下高井戸シネマの会員になりました。映画はやっぱり映画館で観たい!   

今月、我が家から3kmくらい徒歩で40分くらいの所にある「下高井戸シネマ」の会員になりました。

年会費3,500円で一般入場料が全部900円になる上、最初に招待券を2枚くださる。5回観ると1枚の招待券をくれる。
愛犬が去年老衰で旅立ち、犬散歩が無くなって定期的に歩く目的がなく、何かといえば自転車に乗ってしまう。糖尿病対策がイマイチの日々。で、映画を観る!なんて素敵な事のために歩いていこう!と思えばモチベーションも上がりそうだ、映画ももっともっと観たいし、と思い、行ってみたのだ(自転車でf^_^;)。

窓口で申し込むと、なんと私はシニアだそうで、年会費が2,500円だった*\(^o^)/*

でもらった招待券で、その場で上映中の「アルゲリッチ 私こそ音楽!」という馬鹿げたタイトルの映画(原題は「bloody daughter」だそうだよ?)を、私の馬鹿げた頭はその邦題タイトル故に惹かれて(ーー;)、観ました…。
d0135567_1816653.jpg



物語でなく、ドキュメンタリーなんだね。だから涙も出ないし何かストーリーを観たという感覚がない。でもやっぱりピアニストなので彼女の言動や様々な事に共感もした。
この映画館は何回も入ってるけど、いつもがら空き。なのにこの映画はビックリな事に満席だった!中高年の女性が圧倒的に多い。やっぱり邦題に惹かれるんだろうな。ピアノやってる人、って顔の人たちが多かった。少なくとも競馬場にいる人たちじゃあないね。実はちょっと苦手、この女性群。

ま、いいや
そして先週は「パーソナルソング」を観た。これは興味深い映画、というかわたしのやってることと共通する。これも原題の方がいいな。「alive inside」…中は生きてる、って意味。

今月はあと「100歳の華麗なる冒険」「馬々と人間たち」「至高のエトワール」「asahiza 人間はどこへ行く」を観る予定。
d0135567_1816613.jpg



先週の土曜日は世田谷美術館の講座「東宝シネマの映画美術」を聴きに行き、そのまま展覧会も観てきた。七人の侍の美術をやった最後の生き残りという人が裏話をたくさん聴かせてくれた。夢は、何もないところに、とにかく創意工夫して作るもんなんだな〜。それをその種明かしでスタッフ側の事情を垣間見て、何か元気が復活した。
[PR]

by imamusic | 2015-03-17 17:48 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/21637912
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< メルマガ3/31号を発行しまし... 週末3/21(土祝)夜は第3回... >>