<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

昨夜の「キンのツボ」ライブ   

昨日は、月に一度の用賀「キンのツボ」ライブでした。
数日前に体調を崩し、10/2から幕を開ける「薔薇笑亭SKD」公演のバンド譜作成が大幅に遅れている最中で、1回目のステージが始まる30分前まで、グレンミラー楽団の「タキシードジャンクション」のCDを繰り返し聞きながら、5人編成でいかにそれらしき雰囲気が出るか、コツコツとアレンジ挑戦をしていました。
今回は個人的なご案内発送をしなかったので、客席は過半数を超えませんでしたが、常連客が元気に顔を見せ、ご近所に住む昔のドラマーなど、通りがかりの人もいらっしゃいました。そしてまた今回も、同窓会では顔を見かけない大分上野丘高校の大先輩が、同窓生メーリングリストの案内情報で、二人連れでそっと来てくれました!
こういうホッとするライブはとてもいい。ヒートするのではなく、私もゆっくりとピアノの音色やお客様の心の意識に耳をすますことが出来ます。本当に音楽を聴きに来てくれる大人の人と、気軽に美味しく安く雰囲気よく落ち着いて飲食を楽しみながらやれる場所・・・私がこだわるグランドピアもあるし、キンのツボは理想的に近い場所です。

一回目ステージは、まだ自宅の編曲作業の意識が抜けきらず、編曲楽譜作成はパソコンも使ってるので、ここ数日のインターネットニュース、福岡の公園の親子の事件の衝撃で私の心の中は重い社会的テーマが渦巻いてもいて、途中から家庭・親子・地域・恋愛に因んだ演劇的・地域的な音楽を選んでいました。
ミュージカル「ノー・ノー・ナネット」の主題歌の前後の台詞入りで「Tea for two」を和訳をまじえて演劇的弾き語り歌は、現在の世の中は大変そうに見え家庭を持つこと、子供を持つこと、恋をすること、甘い夢を見ることに、不安もあるかもしれないけれど、それはこんな素敵な音楽になるくらい、本当に素敵な事よ、と言いたかったのです。
やっていて、これは詩の朗読と弾き語りをセットにしたAyuo(高橋鮎生)さんとの共演が影響しているなーと思いました。以前からやってたことではありますが、今回はスタイルがAyuoさんのに似ていてびっくりでした。
しかしそれは、問題提起はするけれど、ちょとこの「ライブ居酒屋キンのツボ」には不似合いでした。が事件への私の憂いは1曲では解消されず、家庭人であった頃、主宰していた地域児童ミュージカル劇団「青い鳥シアター」で、息子が16才の時に書いた台本「コールド・ゴースト」のの迷える主人公の女の子リーナがあの世とこの世の間で歌う「生きていた頃」や、知人が卒業した小学校に娘が通うことになるママの気持ちを歌った「きりの木」など、地域限定の曲までも選んでいました。
この「生きていた頃」を歌った少女リーナ役を小学生時代に演じた小林涼子さんは今は若手演技はの女優さんに成長しました。
「きりの木」をコンサートやラジオで何度も歌ってくれたわたりあずささん(私のオリジナル作品・HOT CAT COMPANYミュージカル「TOKYOアリス2001」「ダルニー・ラプソディー」に出演してくれました)は、浦安の超有名なテーマパークのレギュラーエンターテイメントライブのソロ歌手になり、現在は念願の「レ・ミゼラブル」出演中です。
「きりの木」は私の演奏と歌での音源が、MUZIE配信サイトで無料で聴けます。

それはともかく、反応を反省し、二回目ステージは、これぞスタンダードという曲「バードランドの子守唄」「酒と薔薇の日々」「うそは罪」など、選んで演奏。客席は年配のジャズ好きな方が多く、古い曲をあんなに心から楽しんでいただけたということに自分の存在価値のひとつを再確認しました。
それと、ただ好きなだけでなく、海外生活経験者、元プレイヤーも居らしたので、アレンジも新鮮なものにしたのも、彼らは心から楽しんでくれ、嬉しかったです。

ササッと演奏し終え、手ごたえもよく、歌い弾いたことでスポーツしたように体内の芯から燃焼して気持ち良い新陳代謝でした。歩いて帰り、体調もよみがえり、さて、編曲の仕事!と机に向かいましたが、「タキシードジャンクション」の続きを聴きながら、居眠りばかり。仕方なく・・・寝てしまった。
うーーーーん!睡眠も充分!あとは29日リハーサルまで25曲前後のバンドパート譜作成まで、寝ずに頑張るか!!!(そのくらい、時間無いです。)
[PR]

by imamusic | 2008-09-26 11:19 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(1)

