカルの資料音源を、駅からレッスン室までの送り迎えの車の中で聞く機会をもつことになりました。
裏声と地声をふんだんに言ったりきたりしながら、とても温かい歌い方で、ヨーデルに近い部分もちょっとある。生徒さんが好きなのはスローテンポのハワイアン。今やってるのは「Lei Nani」という愛と優しさ溢れる曲だけど、 素晴らしいといわれる大御所の歌のCDは、ジャンルを問わず素晴らしい。
この生徒さんはとても熱心で、言ったことをよく理解して下さり、自宅で出来るストレッチなどは、自宅でやっておいてくれ、ポイントの注意をしっかり練習してきてくれるから、面白いように声が出てきて上手くなってきてる。
帰り道・・・眠くて眠くて、電車の中で居眠りし、時々隣のご婦人の肩にもたれかかっては咳払いと肩払いをくらい、その度に「すいません」と小さく謝って反対側に直るのだが、どうも好きな方向があるようで、左にまたすこーしずつ傾いてコックリ・・・とうとう乗り換え駅をひとつ乗り越してしまった。

なんだか、ど~んよりとして、やる気がない。自信もなくなってる・・・自分の音楽もちょっと行き詰まりぎみ。要するに、サボっているツケなんだけど。
頭の芯がどこかに落ちていきそうで、帰宅してゴロリと一眠りしたかったけど、愛犬ガルが「腹減った」とノタマウのでドライフードに生缶詰をチンして温めたのをまんべんなく手で混ぜてドライのツブ全てに味が付くようにし、ラーメン丼山盛り2杯分くらい(なんせ、大きさでは犬の世界で最大の仲間・セントバーナードだから)、庭の柿の木の下であげた(見上げると、今年から借りてるこの家の柿の木、ちゃんと実がなってるわっ)。私は隣のベンチでコーヒーを飲みながら。そばを離れるとガルは全部食べる事ができない。金物の洗面器のような容器が、中身が少なくなると、舐めるたびにガサガサ動き、犬は金物の音が怖いので、とたんに食べられなくなるのだ。仕方なく、残り30%位になると、器が動かないように私が縁を押さえてやって、跳ね飛んだ餌も手で戻してやる。こうやって、ひとつぶも残さず、ヤツは平らげる・・・やれやれ。
d0135567_1671670.jpg

やることがなくなると、暇つぶしに前足をガシガシかじる。何の意味もないんだけど。因みに、手前の鉢植えの緑は懇意の花屋さん推薦の「コバノランタナ」。手で葉っぱと空気を混ぜるようにして鼻先に持ってくると、独特の、ハーブのような良い匂いがする。愛犬ガルは興味ないらしく見向きもしないけど。
d0135567_1673852.jpg

そしてそれらを、妹分の猫:ヒヨコ(ガルバンソ=ひよこ豆、その妹でヒヨコ)が見物しに来る。
d0135567_16122451.jpg

二人とも、いえ、二匹とも・・・私の音楽的悩みなんざ、どこ吹く風(当たり前)・・・。あれ?それについて書こうと思ったのに。つまり、このだるさ・やる気の無さ、ちょっとヒキコモリぎみなのは、自分の音楽を見失って自信がないからなの、と書こうと思ったのに。いや、ただの風邪かも。咳も、数回出たからね(電車の中ではマスクして手袋はめてヴィックス舐めてた)。
そんなトロトロの気分で二階の自室に上がって布団にもぐりこもうと思い、ふと、最近、全然好きなCDを聞いてないことを思い出した。雑用ばっかりしてて、ライブはするけど、その原点の行動をしてなかった。「Ella & Louis」のCDをかけた。!!!!!オーーッ!!なんて素敵なの!とたんにやる気がムクムク!なーんだ、そうか!音楽栄養欠乏症だったんだ!
わーい!やるぞぉぉぉ!
来年は、この「Ella & Louis」を目指してのデュオ(9/27にやったTp.筒井 VS Pf & Vo.いまむらを基本にしたユニット)のライブを「青山Z-imagine」で隔月レギュラーにした。奇数月の最終日曜日13:30~15:30をキープ。心から大好きなPianoと、歌でつづる人の心、それをベテランの胸を借りて勉強する1年に、来年はする!皆様、カレンダー・手帳に、どうぞ今から書き込んでおいてね。
d0135567_16442037.jpg

