来年への宿題は、原爆資料館に行くこととした。   

年末の慌ただしい日々、今日12/30は、東京にも朝から冷たい雨が降っています。
今年の仕事やイベントも今日の夕方のホームパーティーの伴奏役でおしまい。還暦の年越しにあたって自分の社会的位置や、やるべき事、やれる事を改めて強く探し求めていた一週間でした。
「吉永小百合 オックスフォード大学で原爆詩を読む」という本のタイトルに惹かれ読んだのが一週間前。ホロコーストと原爆とフクシマを繋ぐ海の向こうでの捉え方にハッとし、還暦と言えば当たり前ながらもう60才、国政で右往左往しながらも頑張っている人達は私より若い人もたくさん居るし、なんと首相も私より若い世代になってしまった。私なりの履歴を活かして、より良き生き方をしなければ!と奮い立ちました。
一方、そばに居る老犬の日々一進一退の老化現象に対するケアへの情報収集アンテナも張っていて、「マーリー」というアメリカのベストセラー本を、小百合さんの朗読のお話の後、読みふけり、数日を費やし、その後、縁の深い方から届いた亡きお父様の自分史と医療活動の本にも没頭しました。
知人のバイオリニストの東北大震災チャリティコンサートでの子どもの図書館支援の話も感化され、そんな一週間でボンヤリ現れてきた「私は広島をまた見てなかった」という宿題が浮かび上がり、とにかく一度行きたい、それが次回作の音楽制作や今後の音楽活動の大事な部分を作る、と思うようになりました。
その事を昨夜、毎年誘われている数人のミニ忘年会で、偶然にも大学の先生達が多く、その話題にしたら九大の音楽史の先生が「長崎もあるので私は広島には行ってない」と言われ、私の父の故郷福岡県三井郡大刀洗にある今村教会と浦上天主堂との関連に思い当たり、広島より長崎だ!と気づきました。
来年は早々に、長崎原爆資料館を訪れ勉強して来ようと思います。

さてと、今からジャズ好きな人達のホームパーティー忘年会の伴奏で品川の生徒さん(私より年上)のご自宅まで、Go!
[PR]

by imamusic | 2012-12-30 14:40 | 日々徒然 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/17533219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HC爺ちゃん at 2012-12-30 22:10 x
長崎に行かれるのでしたら、ついでに広島にもお立ち寄り下さい。行きは長崎迄飛行機、帰りは新幹線で途中下車するのは如何でしょうか。広島は、平和公園と原爆資料館それに日本三景で風光明媚な宮島を見ると1日かかります。宿泊は、広島市内のビジネスホテルより宮島に泊まるのが良いと思います。宮島には1泊5万円位の高級旅館から、1万円程度の国民宿舎も有ります。http://www.morinoyado.jp/
昔日野皓正さん、羽田健太郎さんが宮島でライブをやっています。
Commented by imamusic at 2012-12-31 13:30
余裕があれば広島にも寄りたいですね。

<< 富士山の山際に陽が沈む東京で還... 来年1/25聖蹟桜ヶ丘ヴィータ... >>