今宵一人、かりがね茶と蜜柑と猫で、雪を待つ   

鵜匠の気分? 
それほどに、主婦劇団FMCの公演期間は居心地が良かったのか、
ちょっと「つまんない病」にかかり、公演後、数日、仕事以外は居眠りぎみの毎日(寝不足でもあった・・・)。
急に、やる気がない。レッスンが一日に三つも続いて、集中できることがあってよかった。
また、この寒さ!今夜は雪、だそうです。
つまんないなぁ・・・は、主婦劇団メンバーも同じなのか、昨日から「お疲れ様」携帯メールが飛び交っています。そう、彼女たちは、この下北沢演劇祭の公演が最大のハレの日。また明日から主婦に戻る、という、本当に不思議なグループ。その潔さが唯一無二の個性を作っている。でも今年はただのハレではない、彼女たちは今年、お楽しみ会から演劇を志すグループに昇格していました。
舞台は素晴らしく仕上がり、演技も格段に進歩した。演出家K君の熱意もあって。

私は又明日から、色々あります。でもこの二日間はレッスンのみ。芝居作りの余韻が残っています。
今宵は雪との予報。まだ外はシーンとして雨も上がっている。
つまんないと、甘いものが欲しくなるのか、突然、美味しいアイスクリームが食べたくなった。
コンビニまでは自転車で1~2分。でも寒いから・・・。冷蔵庫のプレーンヨーグルトに蜂蜜とバナナと苺(こんなものがあったわ、冷蔵庫に!)を混ぜて、ご丁寧にココアの粉をたっぷりかけて食べてみた・・・うーん、ちょっと違う。ホットミルクにバニラエッセンスをたらしてみた。まあ!これでいいや!きっと・・・バニラ風味が欲しかったんだ。
さらに、つまんない病は続く。夜はまだ浅い。
仕方なく、母が時々持ってくる「かりがね茶」を煎れた。これは美味しいね。大連からの引揚一家が母の実家だ。母が結婚しても一緒に住んでいた祖父は粋人で、貧乏なのに抹茶だけは毎日飲んでいた。孫の私が5才の頃まで生きていて、私も一緒にチビながらも抹茶を飲んでいた。実家のお茶好きは私の文化の一つだ。
今・・・外にいつかは降るだろう雪を待ちつつ、そうだ!音楽だわ、と思い、最近、近くのイタリア料理店のマスターが貸してくれたCD「Musiques Du Monde」をかけた。これ、とても面白い。イタリアのおじさん達の素朴な山の歌。うまくない味、というのか、とても沁みいる声で、民族楽器のようなギターやトランペットなど少人数の伴奏で、時にはコーラスも。これもコーラスの原点のようなコーラス。このCDの音楽に耳を傾けていると色々と想像して、つまんない病は退散していく。
足元には、電気ストーブの前に丸まった猫。剥くのが面倒だから嫌いな蜜柑も、今夜は食べてやることにしよう(皮をむかないと食べられない果物は嫌い。いや、食べるのは好きだけど)。早く、雪のやつ、ハラハラと降ってこないかなぁ。
[PR]

by imamusic | 2010-02-12 01:02 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/10760975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by GERA at 2010-02-13 01:02 x
結局、雪は、今回は積もりませんでしたね。

<< 久しぶりの岩見淳三トリオライブ... 明日本番の舞台音楽、アップしました。 >>