<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

今日はボイトレ集中講座最終日・・・台風の真っ只中ですが・・・。   

8月は「一般人向けのボイトレ講座」という新しい試みを始めています。最近は一般人や会社の研修にもボイトレの需要が多いとか。色々読むうち面白くなってきて開拓のし甲斐があり、ライフワークのひとつにしようと考え、自分の研修期間としてしばらく地域サークルの形で教えることにしました。

募集をかけたところ、10数名の中高年の方々が集まり、8月中に6日間行なっています。これがなかなか好評なのです。1時間半のうち半分はゆるいストレッチ体操、その後仰向けに寝てCDケースをお腹の上に置き、腹式呼吸。それからラジオ体操、顔面の表情筋や口舌筋肉を動かす体操の後、A組は歌「花」や「見上げてごらん夜の星を」を歌ったり、フォークダンスをしたり、B組は発音練習や俳句・エッセイ・落後などの朗読をしたりしています。
公共施設の広い和室で畳の上に寝っころがるだけでも気持ちいい。駅の目の前なので冷房の効いた電車から降りて暑い中を歩かなくてもいい。近所の人はサンダルで来れるし、500円なら安いので続けてやれる。
全員が「こんなに身体が固くなっていたとは・・・」「終わったあと身体が気持ちいい」「久しぶりに歌ったら声が昔より出なくなっていたのでびっくりした、参加してよかった」「大声で歌う機会がないので爽快だ」「落語の寿限無の名前を言えるようになって嬉しい」「朗読で人柄や個性がこんなに滲み出るとは・・・面白くて楽しい」など、ちょうど良い感じのリフレッシュカルチャータイムになっているようです。

そして今日は最終日。ところが今日は台風の真っ只中です。台風は目下、勝浦の沖合いを通過中との事。どうだろ?みんな来れるかな?さっきから風雨がものすごく強まり、家中の雨戸やガラス窓を閉めました。雨戸の向こう側から半端じゃない音が聞こえています。
メルマガ受信で上記の内容を数日前に読んでいる母から「あんた、こんな台風の中、ボイトレとやら、やるの?」とメールが入り、参加者からは「今日はこれ・・・ありますか?」。
やるんです!
いや、遠くから来る人はやめといたほうがいいかもね。でも駅にくっついている建物なので、仕事帰りに寄る人だったら割合そんなに大変じゃあないかもしれない。しかし、最新天気予報をみると・・・暴風雨かぁ・・・大変そうだなあ。
近所の主婦の皆さんはどうだろ?私は長いこと演劇活動をしていたので、台風だからと言って稽古や本番を休んだことはないし、またこの施設は徒歩10分なので完全防備の格好で行くつもり。
誰も来なくても、一人でラジオ体操をし、発声練習をしよう。台風で家にこもっているより、前向きな感じがするし・・・。誰もこないかもなー・・・。
ではそろそろ行くとするか。
[PR]

by imamusic | 2009-08-31 17:05 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

山に魅せられた侍、N氏、眠る   

先月中旬、北大山スキー部OBの集まり「かんばの会」が行なわれた日本最古の山小屋、北海道テイネのパラダイスヒュッテに、病をおして東京から強行参加したN氏(69才)が居た。
d0135567_450082.jpg

d0135567_4393186.jpg


私は持参したエレピ(エレクトリックピアノ)で演奏した。じっと聴いていてくれたN氏。
d0135567_444274.jpg


癌だということを自覚していながら、発病一年半、2月には定山渓でスキーもしたという。少し前までは、カナダでヘリコプタースキーもしていたというからすごい。

OB達で「山の歌」のCDを作る企画があり、彼のトークも急いで録音しようと、一昨日午後は、8月上旬から入院中の東京の病院へ録音機を持って駆けつけた。前日はしっかりした声で「録音する!」と意欲的だったらしいが、この日はもう声が出なくて目配せで「やる気」を示して見せてくれた。しかし・・・同伴したM君から深夜メールが入った。「20:43、お亡くなりになったそうだ」。

病院に同伴したM君とS君が、眠っている先輩のN氏のむくんだ足をさすったり、山を愛する同輩ならではの内容の優しい言葉をたくさんかけていた。高校同期のM君は、私が今まで見たことも無いような慈しみの表情を浮かべ、山男達の情の深さを知り、去年末からずっと続いている北大山とスキーの会の魅力的な精神とのふれあいに、ますますのめりこみそうになった。

告別式には地方から先輩後輩が駆けつけ、「山の歌」をみんなで歌うとのこと。
やりたいことをやり尽くしたN氏の顔は満足げで穏やかだったとか。合掌。
[PR]

by imamusic | 2009-08-21 05:02 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

ただいま。野尻湖は涼しかった!   

