12月のいまむら直子(pf & vo)ライブ予定と、11月の活動報告。   

一昨日あたりから急速に冷え込んできた、冬らしい気候の東京です。11月も下旬に入り、あっという間の師走に突入しますよ(^^)ですので、12月の予定をお知らせしておきましょう。

と言っても、この下旬の10日間に大分ツアーがあったり、かかりつけの医院で久々のエコー検査があったり、最終日にもレッスンやら駒込ライブがあったりで大忙し。今日も夜はバンドの赤羽ライブです。

その赤羽ライブ・・・先月でしたっけ・・・顛末は前回投稿に書きました・・・結局あの私のiPhone6は「iPhoneを探せ」というアプリの機能で、バンドメンバーの端末デバイスを借りて、持って行ってしまった誰かが住んでいるらしいマンションらしきビルの位置まで突き止めタクシーで追跡してみましたが、それから先はなんだか危険を感じて踏み込めず、そのうち該当のiPhoneの電源残量がゼロになった事も遠隔操作で分かり、警察に紛失届は出しましたが1週間経っても知らせもないので、とうとうiPhone8を買いました。
いやぁニューモデルはやっぱり使い勝手がいい〜!!月々の支払いに48回割賦金が追加されるだけなので高額なのも麻痺しちゃって痛みが少なく、auWalletというプリペイドカードも勧められるままに登録したらお礼とかで18,000円もポイントが付き、そのポイントでフットウォーマーとかいう電気機器を買いました。とにかく、足首がカチンカチンに冷えて(たぶん糖尿病のせい)、お腹も壊しやすく、血流が悪くなっていたのでした。商品が届き、足をふわふわウォーマーに入れてあったまりながらパソコンに向かっています。うーん、なかなかいいっす。
その糖尿病ですが、毎月の検査で最近はA1Hgが6.8前後に落ち着いています。薬も飲んでますが、ご飯は玄米、パンは全粒粉を使って作り食事も色々考えながらやってます。この足の冷え込みや爪割れなどの末端毛細血管への血流が課題でした。運動もやらないとね。でもこのウォーマーはいい!

というわけで、12月ライブ予定をどうぞ。色々あるので、お近くの方是非是非遊びに来て下さいね。
d0135567_10272817.jpg
d0135567_10275849.jpg
d0135567_10282905.jpg
d0135567_10294953.jpg
d0135567_10301445.jpg
12月もよろしくお願いします。













[PR]

# by imamusic | 2017-11-21 10:30 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

11月のいまむら直子(pf & vo)ライブ予定と、10月の活動報告です。   

d0135567_11324246.jpg

PDF版

台風一過の昨日10/23は、東京は澄み切った青空が広がりました。新事務所の屋上庭園から眺めたら、富士山が綺麗なシルエットを浮かび上がらせているのが見えました。
部屋の窓を開けて風を通し室内のスタジオの湿度計を見ていると、70%からみるみるうちに50%、そして40%にもなりました。先月末、神戸に買い付けに行ったアップライトピアノが13日に届き、販売してくれたピアノ調律師の方が18日に神戸からやってきて丁寧に調整してくれ、長旅で疲れきった顔(音)をしていたピアノ「レグニカ」君が息を吹き返しました。
ピアノにとっての適度な湿度は50%前後、温度は20〜24度と言われ、半地下のスタジオの湿度が気になるので様子を見て除湿機を入れるようにとアドバイスされたので早速台風の影響が心配になっていたところで、とりあえずホットしました。
22日は台風の最中、ご近所の方々のみに案内を出した「ピアノ・パーティー」をやり少人数でのお茶飲み話やワイン会で楽しいひと時を過ごしました。
d0135567_11560644.jpg
d0135567_11570511.jpg
d0135567_11581486.jpg
生ピアノを手元に置くのは13年ぶり。以前は二世帯同居の義母が音大のバイオリン教授だった為、彼女の住む階下の広い音楽室には「ホルーゲル」というグランドピアノ、我々若い世代の親子がワイワイ住む二階には私の音楽教室用に「イースタン」というアップライトピアノがありました。どちらも「ヤマハ」や「カワイ」とは違った独特のサウンド、タッチのピアノで、最初は他人との初対面と同じく違和感があり弾きにくかったものが使い込む内にまるで私自身の身の一部か又は伴侶のようになっていき、日々の生活の中の色々な心の葛藤をピアノを弾くという行為を通して浄化し共に生き愛着を抱いていました。

