別大マラソンのテレビ中継で映った「弁天大橋」の思い出。   

今日は昼過ぎ、テレビをつけたら別府大分マラソンの中継放映中だった。
父は若い頃から出勤前の4〜5kmジョギングが日課で、転勤族の新任地の地理把握も、このジョギングで早かった。
毎年1月2日は10kmと決めていて、私が高校2年次に転勤した大分勤務では、碩田中に入った弟を伴って大分の官舎から別府まで別府湾沿いの道路を走り、私はカメラマン役で道路沿いを走る高崎線で先に行って待ち構え撮影したっけ。
今日のマラソンコースは同じ道で懐かしかった。父は約10kmの別府に着くと大分まで国鉄で帰り、風呂に入って一杯。今年も走ったな、というのが正月のリフレッシュだった。

テレビ中継を見ていたら去年通った新しい都市計画終了後の綺麗な駅前を過ぎ、「弁天大橋」とアナウンスが!あれ、ここを通るの?ゴールはどこなんだろう?
d0135567_00284758.jpg


「弁天大橋」は私達が住んでいた豊町の官舎のすぐ近くだった。ヘリコプターからの画面はどの方角からかな?あー沿道の人垣が左側だから左側が海だな。左側手前の土手をずっと左へ行くと土手のすぐ横に住んでいた官舎の一軒家があったはずだ。

あの頃、12月、同級生N君から貰い受けた茶色い雑種でオスの日本犬「ゴン」が、突然居なくなった。家の横の土手を越えると海に近い広い川辺に出る。満ち潮引き潮の差が大きく、残った水溜りに魚が飛び跳ね、台風の後は川上から豚も流れてきた、犬には格好の遊び場で、放し飼いにしていたのだ。ご近所もみんなそんな風で、よその飼い犬が垣根の隙間をくぐって庭に遊びに来てたりした。一応リードをつけて時々散歩したが車をとても怖がっていたので心配していた。父も毎朝ジョギングしながら探し、年も明けて1カ月経った頃、この車の通りが激しい弁天大橋を渡ってすぐの公園で「ゴン」と呼んでみたら、突然、茂みから気が狂ったように転がり出て来たらしい。後ろから可愛いメスの犬がチョコンと顔を出したそうな(*^_^*)メスを追ってあんなに怖がっていた車道を渡り戻れなくなったみたいf^_^;

そうそうこの写真、これが家の横の土手。後ろに見えるのが弁天大橋。女の子は高2時代の私、犬はゴン…1969年かな。
d0135567_00284718.jpg

あ、その川辺で遊ぶゴンの写真も出てきた!土手の向こう側に家があった。
d0135567_00304920.jpg

転校先の高校に演劇部が無かったので、職員室に談判しに行き、演劇同好会を作った。彼らが我が家に遊びに来た時かな?土手を同好会の一年後輩の仲間達が歩いている。
d0135567_00284781.jpg

ゴンと庭先でツーショット。土手散歩の雰囲気と違うが、これも私だ。
d0135567_00284896.jpg

高校の制服姿の写真も同じアルバムにあった。これは父が趣味で習っていた能楽の仕舞い発表会があるというので父に連れられて会場に行く途中、多分、大分駅ホームだろう。
d0135567_00284897.jpg


そんなエピソードの思い出がある、弁天大橋が、今日の大分マラソンのテレビ中継で映っていた。
d0135567_00284818.jpg

d0135567_00284829.jpg


マラソンと言えば次男が今、市民マラソンに夢中だ。
時の流れを感じたな〜。

[PR]

by imamusic | 2016-02-08 00:06 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/22859011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 昨日の「キンのツボ」ライブ演奏... 2月のいまむら直子(Piano... >>