<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

2008年4月~7月のライブご案内   

3月ももう終わりですねー。今年は四谷の土手の夜桜をぶらり見て、経堂の遊歩道の夜桜は愛犬と見上げ、日曜は小雨の駒沢公園お花見大宴会を地元のおじさん達と。みんなそれぞれにとても綺麗でした。
4月からいよいよ用賀でレギュラー弾き語りライブが始まります。グランドピアノがあって、食事もお酒も美味しく安い。駅から1分。私は自宅から自転車で10分。一度来た方達みんな気に入ってしまいました。私もアットホームでとても好きな場所です。
レギュラーの他にも、月1~2回、立川や青山など懇意のライブハウスでトリオやカルテットの演奏をします。
とりあえず7月までの日程を書き出しました。気が向いたら、足も向けてみてください。

いまむら直子ジャズライブのご案内
Vocal & Piano(はレギュラー/MCはミュージックチャージ・飲食代別)

4/24(木)19:30/20:30/21/30用賀キンのツボ「弾き語りライブ」MC500円
■5/17(土)14:00/18:30 キンのツボ(飲食付)
「Birthday Party Live No.2」昼1,500円/夜3,500円(予定)
いまむら直子(V&P)トリオ/宮崎正秀(Bs) 中屋博之(Ds),他
(予約各30名・CDプレゼント)tel/fax 03-3428-1075
5/22(木)19:30/20:30/21/30用賀キンのツボ「弾き語りライブ」MC500円
■6/13(金) 19:30立川Crazy Jam「祝 5周年参加ライブ」
いまむら直子トリオ(宮崎Bs・鶴見敏行Ds)
MC2,300円(予約2,000円)/tel;042-529-9507(店)立川駅5分
6/26(木)19:30/20:30/21/30用賀キンのツボ「弾き語りライブ」MC500円
■6/29(日)13:00花の店「山口」デュオライブ(茶菓子付)
いまむら直子(V&KB)、Ayuo(V&Guit.)
■7/18(金)19:30青山Z-imagine「昭和モダンのジャズレヴューVol.8」 MC2,500円   いまむら直子トリオ+斎藤尚久(Sax)
7/24(木) 19:30/20:30/21/30用賀キンのツボ「弾き語りライブ」MC500円
d0135567_16493223.jpg

d0135567_16501390.jpg


毎月第四木曜日「キンのツボ」レギュラー出演中!
「ONE-COIN LIVE 昭和モダンのジャズ ピアノ弾き語り」

(キンのツボ店長/谷さんによる紹介文)
昭和に日本で流行した“古きよき時代のジャズ”をピアノ弾き語りで歌います。
ご年配の方には懐かしく、この時代だからこそ若い方には新鮮に心に響く明るい昭和のジャズを気軽に楽しめます。
いまむら直子さんはジャズシンガー、ピアニストであると同時に、テレビなどでおなじみの有名な歌手や俳優を数多く育て上げてきた音楽や演劇の指導者でもあります。
ときにはタップダンスも披露するなど、とても多才なタレントぶりを発揮してくれる楽しいステージが展開します。
[PR]

by imamusic | 2008-03-31 04:39 | Trackback | Comments(0)

大分上野丘高校校歌は珍しい混声四部   

今年の8月15日、大分ドームで卒業生3万人で校歌を歌おう、という会がありますが、在京同窓生の有志で練習をしてみました。
場所は和気藹々の新宿居酒屋「無頓着」で22期と23期の合同同期会。因みに私は23期。(高校2年の時に転校してきましたが1年の時の都立青山も23期、友人の伴奏で長野の伊那北高校同窓会に出演した時も同年齢は23期。全国一斉に学制が変わった時が1期生なのかな?)

練習は、途中までは良かったけど、男性パートが難しくなったところですぐには音取りできず(当たり前、難しいですもん)歌声聞こえずおしゃべり状態。
まさに学校時代の授業中のまんま(笑)。
その中で、同期のO君は大学の合唱クラブに居たとかでさすが、しっかり歌っていました。
誰かが「イマムラがみどり先生(園田みどり先生の事)に見えたよ」と叫んでました ハハ(あんなに恐くないですよ)。
d0135567_16404792.jpg
d0135567_1641252.jpg


練習はとても楽しかったので、在京同窓会事務局のバックアップで、参加費無料で6/17在京同窓会まで何回か世田谷区内の公共施設で練習交流会をすることになりました。
4月16日(水) 14:00~15:30 池尻地区会館 
東急田園都市線「池尻大橋駅」徒歩8分
4月19日(土) 18:00~19:30 駒沢地区会館 
東急田園都市線「駒沢大学駅」徒歩10分
[PR]

by imamusic | 2008-03-26 21:00 | 大分上野丘高校校歌 | Trackback | Comments(1)

