本日11/13(日)午後、京王線柴崎駅前「さくらんぼ」で東北復興支援のチャリティセッション会をやります。   

d0135567_08503612.jpg

秋空が気持ちいい朝を迎えました。11月の第2日曜日。

あの東日本大震災から5年半の月日が流れ、大きな揺れによる家屋倒壊に加えて恐ろしい大津波が人々を飲み込み、また震災による福島原発事故は地球規模の問題を提起拡大し続けながら事故の解決を見ず、自然災害と人災を含めた大地震の被害は、その地域に住む人々の生活や人生に大打撃を与えました。

いえ、言い切ることはできません。この目で見た訳ではないですから。全てメディアの報道により知っただけの私ですが、一度だけ、現地に行ったことがあります。原発被害で村から人が居なくなった川内村の危険解除による帰村宣言に合わせた公民館イベントに、ドラマーの小出さんとクラリネットの菅野さんと共に演奏しに車で行った事がありました。途中、人気のない道、人気のない家々を眺め、周囲の自然風景は変わらない中、目に見えない程度の違和感、という不思議さを思いました。そして、被災地の人々と、報道にのみ理解する非被災地の我々とは、立場が全く違い、簡単には個人の人々の思いに心を寄せる事はとても難しいことなんだろう、と思いました。

報道による知識と現地の人々の心の有り様…この違いをまざまざと見せつけられたのが、先日のアメリカ大統領選。当ブログも含めインターネットの情報は、新聞やテレビなどの公共報道の網をくぐるように、個人から個人への情報が届く良さと怖さもあります。

そんな中、目や耳は1つしかなく、画面も1つしかないので、新規のニュースに上書きされて古い情報はどんどん埋もれてしまう。iPhoneばかり見つめながら生活し出した、特に都会に住む我々…節電になればギョッとして福島に目が行くけれど、自然に囲まれた東北の環境の中で、もくもくと復興に向けて生活している人々の事は…東京で木枯らしが吹けば、寒くなって体調も崩すけど、東北ではもっと厳しいんだろうなぁ。

そういう東京人として、せめて月に一度は忘れないように、寄り添えるように、楽しみながら集おうじゃないか、という会の67回目が、今日です。

今日はレギュラー会場が改築中の為、あちこち会場を探しました。毎月第2日曜日午後にやる、という決め事を守りたい、会費は出来る限り寄付金に回したい。誰もが毎月参加できるくらいの参加費にしたい。そうやってここまで来ました。支持してくれる人が多く、いつも満席以上の35〜50名が集います。今日は京王線柴崎駅前「さくらんぼ」が引き受けてくれました。小さな店をクオリティ高く維持する為の独自のシステム、1,500円のミニマムオーダー(飲食代)が参加費以外に必要なのが、通常の回と違いますが、私自身が「さくらんぼ」のファンでもあります。どうぞご理解頂き、今日は是非、いらしてください!

昨日は新宿ジャズ祭が開催されて、このチャリティの主催者の女性ジャズコーラスグループShoofiesと出演しましたが、今日もジャズ祭開催で、常連ミュージシャン達の多くが来られません。

d0135567_08503781.jpg

昨日の新宿ジャズ祭、新宿三丁目「どん底」にて。

今日は、もしかしたら伴奏はピアノの私だけかな?ベースがいたらいいなぁ。

観に来る人、聴きに来る人、演奏する人、歌う人、お時間がありましたら、ぜひ!






[PR]

by imamusic | 2016-11-13 08:01 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/23613585
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 11/13(日)午後、チャリテ... レッスン、という名の、点と線………… >>