カテゴリ:ピアノ弾き語り勉強会( 4 )   

今年も「ピアノ弾き語り勉強会」をします。   

去年年末やった「ピアノ弾き語り勉強会」のその後、です。

去年の勉強会の様子。
d0135567_10591863.jpg


参加された方達から、ぜひ続けたいので再開してください、と言われていました。
私もとても手応えがあって良かったので、今年から、年2回、春季と秋季に5回講座で開催を予定をしていました。

しかし今年は、戦後70年。この事に向き合う時間が必要で、春季は残念ながら開催できませんでした。

8月15日の終戦記念日も通過した今、象徴ととらえていた8.15とは別の、沖縄の終戦日、パラオの出来事、終戦前の3月の東京空襲、全国への空爆の歴史、そもそもの戦争の成り立ち、母が生まれ育った満州、などなど、メディアでも特集が組まれ、貴重な資料提供を初めて目にし、現在の世相も含めて、もっと知る必要がある事を痛感しました。

それがわかっただけでも、今年は私にとって収穫で、今後の生き方や課題、取り組みたい・取り組むべき活動が見えてきました。

で、開催できなかった「ピアノ弾き語り勉強会」春季ですが、今年の9/12「ハートフルコンサート」を終え、やっと10月から開催出来る目安がたちました。

去年参加された方達には直接、日程などの案内をメールでお知らせします。
その他の参加希望の方は、ホームページ右下の「CONTACT ME」をクリックしてメールでご連絡くださるか、SNS(facebook,mixiなど)のメッセージでアクセスしてください。

去年同様、4~5回のグループレッスンと補習と年末発表&セッションパーティー、の予定です。
[PR]

by imamusic | 2015-10-01 11:07 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)

11/29(土)「ピアノ弾き語り勉強会」記録。   

昨日11/29(土)午後は、第3回「ピアノ弾き語り勉強会」でした。

この日は男性陣の参加が多く、男3女4の計7名の受講者。
指導用の私の鍵盤も含めて我が家にある8台のキーボードをレッスン室に並べ、各自一台ずつ座り、コードの押さえ方、バリエーションのつけ方、ハ長調で弾いたままトランスポーズ機能を使って音だけ移調し自分のキーで歌う電子楽器ならではの使い方、などなど、復習も兼ねて説明してから、課題曲の「Let it be」を練習しました。
d0135567_2061555.jpg

左手をこう使う時は右手はこんな感じで、と身振り手振りで説明。
d0135567_2061640.jpg

そして、私の演奏と一緒に全員で合わせて弾いてみます。
d0135567_2061611.jpg

雰囲気がつかめたら、あとは5分間自習。
メールで課題曲の曲名を伝えてあったのですが、何も指示してなかったのに、自分で探して伴奏が書いてある楽譜を持ってきたり、自分のキーに書き直して練習してきたり、歌詞だけを書き出してコードを詩の頭に付けたオリジナルなものを持ってきたりした人もいました。
ピアノ伴奏は苦手〜と言いながらやっとこさっとこ片手でコードだけなんとか押さえながら歌はソプラノの美しい声で抜群に上手い人、1番はバラードで2番は急にアップテンポのRockになる人、オリジナル楽譜には無い7thを入れちゃってBlues風な伴奏に仕上げニューヨークのため息ならぬ世田谷のため息のようなアンニュイな歌声で魅了する人、今日初めて参加の人でピアノは得意だけど弾き語りは初体験な人はメロディーを「ラララ〜」で歌いながら弾いたり…全員が全員、全く違いました。

英語の歌は難しい、という声も前回あったので、歌う事にも慣れた方がいいと思い、歌だけの練習もみんなで2回ほどやってみました。
結構これで声が出てきた人もいたけど、ピアノと一緒になるとなかなか声が出ないですが、自分とレベルが大して変わらない人が、技量だけではない何か(心構え?)で挑戦して、なんとかやってしまう姿を見て、そうかなるほど、と思い直した人もいたように見受けられました。これが私の狙いの一つでもありました。

練習は、私以外は全員ヘッドホンをしながら、自分の出来る事をアイディアを出して作り上げていきます。
d0135567_2061790.jpg

5分間の自習が終わると、一人ずつその場で発表演奏。「えーーーっΣ(゚д゚lll)」と言いながらも、各自がそれなりに個性的なアイディアと実力内の技で、なんとか1コーラスずつやり終えました!凄いぞ、みんな!
d0135567_2061753.jpg

左手ベースが休みがちな人には私が左手でベースを、歌の声が出てこない人には皆んなで歌を加勢して、協力すれば曲を終えることも体験し、自分以外の意外なアイディアも聞いて刺激を受け、また5分間自習。
d0135567_2061878.jpg

そのあたりで「遅刻してスイマセーン」ともう一人参加。
d0135567_2042458.jpg


そして最後にもう一度、一人ずつ発表。今度はフルコーラス2番まで弾き語りする人も3〜4名。お見事でした〜!
d0135567_2062081.jpg


終了後も話に花が咲き居残ってワイワイ楽しそうに交流していました。

個性の光るピアノ弾き語り…難しく考えずに、単純な基礎とアイディアで、どんどん楽しんで欲しいです。
3回目の昨日はやり方が少しわかってきたようで、全員随分前進しました。
充実した楽しいレッスンでした。
[PR]

by imamusic | 2014-11-30 19:10 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)

