たまには春の公園へ。   

珍しく、春の花々が咲き乱れる公園など、散策しました。
場所は世田谷区の砧公園。時は3月1日。
d0135567_057275.jpg

この日は長男夫婦が、私達が大晦日に引っ越した場所のすぐ近くに追いかけるようにして引っ越してきたのでした。長男からの一斉メール「皆さんへ。この日空いていましたら是非お手伝いお願いします、ささやかですが、お礼として経堂の焼き肉屋で夕食をご馳走いたします」というのがあり、なんだか楽しそう!と思い、丸一日スケジュールを空け、張り切っていたのです。

砧公園の近くから、経堂駅の近く、わずか2kmほどの小さなアパートから小さなアパートへの若夫婦の引越し用の人足は、幼稚園時代からの長男の親友の男の子と、力持ちの次男と、当人達二人と、私。私以外は全員20代。
・・・だけど、どうしてぇ~???ダブルベッドのマットレスや枠なんて、持ってしまえば軽いのよぉ!それをなんでまた、小さな台車なんかに乗せて大変そうにゴトゴト運んだりするんでしょ!ほらちょっと待って!こっち持つからそっち持って!こうすりゃ簡単じゃない!
・・・2年毎の父の転勤による引越しで鍛えられた私から見ると、あまりにも、力なし、要領悪し、緊張感全然なし!でもって、やりゃあ出来るメンバーばかり。

こりゃ、居ないほうがかえっていいみたい・・・始まって15分で「見てらんないや、ちょっと散歩行ってきまーす!」とチャリで一人、近くの砧公園へピュ~(逃げた・・・)!

公園は広くて気持ちいい。薄曇、ちょっと雨っぽいそんな中、一面の赤梅と白梅が咲き乱れている場所があった。光が足りなくて、写真に撮っても感動が伝わらないけれど、現場では「見事」な感じ。日本の四季は綺麗だなあ。
1.6kmのサイクリングコースをまず一周。ここは緑が多く、奥に行くほど気持ちいい。

一回りしてから公園内の世田谷美術館へ。いいねぇここはいつ来ても。ワクワクする。緊張感がある。作品には作家の勝負魂が投影されていて、見ているだけで気持ちいい!
各地で開催されている美術展のチラシがたくさん置いてあり、虜になりそうな展覧会がいくつもあった。その中で一番惹かれたのは、3/7から東京写真美術館で開催されている個展:やなぎみわ「マイ・グランドマザーズ」展
d0135567_1281274.jpg

このチラシの絵も、じぃーっと魅入ってしまい、同感!と思ったが、その裏面にあった「TSUGUMI」という写真作品には参ってしまった。探したらWebにもあった(Webには「TSUMUGI」と書いてあるがチラシには「TSUGUMI」と書いてある
この作品は、私のMySpaceのプロフ写真に多少通じるものもありそうな気がする。いや、それよりも、私の心象風景の中の一枚と少し重なる部分がある。そして、彼女がテーマにしている「女性」への視点やアバンギャルドな表現には憧れる。

たっぷり散歩して、新居の方へ自転車で飛んで行き、荷物運びを手伝った。すぐ近くになった自宅へ帰宅したら、一日中ほったらかしにされてたガル(犬)の寂しさ度がMAXになってた・・・。

その夜の経堂の焼き肉の美味しかったことは言うまでもない。そして・・・みんなとワイワイやるのが、とても楽しかった。息子に奢られたのは初めてだ。
[PR]

by imamusic | 2009-03-09 01:39 | 日々徒然 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/9439112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒゲ裏磐梯案内人 at 2009-03-09 04:35 x
 春は誰もが何もかも心をウララ~にしてくれる
たしか『虎の尾を踏むようなもの』の言葉があった、山親爺は怖いから『カァ~サン』の尻尾だけは絶対に踏まないように、格別に気を使って頑張って生きております。
Commented by houtoku at 2009-03-14 11:07 x
砧公園は梅が見頃でしたか、半月もすれば次は桜ですね。もうすぐ春です、季節の移り変わりがいいな~、好きだな~。
やなぎみわさんはテーマがいいですね、さっそく東京写真美術館へ来週でも観に行こう。
Commented by GERA at 2009-03-15 03:35 x
houtoku君、忙しいのにコメントありがとう。多忙中にホッと一服って感じですね。今日はコーラス会、楽しかったですね。集まった人達がみんな魅力的でした。O君の送別会、行きたかったなー。仕事だったので時間切れでした。残念。
やなぎみわさん、このシリーズはいいなと思うんですが、公式ホームページの「老女と少女シリーズのフェアリーテイル」など、それから「エレベーターガール」も・・・見てみると、うーん、着いて行けん。
自分を、どうも世の中の異端児といつも感じてしまうけど、やなぎみわさんの作品を見ると、自分は凡人なんだなーと、ちょっとホッとします。
自然の季節の移り変わりの美しさは、ただただ、受け入れて癒されるだけの私ですが、表現活動などしないで、心を許せる人とでも一緒に、ボーッと花々を見物して季節を過ぎやり、ほのぼのと幸せに満ちていられるなら、極楽ですね。
Commented by GERA at 2009-03-15 03:38 x
まあ、やんちゃなヒゲ殿。・・・我が息子達には私の尻尾・・・見えてるかしらねぇ・・・。

<< マイク・モラスキー「戦後日本の... 昭和ジャズ研究中(占領期(19... >>