連日花粉浴三昧中、連続ライブ敢行三昧   

あーもう!花粉が!目はかゆい、頭はボー。
掻きすぎて切れた目頭が化膿してはれ上がり、駅前の目医者に15年ぶりくらいで行きました。
住所、氏名、変更しているのに、ただ「以前・・・かなーり以前、かかったことがあります」と言っただけで、簡単に私の過去のカルテが出てきた上、以前の氏名で呼ばれた。・・・この仕組み、どうなってるんだろ?保険証の番号は国内の人間コードになってるのかな???(私はいったい何番なんだろ?)

3/21(金)、青山Z-imagineは、本当に久しぶりの自己ライブだった。
d0135567_16244386.jpg

久しぶり過ぎて、来てくれた新しいお客様たちへの感謝&アピールが先にたち、前前夜から48時間、コンをつめて作り上げた春用新プログラムに沿ったバンド用楽譜に基づき直前リハーサルした曲目を簡単に投げ捨てて、過去の得意な曲・好きな曲ばかり披露したのは、なんとも私の未熟だったと後日反省した。
リハーサルでの春プログラム挑戦は、なかなか面白かったのに。バンドメンバーも「なんで?」と思ったに違いない。まあベテランだから気持ちまでも察した上に。きっと。
d0135567_16321744.jpg

リハーサルで、私の説明を聞く、中屋氏(drums)と宮崎氏(bass)。もう、私がどう即興演奏しようと、譜面がなくても即座に対応して音楽を見事に構成してくれる。その腕、すごい!

d0135567_16353852.jpg

クラシックのキャリアもしっかり持ってる斎藤君とは、ボロディン作曲「ダッタン人の踊り」(Stranger in Paradiceと同じ曲だとこの時初めて知った・・・どちらの題名ででも演奏してるのに・・・汗)、メンデルスゾーンの「春の歌」などクラシックをジャズ化してやったりした。しかも彼のポピュラー理論科講師の頭脳を信じて、移調の必要な楽器なのに我々ピアノと同じキーの楽譜を渡して頭の中でリアルタイムに変換しつつ吹いてもらった、更に本番は突然の曲目変更で楽譜が無かったり・・・ごめん斎藤君。見捨てないでくれー、次回は是非。

d0135567_1644013.jpg

この日集まったのは、理数系インテリ族中高年、生徒の女の子、近くにある母校の同窓生たち、歌手仲間など10人ちょっと。次の日「案内状がライブ翌日届いて行かれなかった」という連絡多し!ああ!しかし人数少なく、休憩時間に異種業交流会のようになったのは、実りあって良かった。ここでの開催はこういう形を期待していた。

3/22(土)は、花粉症状が酷くあわてて眼科に駆け込み、昼すぎ、40年以上も前に交流のあった小学校の先生で、実はピアノソナタや交響曲を教員生活中ずっと発表し続けていたアマチュア作曲家でもあり、今ではシャンソン弾き語り歌手でもある日高昭男先生の5/18溝の口ノクティホールコンサートのゲスト出演のため、玉川高島屋の洒落た喫茶店でミーティング。北朝鮮から命懸けで引き揚げきてから現在まで音楽への熱い想いや勉強の履歴と人生の話を伺い、「先生と生徒」から「音楽を愛する仲間」へと距離がグンと縮まった。本当に不思議な感覚。その後、南武線周りで立川の芸術家仲間主催のMATコンサートの受付手伝い。

3/23(日)、なんだか花粉で体がどんよりしている中、したかった遊歩道花見散歩をし、三軒茶屋の、知る人ぞ知るイタリア料理店「イル・ピアット」へ。
d0135567_17353321.jpg


座ったら花粉症がすさまじく発症。見ると、真横に私の敵「杉の花」が開花しているではないか!くしゃみが出、顔はむくみ、だるい・・・。癪なのでチト撮影!
d0135567_1737915.jpg


