<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

別役実作「メリーさんの羊」観劇@下北沢「楽園」小劇場   

雨降りが続いて、色々大変だった週末と打って変わって、今日は晴れ!
いやしかし、世田谷の天気予報、15:00には気温30度だとぉ?
なにこれ?まだ5月だよ!

土曜日は、校歌練習会の前に、別役実作「メリーさんの羊」を下北沢「楽園」小劇場に観に行きました。出演者に誘われて。
この劇場、いつの間にか、本多劇場の脇に出来ていた!以前は何があったっけか?ここ。ちょうど小劇場「劇」の真向かいです。

あの渋谷ジャンジャンでのロングラン公演で、かの名優・故中村伸郎さん主演の伝説の上演。パンフレットによると、中村さんが、別役実さんに直接執筆依頼した作品だとか。「ジャンジャンという小さな空間にあった、少人数の、そしてシェークスピアり『リア王』の王と道化をモチーフにして書いて欲しい」ということだったそうです。初演の稽古中、中村さんは「これのいったいどこが『リア王』なんだろう」と笑って言ったそうです。中村さんが亡くなって8年後、ジャンジャンも2000年に閉館。閉館公演では、今回の出演者で公演、初演からずっと相手役を演じてきた三谷昇さんが、主演を、相手役を円の山口真司さんが演じてます。ほんのちょこっと出る妻役は中村伸郎さんの長女の井出みな子さん。それ以降、再演が続いています。
そう・・・「楽園」は、どこか「ジャンジャン」に似ていますね。
別役実!私はこの人の作品が大好き。この世界観。日本のベケットと言われ、不条理劇の代表作家ですが、このアイロニー、視線がものすごく好き。うまく解説は出来ないんですが、それよりも、その演劇・その台詞・それを理解した表現者の中にたたずむことによって、解説は出来ない「何か」を確かに感じるんです。今回この短い作品(1時間5分)を観て、ますます好きになった。あの岸田今日子さんも「別役作品の中で自分のベストスリーに入る」と。
三谷さん(もう70代後半)の、老境に達した名優ぶりに、これまた感動。涙が出ました。
[PR]

by imamusic | 2008-05-26 13:45 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

応援歌の方が好き!という方たちのために   

昨日は、東京都世田谷区の北沢地区会館で、雨の中、校歌好きな面々が顔をそろえました。
この練習会には出てこないけれど、別の場所で会う機会のある同窓生の中には、「応援歌を歌いたいんだよなー」と、応援歌、つまり旧制大分中学校校歌「おおぞらたかく~」に愛着を示す同窓生も多い。もちろん男子。
そこでこの日は急遽、応援歌を歌って撮影。しかし歌詞がうろ覚え。黒板に次々と覚えているところをみんなで書いていったけどわからないところがある。で、私は立川の22期A.M氏(銅板造形作家)に電話、後輩のAさん(女性)は大分に居るお兄さんで私の同期23期・音楽部の仲間A君に電話。(どうも、A君は飲み会の最中だったようで、受話器からものすごいざわめきが聞こえた。その中で大声で応援歌を歌ってくれているA君の声がガンガン受話器からもれる。可笑しい!)
しかし電話で聞かれて暗記でみな歌えるのもすごいもんだ。
そしてどうやら一番はわかった。例によって私の携帯で撮影。
どうですか。今度のこの歌。一緒に歌いましょう!

■歌詞(1番のみ)
大空高く月澄みて 雲吹きすさぶ秋風に
晴るゝ高嶺のふもとより 白く流るる由布川の
水につきせぬ恨あり 春風秋雨五百年

[PR]

by imamusic | 2008-05-25 10:35 | 大分上野丘高校校歌 | Trackback | Comments(6)

本日は、ライブなれども・・・愛犬とくつろぐ昼   

というわけで、ガルの写真満載。ガルも参加できるようなライブハウスって、ないものかなー?
五月晴れよ!時間があったらライブにおいで!
隣の花屋のおばちゃんも来るよ!(関係ないか 笑。)
d0135567_13181948.jpg

d0135567_13254171.jpg
d0135567_13184516.jpg
d0135567_1319453.jpg
d0135567_13193969.jpg
d0135567_13195341.jpg
d0135567_13201978.jpg
d0135567_13203072.jpg

mixiの方は、アルバムにしたのでもう少し多めに見れます。
[PR]

by imamusic | 2008-05-22 13:25 | セントバーナード | Trackback | Comments(3)

5/22(木)用賀にて弾き語りライブです!   

5/22(木) 19:30/20:30/21:30
「いまむら直子ピアノ弾き語り」ライブ
Music Charge:500円
- ONE-COIN LIVE JAZZ(昭和モダンの和製ジャズ)
ライブ居酒屋「キンのツボ」(用賀駅すぐ)
(毎月第四木曜日レギュラー出演中。)

好評につき先月よりレギュラー化。さて明日は何にしよ?