[PR]

by imamusic | 2009-10-24 16:30 | 日々徒然 | Trackback | Comments(4)

本日、午後は下北沢でランチタイムコンサート「美唄の記憶」   

案外長袖では暑い感じもする今日の東京です。

本日は、マンスリーレギュラー開始二回目の「音倉ランチタイムコンサート」。
http://sound.jp/imamusic/livetokyo/otokura_lunch_time_concert.html

「美唄の記憶」
2009年夏、若くして再婚していった祖母(故人)が苦労して生きた北海道の元炭鉱町、今は美しい野山と化した過疎の町「美唄」へ。「兵どもが夢の跡」の時の流れをテーマに新曲書き下ろし。

そう、今年の夏、初めて美唄へ行ったのです。亡き父が若かりし頃の足跡を追って。

「美唄 炭鉱 記憶」で検索すると、色々なサイトがあり興味深い。
私の撮影してきた映像とあわせて、短い時間、そう、あの「世界の車窓から」の音楽語り版ライブ、のような感じで、旅と音楽を楽しみたい、というわけです。

昨夜、写真を25枚ほど並べ、4つセクションからなるのストーリーを考えました。
「母を求めて」「セピアからカラーへ~流れる時間と川の水」「ひとつのアートが結ぶ時空間」「廃墟の新しい美」。
ドボルザークの「母が教えた歌」という美しい曲から始まり、数曲、ピックアップしました。
あらら、私ったら、新曲書き下ろし、って書いたっけ、今気付いた。間に合うかな?今から作ろう。
[PR]

by imamusic | 2009-10-22 10:10 | Trackback | Comments(1)

今夜は二週間ぶりのボイトレ講座します。   

なんだか早朝まで起きて、それから寝て正午に起きる、という数日が続いています。
いつもそんな感じだけど・・・時差ボケでもあるのかなぁ・・・、とにかくまだ(5:30)眠くない・・・いつものことだけど・・・。

えっと、今日は、ボイトレ講座の日です。
この講座、自分のメタボ対策と表現者としてのメンテナンスに始めたので、お近くの人やネット仲間などに声をかけて、気楽にリーズナブルに(500円)やってます。それがとても楽しいと、案外皆さん、毎回通ってきてくれてます。もう少し人数が増えるといいけどね。まあでも、いい感じ。とにかく定期的にやらなきゃいけないという形になりつつあり、三日坊主にならなくて、とても身体が気持ちいい。もちろん日常の姿勢も良くなったし、メタボ対策も効果あり。

で、今日は、いつもの会場が空いてないので、その近くの別の会場にします。
いつも使っている会場は、駅にくっついているので、電車で来る人はとても便利でした。世田谷線の宮の坂駅まで来ればいいので。帰りも楽チンです。ですのでなるべくそこにしようと思っています。
今日はごめんなさい、「世田谷地区会館」です。まだ行ったこともないけど、今までのところにまあ近い。
最寄り駅は、隣の駅・上町です。上町から徒歩10分位。世田谷通りに出て右へ行き、ファミリーマートの角を右に曲がって右側2軒目。区民の方は自転車で来る人もいます(私も)。その場合は、世田谷通りの松ヶ丘交番あたりに来ると「ファミリーマート」が見えるはずです。因みにこのコンビニが出来る前は、この角の目安は隣の自転車屋「勉強しない子には売らないよ」という店名(?)の大きな看板文字でした。今もそのままですが、半年前頃出来たコンビニが目立ってしまったのが残念。