野尻湖よお前もか・・・ここも例年になく・・・冷夏だそうです。
8/13~16、恒例になった野尻湖の舟小屋LIVEを目的に野尻湖湖畔の宿に滞在しました。

ライブは8/15(土)の夜のみ。
早めに行ってヨットを楽しみたいなーと思っていたのですが
初日13日は「黒姫駅」に着いたら・・・シトシト雨!
国道の気温電光掲示板は20度!
東京を出発した時は、半そででも暑かったのが、こちらでは寒い!
d0135567_13175968.jpg


翌朝の朝食タイムもまだ霧っぽい景色。
d0135567_13172893.jpg


ところが、徐々に天候回復したので早速乗ることに。
翌日ライブをやる予定のこの「舟小屋」テラス、目の前に桟橋があり、すぐ湖へ漕ぎ出だせます。
d0135567_1320583.jpg


風が少しあったので、まずはヨットにしました。
d0135567_13221064.jpg

昼ごろ、太陽が頭上に来て風が止み、沖合いに出ていたヨットは進まなくなった。
同乗の輩が一生懸命オールで漕いで桟橋に戻り、風がないということは今度はカヌーに最適とのことで
カヌーに乗りました。
d0135567_1325205.jpg

ヨットと違って目の位置が低く、また面白い。

お陰ですっかり日に焼けてしまった・・・。

ライブを手伝ってくれたり観てくれたりするため、近くの飯網高原のロッジに来た北大山スキー部OBや高校の友人達も、ヨットとカヌーを楽しみました。
d0135567_13303475.jpg
d0135567_1331392.jpg


人数オーバーで乗れなかった人が、桟橋で大の字になって仲間を待っているところ。山スキー部OBは変わった人が多い・・・(汗)。
d0135567_13341068.jpg


金曜の夜は満天の星空に大きな流れ星、湖面に強く映る三日月など、幻想的な景色を見る事ができ、好きな人だけが集まったというような、こじんまりした雰囲気の温かいライブをし「信濃の国」をトーク入りで弾き語り、妙高高原の蕎麦屋「たかさわ」で美味しいお蕎麦を食べました。
緑・風・水がそろった素敵な数日でした。
[PR]

by imamusic | 2009-08-17 13:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

土曜日8/15夜は、野尻湖湖畔でシックなライブです   

野尻湖で数年前から夏の一夜を、ボートハウスレストラン「舟小屋」という、湖の桟橋のまん前の味わいのある場所でライブをしています。
去年はスケジュールが合わず、二年ぶり。
野尻湖は、軽井沢がいつしか華やかになり、喧騒を逃れて質素で自然を大切にしている場所として、外人宣教師達が移り住んできたのが大正時代だそうです。彼らは湖畔の国際村という所に住み、外国風の古いロッジをそのまま大切に使っています。以前はオルガンをボートに乗せ、湖の真ん中まで漕ぎ出だして日曜礼拝をし賛美歌を歌ったそうです。
静かで本当に綺麗な所。
お近くの方で時間がありましたら、是非お寄りください。

8月15日(土)午後7時~ ピアノ弾き語りライブ
入場料2,000円(チャージ+1ドリンク)
長野県上水内郡信濃町野尻258-4「舟小屋」 
TEL. 026-258-2462(予約先)先着50名さま位

d0135567_3433050.jpg

上は今年ののチラシ

d0135567_3434885.jpg

上は国際村の外人さん向け英語版、村の掲示板に貼ってくれているようです

下は、過去の野尻湖ライブの写真です。

2006年ライブの様子
2007年ライブの様子
[PR]

by imamusic | 2009-08-13 03:46 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

♪ハナミズキ   

昨日は、コーラスお楽しみ練習会でした。
去年、大分上野丘高校同窓会に出たとき、有志を集めて校歌を歌ったら、はまってしまって、
今年からは月に二回、コーラスそのものを楽しむ会を続けよう、
知人達に声をかけて、仲間も増やそう、ということになり、
幽霊部員も含めれば20人くらいになりました。
最大のイベントは、9/12上用賀アートホールで開催するセプテンバーコンサート出演。
そろそろ近いので、グループ名も決めました。「ハートフル合唱隊」!
当日歌う曲は「はるかな友に」「手紙~拝啓十五の君へ」「花」「大地讃頌」。
どれもとても美しいハーモニーと素晴らしい心の歌です。
そして昨日、もう一曲増えました。一青窈さんの「ハナミズキ」。