<道順>
田園都市線用賀駅東口より徒歩1分。
駅前の大通り沿いマクドナルドの先、信号交差点の少し手前、黄色い看板が目印。
世田谷区用賀2-36-13アイリス用賀ビルB1  
tel;03-3707-0346
[PR]

by imamusic | 2008-05-21 01:10 | Trackback | Comments(0)

いつ以来かな?バースデイケーキのろうそく消し   

今年の誕生日は、なんと幸せな誕生日だったんだろう。
幸せ感は、今までで一番だったかもしれない。
毎年、別にいいや、と思ってお祝いもせずに、深夜まで仕事をしていたりした。
同居の家族が三世代の7人だった15年位前までは、年間、次々に来る誕生日、全員参加のファミレス食事会が常で、まあそれなりに毎回、心機一転、みたいな気分はあったけど、多数の中の一つの行事、みたいなところもあり、日付を気づくのは私なので、まさか自分の誕生日祝いを宣言するわけにもいかず、他の家族はそんな事気づきもしない男子ばかりの家族(義母は女性だけど超多忙なViolinistだったし)・・・。私のだけ忘れ去られていた年もずいぶんあったなあ。
まあそれはそれでいいし、あんまり気にもならなかった。むしろ一日中鼻歌交じりで黙っていて、日付が過ぎた深夜に「忘れてただろぉ?」と彼らを冷やかして「あ゛~!・・・・・ス・イ・マ・セ・ン・・・」と言わせるのが、面白かった!(性格悪し。)
しかし、今年は、去年から始めた「バースデイコンサート」の足固めがあって演奏内容の練り上げの準備が出来、自分のやりたい形での身近な人達とのホームコンサートのような貸切ライブを初めて出来て、その密度の濃い交流がとても納得いき、満足して幸せだった。こんなに幸せでいいのか?という位。
次の日、小学校の恩師が主催する「なつメロでこんにちわ」という、参加型コンサートにゲスト出演させていただき、同じ学校で同級生だった親友(そうそうここにもよくコメント書いてくれるlavenderさん)の自宅がすぐ近くだったので、私のバースデイ食事会を開いてくれた。
これがまた、なんと工夫たっぷりで素敵な料理、素敵なテーブルセッティング、素敵なBGM、素敵なおしゃべり、素敵なお部屋だったことか!窓から見える景色もちょうど新緑の季節で美しく、外国に居るよう。時間がまた良かった。年配の方たちのコンサートだったので終了が16:00。この食事会は17:00頃始まり、だんだんと黄昏ていくに従って、また室内の凝った照明をどんどん点けたり消したりしながら雰囲気を作っていく細かい心遣いの演出!時間の移り変わりが料理や会話の移り変わりとマッチして堪能してしまった。
食べ終わってテーブルを片付けてから、あー!写真撮っとくんだった、とlaveちゃん。そう、このブログにも貼れたのにな。とにかく素敵だったのよ。
そして最後、片付いたテーブルの上に私の名前の書いてあるバースデイケーキ!
何年ぶりかな、こんなの。ろうそくの数は・・・いや1セット5本なのでそれにしたみたい。しかしまあ、私の呼吸はなんとすごい風を起こすんだろう!きっと50本あってもいっぺんに消したに違いない。ケーキを前に、超満足な私。
d0135567_228598.jpg

うぉーーー!これからも頑張ります!皆さん!ありがとーーー!!!
[PR]

by imamusic | 2008-05-20 02:30 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

初の、満員御礼!   

珍しく寒い五月を数日過ごし、今日はようやく空も晴れて暖かな東京。
長雨のお陰で、月初めに裏庭に植えた瓢箪のツルが、ダダダダッとラティスを駆け上っています。
去年はこの瓢箪とへちまのおかけで、セントバーナードが苦手な夏の猛暑、裏庭の棚下は見事に避暑地になり、緑も多くて気持ちよかったです。こういう自宅園芸は、私初めて手がけました。いいもんですね。(下は去年秋の写真。)
d0135567_12452969.jpg
d0135567_12455120.jpg

でもそのあと、大量の毛虫退治、へちまをスポンジにしようと水につけたはいいけど、どろどろになったら引き上げて搾って乾かすらしい・・・まだやってません。どろどろ過ぎて。もう見るのもなんだか・・・。瓢箪は、可愛いのがたくさん生ったけど、利用できず。
d0135567_12482562.jpg