すみません、今週金曜B3ライブお休みさせて頂きますm(_ _)m   

立川の皆さん、すみません。
毎月最終金曜日レギュラーの立川B3ライブ、次回は今週9/26(金)なんですが、体調不良でお休みさせていただきます。
(ごめんなさーい!!B3ブログにはもう金曜日ライブ告知が載ってるね)

数日前、友人から送っていただいた大分の見事なカボスを間違った食べ方をしたようで、非常に胃が痛くなり、それ以後、ゲンナリとしてます。
説明書には絞ってジュースにも出来ます、と書いてあったのでまだ青いカボスを大量に絞り、お砂糖を入れてちょっとお湯でわり、朝起きてすぐ飲みました。すると・・・イタタタタッ。なんか、強烈な酸が胃を荒らしたようです。その日は一日ムカムカしてドヨーンとし、次の日は大雨で気温が急激に低くなり、薔薇笑亭SKDの楽譜作成で寝不足の我が体はどんどん冷えていき、グッタリ。あわててタイツに冬物ののスボン、長袖にセーターを着込みました。頭もクラクラし、胃はまだムカムカでイタタタ。楽譜も作る気力がなくなり、〆切までの時間はどんどんなくなり、あれこれ削らなきゃならなくなりました。
木曜の用賀「キンのツボ」ライブは場所が近いので楽だし、これはどうしてもやらなきゃいけない。「B3」ライブの立川は、行く気力がないような気がし(たぶんそれだけの元気が無い、いつもはウキウキと行くのに)・・・休んでも許してくれるかなー・・・。
オーナーの赤川氏にお助けの電話をしたら、「まだ青いカボスはジュースになんかしたらいけんよ」と大分県人らしいお言葉。「楽しみにしてる人もいるんだけど、まあ看板に、今日はありません、と書いとこう」と。すいませんですぅ・・・。
カボス事件だけならなんとかなるけど、それでストップして作業が遅れてしまった薔薇笑亭SKDの編曲のための時間が無くて、恐いのだ。

次回10/31(金)のB3ライブは、高松町の「ALWAYS TAKAMATSU」という町おこし芸術祭に参加という形になってるらしい。ああ、定着してきただけに残念だ。
そうだ、SKD公演後の10/10(金)とかに今回だけ移動できないかしら?別の曜日でもいいけど・・・。
[PR]

by imamusic | 2008-09-24 01:26 | Trackback | Comments(0)

勝ち組、という言葉が嫌い   

スポーツや、自分自身の中での勝ち負けはいいけど、人生の勝ち組、負け組という言葉が、どうしても嫌い。
といって、共産主義なわけではない。
なんで?どうして?・・・福岡の公園のようないたましい事件が起きてしまうのか?
今、締め切り間近の仕事で必死ですが、事件があまりにせつなくて、時々手を休めてしまいます。

障害を持って生まれた子供さん、それを一生面倒を見るご家族、特に母親のストレスは、いかばかりか。
私は、障害のある人というのは、運悪く神様のくじびきを引いてくださった方で、それは私だったかもしれない、といつも思ってしまいます。元気に生かされている自分と比べて申し訳なく、大変な一生を思うと、心の中で手を合わせています。

声をかけてくれれば地域で助けて上げられたかもしれないのに、と花を供えた年配の方がTVのインタビューで言っていました。
日ごろの、人との交流を、夕陽丘Alwaysの時代は良かった、と言うだけでなく、今の時代の中で、すぐにでも活性化しないと、日本は「明日という日」が黒雲に覆われているようで重い気持ちになります。
私も、小さく身近な出来ることから、目や耳を傾けることを心がけたいと思います。
[PR]

by imamusic | 2008-09-22 23:31 | Trackback | Comments(0)

短期決戦タイプ?   