9/27第1回「ピアノ弾き語り勉強会」記録。第2回は明日11/8(土)。   

d0135567_16255066.jpg


ピアノ弾き語り講座の第1回目を開催してから一ヵ月半、ようやく明日は第2回目です。

もう随分前の事なので、参加者も私もスイッチを入れなおすために、手元のノートにメモした第1回目の様子や反省記録をWordに書き直しjpgにしました。

d0135567_1642238.jpg

愛犬セントバーナードの居住スペースだった広い居間兼レッスン室が、今春の彼の大往生で居なくなり、ようやく以前からの企画が少しずつ成立していきます。その一つがこれ。

明日からは、11/8,11/29,12/6と、少し続いてきます。最後はくっついてますね。すでにこの冬季4回は定員になってるので新規には参加できません。

前回9/27は、やってみて、本当に面白かったし有意義でした。このシリーズはこれが初めて。今後、1年半くらいは続ける予定。Vol.1は2014年冬季全4回集中講座です。
次回Vol.2は、2015年春季1~3月あたり全4回を開催する予定。

定員が2~5名くらいなのですが、あっという間に応募があり、6名になってしまい、また始まった後、数名が「やってみたいのですが・・・」と申込みがあり、関心の高さがわかりました。

集中講座4回で何かスキルを身につける、という姿勢で、コツコツとというよりは合理的に楽しくやっていきたいです。
[PR]

by imamusic | 2014-11-07 16:36 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)

ピアノ弾き語り集中講座をやろうと思っていますが……   

9月〜12月の土曜午後、全4回、「ピアノ弾き語り集中講座」をしようと思い、ニーズがありそうな身近な方の中でピアノが弾ける人、又は弾けそうな気がする人、通えそうな人…30名をピックアップしてメールでお誘いしました。

けれど、「ピアノ弾き語り講座!とても受けたいけど、その前に歌がチャンと歌えてないので、まず歌えるようになってからやりたい」という返信が多く、「やろうと思っていたのでちょうど良かった!参加します」というのは1名でした。

で、参加募集を身内枠から広げてご案内します。

……………………
何年も前から「ピアノ弾き語りが出来るようになりたい」という声を聞いていたので、「ピアノ弾き語り勉強会」を、いよいよ開始しようと思いました。

これは長年レッスン室を居住空間として占拠していた愛犬セントバーナードのガルバンソ君が老衰にて4月逝去した事により可能になったものです。

どういう風にやろうかと色々考えていました。ピアノ学習者は履歴が十人十色で個人レッスンが効果的だからです。
しかし個人レッスンだとレッスン費が高いし、私もピアノ弾き語り演奏当事者として「最低限これだけわかればいい、難しく考えると難しくなるだけなのよ」という最短距離の教え方のカリキュラムを一生懸命作った努力が報われない。

実際、アメリカの古いジャズピアニストや弾き語りは、楽譜読めない人やコード知識も少なく、ピアノ演奏も独学という人が結構います。

ピアノのコード弾きは、ドレミファがわかっていれば、少しの効果的な方法で、いじっているうちになんとかなるもんです。でも学校教育やノウハウ本での独学では無理。

ジャズではピアノもまたスポーツと同じ。まず参加して、失敗して、時々偶然に上手くいったりして、慣れて、そのうち必要な分だけの理論やエクササイズを少しずつ仕入れて行き、自分の出来る範囲で楽しむ、その繰り返しで上手くなる(英会話習得にも似てるかも)。出来ない(喋れない)ということは恥ずかしいことではない。それより視野を広く、文化を楽しみ、自分を楽しむ事が大事。独奏でも合奏でも。

弾き語り講座ですが、ピアノ伴奏だけを目的にしてもいいですね。

……………………………
「ピアノ弾き語り勉強会2014後期」
■土曜クラス(全4回)ステップ1
日程=9/27、11/8、11/22、12/6
時間=13~15時
定員=2~5名(先着順)
資格=バイエル終了以上、大人(中学生以上)
持参=ヘッドフォン(イヤホン)、筆記道具など
場所=世田谷区内
費用=1万円(4回分)
応募=名前、年令、動機を書き、imamusic(あっとまーく)msn.comへ送信してください。
…………………………

しかし、この講座は企画倒れの可能性もありますね〜。特技を活かせるので集まればやり甲斐ありますが、ボーカルに比べて、案外、敷居が高いようです。

今回の案内で応募が少ないようなら、社会でのニーズは少ないと考え、弾き語りグループ講座自体を頭の企画室からポイして、カリキュラムも作る手間もやめ、今後やらないと決意できます。

反応を見るためにも、企画室からの案内告知をしました。
[PR]

by imamusic | 2014-09-22 13:36 | ピアノ弾き語り勉強会 | Trackback | Comments(0)