13年ぶりのこのピアノもまた「レグニカ」という聞き慣れないメーカーのピアノでポーランド製だとか。アップライトなのに天板は珍しく右端を持ち上げて開け前から見るとグランドピアノのようでなかなか素敵な面構え。音は高音がきらびやかで、クラシックの名曲を色々弾いてみると、バッハやモーツァルトやベートーベンのような古典よりロマン派以降の曲の方が合っていて、ポーランド出身のショパンはやはり一番ぴったりハマる。これがポーランドの音かと思うと今まで弾いていたショパン曲も又違う面が現れて面白い。さらに、全体の音やタッチは想像以上に一つ一つの音のピンと立った存在感があり、案外妥協を拒む頑固な側面を持った青年という感じで、人間同士の交流と全く似ているけど、こちらの対話の仕方によってそれらの反応はぐんぐん変わっていき、即興演奏が最も面白く活かされる。この楽しさはエレクトリックピアノとの大きな違いで「生き物」と又同居できた嬉しさに心が踊ります。
d0135567_12304897.jpg
d0135567_12312244.jpeg
10月はこの「ピアノがきた」という事が何よりも私にとっては大きな出来事。レグニカ君との語らいの誘惑に負けて楽しい引きこもりで人生が終わらないように気をつけないと(^_^;)

ライブの成果では二つの報告があります。

10/9(祝)は、ピアノが来る前のこのスタジオで初のデキシーショーケースライブをやりました。このスタジオは9月より教室としてJASRACに登録したので、ライブというより講座の一環として行いました。参加者対象はボーカルのの生徒さん達と近隣の方々。第1部をジャズの歴史解説とバンド演奏、第2部をボーカル生徒さんがバンドで歌ってみるという体験セッションにしました。
d0135567_12424048.jpg
d0135567_12435712.jpg
d0135567_12443713.jpg
d0135567_12461485.jpg

10/14土曜日は京王線沿線の中では名門のライブハウス「さくらんぼ」での「平山みきJAZZライブ」でした。オーナーの岡田さんに依頼され、バックバンドメンバーや選曲、ポスター作成、集客、平山みきさんのお迎え、お金の交渉、とプロデューサーもマネージャーも、そして編曲と楽譜作成管理も、もちろんピアノも当日の進行も、全て自分でやりました。ピッグネームと彼女の資質や生き方へのファンの応援魂とで満席以上になり、たまたま庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」を歌うと公表していたので、当の庄野真代まで山梨の仕事先から駆けつけてくれて共演というサプライズになりました。
d0135567_12494311.jpg
d0135567_12502863.jpg
d0135567_12485969.jpg

さて10月はあと1週間。
明日10/25(水)夜は成城「F Gicco」弾き語りライブ(ボーカルセッションあり)
10/26(木)午後は松戸「コルコバード」New Wave Jazz Quartetライブ(ボーカルセッションあり)
10/27(金)夜は下北沢「Loft」で田中かやさんをサポートのライブ
10/28(土)午後は横浜「ファーラウト」弾き語りライブ(ボーカルセッションあり)
10/29(日)午後は浅草「HUB」高木ブーライブにNew Wave Jazz Quartetでゲスト出演
10/30(月)夜は駒込「まろん」でマロンジャズバンドライブ