ま、愛犬が涼しい思いをしたのが一番良かった。
で、今年は瓢箪とゴーヤにしてみました。近くの花屋のおばちゃんが、少しオマケをしてくれました。ツルものじゃないけど、なす、ミニトマト、パセリ、バジル、ピーマン、しそ、とうがらし、いちご鉢苗も買いました。ちょうどガルバンソが匂いをかいでいる黄色い花の下の大きな鉢の上に乗せたいちごの実は、垂れ下がるので犬のチーーーィ(わかります?なんだか)の対象にされてしまった。構わずもぎ取って台所で洗って、息子に勧めたけど・・・。
ゴーヤのツルはあんまり伸びの勢いがよくないなー。

題名と全然関係ない話を・・・。(井戸端会議だ、この展開)。

そうです、5/17のバースデイライブ、予約が満席になりました。すごい!
2006年4月から、自分のライブ活動を始めて、満席は初快挙です。しかも参加費というかお客様負担額も今迄で一番高いのに!
まあ、会場が狭いということもありますが、土曜日、駅の近く、食事も出る、トリオ演奏、という好条件も揃いました。

安心したのでプログラムを作りました。作る過程で色々考えました。
もちろん、健康で好きな事を楽しむ時間を持つことが出来ている事を感謝し、皆で祝いあい「元気の素」を共有する気持ちで始めたのですが、今回は、30年以上活動を共にしてきたパートナー(1948-2007)が、年末に5年間のアルコール依存症の末、とうとう孤独死した、という事実を、どうしても避けて通ることはできません(こうブログに公表する事も、考えた結果の、私の生き方、表現スタイルの選択です)。
直感に優れ、繊細かつスケールの大きな行動力のある芸術家でした。
お酒、ギャンブルも大好きな、劇団プロダクション主宰、脚本家、演出家、俳優で、Bass、Guit.、Pianoは得意。ロックミュージックの作詞作曲したり演奏をしたりする、マルチな才能の愛情あふれる人でした。

別れ、死、というものは、何もタブーな話題だったり、隠すものでもない、という結論まで、勇気が必要でした。
たぶん自分自身の心の持ちようなのでしょう。それがはっきりしなかったので、どういうスタイルで行けばいいのか迷っていましたが、ライブが近づくにつれ、お客様の存在をリアルに感じるに連れて、不思議な事に、私の中で回答が見えてきました。

曲目は、第一部ではまだ食事中の方も多いので、ライフワークにしている「モダン昭和のジャズ」を取り上げます。
楽しい、懐かしい、日本情緒文化とジャズの融合です。
第二部は、ユーミンの「ひこうき雲」、新井満さんの「千の風になって」など、追悼と命の讃歌を私流にやります(やってみるとこれがなかなか手応えあって・・・)。
二人の共同仕事の象徴と言えるブレヒトの「三文オペラ」の中から「マックザナイフ」と彼の和訳・劇中歌:ピーチャムが歌う「人間のむなしさの歌」、私の主婦の歴史のひとつとして、地域活動のオリジナル曲「きりの木」や主婦劇団への提供曲で人気のあった曲、作曲の下調べにとりかかってから音楽配信発表(先月末)まで足かけ三年かかった交響詩「青年志士R」(龍馬によせて)の中から1曲、そして遊びに来る(と言ってます)ミュージシャンとのスタンダードナンバー即興ピアノ演奏合戦や、自分の好きな曲です。

自分に正直に、私の小さくて大きな歴史を受け入れ認め、その上で、未来へ前向きに向かおうと思います。それが、今年のバースデイコンサートのコンセプトです。
こんな個人的な理由に基づく表現をして、我田引水ではないか?人を集めておいて私的な事を前面に押し出していいものなんだろうか?と常に振り返りますが、新井さんの本「千の風になって」(大ヒットする前に書かれた文。実はこの曲、最初は親友の息子さんの死に悲しむ親友に送るためたった30部だけCDを録音して欲しいという人に配った作品なのだそうです)の中にあるアニミズムという思想や、今や友人と言っていい隣人のAyuoさんの文章、これは昨日、玄関先で本人から「そういうことなら僕がタワレコのフリーペーパーに以前書いたこの文章、読んでみて」と雑誌を手渡された文章(この文章はこの通り全て彼のHPにアップしてあります、写真はないけど)、それらを読んで、あー、個人的な事は他人全ての人に通じることなんだ、個人は全体なんだ、と思えるようになりました。

そんな、心の変化のあった、第二回目のバースデイライブです。ほとんど満席。「2~3人で行くよ」という人も何人かいて、満席がどうかは当日までわからず。(来る、と言った人ぉーー!ちゃんと来てよねー、お願い!)
[PR]

by imamusic | 2008-05-15 13:29 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(3)

久々に作品を音楽配信!   

