日本では、8月は大切な平和勉強の時間。   

最近の地上波テレビの内容は、目に余るものがありますが、
問題を起こして以降、頑張っているNHKが、やはり充実した番組を制作していて
8/6という大事な日とその周辺の期間に、時間をかけて丁寧に作った特集を見せてくれている。

セプテンバーコンサート賛同の主催コンサートに関して、
平和とは何か、人間の幸せとは何か、そんなことを考え祈るコンサートの核心の炎を
どう自分自身で燃やしたらいいのか、悶々としていた。

そんな中、今夜はNHKスペシャル「核は大地に刻まれていた~“死の灰” 消えぬ脅威~」を観た。
悶々として先へ進まなかったのは、知ろうとして情報を探さなかったからだ、と気づいた。
家の中で待っていれば、タイムリーな時間に、膨大な手間をかけて製作したタイムリーな情報が、
テレビで発信される。それを元に、色々と考えを深めることが出来、素直にありがたい。
私はヒロシマに行かなくても、ヒロシマの「何か」を得ることが出来る。

オバマ大統領が「自分達の世代に核のない世界を実現する」と言ったので、
2009年は、世界的に大きな転機となっているそうだ。
誰かが何かを始めるとき、批判する人は必ずいるものだが、
それでも山を動かせる人、というのはやはりいる。

私がセプテンバーコンサートを企画し、始めようと思っても、
庄野真代さんのように協力者がたくさん集まり、大きな山が動いたとは思えない。
そういう意味で、疑問は少しずつ解明し、改良していくにしても
彼女の努力に敬意を払い、もう少し積極的に「?」の渦中へ飛び込んでみようと思う。
私は私の立場で、セプコンをやればいいのではないかな?
大筋では目的は同じなのだと思う。
[PR]

by imamusic | 2009-08-07 01:08 | 日々徒然 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://imamusic.exblog.jp/tb/10075004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヒゲ裏磐梯案内人 at 2009-08-07 05:59 x
おはようございます

 GERAさんにまったく同感です、人間は愚かで核や環境問題でもう後戻りできない状況になってきたことを痛切に思っている。

 最近は民放の番組は品位も品格もなく落ちるとこまで下落しだから見たくない、山親爺はNHKの聴衆料は安いと思っております、NHKスペシャルは最高で担当者に感謝するこの頃です、そして頭脳明晰なオバマ氏のあの知的な思考に期待するしかない。

<< ♪ハナミズキ セプテンバーコンサート・・・ >>