台風はどうやら過ぎ去ったようですね。
近くのスーパーにも行けなくなるかも、と、お腹がすいたらとにかく何か目の前にあるように、いつもよりたくさん料理してしまった・・・。いや、料理のために貴重な時間を使ってしまった、という感じかな。
数日前から、はるか昔の期末テスト二週間モード、いや、入試直前モードに近いかも。
ブログに文章を書くのは、ちょっとだけ休憩、のティータイム。

薔薇笑亭SKDの10/2~5公演レビュー「ジャズの年輪~~History of Jazz」「人生はジャズ!」の、生バンド用編曲作業をやってます。

昔よくやっていた作業だけど、いつも大変だった。縁あって、何年ぶりかに、そんな作業をしている真っ最中。
私はコツコツとやるのが苦手で、入試や期末テスト、はては芝居などでも、直前になって猛烈にボルテージが上がり、「入室厳禁」の張り紙をして部屋にこもった。中学時代は4つ下の弟から「ヒステリー姉ちゃん」って言われてたっけ。
今まさに夕鶴のつう状態。つうが障子を開けて出てきて一服してるわけだわさ。
・・・あーしんど。

この曲目の多さ、そして歴史的名演の数々・・・すごい。

薔薇笑亭SKD 2008.10/2-5 第19回劇場公演 町屋ムーブホール
第一部<ジャズの年輪 History of Jazz>
オーバーチュア 枯葉(キャノンボールアダレイの)
M1 アメージンググレイス Vs
M2 アレクサンダーラグタイム
M3 オールマンリバー V
M4 オールザットジャズ V
M5 コットンクラブオープニング曲
M6 エノケンのダイナ V
M7 りんごの木の下で V
M8 東京ブギウギ V
M9 センチメンタルジャーニー V
M10 アゲイン V
M11 三人娘メドレー(テネシーワルツ~ブルーキャナリー~ダニーボーイ~ジャンケン娘) V
M12 この素晴らしき世界 V
M13 ビギンザビギン
第二部<人生はジャズ>
M1 聖者の行進
M2 グレンミラーメドレー(タキシードジャンクション~ムーンライトセレナーデ~インザムード)
BGM ララバイオブバードランド
M3 マックザナイフ V
M4 ミスターボージャングル V
M5 ゲスト歌手持ち歌 V
M6 月の砂漠(リーモーガンの)
M7 マシュケナダ
M8 A列車で行こう
M9 ジュテーム V
M10 アメリカンパトロール
M11 シングシングシング Vs
M12 天空に咲く薔薇 Vs

Vは歌もありのやつ。

えーーーっ!こんなにあったっけ!!!大変だよ、これ!
・・・つべこべ言わずにとにかく作業しないと間に合わん!

バンドメンバー、素晴らしい人達が揃いました。彼らと会うのが楽しみ!
特に、都合によって日替わりになってしまったトランペット!
忙しい中を本当に、奇跡的によく集まってくれた(前日、九州巡業から急いで帰ってきて出演してくれる人もいる)。感謝感謝。
10/2,4夜は、なんとデキシーキングスの筒井政明さん!1978年ジャズの専門誌月刊「スイングジャーナル」の新人賞を受賞。確かなテクニックと音色そして持ち前の明るい性格は陽気なデキシーランドジャズのステージには欠くことの出来ない貴重なプレーヤー。ホント、電話の声は大御所なのに「ハハハ、ダイジョブダイジョブ」といった感じでホッとします。2日19:00~は同じバンドで今は亡き名奏者薗田憲一氏の娘さん・市川文香さんがゲスト歌手で出演してくれる。(因みに10/5の14:00~は、先日ライブ出演した立川セプコンの会場・クレイジー・ジャムのオーナー、有馬洋子さん。)
10/4昼公演は、若手の超注目株、大脇淳君!経歴を読むと・・・すごいね、彼の努力は。洗足から卒業してから渡米してジャズの名門バークリー音楽院に入り帰国して前田憲男、猪俣猛の両氏がリーダーのビックバンド『THE 3rd』に最年少で抜擢されて参加しているとのこと。彼のいいところは、小さい時から大好きなトランペットをあきらめずに最高のところに飛び込んで、ビリの順位から睡眠を減らしてでも頑張って這い上がるエネルギーだ。79年生まれ。楽しみ!!
10/3.5は、あの、原信夫とシャープスアンドフラッツ現役メンバーで、日本の最高峰のミュージシャンを集めたと言われる、熱帯ジャズ楽団のメンバー、鈴木正晃さん!油の乗った中堅の現役ジャズメンですね。
この布陣は鈴木さんの紹介でセットされた。鈴木さんを紹介してくれたのは、我がトリオのドラマー中屋博之さん。彼のご紹介は眼に狂いが無く、人柄や演奏も、また昭和の時代からの日本でのポップス・ジャズ・シャンソンの現場で活躍した人達、という人脈、現在のご様子や会場への交通関係の住んでる場所まで、こと細かに網羅している。
ドラム・ベースは、このような大変な演奏でありながら、トリオの中屋博之・宮崎正秀コンビが出演してくださる。4日のみ、仕事の都合で、ドラムはジュニアの中屋啓之君(現在若手では非常に有望、若いのにジャンルを問わない)、ベースは江上友彦君(グルッと回って、実は大脇淳トリオのメンバーだった!狭い世界だ・・・)、他にフルート・サックスなど(本来はアルトサックス)木管楽器のかなりの楽器持ち替えOKの斎藤尚久君、私のライブにも出て頂いた、薔薇笑亭SKDの仕事では常連プレイヤーで、去年秋公演は彼と私の二人だった、メルアドにもdogが入ってる犬好き同士、音大の先生、若いのに冷静で優しく上手い!そしてピアノはもちろん私。