ここのところ、その9/12のコンサートのポリシーについて考えあぐねていました。
ブログ記事を読んで、コメントでなくメールをくれた友人の文章に感動しました。
友人は「ハナミズキ」の歌の由来を紹介してくれました。

それによると、「ハナミズキ」は、9.11の同時多発テロがきっかけで生まれた曲だとか(しらなかった・・・)。
一青窈さんの友人が9.11テロで幼い娘と妻を残して亡くなったそうです。ハナミズキは日本が友好の印にアメリカに送った桜に対しアメリカからお返しに日本に送られた花。
実は最初は「テロ」・「散弾銃」といった言葉も使っていた「挑戦的な詞」だったのが、削っていって「君と好きな人が百年続きますように」の言葉にたどり着いたのは、一青さん自身も不思議に思っているとのこと。
「私」のことではなく「君」のことを祈ることはすごい事、素晴しい事、と私の友人はメールで書いています。
三番の「僕の我慢が いつか実を結び 果てない波がちゃんと 止まりますよに」という歌詞は、命の犠牲が実を結んで憎しみの連鎖(波)が止まるようにということで、「大切な人とその好きな人が幸せになってほしいと願う事は出来る」といった、優しい思いが描かれた作品だそうです。
オバマ大統領にヒロシマに来てほしいから、まず先に自分が9.11の事件の被害者を弔い、こちらから愛情をかける、とその友人はメールで書いています。
そして一青さんは「自分でできることをして欲しい」 とテロ報復戦争への「行動」を呼びかけていたそうです。

そんな説明をしていたら、コーラスの練習中、アルトのTさんが「ハナミズキ」を歌いたい!と言い出しました。
そこでサッと練習したら・・・・素晴らしかった。もっと感動的になるよう、最初は女性二人のハモリにしました。あまりに美しくて涙が出ました。少し構成や編成を変えてオリジナルなものにし、レパートリーに追加しました。
[PR]

by imamusic | 2009-08-09 02:21 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(3)

日本では、8月は大切な平和勉強の時間。   

最近の地上波テレビの内容は、目に余るものがありますが、
問題を起こして以降、頑張っているNHKが、やはり充実した番組を制作していて
8/6という大事な日とその周辺の期間に、時間をかけて丁寧に作った特集を見せてくれている。

セプテンバーコンサート賛同の主催コンサートに関して、
平和とは何か、人間の幸せとは何か、そんなことを考え祈るコンサートの核心の炎を
どう自分自身で燃やしたらいいのか、悶々としていた。

そんな中、今夜はNHKスペシャル「核は大地に刻まれていた~“死の灰” 消えぬ脅威~」を観た。
悶々として先へ進まなかったのは、知ろうとして情報を探さなかったからだ、と気づいた。
家の中で待っていれば、タイムリーな時間に、膨大な手間をかけて製作したタイムリーな情報が、
テレビで発信される。それを元に、色々と考えを深めることが出来、素直にありがたい。
私はヒロシマに行かなくても、ヒロシマの「何か」を得ることが出来る。

オバマ大統領が「自分達の世代に核のない世界を実現する」と言ったので、
2009年は、世界的に大きな転機となっているそうだ。
誰かが何かを始めるとき、批判する人は必ずいるものだが、
それでも山を動かせる人、というのはやはりいる。

私がセプテンバーコンサートを企画し、始めようと思っても、
庄野真代さんのように協力者がたくさん集まり、大きな山が動いたとは思えない。
そういう意味で、疑問は少しずつ解明し、改良していくにしても
彼女の努力に敬意を払い、もう少し積極的に「?」の渦中へ飛び込んでみようと思う。
私は私の立場で、セプコンをやればいいのではないかな?
大筋では目的は同じなのだと思う。
[PR]

by imamusic | 2009-08-07 01:08 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

セプテンバーコンサート・・・   

昨日は、午前中、ハワイアンを歌いたいためにボイストレーニングを受けに来たキャリアウーマンの方と自宅でレッスンをし、午後は、下北沢の貸しスタジオノアでBen Foldsというロックピアノマンの曲を弾く、または弾き歌う会社員の男性のレッスンをした。Ben Foldsという名前も初めて聞いたが、You Tubeで見ると、面白い!そしてその生徒さんのピアノもまた、面白い!