いつかアップしなくては、と思いながら、ついに数ヶ月が過ぎてしまった新作の書き下ろし作品組曲。とうとう重い腰を上げて(実際、重いんです)音楽配信サイトMUZIEの私のコーナーにアップしました。
題名は交響詩三部作「青年志士R」。

これ、実は落選作品、なんだなー(涙)。
去年の正月は、この作曲編曲演奏録音にかかりきりでした。
更に一昨年の11月の高知取材、その後の本の読みあさり、年末から作曲開始。つまり取り掛かってからアップするまで足掛け3年経ってしまいました(審査中は公表できなかったですし)。
作曲は家でやろうと思ったら、普段は可愛いはずの愛犬セントバーナードの存在が気になってどうしても集中できない。で、数日間、スタジオノア駒沢まで自分のシンセサイザーを運び込んで、夜間の割安な時間帯から午前中にかけて半日ずつこもり、完成しました。もう1年もあれから経ってしまったんだなー。時間が経つのは早い。

これは、あるミュージカルへのイメージ曲応募作品でしたが、このコンクールの選考結果(去年末)は、結局、入選該当曲なし。理由は、佳作は多いものの、はっきりと心に残るメロディーラインの曲はなかった、との事。そういう選考基準とは知らなかったよ・・・言い訳です。
しかし、この作曲作業は結構気合が入っていたので、私としてはお蔵にするにはもったいない。
表現したいニュアンスは、優秀な演奏家の揃ったオーケストラでしか伝えきらないのですが、チャンスがあればいずれどうにかするとして、録音したシンセサイザー演奏を4月末にアップしたのです。
アップして間もないのに、ダウンロードしてPCに保管し聴くタイプの「mp3」ボタン(右側)をクリックしてくれた人が多いのが嬉しいです。(そう言えば「信濃の国」ジャズピアノバージョンのダウンロードも結構多いですね、嬉しいっす。投票も何人かしてくれてる!)
私も点検がてら、それぞれ一度は左側のボタン「REAL」をクリックして、ダウンロードせずにすぐ聴く事のできるタイプで全部聴きました。
興味があったら聴いてみてください。
No.1「The Truth:英雄」、No.2「The Love:恋」、No.3「The Run:革命」と三部作、実は「序曲」というのもあって四部作なのですが、省きました。
もちろん「青年志士R」は高知の坂本龍馬の資料を取材しての事ですが、今回アップするにあたって、ふと、GAMEの世界の物語としても通じるかも、とイメージストーリーと登場人物の名前を現代風に書き直してみました。この作品は、出来れば若い人達に送りたいですし。
[PR]

by imamusic | 2008-05-11 04:38 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)

5/17(土)夜、Birthday Jazz Live Vol.2「食べごろ!聴きごろ!生きごろ!」です!   

GWも終わり、本当にさわやかな空気の五月晴れ、緑は新芽を吹き、気候はちょうど良い。
こんな季節に私は産まれたんだなー。
今月は私の誕生日の月。

ライブのお知らせです。
5/17(土)18:00開場。
1st.18:30~
2nd.19:45~
各40分ステージ予定。
場所:用賀「キンのツボ」
出演
いまむら直子(Vocal & Piano)
宮崎正秀(Bass)
中屋博之(Drums)

去年より始めた「Birthday Live」、健康で好きな事を楽しむ時間を持つことが出来ている事を感謝し皆で祝いあう気持ちで始めました。
去年は上用賀アートホールに、たくさんの方達に来て頂き、アットホームで楽しく、会場の拍手や笑い声・表情・掛け声(!)・ハミングなど共に楽しみ、ライブならではの「元気の素」を共有しました。

今年は、去年の反省を元に、用賀駅近くライブ居酒屋「キンのツボ」の協力で貸切パーティーをする事にしました。現在、毎月ここでレギュラー出演をしていますが、居心地が良くグランドピアノがあり好評です。

豪華メンバーの演奏と、通常ライブでは見れないバースデイライブならではのアットホームな楽しい一夜を、たっぷりご堪能ください。記念CD販売もあり。昭和ジャズ、シャンソン、オリジナル曲、スタンダードナンバーなど、楽しいトークを交えて力いっぱい心を込めてお送りします。

お時間がありましたら、是非、ご参加ください。

予約制で定員34名、会費制です。全員ゆったりと着席タイプ。
この日はミュージックチャージは戴きません。
参加費3,500円。これはお一人様:コース料理+フリードリンク代です。   
5/7現在、残席15席くらいですので、早めにわかる方は是非ご予約くださいますようお願い致します。
メールは、こちら→imamusic@msn.com
FAX(24時間自動受信)・電話(ほぼ留守電設定)はこちら→03-3428-1075
で受け付けています。
[PR]

by imamusic | 2008-05-08 11:03 | Trackback | Comments(0)