楽譜作成・・・振付や歌との関係で注文・変更も多く、非常に困難。しかもこの人数でグレンミラー楽団やキャノンボールアダレイ、リーモーガンの味を出さなきゃいけない・・・。
睡魔と時間との闘いです。

それにしても、あの日本の名曲「月の砂漠」がジャズになっていたとは。かっこいいです。リーモーガン。今、エスニックな衣裳で踊るアラブの王子と姫の素敵なダンスに仕上がって、稽古場ダンサー達が練習中です。
[PR]

by imamusic | 2008-09-20 13:29 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

TVで特集「誰がどう看病するの?年100匹の引退盲導犬の最期を」を観ました。   

今夜のTBS「 NEWS23」で
「誰がどう看病するの? 年100匹の引退盲導犬の最期を」
「盲導犬の役割終えた犬その余生最後の誕生パーティーそして別れの時が」
という特集をやるという情報を昨日からキャッチし、リーマン問題で放映が昨日から今日になったので、朝から見忘れないようにと待機して、今見終えました。
ちょうど我が家には私と愛犬のセントバーナード(11月に7才になる)しかいなくて二人で見ていましたが、最期の時期を一緒に生活するボランティア家族と犬との愛の交流に涙があふれました。
犬を飼うというのは人間生活で色々犠牲も多く、また老犬は介護も必要で我が家も今後大変ですが、精神的に教えられることがたくさんあり、改めて最期まで、ガルバンソと心してお付き合いしようと思いました。
犬は、ブログもインターネットもやらないし、ただただシンプルに、心の交流を中心にして(特にセントバーナードはそんな気がする)生きてますが、迷ったときなど、ふと見ると、一番正解な生き方を導いてくれてる気がします。
[PR]

by imamusic | 2008-09-18 00:09 | セントバーナード | Trackback | Comments(2)

9/12、用賀でのセプコン写真アルバムです!   

先日行った、セプテンバーコンサート賛同企画「ハートフルコンサート2008」@上用賀アートホールの写真が送られてきました。夜の部だけですが、様子をどうぞ。
d0135567_13451417.jpg
いまむら直子、昭和の歌、弾き語り。
d0135567_13461628.jpg
天野音吉、NSPコピー弾き語り。
d0135567_13463790.jpg
木原亜土、プーランク作曲「クラリネットソナタ」他。(ピアノ伴奏:吉良真弓)
d0135567_13465643.jpg
薔薇笑亭SKDメンバーより(沢田みなみ・瞳ゆり・瀧山うさぎ・朝井美季)、ジャズソング、他。
d0135567_13481597.jpg
大分上野丘高校在京同窓生有志、合唱「遠い世界に」「見上げてごらん夜の星を」「涙をこえて(ステージ101主題歌)」「校歌」
d0135567_1452084.jpg
横浜バードランドクインテット+1、「Tangerine」「You'd be so nice to come home to」「Sweet Love of Mine」
d0135567_2128347.jpg
最後に一緒に歌わせてもらったのは「スウィングしなけりゃ意味が無い」
その後、会場の人達全員で、「今日の日はさようなら」を歌った。
d0135567_13495361.jpg

出演者とスタッフで記念撮影。
[PR]

by imamusic | 2008-09-16 13:45 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(0)

立川クレイジージャムに30分だけ出演します。   

立川にクレイジージャムという、ライブハウスがあります。
ここが立川でのセプテンバーコンサート・サテライト会場。
本日はここに出演。20:30~21:05。コンサートは17:00から始まっていて、たくさんの出演者が居ます。私は最後です。ワイワイガヤガヤだろうなあ。楽しそうだなぁ。
d0135567_3181592.jpg

[PR]

by imamusic | 2008-09-15 03:16 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(2)

上用賀のセプコン、素敵に終了!   