詳細は、HPに書いてあります(年内の開講日程も)。いつでも気軽に参加しにきてください。ゆるーい感じでやってます。参加申し込みは、出来たらHPに書いてある連絡先にしてくださると助かります。
A組18:00~、B組20:00~。
詳細はここ→http://sound.jp/imamusic/voicetraining_repeat.html
[PR]

by imamusic | 2009-10-19 05:40 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

ポルトガルより無事帰国、時差ボケも取れ・・・   

ポルトガルより携帯からアップした4つの投稿に、コメントをたくさん書いてくださり、ありがとうございました。
予定通り。10/15昼過ぎには帰宅しました。
もちろん、愛犬ガルの泣きそうな顔でのお出迎えがあり・・・それからまあ、とにかく荒れ放題、庭や家の中!
行く直前に台風があり、直径10cm長さ6m以上の木が根元が腐っていたようで、ドーンと庭に倒れていたまんまだったのを、だーれも片付けてない、花々は水やりしなかったようで全部萎れちゃって、花も無くなってる、家の中は埃だらけ・・・ああー、君達男子、いったいどういう生活の仕方をするつもりなの?今後!
と思いながらも、よくよく見ると、いつもレッスンで使っている一番大きな部屋に、勉強で使うパソコンやベッドまで運び込み、衣類・飲食物を持ち込み、ピアノもベッドの横にあるので練習もしたみたいで、もちろん大好きなテレビゲームは目いっぱい楽しみ、私には散らかし放題に見えるのも、なんだか基地みたい、勉強・仕事・遊び・衣食住・犬の世話まで、自分スタイルで彼らなりに自己管理していた楽しさ・伸びやかさ・明るいエネルギーを感じました・・・。

とにかく、まず、ガルを抱きしめてやってから、のこぎりで大木を半分に切り、塀に立てかけ、花に水をやり、家中に掃除機をかけ、たまった食器の洗い物や衣類の洗濯をして、帰国初日は一日が過ぎました。その夜は、明け方までに犬の夜鳴き三回・・・とほほ、その度に飛び起きて、近所迷惑なので台所に布団を敷き、犬の横で寝てやってなんとか静かにさせ、ようやく次の日、熟睡して時差ボケも無くなった。

「ポルトガル旅行記」の写真アルバムを解説付きで4ページにわたってアップしました。
何か一皮むけたような、そんな新鮮な気持ちです。
お時間がありましたら、ごらんください。
[PR]

by imamusic | 2009-10-17 08:05 | 日々徒然 | Trackback | Comments(4)

ポルトガル旅行記その4   

d0135567_20451454.jpg

いよいよ明日は早朝にリスボンから成田へ帰国フライトという日の10/13火曜日、私以外の方達はこの旅のメインである仕事があり、一人でリスボンの街に繰り出した。こちらが片言の英語で色々話しかけても、ワンツースリーですら英語は使わずポルトガル語でどこまでも話す人達。でも英語は通じているようで、あちらも身振りを交えて話すから、なんとなく通じているような…。
ガイドブックには、宿泊しているホリデイインの近くに「グルベキアン美術館」というのが書いてあり、初日に行った闘牛場から真っ直ぐだ。グルベキアンという人の軌跡にも興味を持ち、行ってみた。質素な美術館だが、ポルトガル美術の歴史の一端を知る事が出来る良心的な作品を並べていた。アズレージョと呼ばれる独特のタイル美術の色合いは、中国の陶磁器や九州の伊万里焼きの影響があり、東洋での「青色」の深みを受け継いで時代と共に色の追加の冒険をしていく様がわかり、面白かった。japaoと書かれた日本の古い工芸品は、もっと磨いたら色彩を放って綺麗なのに、と残念に思うほど全てに色がくすんでいた。赤い漆杯、金と黒の精巧な模様の文箱や印ろう、ミニ引き出し家具などだが、きちんと磨かれているスケール大きな陶磁器Chinaの陳列棚と比べると、なんと悲しいほど侘びている風情を「日本文化」の象徴として表現しているんだろう。外国人達はそのコーナーをじっくりと観ていた…。少し、カルチャーショックだった。そういえば、ポルトガルの有名
な女性ファッションデザイナーは、何度もの来日で「日本は偽物が多くて嫌い」と言ったそうだ。少なくともこの美術館の中の「日本」は、本物に近いのかもしれない。
夜は、一番の楽しみにしていたファドを聴きに老舗の「セニョール・ビーニョ」という店に行った。写真はその店。
[PR]

by imamusic | 2009-10-14 20:45 | Comments(4)

