メルマガ発行しました。転載します。本日ライブ告知含めどうぞ!   

ここ数回の日記と重なるところもありますが、1ヶ月間のまとめのようなものなので、アップします。


とうとう師走になりました。一ヶ月ぶりのメルマガをどうぞ!
<イベント情報>
■12/9(木)19:00~21:30用賀「キンのツボ」にて
「いまむら直子昭和ジャズピアノ弾き語りライブ」
with宮崎正秀(Wood Bass)
charge1000円(drink500円+order)
電話03-3707-0346(用賀駅東口より徒歩1分)
18時開店、ライブ前は飲物割引ハッピータイム!
今年最後のキンツボライブ、お勧めです!リーズナブルで美味しいお酒と料理のユニークな居酒屋ライブハウス。グランドピアノとウッドベースとボーカルの懐かしく温かい昭和ジャズやスタンダード、昭和歌謡、シャンソンなど、ゲイスターズオーケストラで活躍したベテラン宮崎正秀さんを一年半ぶりに迎えてのピアノ弾き語りをお楽しみください。30分ずつ3回ステージ。3回目は歌や楽器の飛び入り歓迎です(コード譜2部持参ください)。
東口地上に出て目の前の大通りを右へ。マックの先、交差点の信号手前。黄色い提灯のビル地下。世田谷区用賀2-36-13アイリス用賀ビルB1

■12/12(日)12:00~立川スマイルタクシーベースにて
「手打ち蕎麦と今村直子の年末ワンコイン・コンサート」
12:00~手打ち蕎麦(食事)、13:30~バグパイプ演奏(大野慎矢)、
14:00~いまむら直子ピアノ弾き語り 
音楽チャージ(子供は無料)、手打ち蕎麦、粗挽き蕎麦がき、コーヒー(自家製・蕎麦かりんとう付き)などが各ワンコイン(500円)・・・自由選択。
立川市高松町1-21-15 X-30(多摩モノレール 高松駅から徒歩5分(下車して熊野神社方面の階段を下り高松駅北・交差点の歩道を右に折れ200mほど行くと左手に和菓子屋・花奴が見えます。その向かい側を右に入ると米軍ハウスの集合があるのでその右手3軒目。)
電話042-526-7348スマイルタクシー 携帯080-6657-1985(大野)

■12/24(金)19:30~22:00麻布十番「コージーサークル」クリスマスイブライブ。出演=下間哲とデキシーショーケース(ピアノ・いまむら直子)。チャージ4000円(2ドリンク&つまみ付き)
麻布十番2-19-10桂ビル2F(地下鉄C4出口すぐ)電話03-3455-1988
■12/26(日) 18:00~21:30(30分4ステージ)「いまむら直子ピアノ弾き語り」横浜エクセルホテル東急B1Bar「ウエストエンド」
Tel;045-313-9544(直通)横浜駅西口駅前。チャージ1000円(「今村紹介」で予約するとチャージ無料になります)他オーダー(Beer 1050円~)

<いまむら発あれやこれや>

11月は信じがたいほど多くのライブや事件があった。
前回メルマガからちょうど一ヶ月間。その間の出来事は、頻繁にブログに書き綴っている。
相棒のベーシスト山村氏の中学からの大親友で私の高校後輩にあたり、4月の大分での私のコンサートには飛び入りで参加してくれた素晴らしいアマチュアトランペッター佐藤君の、11/13の高速道路の大事故での死は強烈な重みを持つ。
新宿ジャズ祭、川越ジャズ祭への初出演、自主企画ライブ「季節のコンサート」(下北沢)のプロデュース、Shoofiesの本格的な育成と都内ライブハウスでの自分のライブ、CD「信濃の国」が野尻湖のIC道の駅の店で完売し再注文を受け、その曲の音楽配信サイトMy Space着うたフルのダウンロードではランキング6位に入ったり、月末までバタバタ忙しい中、新宿区長が旗頭の市民運動「歌舞伎町ルネッサンス」の野外ライブイベントが12/5(日)に大久保公園であり一週間前に機材も出演者もコンセプトも何も決まっていない状態で人を介して区役所から協力依頼され、音楽仲間のネットワークをフル回転させて、機材も自宅のを区役所の車で運び超ギリギリラインで「農山村ふれあい市場」のジャズライブを成功させた。ドッと疲れて一日半寝込んだがそれもようやく明け、明日は地元ホームグラウンド、用賀「キンのツボ」での今年最後のライブだ。
大久保公園で一年半ぶりに呼び出したベテランベーシスト宮崎氏の演奏が忘れられない。友人・岩見淳三(Guit.)氏の弟子とのデュオで、おだやかな正統派ジャズセッションの即興フレーズや音色に参ってしまった。
また別のグループで学習院大学時代の仲間が作っている社会人トリオTalk with you anythingというバンドも、都会的で優しく粋な若者像が、公園のバスケットボールのフェンスを背景に夕焼けの中美しく、全体的に思いがけず品位のある素朴で素敵なジャズライブになった。
各地の農山村から来た市場の人達とのふれあいも楽しくさわやかで、新しい歌舞伎町の街づくりの未来を感じた。
12/9の「キンのツボ」は、そんな訳で急遽、宮崎氏とデュオを組みたくなり一昨夜依頼してみた。ちょうどキャンセルで空いたとのこと。若い山村氏との半年間のデュオの体験が、どう生かされるだろうか、楽しみだ。
[PR]

by imamusic | 2010-12-09 01:41 | 日々徒然 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/12465647
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 水野行雄 at 2010-12-10 08:39 x
昨日は「キンのツボ」に乱入致しまして失礼致しました。
友人達は凄く喜んでおりました。
ライブという所に来たのが初めてだと言っておりました。
また19日「ひだり馬」宜しくお願い致します。
Commented by imamusic at 2010-12-10 13:35
思いがけずたくさんで来て頂き本当にありがとうございました。義父の画家との生活が長かったので、プロの絵描き集団、と聞いただけで親近感があります。元々大好きな分野で。「キンのツボ」・・・いいところでしょう?定期的にあの場所は我が家の居間同然になります(笑)。またどうぞ、乱入心待ちにしています。19日、新宿でよろしくーー。
Commented by HC爺ちゃん at 2010-12-11 07:29 x
 この日はお客様も多く、色々と面白い事が多かったライブでした。ところでライブの告知ではなくて、報告の日記が見当たらない様ですが?

<< 立川連日ライブで衣裳変え 明日は用賀キンのツボライブ(w... >>