徒然なる雪景色の自宅三連休   

雪が降ってますね。この冬、インパクトある風景の数日になりそうです。
ちょうど祝日がからんで三連休。日本列島はあちらもこちらも大雪の予報で、京都旅行のIさんはきっと雪の古都を楽しんでいるだろうなぁ。

東京は、朝から少しずつ雪の大きさや量が多くなり、今(深夜2:00)は屋根が真っ白。
前夜までに、主婦劇団FMCの公演も、地元用賀の「キンのツボ」ライブもちょうど終わってラッキーだった!今日からの下北沢演劇祭の公演の劇団は大変だなー。

水曜日のFMCの公演は今年は特にハラハラものの稽古状況でしたが、蓋を開けたら素晴らしい作品に仕上がりました。団員の友人の某テレビ局ドキュメンタリー部門の名プロデューサーからの感想メールに「今回は特に秀逸の舞台だったと私には感じられました。「魂の舞台」というような印象です。」とあり、続けることの強さを痛感しました。
Shoofiesもコーラスで、私も作曲と劇伴と効果音BGM即興キーボード演奏などで参加しましたが「コーラス隊、抜群。相変わらずキーボード絶妙。」(タハハ)と嬉しい事を言ってくれる。
「笑わせて、泣かせて、音楽が入ってきて………。脚本、見事。飽きさせない。サービス精神、充分。演出も良かったですね。既に、素人劇団ではありません。あのコーラスグループにも参りました。雰囲気、佇まい、そして歌詞にも。何て優しく、温かいのでしょう。歌い手の皆さんの表情が印象的。舞台演出に大きな効果を果たしました。感動ものです。」・・・と、滅茶苦茶べた褒め!
私はこのShoofiesへの「佇まい」という評価に、我が意を得たり!ととても嬉しかったです。
翌日木曜日夜はベースの山村隆一さんと用賀「キンのツボ」ライブ。故松本英彦さんの奥方佳子さんが久しぶりにいらして盛り上がり、客席も一体となって音楽を楽しみました。

建国記念日祝日の金曜日は朝から一転、一日中雪の降りしきる東京に変わり、今が「冬」だという事を思い知りました。近所の「台湾肉まんルーガン(鹿港)」という行列の出来る店まで雪の中の散歩。歩きながら頬張り、ちょっと先の世田谷線世田谷駅の近くのチーズ屋さん「フェリシダーテ」で美味しいコーヒーとラクレットを昼食に。それ以外は外出の予定も無く、自室にて音楽を聴いていました。明日も明後日も、のんびりだなー。
[PR]

by imamusic | 2011-02-12 02:46 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/12859192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HC爺ちゃん at 2011-02-12 08:11 x
 来週の火曜日迄、特に大きなライブなどは無さそうですね。ごゆっくり、お休みください。ところで2月20日のひだり馬に、松本佳子さんが来られるかも知れません。前回は、2008/7/20でした。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=876418337&owner_id=6625966&org_id=877080956

<< メルマガ発行しました。転載します。 そうだ!sound engin... >>