終わると夕食時で、お腹がすき、下北沢の街のお店を見ながら、そうだ、あそこもうオープンしたなら食べに行こうと思って、セプテンバーコンサートを主催している国境なき楽団が運営するライブカフェ「音倉」へ行ってみた。残念ながらオープンは二日後だったが、ちょうど代表の庄野真代さんが居て、店のあちこちを案内し説明してくれた。庄野さんが代表をおさめる「セプテンバーコンサートJP」のサテライト会場を主催しているので、ずっと疑問に思っていたことなど色々と話し込んでしまった。

疑問、というのは、平和を祈っての音楽祭ならば、なぜあの同時多発テロ9.11を象徴としてやるのか・・・日本人としてやらなければいけないことはもっと違うところにあるんじゃないか?広島はいったいどうなのか?でも新しい時代の象徴として確かに若者達にとっては9.11の方が身近に感じるかもしれない、だけど、家族のつながりもあり、戦争体験を風化させてはいけないということもある・・・などと、そんな事も考えていたものだから、私の話はつい熱を帯び、不必要に長くなってしまい、わき道にもそれて、てこずらせてしまった。
が、庄野さんは時間いっぱいまで20~30分くらい、丁寧に真剣に答えてくれた。
元々ニューヨークに住む友人が始めたコンサートだとのこと。アメリカでは9.11の事件の追悼もあるので他の日の開催はダメらしいが、庄野さんは日本でやるにつけ、世界の平和を祈るのに日にちにこだわる必要はないと4ヶ月交渉し、了解をとりつけて、唯一日本だけが人が集まりやすい土日を含む数日間の開催を行なっているとのこと。その他にも色々努力しているのがわかった。
しかし今日は原爆の日。庄野さんの努力も人柄もわかったが、うーん、何故、9.11事件を元にしての発信?と、やはりどこかで想う。もう少し、「わからない」ところをみんなと話し合いたいなー。

9/12上用賀アートホールで出演する人(グループ)は、次のように決まった(順不同、敬称略)。
SOMETHING BLUE、ポップス☆フェアリーズ、ハートフル合唱団(仮称)、麺's CLUB、横浜バードランドクインテット、Plue、鈴木俊夫、天野音吉、いまむら直子。
この他にまだ保留なのが2~3組。楽しくなりそうだ。
[PR]

by imamusic | 2009-08-06 05:15 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(6)

ボイトレ講座二日目   

世田谷区の宮の坂区民センターの広い畳の和室で行なっている、ボイトレ講座、昨夜は二日目でした。

初日から参加した人は、受け方をいち早く理解して、ウェアや身の回りのものを手際よくそれなりに準備してきたように見受けられました。
初日に戸惑い気味だった少し長めの文章(宮沢賢治作「セロ引きのゴーシュ」の一部)も、今日は充分に使え、コーラスの「花」も歌えました。
今回は会員の小僧SNS村やmixiの友も来てくれ、オフ会のような気分。
自分と対話するような発声練習から、楽しいギリシァのクレタ島のフォークダンスまで、色々あって楽しい会でした。
感想ブログも好評で楽しいです。
[PR]

by imamusic | 2009-08-05 14:57 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

コーラスを楽しむ会のコミュを作りました。   

登録しているSNSサイト小僧comのコミュニティーに、「コーラスを楽しむ会」のコミュニティーを作りました。
オープンなので、会員でなくても見れると思います。
[PR]

by imamusic | 2009-08-04 16:28 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

本日発行したメルマガから抜粋   

もう蝉が鳴いていますね。

<ワークショップ情報>
★「8月ボイストレーニング六日間集中講座」実施中。いつからでも参加できます(講師=今村直子)。話し声から歌声まで様々な「声のための」トレーニングの場です。共通する基礎訓練は、リラックスと軽いストレッチ体操・腹式呼吸・発声。(動ける服装持参のこと。)
日時・・・・・8/1(土)、4(火)、11(火)、18(火)、25(火)、31(月)の六日間。
A組18:00~19:30(発声・歌・ダンス)  B組20:00~21:30(発声・発音・朗読)
参加費・・・各回500円(18才以下300円)/全12回パス5000円 
場所・・・・・宮の坂区民センター(東急世田谷線宮の坂駅より0分) 
申込先=tel/fax 03-3428-1075または090-7721-7050  メール imamusic★msn.com(★を@に変えてください。)

<イベント情報>
■8/15(土)午後7:00~ 野尻湖ボートハウスレストラン「舟小屋にて、いまむら直子弾き語りライブ開催。料金=2000円(チャージ+1ドリンク)。