昨日の上用賀アートホールでのセプテンバーコンサート、とても気持ちの良いコンサートでした。
まあ、まず、晴れていた事、それから素敵な出演者に恵まれたこと。みなさんが趣旨を理解し、各人頑張って、良い演奏をしてくださいました。アマ・プロ、それぞれが、その立場で、充分な存在感を示しており、「オンリーワン」の個性を楽しめました。どういう形をとっても、セプテンバーコンサートなのでしょう。おのずと開かれる交流も楽しく、幸せな時間を過ごしました。

さてさて、ストップしていた仕事にすぐさま復帰しなければなりません。
もう少し詳しく書きたいけど、時間が無い・・・。コメントに期待しましょう。
写真は。出ずっぱりだったので私自身は撮ってません。帰宅後、まずドタッと寝て、起きた朝、頂いた花束をテーブルに飾りました。それをアップしましょう。
息子のお嫁様が描いてくれた絵入りのプログラムも写ってます。先輩からの差し入れの「豆源」の菓子箱もありますね。花束には平和のコンサートを意識して「PEACE」とフェルト文字が入ってますね。ありがとう。
d0135567_185122100.jpg

[PR]

by imamusic | 2008-09-13 18:54 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(1)

本日、世田谷・用賀でのセプコン・タイムスケジュールです。   

世田谷区用賀での初開催です。
平和を願ってアマ・プロ混合のフリーコンサート・入場無料。

[昼の部]
-羽ばたく中高年-
14:00~いまむら直子(昭和ジャズピアノ弾き語り)
14:40~鈴木俊夫(クラシックギターとピアノ)
15:00~主婦劇団FMC(合唱)
-20代女性シンガー-
15:30~Plue(シンガーソングライター・ピアノ弾き語り)
15:50~canary(ハイトーン・ボーカル)
16:10~相田麻実(うなるボーカル)

16:30~18:30休憩

[夜の部]
-大人の弾き語り-
18:30~いまむら直子(昭和の歌ピアノ弾き語り)
19:00~天野音吉(NSPコピーのギター弾き語り)
-クラシック演奏-
19:20~木原亜土(クラリネット)+吉良真弓(ピアノ)
-エンターテイメント-
19:50~薔薇笑亭SKD(旧松竹歌劇団OGが作ったレビュー劇団の若手が出演!)
-中高年パワー-
20:10~大分上野丘高校在京同窓生有志(合唱)
20:40~横浜バードランドクインテット+1

約20分ずつの演奏です。
のんびりと丸一日、真剣に、だらだらとやってます。
環八を越える砧公園への大きな橋を渡った建物(レクサスの隣)です。近くにデニーズやマックもあります。散歩がてらフラッと遊びに来てください。
d0135567_185168.jpg


尚、夜の部出演者の打ち上げパーティーは、用賀ライブ居酒屋「キンのツボ」の予定。
[PR]

by imamusic | 2008-09-12 00:59 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(0)

チラシの絵が届きました!ビューティフル!   

なかなかイメージがわかなくて苦心したらしいチラシとプログラムの絵、もうだめかなぁ?と思った昨夜、やっと届きました。ギリギリセーフ。
チラシはもうほとんど間に合わないけど、でも美しい!
Webで載せてしまいましょう。
d0135567_7542749.jpg

作者いわく「テーマは輪廻と蓮の花です。誰もがみなお母さんの腹から出てくるんだぞって生の部分と、仏様の花で弔いをかけてみました。あと泥(戦争)の中からでも、穢れなく鮮やかに咲く蓮の花のような命のために。優しさで世界が満たされるように。」
熟慮するタイプなんですね。素晴らしい絵が出来上がったので、文字をつけて、チラシにしました。画像にするために一回印刷してからスキャンしてやっているので、色合いがこれじゃあ不満足だろうと思うけど、ご紹介のために。
平和のコンサート、砧公園の散歩がてらどうぞ。

そうそう、作者の名前は、橘春妃
私の新しいファミリーです。彼女を選んだ息子を褒めてやりたい。
素敵な感性のアーティストだ。

セプコンHPにもチラシが掲載されました。

9/12上用賀ハートフルコンサートの下の9/15立川クレイジージャムのチラシには私の写真も載ってます(ニッコリ)。
[PR]

by imamusic | 2008-09-10 08:05 | ハートフルコンサート | Trackback | Comments(0)