「う」の句…雨後の庭 野菜の新芽 光り出ず by イモムシ   

怒涛の誕生日…いやそれほど怒涛でもなかったが…嬉しさを人に見られると負けた気分になり、そうならないようにひねくれる、という昔からの悪い性分で、悟りの境地にちっとも到達せず、あたふたとした誕生日。その自己反省にストレスを感じたか、その後メチャクチャ甘いモノを食べ続け…そしてやっと、…落ち着いたようだ。
いや、毎年、もう少しマシに何か建設的に物事を考えていたような気がする。今年はどうしたんだか?自然児になったか?駄々っ子のようだ。あーむしろ、カッコつけずに振る舞えるようになったのか?いずれにしろ、誕生日とは、厄介なものよのう…。
でも、今年は初めて息子達から1人も「母上、誕生日おめでとうございます」という挨拶メールや声かけがなかったな。忘れたかな?彼らは母の日のカーネーションというのもやった事がついぞない。私が行事無視だから気がつかないのだろう。面倒くさくなくていいけど。私の興味は音楽活動に没頭している。
一人相撲もどうやら山を越えたようで、次なる5つ目の句は、最初の句と同じような平静さを取り戻したようだ。
d0135567_02513352.jpg

数日前、雨が降らなかったっけ?確か降ったよね?我が家の玄関から門まで5m程の石畳がありその脇に土の部分がある。そこに枇杷の木が生えていて二階の屋根の上まで葉っぱが一杯付いている。(数年前迄は立派な松も生えていたが幹が腐っていて電線に引っ掛かりそうだったので切ってしまった)。毎日枇杷の葉っぱが落ちて掃くのが日課だが、実がもうそろそろ成り始めた。まだ緑色で小さいけれど中にはオレンジ色になったのもあり先日食べたら美味しかった。木の根元の土は帯状に広く、以前はガルバンソのトイレ状態だったので雑草の生えるに任せていたが、先月ふと思いついて野菜の種を蒔いた。固い土をシャベルで耕し、パラパラと蒔いて土を被せた。それが今、次々と新芽を出しているのだ。ベビーサラダミックス、はやどりオクラ、百日草…。雨降りの翌日はごく最近蒔いた種あたりの土にヒョコッと小さな双葉が出ている。自宅の庭に種をまくなんて初めてで、ちょっと感動してる。植物達はなんだか時間がゆっくりで、自然現象にゆったりと時には驚くほど素早く反応する。それを観察している自分は穏やかな時間の中にいる。

今年の誕生日は、なかなか面白い視点で過ごしている。この穏やかな時間モードに戻ってきたのもその一連だ。

さて、「イモムシ ウタう WEEK」後半は、どんな心境へ変わっていくのだろう?何が見えてくるのか?自分でも楽しみ!

そうそう、10句作りの遊びに反応して作句してくれた人が何人もいる。facebookのコメント欄に書いたりメールやメッセージで送ってくれたり。ありがとう!とっても嬉しいです。楽しんで書いてくれて、色々な視点があって面白い!今回の記録句集ノートに書いておきます。

あれ?ところで私、何才になったんだっけ?あーそうだ、ムシになったんだった!あれこれ書いていたら年令の事を忘れてた。数字で書かずムシと書いたもんで、更にピンと来ず。

でも、そう、ムシにね。了解!(何言ってんだか)。




[PR]

by imamusic | 2016-05-19 02:16 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/23154948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 「ご」の句…ゴジゴジは 花の悪... 「と」の句…糖分の 甘さ優しさ... >>