・・・うーんまだまだ色々あるんだった。

先週火曜日、赤羽ダイソーのトイレで紛失したiPhoneが、持って行ってしまったらしい人からの電話がバンドメンバーに一度はあったものの、iPhoneを探せアプリで探し、追跡もしたものの、電源が途中で切れ、万事休す!それ以来携帯の電話はつながりません。携帯メールアドレスもiCloud経由でPCや自宅に眠っていた古いiPhoneで読めるものの、返信が別のアドレスからになってしまいエラー戻りも多い。LINEもそれがないと復活しない。業を煮やして水曜日にiPhone8を買いに行ったらauの店員のお兄さんが「昨日失くして今日買うのは早すぎます!!警察に届けたんだったら1週間がメドだからもうちょっと待って」といさめられ、でも拾った人が届け出ないようなので(警察から連絡がない・・・)台風も行ったし・・・どうしようかな・・・4SにSIMカードを入れて使ってもいいけど・・・動作が遅すぎ!! Macを買ってからiPhoneは以前ほど使わないけど・・・使うのもあるし・・・。











[PR]

# by imamusic | 2017-10-24 13:14 | 月別ライブスケジュール | Trackback | Comments(0)

10月のライブ特選。地元(用賀)でソロ!(10/11)////京王線で初!平山みきライブをプロデュース(10/14)!!!   

秋らしくなってきました。急に。
昨日月曜日は昼間、毎月演奏しに行っている近所の有料高級老人ホームでの慰問ライブでしたが、最上階の綺麗なダイニングに常連の皆様がコンサートだというのでお洒落して集まってくれました。いえ、このホームにお住いの方々は日常的にお洒落なのかもしれません。
昭和のジャズやシャンソン、そして今日は秋の楽しみを昭和のタンゴ特集でと、ちょっと一風変わった選曲をして「ラ・クンパルシータ」や「夜のタンゴ」「火の接吻」「恋心」などを演ってみました。
広いガラス張りから見晴らしの良い綺麗な花々の植わった屋上庭園の外は曇っていて雨が降りそう。なるべく、秋→寂しい、という印象を残して終わらないように、色々工夫したつもりだけど、大丈夫だったかな?
ここにいる、宝塚が大好きな80〜90才代のマダム達は、優しくてのんびりと美しくて上品で、慰問に行ってるのにこちらの方が癒され励まされる。彼女らの世代に育まれた戦後生まれの私は、その懐の中で未熟な少女の夢心に還る・・・。

そんな私自身を含めた「私」が縦横無尽に気楽に思うがままにやってしまうソロライブが、来週10/11(水)、2ヶ月ぶりに地元・用賀であります。これはオススメできます。気が向いたらどうぞいらしてください。
d0135567_00472328.jpg
それから、10/14(土)夜、京王線柴崎駅前の名門ライブハウス「さくらんぼ」に、多分京王線沿線では初登場と思いますが、最近伴奏を担当している昭和のスター歌手・平山みきさんを連れて行きます。「さくらんぼ」のオーナーで名トロンボーン奏者の岡田さんの提案を受けてプロデュースさせていただきました。京王線沿線は音楽好きな方が多いという事を永山や多摩センターでのライブを通して知っています。たまには、私が「これです!」と胸を張れるバンドを組んで紹介したい。ちょうど良い機会なので、庄野真代さん繋がりで最近下北沢「音倉」で一緒に演奏しているベテラン勢を平山みきさんのバックに並べて気合の入ったプロデュースと演奏実績の足跡を作ろうと思い声をかけ、素晴らしいメンバーが集まってくれました。これは聞きごたえがあります。ジャズも歌謡曲もそしてきっとロックやフュージョンも??もちろんドラムは島忠ですからラテンも!色々、クオリティの高いボーダレスジャンルのバラエティに飛んだ演奏になると想像します。そしてここが大切なところですが、何度かご一緒したみきさんは、アイデアやユーモアが豊かでそれをすぐに取り入れて遊ぶことができる歌手・・・有名とかベテランとか関係なく、そのセンスが素晴らしい。そこが私が彼女を好きな一番の理由。存在自体が天才的です。
よかったらぜひ、あのハスキーボイスと生き様のジャズボーカルを体験しにきてください。滅多に聞けません。
d0135567_01120069.jpg





[PR]

# by imamusic | 2017-10-03 01:29 | 音楽的生活 | Trackback | Comments(0)