秋は来るもんなんだね・・・今夜は涼しい・・・過ぎた夏の想い出・・・   

どうやら、今年の夏もきちんと終わってくれたようです。今晩は冷房も扇風機もいらない。涼しくて気持がいい。むしろ身体が冷えそうで、2ヶ月ぶりくらいにシャワーでなく湯船にお湯を張り入った。ぬるいお風呂に自宅でゆっくり入いれるというのが幸せ~な感じだった。
0時を過ぎて網戸にして窓を開けていると、虫の合唱が聴こえる。秋が来た。

記録的な猛暑の夏でした。四国では気温41度もあったという。あんなに皆で心を合わせて「節電」をしていた一昨年や去年の夏が嘘のように、お上が何も言わなくなって、死にそうに暑かった今年の夏は存分に冷房のお世話になって乗り切った。

でも、この異常気象、今年がたまたま異常なのではなく、長期的には地球温暖化のせいだとTVが言っていた。しかし、井上揚水の「傘がない」じゃないけど、社会問題と個人の生活がどうもリンクしない。まさか、すぐに人類がそして私や友人達や家族達が困る事はないだろ。

ん?でも……。

3.11とその後は、「傘がない」なんて言ってられないんだぞ実際は、という事に気付かせてくれてる(いや、それでもやはり「君の住む街に行く」事の方が、大切なのかも)。
しかし、今や情報も、歌詞に出てくるようなTVと新聞だけじゃない…。もう、1970年じゃないんだ。あの鉄腕アトムの誕生日は2003年、とっくに過ぎてるし…。

何かが…とっくに過ぎてしまっている。ライブ感というか臨場感というか、「今」「ここで」という「時」と共に居る実体感が、ますます失われていっているような気がする。特に、この東京では。

何を大切にしたら幸せになれるんだろう?なんとなく幸せでなくはない今、それが永遠に続くとは思えない今年の異常気象、生きている内に何かが起こるんじゃ…?


心を澄ますと、地球の声が聴こえてくる。「平和!平和!」と叫ぶんじゃなく、この世に生かされている自分を認識して、生かしてくれているものを大切にしたい。心静かに確実に、個人で出来る事を個人の判断で行動に起こし、判断の力を人との絆から学びたい。

地球温暖化、と言っても本当に実体感が無い。しかし今年の猛暑や雷雨は身に沁みて危機感を感じた。一人ひとりの生活の仕方が救済への道を開くと言われている。

9/14(土)の「ハートフルコンサート」は、それがテーマなんだ。
d0135567_1413936.jpg


しかし、新聞やTVやインターネットとは関係ない生活をしていて、私の疑問など無意味なほどの生き方をしている人達が居る。そういう、日本の山々の奥で生活をしている人達。

7月には北海道の道東に行き、釧路湿原の中にある家屋を見た。
d0135567_1535769.jpg

8月は長野県の最北、野尻湖の湖の奥の集落を見た。
d0135567_203720.jpg


そんな中でピアノ弾き語りの小さなライブの場をたくさんセットしてもらった。人との心のふれあいがたまらない。
d0135567_295870.jpg

苫小牧東病院
d0135567_2101310.jpg

苫小牧信用金庫とましんホール
d0135567_2142464.jpg

野尻湖舟小屋

因みに、野尻湖も北海道も、冷房というものが宿泊したところには無かった。扇風機だけ置いてあるけどそれも使わなかった。日が沈めば24時間営業の店の灯りも無く、真っ暗かといえば満点の星々と月の灯りで魅力的な光に包まれる。

この夏もまた、自然の地で多くを学んだ。
[PR]

by imamusic | 2013-09-07 02:11 | 日々徒然 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/19612155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 平和への想いを音楽に託して「第... 本日16:30〜18:00下北... >>