高校同窓会を、ハ・シ・ゴ・・・。   

6月は、同窓会が多い。その訳が今日わかった。
4月からの年度はじめに役員会で相談し決めた会計報告・役員候補の承認を早くやらないと今年度の活動が出来ないから、だったのですね。
ゴールデンウィークも過ぎたら、6月初めが最適なのだわ。

6/13(土)は、虎ノ門パストラルにて、卒業した大分上野丘高校の在京同窓会、6/14(日)は、日本青年館にて、入学した都立青山高校同窓会に行きました。

ずっと、長い間、どちらに行くにも気が引けて、行かずじまいだったのが、数年前から声がかかりおそるおそる出席してみたら、いつの間にかどっちも三年間通った地元民のような大きな顔で参加してます(汗)。
大分の伝統ある公立名門校、学園紛争の先駆けとなった都立高校・・・人格や生き方、考え方も違うこの二つの学校の旧友や、学校時代は全く知らなかった初対面の同窓生達・・・どちらの学校も私は大好き。

土曜日の上野丘高校の同窓会写真は、そのうち同窓会ホームページの「思い出フォト」にアップされるでしょう。生体肝移殖の世界的権威である11年先輩の田中紘一先生の講演は、去年8月、大分の九石ドームで開かれた大同窓会でもドームのスクリーンを通じて聞いたが、画面を指しながらの直のお話は、更に判りやすく人柄も楽しく、深刻な話をいつの間にか集中して聞くことが出来、理解できてよかった。
春の珍事と言われた60年ぶりの甲子園出場試合ダイジェスト版放映は、結末がわかっていながら、1点が入った瞬間は感動して涙が出てしまった。
その後は、我等コーラス隊の出番。混声四部合唱の美しい校歌と、滝廉太郎の「花」を、開会の数時間前に赤坂の練習スタジオに集まってウォーミングアップとリハーサルをし、本番に挑んだ。今回はピアノは会場に無いので、自宅で録音していったピアノ伴奏カラオケで歌った。出られない人も居てテナーが弱かったので、バスから急遽テナーに鞍替えしてくれた人、在学中より四部合唱で歌っていたという一回り上の先輩、元音楽部、など臨時お助けマンも加わってもらって、頑張った。なんか、いい雰囲気になった。「花」は、会場の皆さんと一緒に、という形で、コーラスリーダー的に合唱。ハーモニーを歌える人を更に現場募集で数人参加。合唱はやはり選曲が大事だとつくづく思った。良いコーラス曲は、心を寄せ合い、ハーモニーがなんともいえない幸せ感を空気中に放出する。約250名の静かなハーモニーと歌詞の世界の素敵な時間だった。大分の温かい人の絆を感じた。

そして日曜。こちらは、千駄ヶ谷駅から青山高校への通学路の途中にある日本青年館でだ。
d0135567_362745.jpg

旧日本青年館は、ちょうど在学中に上層階で火事になり、夜のニュースでびっくりし、次の日見てみたら屋上付近が真っ黒だったのを思い出す。風情のある建物で、まだ燃える前、美術の写生の時間に周囲の木々の青葉とレンガ色の建物を、色と構図を楽しみながら描いた思い出が鮮やかに蘇る。
現役校長先生が、開会の辞で言った。「2012年、センター試験が変わるという。その中で東大は現国と公民を無くす予定らしいが、成長期にこの科目をちゃんと勉強しないと日本はダメになる、もしこの中に関係者がいたら是非なんとか無くさないように進言して欲しい」と。この、結構つっこむ姿勢、これがなんとも青高らしさのひとつなのだ。私もひと言同級生男子から「もし、青高と上野丘と同窓会が同じ日にあったら、どっちを取った?」とニヤリとした目で言われた。
制服の無い学校の自由さと共に、すでに都会に住んでいるのだからと反対に質素になる、ストイックで批判・討論精神の上に前進する地味な身なりの学生気質は出席した若年から年配まで通じている。総会では若者世代から「同窓会会費が、自分達や母校の為だけでなく社会貢献に使われるのだったら意義もあるので払う気持ちになる」という意見も出た。これにはこちらがニヤリとしてしまった。
d0135567_3343687.jpg
              学校の横を通り、思い出話をする先輩達。

d0135567_3353374.jpg
              学校入り口の門に貼ってある「禁煙」の札!

d0135567_3364287.jpg
              正門の数メートル右側にある横断歩道。

d0135567_338591.jpg
         横断歩道を渡った右側は、昔からある秩父宮ラグビー場。

d0135567_3392558.jpg
 ずっと左側には、神宮球場。授業中、カーン!というヒットの音、ワァーという歓声が聞こえた。休講になると、このアーチの中をよく歩いた。
d0135567_434160.jpg
右側先の高いネットが青山高校。道の先は国道246の東京メトロ銀座線外苑前駅に続く。手前左側は神宮球場。

高校時代。今に続くマイスピリッツルーツの風景だ。
[PR]

by imamusic | 2009-06-15 03:41 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/9861980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒゲ裏磐梯案内人 at 2009-06-15 04:52 x
おはようございます
あい変わらず、裏磐梯で頑張っております。

 同級会いいな~、僕はどんな用件があっても必ず出席するようにしてる、だって古くなると旧友がドンドン減っていく、だから残った方と旧交を大切にしてるのです。

 春の東京行きは新宿の小田急サザンタワーだったが、山親爺は何となく虎の門パストラルホテルが落ち着きがあり大きくなく好きである。
Commented by imamusic at 2009-06-15 05:33
おはようございます。虎の門パストラルは、土地の所有者による大規模開発により取り壊しとなり、9月いっぱいで営業停止だそうです。静かで落ち着いて良い施設でしたね。長年お世話になった会場なので残念です。今日は裏磐梯は晴れてますか?東京は昨日夕方から大雨でした。

<< ついに今年は、レインコート散歩だ! 本日、用賀キンのツボでライブや... >>