長野県上水内郡信濃町野尻258-4「舟小屋」 TEL. 026-258-2462(予約先)
■,8/22(土)18:30~立川「café陶水花」(立川市錦町5-1-13)にて、夏夜LIVE「~JAZZ & POPS~いまむら直子の世界」開催。料金=3000円(チャージ+1ドリンク+オードブル)。要予約(電話042-525-2451)共演=染谷真喜子(Vocal)。

■8/28(金) )19:00~立川「B3」にて、いまむら直子エレピ弾き語りライブ。高松町2-10-22マリアンビル1F(立川駅北口より徒歩17分、バス停「高松二丁目」下車すぐ):電話070-6528-1415:チャージ500円:要オーダードリンク500円~

■9/10(木) 19:30-/20:30-/21:30-ライブ居酒屋「キンのツボ」いまむら直子ピアノ弾き語りライブ。チャージ500円。田園都市線用賀駅東口より徒歩1分、地上に出て目の前の大通りを右へ、マックの先、信号手前。世田谷区用賀2-36-13アイリス用賀ビルB1 Tel;03-3707-0346 

■9/12(土)上用賀アートホールにてセプテンバーコンサート賛同「ハートフルコンサート2009」開催(実行委員会主催:代表今村直子)。
出演=横浜バードランドクインテット/SOMETHING BLUE/麺’s CLUB/ポップス☆フェアリーズ/今村合唱友の会/大分上野丘高校在京同窓生有志/Plue/鈴木俊夫/天野音吉/いまむら直子。入場無料・飲食可能:持ち込み可。開催時間未定(午後~夜)。問合せ先=090-7721-7050

<コラム>
ごぶさたしました。お元気ですか?初の北海道サマーライブツアーより帰ってきましたが・・・東京はやはり暑かった!(中略)
さて前半の北海道ライブツアー、やっとホームページに写真アルバムを掲載しました。ライブを通して関わった多くの方達にお礼を申し上げたい。短い間に北海道の心、北大の精神、山男達の精神などを感じ取ることが出来、貴重な日々でした。特に何ヶ月も前からの綿密な計画と交渉、現地での臨機応変なサポート(行く先々でメガネや鍵など大事な忘れ物の多い私、重い機材運搬などご迷惑をかけた)を一手に引き受けてくれた、友人M君には、心から感謝したい。東京から応援団が6名も駆けつけ、一緒に山小屋生活や定山渓の温泉宿「ふる川」の一泊を味わい、自宅から車で運んだ電気ピアノやスピーカーのセッティングや移動、現場の音響まで手伝ってもらいました。ライブは各地で成功し、熱い気持ちでお別れし、来年もまた、という話もあります。今後、北海道ライブは恒例行事となるようです。(中略)

さて、8月!初日から、新しい企画の活動「ボイストレーニング塾」をやっています。
昼間の暑さが引いてきた夕方、近所の宮の坂区民センターまでキーボードをゴロゴロ引っ張っていき、広い畳の大広間で半分以上座ったり寝たりしたリラックスしたスタイルでやっています。
初日は40才代~60才代位の10数名の男女。ストレッチや腹式呼吸を教えながら、こちらもなるべく動くようにしていると、錆びた車に油をさすように、身体がよみがえってきました。
特に背筋を鍛える運動は、すぐに翌日影響していて自然と腰が上に伸び、胃の辺りが持ち上がって姿勢が良くなりお腹もひっこみ、体重も1kg減りました。歩くのも軽くなり、寝つきもよくなったので、健康に良いのは間違いなく、声を出し他人ともコミュニケーションもあることから、血液の循環も、頭の回転も、良くなる手応えがありました。
後半の朗読へ発展する話し言葉へのトレーニングは、参加者が演劇のプロ志向ではないのを忘れて、ついうっかり、役者さんを相手にやっているような念入りで負担のある形になってしまったかな?と少し反省。色々試行錯誤して、どんなタイプの生活者にも共通の基本を優しく教えられるよう、努力しようと思っています。
自分の勉強も兼ねているので、1回500円でのボイスサークル「Repeat」のトレーニングとしました。20名位まで参加できます。
ラジオ体操が出来る人なら参加可能。興味のある方は、8月の挑戦として、是非参加してみてください。本日もあります!毎週火曜日と31日、18:00~と20:00~。
[PR]

by imamusic | 2009-08-04 13:51 | HOT CATメールマガジン | Trackback | Comments(0)