ポルトガル旅行記その3   

d0135567_20291695.jpg

マデイラ島滞在最終日、こちらではまだ日の出前未明の真っ暗な7:30に起き、ラブラドーレル市場へ行った。見たこともない魚や野菜や果物が次々に並べられる。黒い大きな太刀魚、うつぼ…。
ナイフで珍しい果物をその場で半分に切ってくれ中の種をザクザクほぐしてくれて「食べてごらん」と渡されたのは、パッションフルーツトマト、パッションフルーツバナナ、パッションフルーツレモン、ジルババナナ、マンゴーなど十種類以上。不思議で美味しい!
市場から海岸への道にはカフェが立ち並び、充実した小麦粉のパンとコーヒーを朝食に食べた。こちらでコーヒーとは小さなカップに入ったエスプレッソ。コーヒーは100円程度でカフェはみな気軽に入る。自動販売機は無い。
海岸の波と戯れる犬もいたが、散歩中の犬はみなノーリードで自由で楽しそうだった。
海辺の魚介類を焼いたディナーや昼食も美味しかった。
教会がたくさんあり木造の扉の前の石段には物乞いが居たが、気候もよく、新宿西口の路上生活者よりはましだ。石畳の狭い坂道でアコーディオン弾きのおじさんが礼拝の人達の客足を頼りに演奏していた。
夕方にはリスボンに戻ったが、リスボンは気温32度と暑かった。
[PR]

by imamusic | 2009-10-13 20:29 | Comments(1)

ポルトガル旅行記その2   

d0135567_18182981.jpg

闘牛場で昼飯の後、夕方、ポルトガル領マデイラ島に渡った。アフリカ大陸モロッコの西の大西洋に浮かぶ小さな島。ヨーロッパ人のリゾート地になっていて、山の上までおびただしい灯りが煌めく。旧市街フンシャルに着き、翌日は大きな観光ヨットに乗り、島の近くの大西洋に出た。運よくイルカの群れに会い、エンジンを止めて、船はイルカと一緒に泳行。声をひそめ船縁に顔を寄せると、手が届きそうな距離の水面に時折数匹が近寄り、呼吸するため背中の穴から塩をプワッと吹く音が、静寂の波音の中に聞こえる。
残念ながら携帯を忘れ、写真を撮れなかった。
みなさんのコメント楽しく、南の島で携帯画面で読んでます。帰国したらお返事しましょう。東京は寒いそうですね。この島は年中22度前後とのこと。海では朝からリゾート客らしき人達が泳いでます。
[PR]

by imamusic | 2009-10-12 18:18 | Comments(2)

ポルトガル旅行記その1   

d0135567_4551761.jpg

ロンドンからリスボンへ、ここからは出迎え一家の一人娘Cちゃん(1才10ヶ月の女の子)、やんちゃなお姫様を全員がサポートしながら大人五人の道中に。
夜遅く着き、市内のホテルで長時間フライトの疲れを癒し爆睡。翌日は、近くの闘牛場まで散歩。ポルトガルの闘牛は捕まえたところでゲームセット、というところにスペインとは違う国民性があるという。
しかし闘牛を見たわけではなく闘牛場の中にあるモールのような商店街で昼食を食べた。
リスボンのオフィス街のようなこのあたりは、石だたみの坂道が多く、古い時代の人達の心意気を感じる。
[PR]

by imamusic | 2009-10-11 04:55 | Comments(4)