その夜、用賀のエフエム世田谷で中高年番組「木曜スマイルKAN」の最終収録を終え、近くの「キンのツボ」へ移動。今月から毎月レギュラーで始まる私の「ピアノ弾き語り」ワンコインライブは、二日前・青山Z-imagineの倍以上のお客様で満員の雰囲気。弾き語りなのでさして準備もいらず、思いっきり演奏。ジャズライブ心得者多く、一曲ごとに拍手もものすごい。超やる気が出た。そこでも二日前の交流会の効果を是非発揮したく、知ってるお客様の名前と簡単な紹介を休憩時間にした。迷惑だった人もいるかもしれないな、こういうの。
しかし、新しく知り合った人たちとのおしゃべりで気づかなかった自分の価値や興味も掘り起こされ、勉強中の若手は思わぬところで目指す業界の先輩の話を聞くチャンスを得、多角的な仕事内容の需要供給の商売相手が見つかったり、研究中の事柄にヒントを得たりして、今後の人生の何かの役に立つ。
それを、無理に意気込まず、共通の「いまむら直子の音楽」を楽しむ、ということで成り立てば私はすごく嬉しい。そしてその流れをもまた、私の音楽の方向性や姿勢に良い意味で上手く加味できればいいな。
[PR]

by imamusic | 2008-03-25 17:01 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(5)

三寒四温・・・寒い!明日気合の青山ライブですぞ!   

三寒四温の春先らしく、今日はまた肌寒い。雨も降っているし花粉もある。犬もふさぎこんでる。明日のライブのご案内個人発送が遅れている。手応え不十分で客席埋まり度わからず不安のままプログラム作成に移れず、最近新たに頂いている名刺の束を引き寄せ、顔を思い出し、言葉を選び、メールしてみようと、前日なのに焦っております。気候もよろしからずヤな朝だなー・・・。自業自得。
そんな中、ネットの広告サイトで目に留まった映画がある。「悲しみが乾くまで」
ストーリー、スタッフポリシーに共感。ここ1ヶ月、元パートナーが年末に悲惨な最期で亡くなり1月下旬埋葬してから、心にずーっと沈んでは浮かぶ「何か」があった。16日の日曜日ひょんなことから故松本英彦氏の未亡人佳子さんと会い、何人かで朝までライブハウスをジャックして演奏したりカラオケバーに行って歌ったりした。世界のジャズサックスプレイヤーの横に居た女房、それだけで興味があったが、かなり酔ってた中にも名言が続出した。そんな強烈な出会いや別れがあり、「悲しみが乾くまで」の解説に共感した。私は・・・自分も人も生きる力がわいてくるような、心を揺さぶるライブをやり音楽を発信する事で、人生を全うしたい。
明日は・・・ライブです。よろしく。

3/21(金) 青山「Z-imagine」19:30-/20:50- 終演時刻21:40頃

「昭和モダンのジャズレヴューVol. 7」MC=2,500yen(1dr.付)
共演=Bass宮崎正秀/Drums中屋博之/Sax&Fl斎藤尚久
Webチラシ
アクセス=地下鉄銀座線外苑前駅3番出口より徒歩1分(246沿いの角、ファーストキッチン地下) /北青山2-7-17青山鈴越ビルB1 Tel;03-3796-6757
d0135567_11301545.jpg

[PR]

by imamusic | 2008-03-20 11:30 | Trackback | Comments(6)

春一番の青山外苑前ライブです!   

近所の家の桜が咲きました。ここは町名も「桜」。
d0135567_0304093.jpg

向かいの花の店「やまぐち」。桜の家と花屋さんが我が家の路地出口の両脇。
d0135567_0323462.jpg

d0135567_0325145.jpg
d0135567_033721.jpg

d0135567_0332396.jpg
d0135567_0333978.jpg

来週は久しぶりのライブです。
青山のライブハウス「Z-imagine」としては、1/11以来。
私的生活の中では、あれから本当に色々あった・・・。
フィルム残量が少ないからと、クライマックスや事件を後半に一度に盛り込んでしまった映画みたいだ。天候までが「降雪6回の東京」という珍しさ。
それも、この写真の花々の咲く春の訪れと共に、もう次のシーンへ進んでいる。

だから、3/21(金)「Z-imagine」のライブは、また格別。SKDメンバーが4月公演で出演できないので、むしろ私らしいライブが出来る。
今回は「昭和ジャズ」は特集扱いくらいにして、斉藤君のサックスやフルートと一緒に好きな曲や春らしい曲をやりたい。軽いクラシックやスクリーンミュージックも。
先程斉藤君にメール相談したら、「ダッタン人の踊りの譜面、持って行きます」との事!こりゃ楽しみだ!私もあの曲は大好き。ボロディンの名曲だけど、さすがメロディープレイヤーだけあってメロディアスな曲を選ぶなぁ。さてさて他の曲目も今夜あたり決めよう!なんにしようかなー!
Webチラシはこちらをクリック!
[PR]

by imamusic | 2008-03-13 00:46 | Trackback | Comments(3)